広告

posted by fanblog

Colophon その1

南アフリカのケープ州にのみ分布する 非常に特異な属のクワガタです。
1番新しく記載された エンドロエディ以外は新大図鑑でも見ることができます。

ハワイハネナシなどと同様に 後翅が退化していて飛べないクワガタです。
全種を確認したわけではありませんが、
見た種類(C.westwoodi)では非常に小さく退化した後翅が確認できました。

クワガタでは唯一 サイテス(V類)に入っています。
V類なので許可証さえ下りれば 採集や飼育も可能なはずです。
ただ 現地では環境保護が厳しいらしく
政府からの依頼でもなければ生態調査などは難しいでしょう。
こっそり持って帰ってこれたとしても
サイテスに入っているため 日本の税関でも厳しくチェックされるようです。
どんな種類でも標本は入手困難で ほとんどはヨーロッパからの出物です。




1:C.barnardi Mizunuma,2000より
2:C.berrisfordi Websiteより
3:C.cameroni Fujita,2010より
4:C.cassoni Mizunuma,2000より

Colophon barnardi Endrödy-Younga,1988:385,410
[Type Locality] Leeuw River Peek,Swellendam

ツンベルクに似るが、 顎は細く 前ケイ節の湾曲は弱い。
ただ ツンベルクの記載文の絵は本種にそっくりです。


Colophon berrisfordi Barnard,1932:20
[Type Locality] -

キャメロンに似るが、 顎は強壮で先端は内側に湾曲する
内歯は先端寄り 体形は細長く 前ケイ節は細く直線的。
コロフォンの中でも珍品のようで、♀は見たことがありません。
分布はSwaetberg。


Colophon cameroni Barnard,1929:172
[Type Locality] Waaohoek Mts.,Worcester

顎は細く直線的 中央付近の内歯は先端方向に向いて 大型では内歯の先端部は二又状になる。
前ケイ節は太くてやや直線的。
目にした個体は前ケイ節の棘の発達が弱いですが
擦れているだけの可能性もあります。


Colophon cassoni Barnard,1932:19
[Type Locality] -

バーナードに似た感じの大顎ですが 内歯は付け根に出ます。
大型になると 内歯は台形状になり、
大顎基部の裏側に 前を向く鋭い2本の内歯が出てきます。
前ケイ節はキャメロン似ですが やや湾曲気味。
分布はSwaetberg。



5:C.eastmani Fujita,2010より
6:C.e.nagaii Mizukami,1996より
7:C.e.nagaii Types 記載文の絵 Mizukami,1996より

Colophon eastmani Barnard,1932:20
[Type Locality] -

歯型はカッソン似ですが、 内歯は横向きで鋭い。
複眼縁の形状は 複眼真横が突き出てキャメロンに似る。
前ケイ節は細くて中央部あたりでやや湾曲 先端部の棘が間隔が狭くてやや鋭い。
分布はLangeberg Mts., Western Cape Mts.。

Colophon eastmani nagaii Mizukami,1996:22-25,figs.4-6,7c
[Type Locality] Dassieshoek,Robertson

原名亜種とは、 顎先端部がやや強壮。
複眼真横の複眼縁は突出せず バーナード似。
前ケイ節はやや太く より先端付近で湾曲する。棘は大きく突出は弱い。
ケイ節の特徴は原名亜種でも同じような個体が見られます。
 

8:C.haughtoni Fujita,2010より
9:C.kawaii Types Mizukami,1996より
10:C.montisatris Fujita,2010より
11:C.endroedyi Websiteより

Colophon endroedyi Bartolozzi,2005:347-352
[Type Locality] South Africa:Cape,Est of Osberg

バーナド・ホワイトに似るが、 大きな台形状の内歯が特徴的。
前ケイ節は直線的で 中央部がくびれる。
体型は細長い。

Colophon haughtoni Barnardi,1929:171
[Type Locality] Hex River Mts.,Matroosberg; Kogelberg Palmiet Riv. Mts.

顎先端部の内歯が特徴的。
前ケイ節の棘は大きい。
光沢は強め。

Colophon kawaii Mizukami,1996:22-24,figs.1-3,7a
[Type Locality] Matroosberg,Hex River Mountains,Cape Prov. Republic of South Africa

キャメロンに似るが、 内歯は大きい。
小型個体ではキャメロンより幅広の内歯でやや先端寄り。
前ケイ節は棘の手前で急に細くなる。
光沢は強い。

Colophon montisatris Endrödy-Younga,1988:418-420
[Type Locality] Swaetberg,Blesberg

ストコに似るが、 顎は細長い。
前ケイ節は中央部でクの字に曲がり 棘は長く突出する。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/1886418

コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。