<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年06月30日

-583,201

18:30 米国市場は更に続伸、為替も円安となるがUSDとCHFは安い。東京マーケットは9800円台に乗せて始まるが上値は伸ばせずに小動きとなる。引けは小幅高で9815円の新高値、プレミアムは大きく下落。収益はやや改善し6月の収支は50万円に留まる。予定ではプラスサイドへ戻したかったが達成出来ず。来月は1日でも速くプラスサイドへ復活したい。震災後は1ヶ月50万円の収益ペース。必要最低限の収益で来月は増額したい。戦略は収益更新まで現行通り ワイドレンジのストラングル売りとプットのバーディカルスプレッド。タイムボックスもチャンスがあればロットを増やして行く。そしてCXで目標50万円を目指す。

2011年06月29日

-733,471

16:30 米国市場は続伸、上げ幅は拡大。東京時間は9770円で始まり動きが止まる。やや下落基調だったが引け間際に買われて高値引け。指数は9797円、久しぶりの高値で引ける。ここまで高いとコールもさすがに反応して上昇。為替は円高のままなので、円安方向へ動けば一気に10000円を突き抜ける計算となる。逆に、ここからの円高はたがが知れているので下値は浅い。来週末のS.Q.は9750から10000円辺りに着地か?
バーディカルスプレッドのヘッジ買いを外す。9750円センターのタイムボックスも利食い完了。為替の買いポジションも円安方向となるが、何故か収益は伸びず・・・。イブニングでコールを売る予定。

2011年06月28日

-722,107

16:30 米国市場は反発、上げ幅はやや大きい。為替は円高が止まるがCHFは続伸。東京時間は高く寄るが上値は伸ばせず。動きは小さく9655円で引ける。仕掛けレンジは再度1段上がり元に戻る。プレミアムは小幅に安くなる。USDが80円で完全に値固めを示現、ここからの安値、9000円台前半がしばらく遠退く事が示唆される。
CXの北辰。アプリ版が使えるツール。以前、INV@ST証券が使っていたソフトのリニューアル版のようで大変使い勝手が良い。久しぶりなので、売り買いを間違ったりして戸惑うが、慣れてくれば何とかなるハズ。
6月もあと2営業日。収支プラスサイド復活が絶望的となる。仕掛けるにも中々良い考えが浮かばない。良い考えがあれば必ず勝てる訳では無いが、どうにも気が進まない。7月は何とかしなければ・・・・。

2011年06月27日

-752,983

21:30 週明けの東京市場は9625円予想外に高く始まる。しかし、そこからの買いは無く安値は9560円で小動き。引け値は9585円で仕掛けレンジは再度1段下がる。円高、米株安にも抵抗を見せる相場は今後の先高を示唆するのか?
CHFが再度買われている。今度は遅れていたオセアニア通貨で買われている。これで全面高となるが、一体どこまで買われるのか?GBPと違い、対オセアニア通貨では金利が多少モノを言う。懲りずにAUD/CHFを打診買い。
CXはポジションを取り辛い 金買い/白金売りを仕掛ける。

2011年06月26日

-694,279

11:30 週末の東京市場は予想外の上げが続き9675円で引ける。米国市場は週末も大幅下落で、東京市場の価格が不思議に思える。為替市場はCHFが完全にブレイクアウト。大きな損切りが執行されたのか?
原油市場はそろそろ新安値ゾーンへ本格的に下げて来ている。金価格とCHF、そろそろ下落から暴落へ移行してもおかしくは無い。しかし、向かって売れば損失の山となっている。売っては切らされて損失を重ねているCHF。最後の吹上があれば、そこは勝負するしか無い。

2011年06月23日

-683,548

19:00 米国市場は昨日の上げを帳消しにする下落。引け間際の下落で引け味は悪い。円高も膠着状態で今日の東京市場で3桁の下落を覚悟する。しかし始まってみれば予想外に買いが先行、一時プラスサイドまで反発し9650円昨日の高値に合わせる。それ以上の買いは途切れ反落するも再度9600円に返り咲く。大きく予想を外された格好で大引け。仕掛けレンジは1段下がり元に戻る。プレミアムはほぼ変わらず。P9500、C10000のタイムボックスを手仕舞い。CX白金買い、金売りが大きく引かされて速攻損切り。GBP/CHFは再度史上最安値を更新、損切りが近い・・・。
株価は思った以上に堅調だが、2つのマーケットで大きな動き。1つ目は、金と白金。価格差が2年ぶりに500円に近付き、白金買い/金売りのストラドルを仕掛けるが即切らされる。どこかの連中は白金の希少性とか金とは根本的に違う事など関係無く、金だけを買い漁っている模様。同様に、不確実な自国通貨を持たずにCHFを大量に保有する。ここまで来ると、金と白金の価格差の逆転も起こり得る事。同様にGBP/CFHが1.0の同価格なんて事が・・・?完全ブレイクなので順方向に賭けるタートルズ手法か?それとも限界地点(同価格もしくは逆転)まで引き付けて仕掛けるか?解かっている事は、現地点での反転は可能性が低い事。行き着くトコロまで行かなければ、この理不尽?な価格はまだまだ続きそう。マーケットの世界は付いた価格が現実であり全てなのです。

