広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【10/10】
安くて、美味しい、健康的なコンビニ食品

食品に、「化学調味料・合成保存料・合成着色料は使用していません」と表示するコンビニチェーンが増えてきています。
実は、食品添加物メーカーが心配するほど、pH調整剤を使っているのです。なぜならほとんどのコンビニ食品は常温で36時間腐らないように作られているから、それはph調整剤なくしては不可能だからです。
確かにコンビニの食品は美味しい、だからといって毎日のようにコンビニや外食に頼ってしまうのは体に良いはずがない。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【9/10】食品業界の闇
中国人留学生が告白する

中国食品の汚染度は想像以上でした。中国留学生曰く。
中国人から見ても、中国の食品は不安だらけで、買い物にしてもかなり神経を使っているという。

見た目が綺麗なものが特に危ない。赤いインクを注射したスイカや化学薬品で異常に大きくしたイチゴが平気で売られている。
乾燥果実など日本にも輸入されていますが、シリコーン樹脂で一度白く脱色してから綺麗に着色したものがほとんど。上海でホテルのレストランの裏でマンホールの蓋を開けて下水に溜まった廃油を柄杓で救っていたのを目撃したことがり聞いてみると、それをまた店で調理に使うという。

金を稼げれば他人の命なんか考えない、そういう拝金主義が食品汚染の原因だという。

自衛策
少し高い買い物でもできるだけ国産のものを
家電用品でも私はできるだけ国産品を応援しています。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【9/10】ビール
ドイツのビールはなぜ旨いのか

ドイツビールは日本のビールと何が違うのだろう。

ドイツには500年も前から「ビール純正令」が存在しています。
このビールの純正令は、「ビールは水に麦とホップだけを用いて作ること」という単純なものなのです。
 日本のビールは、コメやトウモロコシの澱粉を生成したコンスターチが副原料として入っています。
また、様々な添加物を使用してもいいことになっているのです。
 添加物は風味保持、老化防止、安定性付与、変質防止、酸化防止、PH調整、のために使われているが、加工助材として、大半は表示しなくていい添加物となっている。
ビール会社が口を開かないのはそれなりに理由があるからなのです。

自衛策
ドイツのビールをお薦めします。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【8/10】わさび
活性酸素を出さない本わさびを

お刺身が日本人はおそらく食する時にわさびを利用しているでしょう。
チューブ入りわさびにはミョウバン、キサンタンガム(安定剤)などの食品添加物が使用されています。他にも香辛料抽出物が添加されている。これは香料から有効成分のイソチオシアン酸アリルだけを抽出したもので、香辛料の香りや辛味を補う為に添加されている。
  某大学の研究では、この成分が含まれている天然のわさびは活性酸素を出さないが抽出物は活性酸素を出すという。ご存知の通り素活性酸はがん細胞を活性化する悪人。

自衛策
買うなら本わさび100%の物。

危険な食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【7/10】清涼飲料水
化学反応で発ガン物質が発生

清涼飲料水といえば、ポカリスエットやアクエリアス、カルピス、リポビタンD・・他いろいろありますが、
この清涼飲料水から発がん性物質のベンゼンが検出され回収された商品があります。
※日本では食品中のベンゼンに関する法定の基準がないが水道法での基準値である10ppbを超えて検出されたため。

 もちろん清涼飲料水にベンゼンを注入しているわけではありません。ベンゼンは安息香酸とうい保存剤とアスコルビン酸「V・C」という酸化防止剤が一緒になると、温度や添加量によって生成されることが分かったのです。

自衛策
ほとんどの清涼飲料水からベンゼンが検出されているのでできるだけ飲まないようにする。
アスコルビン酸「V・C」が入っていない清涼飲料水でビタミンCが含まれているサプリを補給しても同じリスクが発生する事になる。(サプリのビタミンCはほとんがアスコルビン酸「V・C」入り)

追記:
天然のビタミンCとL-アスコルビン酸は組成は同じであっても何か違うみたいです。
L-アスコルビン酸は(合成ビタミンC)の方は有害な活性酸素を出すという指摘もある。つまりL-アスコルビン酸はビタミンCとしては有効に機能するが、一方で身体に悪い作用を及ぼす可能性もあり、、、
調べても未だ違いが分かっていないのでご存知の方是非ご教示願います。

危険な食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【6/10】
「国民の基本色に添加物を使わない」は過去の話

この話が崩れたのは、古々米を業務用に利用したことに始まった。
古いコメの処理に手を焼いた農林水産省は古米を業務用に利用することを考えついたのです。
古米は常温貯蔵で保管されていたため腐敗が早かった、その為臭素が使われました。

