広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

下半身ダイエット レッグマジックX



レッグマジックXを使えばたったの4週間でこんなに変身

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 




あなたがキレイに見せたい下半身の部位だけを徹底的に引き締めます。

はじめて乗ると、ほんの数十秒で「ぷるぷる」してくるはず。

それは、ズバリ効いている証拠!


今夏、最大級のミラクルチャンス。
3第得点つき
詳細はこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


天然水の宅配サービス「コスモウォーター」





○京都採水地について

採水地設備不具合の為「古都の天然水」「プラスプレミアム」の生産量が減少しておりお届けに7日前後の遅れが、 出荷量増の為「富士の滴」「日田の誉」のお届けに2〜3日の遅れが生じております。 お客様には大変ご迷惑をお掛けし申し訳ございません。ご了承くださいますようお願い申し上げます。全社一丸となり一日でも早くお届けできるよう取り組んで参ります。

只今お電話が混み合っております。何卒ご了承ください。

◎当社取扱い商品に放射性物質は検出されませんでした。





※東日本大震災に関するお知らせ

【放射性物質汚染に関して】

東日本大震災による福島原発からの放射性物質漏れに関して、各メディア等で報道されているように、魚・野菜・水道水等において基準値を大きく上回る放射性物質汚染が確認されています。特に水道水においては「赤ちゃんには飲ませないように」との見解も発表されました。

弊社の天然水は種類は基より、安全な採水地をも選べ、この度の放射性物質汚染に関して安心安全な水をお届けさせていただきます。

どうぞ安心安全な水を飲料ください



フープノティカ


フジテレビ「とくダネ!」にてフープノティカ・フラフープ
が紹介されました。










ハイブリッドレスベラT

NHKスペシャルで「レスベラトロール」が紹介されました

  あなたの寿命は延ばせる〜発見!長寿遺伝子











いま、もっとも注目されているポリフェノールの一種です。

  ブドウの皮や種子などに含まれているのですが、
  人間が取り入れるのは困難であったため、普及が遅れていました。

  しかし、近年、日本国内でもバイオベンチャー企業によって、
  吸収しやすい形で大量に抽出する技術が開発されました。


詳細はこちらから
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 





東日本大震災 「助かった命」夫婦支え合い 避難所でも老介護





東日本大震災で、被災者らは寒さと物資不足という厳しい避難生活を強いられている。とりわけ高齢者にとっては過酷で、避難所にいる高齢者が死亡するケースも出始めた。宮城県女川町にある16カ所の避難所でも、白髪につえをつきながら歩く高齢の被災者の姿が目立ち、老老介護をしている夫婦や親子も少なくない。「本当は空元気よ」「これまで通り夫婦2人で」。さまざまな思いを抱きながら、高齢者らは支え合う避難生活を過ごしている。

 全国でも有数の漁港を持ち、水産加工業が盛んな女川町。震災では、宮城県石巻市に通じるJR石巻線が津波をかぶって運休となり、移動手段を持たない高齢の被災者は、必要な食料や衛生用品などを支援物資に頼って過ごしている。

 約800人が身を寄せる町立総合体育館では、高齢の夫婦や親子が老老介護をしている様子が目につく。介護する側がめまいや不眠の症状を訴え医務室を訪れることが増えており、町職員は「精神的なストレスも重なり、相当疲れがたまっている」という。

 清水地区から避難してきた阿部昭二さん(85)は年齢とともに足が不自由になり、妻のとみ子さん(78)が身の回りの世話に当たる。

 「こんな幸せな日をいつまで続けられるのだろうなんて、(震災の)2週間ほど前にふとそんなことを考えたの」と、とみ子さん。以前は保険会社の外交員をしていたといい、笑顔は人懐っこく、明るくしゃべる。でも「本当は空元気よ。私まで暗くなったら、お父さんもつらくなる」と小さく舌を出した。

