現在会員2名
FX手法研究会のApajiです。     そして写真はM君です。さんの画像
FX手法研究会のApajiです。     そして写真はM君です。
プロフィール
 右矢印1 何でも食べるな!
   このブログの広告です
 右矢印1 イエティはいるのか
   このブログの内容です
 右矢印1 モストアンラッキー
   このブログの謝罪です

にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ
にほんブログ村


FX・オリジナル手法ランキング

1. FXは上達するのか

小さなコツをいくつか覚えたって駄目です。勝てない原因をきちんと突き止めてからやり直しましょう。FXを楽しむためには「投資期間」が必要です。すぐに始めたって勝てないことは、FXに限らず、何事であれ同じなのです。だからこそ、その期間を短縮するための「方法論」が大切なのです。

 右矢印1 1-1. FXを楽しむために
   アマチュアらしく…
 右矢印1 1-2. いつか負けないはずがない!
   上手くなるまでは短期取引です
 右矢印1 1-3. 難しさの正体って何だ
   利確と損切の理解は大切です
 右矢印1 1-4. FXは上達するのか
   取引機会を絞り込むべきです
 右矢印1 1-5. 数字で掴もう
   その機会にどう臨むかです
2. 経済指標の楽しみ方

このブログで扱う取引の理想は、経済指標発表前後の反応を着実に刈り取り、ポジション保有時間を最短化してリスクを避けることです。でも、効率良く取引するにはそれなりに予備知識が必要です。大した話は紹介できませんが、基本だけは押さえておきましょう。

 右矢印1 2-1. 大きなゾウの隠れ方
   指標取引のための予備知識です
 右矢印1 2-2. ウソは嫌いだ!
   短期取引をやるときの指針です
 右矢印1 2-3. イグアナを見分ける前に
   このブログの指標取引での成績です
 右矢印1 2-4. 小ズルくいきましょう
   いわばジンクスで勝つ方法です

3. 指標取引分析手法

このブログでは経済指標への調査・分析を定型書式で行っています。定型書式を用いることで、反省を踏まえてやり方を進歩させたり、相場環境が変わったことを見つけやすくするため、です。

 右矢印1 3-1. 指標取引の予備知識
   指標発表前後の他の時間と違い
 右矢印1 3-2. ローソク足各部の名称
   全幅・値幅・跳幅とは?
 右矢印1 3-3. 4本足チャート
   このブログで使うチャート表記
 右矢印1 3-4. 反応方向の予備知識
   指標分類と反応方向の基本
 右矢印1 3-5. 取引通貨ペアの選択
   通貨ペアによる有利不利
 右矢印1 3-6. 指標分析の方法
   定量指標分析とは?
 右矢印1 3-7. 反応分析の方法
   定量反応分析とは?
 右矢印1 3-8. 分析の成績
   事前分析的中率
 右矢印1 3-9. ブレイク対応準備
   ついでに…
4. 経済指標DB

経済指標発表前後の短時間に分析期間を絞ることによって、指標への反応に一定の再現性(傾向)があることはわかりました。各国「政策決定指標」・「経済実態指標」の項に、主要な指標についての分析結果と分析事例を纏めてあります。

 右矢印1 4-0. 各国経済・通貨の特徴
 右矢印1 4-1. 日本経済
    4-1-1. 政策決定指標
    4-1-2. 経済実態指標
     (a) GDP速報値
     (e) 国際収支
 右矢印1 4-2. 米国経済
    4-2-1. 政策決定指標
     (a1) FOMC政策変更時
     (a2) FOMC政策変更直前
     (b1) UM消信指数速報
     (b2) CB消信指数
     (b3) ISM非製景指数
     (c1) NY連銀製景指数
     (c2) Phil連銀製景指数
     (c3) ISM製景指数
     (d1) 輸入物価指数
     (d2) 生産者物価指数
     (d3) 消費者物価指数
     (d4) PCEコアデフレータ
     (e1) ADP雇用統計
     (e2) 雇用統計
    4-2-2. 経済実態指標
     (a1) GDP速報値
     (a2) GDP改定値
     (a3) GDP確定値
     (b1) 小売売上高
     (b2) 個人消費・所得
     (c1) 鉱工業生産
     (c2) 耐久財受注
     (d1) 中古住宅販売件数
     (d2) 新築住宅販売件数
    4-2-3. 収支関連指標
     (a) 貿易収支
 右矢印1 4-3. 欧州経済
    4-3-1. 政策決定指標
     (a) ECB金融政策
     (c1) 独国ZEW景況感調査
     (c2) 独国Ifo業況指数
     (c3) 独国PMI速報値
     (d) 欧州HICP速報値
    4-3-2. 経済実態指標
     (a1) 独国GDP速報値
 右矢印1 4-4. 英国経済
    4-4-0. 英国経済指標反応要点
    4-4-1. 政策決定指標
     (a) BOE金融政策
     (c1) 製造業PMI
     (c2) サービス業PMI
     (d) 物価統計
     (e) 雇用統計
    4-4-2. 経済実態指標
     (a1) GDP速報値
     (a2) GDP改定値
     (a3) GDP確定値
     (b) 小売売上高指数
     (c) 鉱工業生産指数
 右矢印1 4-5. 豪州・NZ経済
    4-5-1. 政策決定指標
     (a) RBA金融政策
     (b) RBNZ金融政策
     (c) WP消費者信頼感指数
     (d1) 四半期住宅価格指数
     (d2) 四半期消費者物価指数
     (e1) ANZ広告求人件数
     (e2) 雇用統計
    4-5-2. 経済実態指標
     (a) 四半期GDP
     (b) 貿易統計
     (c) 小売売上高
     (d) 住宅ローン件数