臭素は発がん性が問題になり事実上禁止になったが、防腐剤は臭素だけではないのです。
  食品添加物のPH調整剤が防腐剤効果のため使われ続けている。PH調整剤は、氷酢酸、昨酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、グリシンなどが配合されている。その中には肝臓障害を引き起こすものものもある。

家庭用としてもこうした古米がブレンドされて販売されることもあります。

自衛策
コメを買うときは「産地」「産年」「品種」の表示を必ず確認することです。偽装が多いのでブランド米にこだわらず信頼できる産地直送の美味しいお米が良い。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【5/10】回転寿司
原型のない「サイドメニュー」はたべるなかれ

回転寿司チェーン店の売り上げは全国寿司店の40%を超えている今現在見過ごしてはいけない裏事情がある。

メニューに書いてあるタイやヒラメ、スズキなどタイやヒラメなどではない。
キャットトフィッシュと言う米国産の養殖ナマズです。
ピンクがかった白身肉で、味はタイかスズキに似ている。

回転寿司の売れ残ったネタはどうしているかご存知ですか?
マグロはボイルして野菜と一緒にツナサラダにして出す。白身の魚は塩水で洗って海藻の上に乗せて海鮮サラダにする。以下は細切りにしてキューリ、マヨネーズと一緒に負けは「イカキュウリ巻」というメニューになる。
 時間が経って、多少臭っているネタでも、ミンチにしてネギを刻み込んでしまえば、ネギハマチ、
ネギビントリ、アジやいわしの叩き巻きと、再利用可能です。

自衛策
「カレイのえんがわ」のように正直に名前が書いてある店を選ぶこと。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【4/10】パン
大手メーカが「発がん性の疑いがある添加物」を使い続ける理由

パンの製造に使用が認められている食品添加物は100種類を超える。
中でも特に注意したいのは、パン生地の改良剤として使われている臭素酸カリウムです。
動物実験で発がん性が確認されたことからパンメーカー各社は使用を自粛していました。

しかし!、山崎製パンが使用を再開したのです。
使用した商品には厚生労働省との協議で「このパンには品質改善と風味の向上のため臭素酸カリウムを使用しております」と表示しています。
山崎製パンによると、高精度な分解技術が開発され、最終製品には残留しないことが確認されたためだという。
残留が0(なし)か1(あり)の表現に変えたら1なのです。

臭素酸カリウムを使用しているのは山崎製パンだけ、たの大手メーカーは使用する予定はないと表明しています。

自衛策
包装紙に臭素酸カリウムの表示がある。
飲食店のサンドイッチは分からないが妙に柔らかいパンは山崎製パンのものを使っていると思ったほうがいいでしょう。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【3/10】輸入冷凍エビ
中国養殖ものは「抗菌剤」が超過残留

過去、加工品のエビフライを含め、輸入されたエビから抗生物質、抗菌剤、大腸菌などが検出されたケースは65件あった。
中国、タイ、ベトナム、インドネシアから輸入されたものですが、圧倒的に多いのが中国産。
中国のエビ養殖池はひどい汚染状態となっている。そのため、エビの病気予防で大量の抗生物質や抗菌剤を投入している。

このような食品を食べ続けると、耐性菌ができ、病気になった時に、抗生物質が効かなくなり治療ができなくなる心配があります。

抗生物質の残留だけでなく、スーパーで売られている「むき身エビ」には、酸化防止剤の亜硫酸ナトリウムが添加されています。
業者さん曰く、「エビの赤さを保つには必須の添加物」

自衛策
むき身のエビは添加物だらけなので避けましょう。中国産エビよりベトナム、インドネシア、タイ産の方が少しは安全。

危ない食品

安全な食品を食べるために

食品業界の「闇」の部分は我々が想像しているより暗く、そして深いのです。
食品の実態を明らかにし危ない食品の自衛策を紹介します。
家族や愛する人そして読者自身を守る一助になれば幸いです。

【2/10】うなぎの蒲焼
中国からペット用「水カビ治療薬」が検出

値が高騰して食べられなくなっているうなぎ。と言って、安いうなぎには要注意。
日本人が食べるうなぎの全体の六割強が中国産だが、その中国産うなぎから違法な抗菌性物質・マラカイトグリーンが検出されています。
マラカイトグリーンは、金魚などの観賞魚の水カビの治療薬。発がん性が強いため観賞魚以外への使用は禁止されているものです。
中国産うなぎにも安全なものはあるでしょう、逆に国産うなぎにも注意しないと危ない。

自衛策
マラカイトグリーンは合成着色料でもある。妙に青っぽいうなぎの蒲焼は避けたほうがいいでしょう。また、身がデコボコな蒲焼は中国で加工された蒲焼と見て良いと思います。
    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。