広告

posted by fanblog

サビクワガタの近縁種

サビクワガタの近縁種についてです。
ほとんどの種類が入手困難で、集めるには時間とコネとお金が必要になるでしょう。


Eulepidius Westwood, 1874:357 (type: Eulepidius luridus Westwood, 1874)

Bartolozziolucanus Nagai, 1994:44 (type: Gnaphaloryx pallidus Nagel, 1926)

Cherasphorus Bomans, 1988:13 (type: Cherasphorus inflatus Bomans, 1988)

Microlucanus Bomans et Bartolozzi, 1993:214 (type: Microlucanus greensladeae Bomans et Bartolozzi, 1993)

Pachistaegus De Lisle, 1967:541 (type: Pachistaegus besucheti DeLisle, 1967)

Timidaegus Bomans, 1988:8 (type: Timidaegus variolosus Bomans, 1988)


Eulepidius・Bartolozziolucanusも含めてしまいましたが、Gnaphaloryx属の近縁とはまた別かもしれませんね。
1.jpg1:E.luridus 記載文の絵 Westwood,1874より
2:E.luridus E.Kalimantan
3:B.borneensis Nagel,1926より
4:B.borneensis? F氏所蔵
5:B.kadazanorm Holotype Fujita,2010より
6:B.ohbayashii Holotype Fujita,2010より
7:B.pallidus 記載文の絵 Nagel,1926より


Eulepidius luridus Westwood,1874:357-359,fig.1
Borneo,Sumatra,Malay Peninsula,Jawa [Borneo].

一属一種で、通称「オオキバサビ」。
顎が特徴的な種類。
Bartolozziolucanus属に似るが、顎が中央でくの字に湾曲し、前胸前方の幅は狭く、体型は俵型。
カリマンタン産は前胸の幅が狭いように感じます。


Bartolozziolucanus borneensis (Nagel,1927):152,fig.5 [Gnaphaloryx borneensis]
N.Borneo [Sarawak].

♀のみで記載され、記載文の絵もデフォルメされていてさっぱりわかりません。
上翅の筋がやや特徴あるような感じです。
タイプは当時はサラワクの博物館にあったようです。(現在もあるのかは不明)
名前と絵は1926年に出ていますが、記載自体はその後です。
図示した♂はAegotypus属のような前胸ですが、上翅の特徴や体の厚みで本属と判断し、
上翅の筋の状態から本種としましたが、まったく自信なし。


Bartolozziolucanus kadazanorum Nagai in Mizunuma et Nagai,1994:44, 296, pl. 133, fig. 620(1-2)
N.Borneo [Head Quarter,Mt. Kinabalu,North Borneo].

B.ohbayashiiに似るが、顎は細く、顎中央の内歯は非常に小さく、複眼下の膨らみは弱い。


Bartolozziolucanus ohbayashii Nagai in Mizunuma et Nagai,1994:44, 296, pl. 133, fig. 621(1-4)
N.Borneo [Crocker Range,Sabah].

B.kadazanormに似るが、顎中央の内歯は大きく、複眼下は突出し、胴体は長くて先端は尖り気味。


Bartolozziolucanus pallidus (Nagel,1926):301,fig.3 [Gnaphaloryx pallidus]
N.Borneo [Mons Poi,Sarawak,Borneo].

本属の基準種で、通称「ヒサゴサビ」。
B.ohbayashiiに非常によく似ていますが、歯形が異なるようです。
その他の特徴は絵からの判断は難しいでしょう。

2.jpg1:C.inflatus 記載文の絵 Bomans,1988より
2:C.inflatus Paratype Mizunuma&Nagai,1994より
3:C.sculptipennis IrianJaya,Arfak
4:C.suzukii Holotype Fujita,2010より
5:M.greensladeae 記載文の絵 Bomans&Bartolozzi,1993より
6:P.besucheti 記載文の絵 DeLisle,1967より
7:P.coiffaiti 記載文の絵 DeLisle,1975より
8:P.furfuraceus 記載文の絵 DeLisle,1970より
9:T.pollinosus Holotype Mizunuma&Nagai,1994より
10:G.stigmatifer 記載文の絵 DeLisle,1974より
11:T.variolosus Paratype Mizunuma&Nagai,1994より
12:T.sp. PNG


Cherasphorus inflatus Bomans,1988:13
PNG [New Guinea,Eastern Highlands,Okapa].

C.sculptipennisに似るが、顎が強く湾曲するので区別は容易。
複眼縁は大きく、複眼下の膨らみは小さい。


Cherasphorus sculptipennis (Parry,1864):52 [Gnaphaloryx sculitipennis)
=Gnaphaloryx aper Gestro,1881:324-326 [N. Guinea mer. Specimina nonnulla ad flamcn Fly ff Clar.].
New Guinea [N.Guinea].

Gnaphaloryx属の近縁の中では入手しやすいですが、それでも年間で数頭程度。
顎は細くて緩く湾曲し、顎付け根に大きな内歯を備える。
上翅の隆起した筋が特徴的。


Cherasphorus suzukii Fujita,2010:23,373,figs.1156(1-2)
Normanby I. [Normanby Is.,Milne Bay,Papua New Guinea].

C.sculptipennisに似るが、頭部は幅広で、顎先端はへら状になり、顎付け根の内歯は短い。
前胸前方は角ばる。


Microlucanus greensladeae Bomans et Bartolozzi,1993:213-222,fig.
Solomon Is.;Guadalcanal I. [SOLOMON IS.,Guadalcanal,Mt.Austen].

上翅側面が波状になる特異な種類。
Aesalus属のように丸くて厚みのある体型。


Pachistaegus besucheti DeLisle,1967:541-542,fig.27
PNG [Wareo,Finschhafen,Nouvelle-Guinée].

C.sculptipennisに似るが、顎は短くて先端はへら状、複眼縁は角ばらず、前胸前方の幅は狭い。


Pachistaegus coiffaiti De Lisle,1975:271-272,fig.4
PNG [Montes Prince Alexsander, 800 m, Nouvelle-Guinée].

P.besuchetiに似るが、顎先に内歯が出る。
前胸は幅広で丸みを帯びる。


Pachistaegus furfuraceus (DeLisle,1970):113-114,figs.5(c),19 [Aegus furfuraceus]
New Guinea [Wandammengebirge, Neu-Guinea, Waison].

P.coiffaitiに似るが、複眼縁は尖り、前胸後方の湾入は浅く、体型はひょうたん型、上翅の筋は薄い。


Timidaegus pollinosus (De Lisle, 1973):141 [Gnaphaloryx pollinosus]
=Gnaphaloryx stigmatifer De Lisle,1974:786-787,fig.1 [Bougainville(Solomons),Mt.Balbi].
Bougainville I. [Kieta,(I. Bougainville,archipel Solomon)].

♀のみで記載されたので、本種のシノニムとされるG.stigmatiferからの考察。
P.coiffaitiに似るが、体表の点刻は荒く、上翅に隆起する筋はない。
顎付け根の内歯は小さく、前胸後方の湾入は浅く、胴体は丸みを帯びて寸詰まり。


Timidaegus variolosus Bomans,1988:9-10,figs.1(a-b)
PNG [New Guinea,Okapa,Woiena].

T.pollinosusと比べ、顎は長くて、顎中央に小さな内歯、顎付け根に大きな内歯を備える。
前胸後方は切れ込む。


Timidaegus sp.
PNG

非常に特徴的な種類。
顎は細くて、内歯は重なるような三叉状。
前胸後角上部がRyssonotus costatusのように突出する。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4200095

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。