広告

posted by fanblog

Altitatiayus koikei と Sclerostomus koikei

S.koikei Arnaud,Noguchi &BomansはArnaudius属、 
S.koikei Grossi & AlmeiaはAltitatiayus属と分類されることがほとんどですが、
当方はAltitatiayus属もArnaudius属=Metadorcinus属もSclerostomus属の亜属程度と考えます。
もっともこのように処理すると ホモニムになってしまったり亜属の処理など いろいろ面倒ではありますが・・・

理由としては 属間の違いがあるのは理解ができますが、
例えばAegus属の亜属間の方がより違うように見えるからです。
A.currani(Aegus)とA.alternatus(Malietoa)とA.adelphus(Micraegus)とか。
納得できる意見があれば考えを改めると思いますが。


Sclerostomus(Metadorcinus) koikei Arnaud,Noguchi et Bomans,2007:5
[Type Locality] Peru: Cuzco: Kosñipata Valley

ホロタイプ Fujita,2010
The Lucanid Beetles of the World
: Mushi-Sha's Iconographic Series of Insects 6:1-472
より

Sclerostomus(Altitatiayus) koikei (Grossi in Grossi & Almeia 2010):594,597,599-600,figs.11,30 [Altitatiayus koikei]
[Type Locality] BRAZIL, Minas Gerais/ Passa Quatro,Serra Fina/ Trilha da Toca do Lobo

ホロタイプ Grossi & Almeia,2010
Revision of the genus Altitatiayus Weinreich
: Revista Brasileira de Entomologia 54(4):588-600
より

この記事へのコメント

   
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
スポンサード リンク
プロフィール

tkyk4
主に大図鑑に載っていなかった種類について書いていこうかと思います。 見解の相違や同定間違いなどもあると思いますが、あたたかい目で見守ってください。
最新記事






スポンサード リンク
サイト内検索 http://fanblogs.jp/anotherstagbeetlesofworld/index1_0.rdf
分類カテゴリ
リンク集
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。