 昭二さんは約40年の会社員生活を終えていて、つましい年金暮らしながら、夫婦そろって温泉に行くことを楽しみに日々を送っていた。それなのに、今は家さえもない。

 自衛隊による入浴サービスが始まったが、昭二さんは「足もとがおぼつかなく、これ以上面倒をかけたくない」と大好きな風呂も我慢してしまう。

 首都圏に住む息子たちからは震災以降、今まで以上に同居を勧められるようになった。それでも、とみ子さんは「この土地が大好き。私たちが女川を離れてしまったら、息子や孫たちは帰るところをなくしてしまう」と断り続けている。

 北浦地区から避難している小松美恵子さん(79)は、脳梗塞の後遺症で半身にまひの残る夫の学さん(80)に付き添い、介助を行う。冷え込みが厳しい朝晩は「寒いなんてものじゃない。お父さんだけでもきちんとしたところで寝かせてあげたい」と涙ぐむ。

 夫婦二人三脚で銀サケの養殖に取り組んできた。数千万円をかけて整備した養殖施設も冷凍庫も失い、取引相手も甚大な被害に遭った。「あの津波で儚(はかな)くなっていれば、こんなに苦しまずにすんだのではないか」。そう思って眠れない夜もあるが、「お父さんを残して死ぬわけにはいかない」と自分を奮い立たせる。

 同じ地区の友達は、親族や知り合いを頼って各地に避難していった。愛知県にいる孫は「こっちに来ればいい部屋があるし、介護も手伝える」と声を掛けてくれる。孫の優しさはうれしいが、「せっかく助かった命、これまでと同じように夫婦二人三脚でもう一度頑張りたい」と心に誓う。(石井那納子)

産経新聞 3月24日(木)15時10分配信




介護サービス、受給者と費用額が増加−給付費実態調査・1月分





厚生労働省が3月23日に発表した「介護給付費実態調査月報(2011年1月審査分)」によると、介護保険サービスの受給者総数は327万5600人、サービス費用額は6102億200万円で、前年同月に比べてそれぞれ14万200人、280億5500万円増加した。

 介護サービス受給者数をサービス種別に見ると、居宅サービスでは、訪問介護が83万6100人(前年同月比3万3000人増)、訪問看護が25万9300人(1万2400人増)、通所介護が103万100人(7万6700人増)、短期入所生活介護が28万9400人(1万8200人増)となった。また施設サービスでは、介護老人福祉施設が44万2400人(7400人増)、介護老人保健施設が33万2200人(6100人増)、介護療養型医療施設が8万4900人(6400人減)だった。

地域密着型サービスでは、認知症対応型共同生活介護(短期利用以外)が15万2500人(8600人増)、小規模多機能型居宅介護が4万4300人(8800人増)。

また、居宅介護支援は204万2600人(9万8500人増)だった。

 介護サービスの費用額を見ると、居宅サービスが2682億9900万円(190億7300万円増)、施設サービスが2540億8100万円(17億9800万円増)、地域密着型サービスが602億7200万円(54億4500万円増)などとなった。

 要介護状態区分別の受給者数は、要介護1が74万6700人、要介護2が80万4200人、要介護3が64万7800人、要介護4が57万6600人、要介護5が50万200人だった。

 このほか、介護予防サービスの受給者総数は88万9900人、サービス費用額は352億6400万円で、前年同月に比べて5万7800人、20億4500万円増えた。

要支援状態区分別の受給者数は、要支援1が40万4200人、要支援2が48万3200人だった。




(認知症)満たされぬ領域 新薬開発に期待

6月15日7時56分配信 産経新聞

【医薬最前線】2010年の壁

 東京都目黒区で6月6日、認知症の患者や家族が100人以上集まった交流会が開かれた。同区の高橋健二さん(57)=仮名=は「認知症は治らない病気。
将来、どんな症状が出るのかを知り、心の準備をすることが大切です」と参加者に語りかけた。

