2019年08月07日

映画に続き、小説版も読み終えた『天気の子』

こんにちは、職業・施術屋です。


今日は絶賛公開中の「天気の子」の小説版を読みふけった(仕事が暇すぎた…)。



Amazon

↓↓↓

小説 天気の子 (角川文庫)

新品価格
¥648から
(2019/8/7 21:25時点)





仕事ばかりに傾けていると人間的に魅力がなくなると考えているので、こういう日はしっかり作っています。映画はすでに視聴済みで『world_onlookerの読書ログ』内で感想記事を書き殴りました。


↓↓↓




小説版の感想も改めて書く予定。エンタメにどっぷり浸かる時間を設けないと、考えが煮つまりますよね。
小説版を読んで、私も帆高の“勢い”に感化される必要があるなぁと思いました。


人生つらいこともあるけれど、もう少し頑張って“運命の向こう”へ行きたい。
そのために“できることはまだある”はず。
あなたはどうですか?“大丈夫”ですか?




名曲「大丈夫」も収録!!

↓↓↓

【Amazon.co.jp限定】天気の子【特典:CDサイズカード「風たちの声」ver.付】

新品価格
¥3,240から
(2019/8/7 21:23時点)





楽天ブックス

↓↓↓

小説 天気の子 (角川文庫) [ 新海 誠 ]

価格:648円
(2019/8/7 21:29時点)
感想(5件)






Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7

2019年08月06日

情報(知識)だけを集めても人生は変わらない、とわかる話。

こんにちは、職業・施術屋です。


世の中「情報」だけを持って想像で終えてしまうと何も変わりません。


先日、知人と会って話していた時の話です。その知人は独身で平日は仕事、土日は休みというごく普通の生活をしています。基本的にはゲームが大好きで、休みの日は引きこもってゲームをしているようです。そんな知人はとても愚痴っぽい人間なのですが、仕事の話の中で「こんな暑い日は皆休めばいいんだよ」とボヤきました。


私はいつも愚痴を聞かされるので、ウンザリしながら会話を続けました。




私「じゃあお前が休めばいいじゃん」
知人「そうなんだけどさ〜、数日休んだところでな〜」
私「オレはよく旅行してリフレッシュしてるけど、定期的に非日常を作ると仕事のモチベーションも維持されるけどね」
知「でも、休みが終わる日に“明日からまた仕事か〜”って憂鬱になるじゃん?」
私「お前、それやったことあるの?」
「ない」
私「………」



おそらくその知人は、今後もぶつくさ愚痴を垂れながら代わり映えのない生活を送っていくのでしょう(現に10年以上接していますが、変わった様子はない)。人間誰しもあるものですが、想像の中だけで話を完結し、やらない理由をつくると何も生活は変わりません。


私はよく転職について書いていますが、これは少なからず2回転職をして複数の仕事を行なっている経験を得ているから書ける話です。たまに起業の話に触れることもありますが、これは私が興味があるだけで実際には行なっていないので、話の厚みはないでしょう。私が起業したら「起業はええで〜」とドヤ顔で語り始めるかもしれません笑。


365日無料電話サポート付き!クラウド型レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

小さな変化を起こせない人間が、なぜ大きい変化を起こせると思ってるの?

転職はそれなりに大きい話なので同一視はしませんが、仕事を休んで旅行するくらいその知人でもできる話です。



現状を嘆いているわりに現状に変化をもたらすことができない人間には特徴があります。それは「一気に変えようとすること」です。


84646706-0B95-4D78-BB44-D75B8D1DFA9D.jpeg



基本「人生を変えたい!」と夢見がちな人は、一気に人生が変わることを望んでいます。そのために小さなことを見逃しがちですが、小さなことから人(または人生)は変わっていくものです。自分のルーティーンを変えると、脳は苦痛に感じてしまうために変化を嫌います。なので、脳が苦痛を感じないように小さく変化をつけていくのが良いとされています。



「退屈な日常を変えたい」
「仕事を辞めたい」
「習慣を身につけたい」
「人生を変えたい」




などと嘆くならば、情報だけ集めて満足するのではなく、まずは小さなことから始めてみてはいかがでしょうか?


___と、知人に言っても聞いてくれないんですよね…。







厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 習慣

2019年08月05日

転職も文章の書き直しも、結局は“アレ”を知らなければならない…。

こんにちは。職業・施術屋です。


ふと暇つぶしに職業・施術屋の過去記事を読み返しています。基本、一筆書きで記事を書き上げており過去記事は読み返さないのですが、たまに数ヶ月も前に書いた文章を読むと推敲orリライト(書き直し)をしたくなります。


8287DE06-CB4C-4046-857D-B72F689AA69D.jpeg



過去を振り返らずに新しいものをガンガン生み出していくことに振りきるやり方に憧れを抱きますが、才なき凡人の身としては本来ならば推敲を重ねるべきなのでしょうね(敬愛する村上春樹さんも推敲の重要さを語っていますし)。



WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール!

マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】

結局のところ、自分を知る努力は必要です。なぜなら___

仕事も同じく自分がやってきたことを振り返って、仕事の良いところや悪いところ、はたまた自分の強みと弱み(欠点)などを知らないと延々と同じようなところでつまずき続けることになります。今までいろいろな人と出会い、中には長い付き合いの人もいますが、皆どこかに欠点があり人生のある時期に同じような場面に遭遇し、そしてしくじります。


私も自分の書き上げてきたものを改めて読むと自分の手グセのようなものが見受けられます。書き出しは構成を考えながら進めているのですが、筆が乗ると勢いのままフィニッシュしてしまいます。



このように自分のクセを理解することで、初めて「改善への一歩」を踏みだせるのです。



・書く内容が思いつかない時、どこで悩むのか?
・まとまりがつかない場合、どこから収集がつかなくなるのか?
・転職を考えるタイミングは、仕事のどこで絶望した時なのか?




そこを見つけ出して対策を講じられれば、同じことで悩むことはもうなくなることでしょう。


文書も仕事も、結局は自分の特性を知る努力は必要なんですよね。







厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a




Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 書く

2019年08月04日

毎日なにかを書いています。

こんにちは、職業・施術屋です。


これまでフリーター→正社員→店舗管理者→個人事業主と働き方を変え、仕事もアルバイトを含めればいろんな業種を経験してきました。今は業務委託(+店長代理)として働いていますが、そろそろ次のチャレンジを模索しています。


転職にせよ起業にせよ、必要なものはただ一つ。『覚悟』です。



安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」
CF92CB94-A83D-4433-BCA0-58F6EB19DB04.jpeg



今のまま働き続けることは考えてはいませんが、次をどうするのかまだ定まっていないのは『覚悟』がまだ決まっていないのだと思います。私のライフスタイルでもある武術の世界においても、戦うのか逃げるのか、どちらにも定まっていない心身の状態が1番危険であるという考え方があります。たしかに「このまま働き続けるか、あるいは転職するか…」とモヤモヤした状態で生活しているのはつまらないですし、メンタルに響く人もいるでしょう。


仕事を変えるのは、人生においての大きな出来事の1つとなる人が大半だと思います。私は個人事業主というフリーな身でまだフットワークは軽めですが、それでも日々模索しているとだんだんと焦りが生じてきます。そんな時は自己嫌悪に似た感情も生まれることもありますが、とにかく毎日必ず手を動かしているんだと自覚できるようにしておけば、大丈夫。大事なのは見つかった時に思いきってジャンプする準備だけは備えておくことです。



自分が歩む道なんてそう簡単には見つかりませんし、人生が劇的に変化することもありません。



___と、開き直って今日も淡々と手を動かしつつ働いています。ブログも3つ、どれかは必ず書いて毎日投稿しています。これが収益化すれば最強なんですけどねー(^^)



株取引を始めるなら≪DMM株≫!




厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a



Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
タグ:転職 覚悟

2019年08月03日

転職を繰り返す人は、実は“コレ”に気付いていません…

こんにちは、職業・施術屋です。


今まで業務委託として働く個人事業主の方々と、数多く出会ってきました。実際に話を聞き、人柄と生き方を見ていて思うことがあります。


それは、「延々と理想を求めている」ことです。


どういうことでしょうか?これは職業・施術屋にも関わる転職を繰り返す人の考察です。


Z.com
飽きっぽい?理想が高い?___実は…

一般的に転職をする理由は___



  • キャリアアップ(収入UP)のため
  • 違う仕事を求めて(やりたいことが見つかった・飽きた)
  • 人間関係の問題
  • 重大なミスを負った




___など、ポジティブなものからネガティブなものまで、人の数だけ理由はあると思います。


どうしようもなく転職をした場合を除き、収入面や人間関係の改善を求めて職場を転々と渡り歩く私たち業務委託者たちは、きっとどこかに安住の地や生き方があると信じている節があります。多くの業務委託者たちは「安定した収入を得たい」「効率よくガッツリ稼ぎたい」と言いながら、組織に馴染めないという業を背負って生きている人です。そんな人は自分を理想主義、または飽きっぽい性格だと考えて諦めているかもしれません。


C6D8AB30-A898-4FA0-8DEE-C15C9D075122.jpeg



外部に理想を求めている人が、(年齢で諦めることはできますが)安心を得られることはとても難しいでしょう。なぜなら、そもそも本人が求めているものは違うからです。



転職をするタイミングとは「自分の人生を変えたい」と強く願った瞬間です。



つまり、自分を変える(=自分を本気で知る)努力をしない限りは、延々と理想を求めて渡り歩き続けることになると、多くの業務委託者を通じて自分を見つめたときに気付きました。私もある意味「安定した収入や働き方」を求めて渡り歩いていますが、「自分を変えること」に精を出しているので、きっと自己満足できる生き方ができると信じています。ま、コケたらそれもネタということで…笑。



転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

新品価格
¥1,512から
(2019/8/3 09:57時点)




厳選した本を年間3ケタ数読む読書家がオススメする『world_onlookerの読書ログ』

↓↓↓
https://world-onlooker.hatenablog.com


セラピストとしての体験談/‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート)

↓↓↓
https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a







Twitterで最新記事を更新しています_(._.)_

@HHIKARI7
プロフィール
職業・施術屋さんの画像
職業・施術屋
合気道を嗜みながら整体・ライティング・読書、そして旅をしてインプットとアウトプットを交互に回して面白い人間になりたいです。
プロフィール
検索
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
経営者の向き不向きのタイプ(さまざまな経営者に触れて) by コトタマ (03/23)
‪"住みたい街"で働くフリーの施術屋|H=ヒカリ|note(ノート) ↓↓↓ https://note.mu/worker/m/m80c03c2ab03a‬
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ
本・マンガ
ファン