ーーーーーーーー
【FX会社】
各社特徴があります。最初は資金にも限りがあるでしょうから1つの口座で、慣れたらいくつか口座を開いて自分が使いやすい会社を選ぶと良いでしょう。
ーーーーーーーー

DMM.com証券

FX口座数国内第1位はTVCMで有名。主要通貨のスワップポイントが高く、ドル円スプレッドも原則0.3銭と安い。2万円のキャッシュバック条件は、10万円入金+PC・スマホで3か月各500枚(週毎に各約40枚)の取引と意外に簡単!


外為ジャパン

キャッシュバック条件はDMM.comと同じ。0.1枚単位から取引可能で、ドル円中心の取引ならばスプレッドも原則0.3銭と安い。最初に口座開設したり自分で手法研究するために良いと思います。


ヒロセ通商

他社乗換ほか、キャッシュバックプログラム多数。スプレッドは、クロス円でUSD・EUR・NZDが有利、ドルストレートでEUR・GBP・AUDが有利。最小取引は1000通貨単位で初心者に優しい。スワップが良い会社です。


マトリックストレーダー

キャッシュバック条件はヒロセ通商と同じようです。特長は、スキャルピングOK公言・1日の取引上限なし・1000通貨単位取引可、といった点。


OANDA Japan

MT4業者はスプレッドが狭くても約定力が低い業者が多いなか、約定拒否なしが魅力。またHPの各種分析図表が美しく、あちこちのブログで引用されています。本ブログでは他人の著作物転載はしていないので、お見せできません。一度ご覧ください。


ライブスター証券

特徴は、スワップポイントが業界最高水準、証券口座とFX口座との間でリアルタイム資金連携。株とFXと両方やる方にお薦めです。



外為ファイネスト証券

特徴は、MT4最狭水準のスプレッド、EA利用可、指値制限なし、MT4サーバ国内設定、1000通貨取引可、です。

ファン


ランキングサイトに登録すると、やっぱりランキングは気になります。でもせっかくだから、他の人の記事もご覧ください。



2017年07月23日

2017年7月第3週成績と、7月第4週主要指標の過去反応pips

本成績は、2017年1月1日時点でGBPJPY1枚分の投資額の10倍(¥579,680)を元本に、本ブログ記載の方法で取引を行いつつある途中経過です。
現時点まで半年間の運用益は30%に達しており、正直言って、例年に比べて「運が良かった」ようです(例年の約2倍ペースです)。理由は、運と、取引する・しないの判定基準を70%(例年75%)まで下げて取引回数が増えたことと、本ブログを始めたことで分析用の図表類の一覧が容易になったため、と思います。
その代わりに、ブログを書いてからでないと、何か取引する気がしなくなったのがちょっと面倒です。


【1. 今週成績及び所感】

7月第3週の取引結果と、年初からの通算成績を纏めておきます。

201707W3成績.png

第3週は2指標しか取引を行えませんでした。
記事は6つも用意したのに、何と4指標で別の記事を書いていたりちょうど話をしていて、取引機会を逃しました。
やれやれです。

取引時間は20分51秒(1指標当たり10分26秒)、損益はいつも1枚ずつの取引で+2,422円(同+1,211円)でした。勝率は、指標単位で100%(2勝)、シナリオ単位では78%(7勝2敗見送り1)でした。

7月第3週発表の経済指標概要は次の通りでした。

  • 米国指標は、NY連銀・Phil連銀の製造業景況指数ぐらいしか目立った発表がない週でした。ともに結果は前回より低下しました。

  • 欧州では、ECB金融政策が発表され、結果は市場予想通りに現状維持でした。市場の期待は、どちらかと言えば緩和から縮小への政策転換のヒントを求めていたように見受けられますが、結果はどちらかと言えば「著しい不確実性と景気見通しへの大きなリスク」が強調されました。一部解説記事では緩和継続どころか「追加緩和の余地を残した」と報道されています。

  • 英国経済指標は、物価指標と小売売上高が発表されました。
    物価は、CPI・RPIの伸び率が全般的に減速し、特にCPI前年比+2.6%は昨年10月以降初めて前月を下回りました。とは言え、BOE目標は+2%なので、目標を上回るインフレが続いていることに変わりありません。ただ、インフレ率の高止まりで利上げ議論が活発化していたので、8月3日のMPCが伸び率鈍化で様子見を継続するかに関心が集まります。
    小売売上高前月比はプラスに転じました。もっとも、同前月比はプラス・マイナスを既に5か月繰り返しており、今月発表はプラスの順番でした。前年比も+2.9%と前月+0.9%より改善したものの、昨年10月頃からの下降基調を脱するにはあと1%の上昇が必要でした。
    経済指標ではないものの、EU との2 回目離脱交渉では、ほとんど国内で報道されないほど進展しませんでした。 これは秋の独選挙を控え、EU側が甘い条件を出せるはずがないので折込み済です。