 高橋さんの妻(56)は6年前、認知症の一つ、若年性アルツハイマー病と診断された。

最初は物忘れが多い程度だったが、徐々に悪化。家事ができなくなり、トイレットペーパーを散らかしたり、室内に水をまいたり…。
今では夫のことも分からなくなった。高橋さんは勤めていた会社を辞め、アルバイトで家計を支えながら、妻の介護にあたった。


 ところが、今度は介護を手伝ってきた長女(27)が精神的に不安定になり、家に閉じこもるようになった。
「このままでは家族が崩壊する…」。
高橋さんは今年2月、妻を施設に入所させることを決めた。


 妻は洋裁が好きで手先も器用だった。
「たった6年でこんなになっちゃうなんてね。薬がないのがこの病気の一番の問題」。
高橋さんは唇をかみしめる。





 国内のアルツハイマー病患者は約130万人もいると推計されている。

だが有効な治療法は確立されておらず、病気の進行を抑える薬が1種類あるだけだ

この薬が効かなければほかに選択肢はない。

介護にあたる家族にとっては、同じ境遇の仲間の支えが唯一の“クスリ”なのだ。


 財団法人「ヒューマンサイエンス振興財団」が平成17年、60の病気について、医師を対象に「治療に対する薬剤の貢献度」と「治療の満足度」の相関関係を調査(147人回答)した。

結果はアルツハイマー病の貢献度と満足度がともに10%以下ともっとも低かった。

逆にいずれも90%を超えたのは消化性潰瘍(かいよう)だった。


 アルツハイマー病ははっきりとした原因が解明されていないため、根本的な治療薬の開発が困難とされる。

一方の消化性潰瘍には効果的な治療薬があり、手術をしなくても治せる。


 製薬業界や医療関係者はアルツハイマー病やがんのように有効な治療方法が確立されていない領域を「アンメット・メディカル・ニーズ(満たされていない医療ニーズ)」と呼んでいる。