2011年06月22日

-664,716

17:00 米国市場は大幅続伸、為替の円高も止まる。東京時間は9500円に乗せて始まり一気に9600円台まで駆け上る。下かと思ったら、上かよ!・・・って、予想外の上げに戸惑ってしまう。引け値は9629円で、連日仕掛けレンジが切り上がる。遠いプットの売りがバーディカル・スプレッドで20枚近く有り、収支は改善する。
先週末、発注用PCを入れ替える。フジトミのWEBがやたらと重い為、P4 2.40GHz 1GB から XEON 2.00GHzをデュアルで搭載 1GBのRIMM にO.S.はあえてXPを選ぶ。プログラムは必要最低限で、視覚効果も大きく外している。動きは抜群に速いが、どうにもフジトミのWEBは満足の行くレベルまで到達せず。問合せたところ、PCの性能だけが原因では無いような答えだった。仕方無く 北辰CX の口座を開設する。専用アプリなので期待が持てるが、日当20000円を達成したい。残るブローカーは 岡藤 岡安 日産センチュリーの3社。北辰がダメなら順に試して行く。ブローカー選びは非常に重要です。
一方、OPのブローカーは現在SBIがメイン。HYPER SBI と名前だけはとても強そうだが、中身はイマイチ。1920X1200の領域を22インチで表示しても満足に表示し切れない。個々のウィンドウが大き過ぎて調整出来ない事が原因。しかし売り建て規制100枚で他社の制限とは比べ物にならない。次に松井のネットストックハイスピード。これは非常に使い易く3年以上使っているので何の不満も無いが、売り建て制限20枚なので直ぐに満玉となってしまっている。タイムボックスやバーディカルで買いヘッジしていても、一律売り20枚まででは話にならない。カブコムも同様に20枚でアウト、条件も同じ。カブステーションなるアプリも使い勝手今ひとつ。使い勝手や視認性抜群、シンプルで最高なのがクリック証券。残念ながらこの会社で売りが建てられない状況が現在も続いている。震災以前からシステムトラブルが多く対応も最悪だが、惜しいブローカーである事は確か。社名もGMOが復活しているし、新しい経営体制で売り建てを是非再開してもらいたい。勿論、システムダウンは困るが・・・。

2011年06月21日

-862,810

17:00 米国市場は続伸、上げ幅は大きいが円高は継続。東京時間は9400円台を回復して始まるが買いが続かず9400円を一時割込む。引けにかけて再度買われ9459円の高値圏で引ける。仕掛けレンジは一段上がり元に戻る。プレミアムは大きく下落し収益は改善するが、速度が上がらず。今月もあと7営業日、予定ではプラス浮上だったが雲行きが怪しくなって来る。

2011年06月20日

-973,214

19:00 週末の米国市場は小幅高で続伸。上げ幅を削っているので引け味は悪い。東京時間は円高が執拗に続く。一時9400円台に乗せるが買いが続かず9350円で引ける。週末上昇したプットが下落しプレミアムは比較的大きく下げる。
為替、株価とも小動きが続いている。仕掛けが大きいと、小さいノイズで一喜一憂してしまうし疲れて来る。繰り返すレンジに慣れが生じて油断も出て来る。為替、株価共々、下限レンジ一杯の価格帯に再度突入。USD79円台前半、株価は9200円割れでレンジアウト、下方ブレイクとなる。

2011年06月17日

-1,070,902

16:30 米国市場は反発、為替は円高が進行。東京時間は9440円で始まるが、寄付き高値となって下落し場中の安値を更新して9310円の安値を付ける。引けでやや戻すが、引け値ベースでも安値を更新9351円で引ける。仕掛けレンジは一段下がりプレミアムは急上昇、収益も連日の悪化となるが想定内。9000円を割込めば、プットの急騰が見込めるので絶好の仕掛け場となる。今夜の米国市場に注目。今夜のイブニングセッションの引け間際で、ある程度方向性が出そうな週末、噴いたプットは売りで臨む。
昨夜の続きでFX。現在も円高進行中で重要なサポートラインに達している通貨も有り注意が必要。大きく円安に動く日もあるが、円高方向へは一回り大きな動きとなっている。従って、ジリジリと円高が進む格好になっているが、止まるか?ブチ抜くか?大きな動きになりそうな気配。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。