  • 豪州・NZ関係では、中国4-6月期GDPが発表されました。
    結果は、前回1-3月期6.9%・市場予想6.8%に対し、6.9%でほぼ予想通りでした。11月の全人代に向けて悪い数字は出せません。中国の1-6月期対外直接投資は大幅に落ち込んでおり(前年比△46%)、これは当局規制に依るものです。6月単月でも前年比△11.3%です。
    豪州雇用統計は失業率が市場予想と同じで、新規雇用者数は市場予想を僅かに下回ったものの前月より増加しています。そして、常勤雇用者数が僅かに増えました。

  • 日本経済指標は通関ベース貿易収支が発表され、+4,399億円でした。6月輸出は前年比+9.7%で、輸入は前年比+15.5%でした。米国向けは+7.1%、中国向けが+19.5%です。
    日銀金融政策決定会合では、景気回復との見方を強めたものの、インフレ目標達成時期を後ズレさせました。今回の後ズレ判断は、黒田総裁の任期中の目標達成断念というが注目されています。このことは、黒田総裁の政策をIMFや格付け会社も評価していたため、それら機関がいずれJPYにとってネガティブな評価を発表し始めると思われます。
    何をやってももう駄目だ、と海外から言われるのはおもしろくないですね。


取引を行った指標の調査・分析・結果・検証の記録は以下をご参照ください。




【2. 次週主要指標の過去反応】

次週7月第4週で関心を持っている指標を下表に纏めておきます。

201707W4予定.png

グラフは各指標反応の過去平均pipsです。データはまだ、各指標の前回分析時までの記事で用いた値ですから、最新の値にはなっていません(誤差が数pips程度あると思われます)。そのつもりでご覧ください。

関心を持っている内容は次の通りです。

  • 米国はFOMC金融政策・4-6月期GDP速報値・6月集計分住宅指標の発表が予定されています。
    現在、FOMC金融政策に関し「9月BS縮小開始・12月追加利上げ」との報道解説が多く見受けられます。つまり、これを基準に時期や程度への市場認知が変更されると、大きくUSDは動きます。よって、今回のFOMCは波乱なしと予想されます。気になる点は、7月12-13日、FRB議長は議会でインフレ鈍化への懸念を証言している点です。
    1-3月期GDP前期比年率は+1.4%で確定しており、この数字は一時低調との見解が以前にFOMC声明で示されています。4-6月期は現時点で+2.5%程度と予想されています。前々日のFOMC声明で、個人消費について何らかのコメントが含まれると思われるので、それを参考にしましょう。
    FOMCとGDPに比べれば、住宅指標なんてほぼ反応しません。それよりも米政権がまたごたごたしており、それが株価に影響してUSDJPYを動かさないかが心配です。

  • 欧州指標は、景気指標のPMI速報値・Ifo景況感が発表されます。欧州経済とは関係ない話ですが、欧州指標での取引成績は米英豪に比べ悪いので(勝率70%に達していない)、少し分析内容を見直すつもりです。

  • 英国経済指標も、4-6月期GPD速報値が発表されます。先週までに物価指標の上昇鈍化が確認でき、今週は経済実態を把握して、次週8月3日のMPC政策発表を迎える訳です。
    1-3月期は前期比年率が+2.1%で2期連続で成長率が少しずつ低下していました。今回4-6月期の市場予想は、現時点で一気に+1.7%への低下が予想されています。+1.7%という数字は2013年7-9月期(+1.5%)以来の低成長ということになります。
    よって、市場予想付近まで成長率が低下してしまうと、景気後退によって利上げどころではなくなります。市場予想がこのまま修正されないと、GBPはGDP発表までだらだらと売られるでしょう。一方、あまり予想できないものの、前期並みの成長率が維持された場合には、利上げ期待で驚くほどGBPが跳ね上がる、という展開です。

  • 豪州経済指標は物価指標が発表されます。PPIはほとんど反応しないので、CPIに注目です。
    失業率は改善基調と見なせることが先週雇用統計で確認できたので、あとはインフレ率+2%以上が維持できる見通しが得られれば、RBAは低金利政策を好きなときに止められます。1-3月期CPIは前年比+2.1%で、2014年7-9月期以来の2%回復でした。現時点で今回の市場予想は前期同値なので、市場予想がこのままなら今回は上振れの可能性があります。

  • 日本経済指標はCPIが発表されますが、先週の日銀会合結論から見て、大きな変化はないでしょう。

今週、日本は月曜が祝日、金曜は各国主要指標の発表がありません。メリハリのある取引ができる時間が限られています。
以上


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6510645

この記事へのトラックバック