 鬱病(うつびょう)などの中枢神経疾患やリウマチなどの免疫疾患なども含まれる。


 大型品の特許切れで業績悪化が懸念される「2010年問題」。

問題を乗り越えるための製薬大手が高い関心を寄せている分野が、まさに「アンメット・メディカル・ニーズ」だ。

各社は飽和状態にある高血圧症などからアルツハイマー病やがんに開発の重点領域をシフトさせている。


 病気のメカニズムが完全に解明されていないなど新薬の開発が難しいアンメット領域だが、近い将来、国内市場に登場する可能性がある薬もある。


 現在、1種類しか流通していないアルツハイマー治療薬では、新たに3種が承認申請中。

武田薬品工業や第一三共などが2010年問題を乗り越える“切り札”の一つとして市場投入を計画している。


 エーザイは「現代有機合成化学の最高傑作」(内藤晴夫社長)と自負する乳がん治療薬「エリブリン」が日米欧などで申請中だ。


 いずれも「根本治療薬」とはいえないまでも、従来の薬よりも高い効能も期待される。


 妻の病気に悩む高橋さんの、新薬への思いは切実だ。

「妻はもう少しで『食べ物がのみ込めなくなる』と医師に言われた。いい薬が出たら試したい」


 同じ薬を使い続けると細胞が「耐性」を持ってしまう“宿命”を持つがん患者も新薬の登場に期待を込める。

「卵巣がん体験者の会スマイリー」の片木美穂代表は「新薬が一つ出れば、延びる命が増える。患者にとって選択肢が増えることは希望」と話している。



メタボ男性、うつ病リスク2倍以上 女性は関連見られず





肥満や血糖値、血圧などの異常が重なるメタボリック症候群の男性は、そうでない男性に比べ、うつ病になる恐れが2倍以上であることが、九州大学の調査でわかった。

メタボの男性はうつ病かどうかを早めに調べ、治療につなげることが重要だと、研究チームは指摘している。


 九大が40年以上にわたり、住民の生活習慣と病気との関係を調べている福岡県久山町でのデータを分析した。


 2007年の健診で腹囲や血圧などを測定した40歳以上の男女3025人に、うつ病の診断に使われる質問票に答えてもらい、抗うつ薬を飲んでいるかなどを尋ねた。


 男性でメタボだった364人のうち、7.3%にうつ状態が見られた。メタボでない910人では2.8%。統計的な補正をするとメタボの男性はリスクが2.3倍だった。

おなかのサイズが大きい人、善玉コレステロールの値が低い人に、その傾向が特に強かった。

女性は、うつ状態とメタボの関連性は見られなかった。


 メタボとうつ病との関連性は欧米の研究でも指摘されているが、原因はよくわかっていない。

九大チームは「メタボで症状が出ない程度の小さな脳梗塞(こうそく)ができ、うつ病につながっているかもしれない」と推測する。

金沢市で開かれている日本うつ病学会総会で11日、発表した。




(メタボリック)生活習慣病の医療費急増 練馬 3年で10%





練馬区で高血圧や糖尿病など生活習慣病に関する医療費が平成17年度から20年度の3年で10%増え、区財政を圧迫する要因になっていることが、区の調査で分かった。

生活習慣病になる可能性が高いメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)とその予備軍の割合は男性が圧倒的に多い

区は「特に男性はメタボ健診を積極的に受診して」と呼びかけている。


 区が区内在住の30〜74歳の国民健康保険被保険者を対象に、17年5月と20年5月の月額医療費を比較したところ、医療機関が診療報酬を請求するために提出する書類は、生活習慣病については15%も増加。

また、生活習慣病の医療費も10%増加していた。


 さらに、1人当たりの年間医療費も調べたところ、2千万円以上の高額な医療費がかかった区民の8割が、複数の生活習慣病を抱えていることも判明した。


 生活習慣病が医療費を押し上げ区財政を圧迫する一因となっている一方で、メタボやその予備軍を見つけるために国が実施する特定健診の受診率は20年度は36%にとどまった。

特に40〜44歳の働き盛りの男性の受診率は16%と著しく低いことが浮き彫りになった。


 区は「特定健診の受診券は、年に3回に分けて発送する。

特に男性は、ぜひ受けてほしい」と話している。




<AIM>脂肪を溶かすたんぱく質 やせ薬候補に新薬開発へ

脂肪の塊を溶かす働きを持ったたんぱく質を、宮崎徹・東京大教授(疾患生命科学)らが発見し、9日付の米医学誌セル・メタボリズムに発表した。

このたんぱく質を接種したマウスの体重は減った。

研究チームは、肥満を抑えるやせ薬の候補として、新薬の開発に乗り出した。


 研究チームは99年、白血球の仲間であるマクロファージで作られているたんぱく質「AIM」を見つけた。

その作用を調べようと、AIMを作れないように操作したマウスを観察すると、同じ量の餌を与えても通常のマウスより太ることに気付いた。


 そこで、脂肪の貯蔵庫となる「脂肪細胞」にAIMを加えると、72時間後に脂肪の塊が溶けて4分の1の大きさになった。

毎週1回0.1ミリグラムを接種した太めのマウス(体重40グラム)は、高カロリーの餌を食べても4週間後の体重は5グラム減ったが、未接種のマウスでは50グラムに増えた。

AIMは、脂肪細胞の表面にある別のたんぱく質の力を借りて細胞内に入り、脂肪の塊を溶かすだけでなく、脂肪細胞自体もできないように作用していたという。


 脂肪の塊を溶かす薬剤はすでに開発されているが、脳への悪影響が課題になっている。

AIMは脂肪細胞とマクロファージのみに作用し、体内で作り出されるので副作用の心配もないとしている。

 宮崎教授は「脂肪細胞は数が増えすぎると肥満を招くが、エネルギーを貯蔵する役割もある。

人でのAIMの働きを詳しく調べ、糖尿病や動脈硬化につながる肥満の解消に貢献したい」と話す。




    >>次へ