アフィリエイト広告を利用しています


薄毛にも種類がある。あなたにも思い当たる状況を見分けましょう、ここから見直すあなたに合った育毛法。


育毛をあなたの身近として

ここに訪れたことに今日も感謝

ありがとうございます




薄毛になってしまうといっていても

よく 見たり考えて みると

人によってその状態は異なり ますよね


自分はどのタイプなのか

見極めた上での

ケアが必要ではないですか?


薄毛といえど

実にいろいろな状況が存在するんです






いろいろな薄毛の種類がある



AGA(男性型脱毛症)



頭皮気になる.jpg


最近になり

だいぶ知られるところとなりましたが

男性ホルモンの過剰な分泌により

頭頂部と額の生え際から薄くなってしまう

とされるものです


成人男性によくみられ

30代から40代で起こりやすい
とされます

抜け毛が進行して

薄毛が目立つようになります


ある調査では

全国で1260万人もの人があてはまり

その中で気にかけている人は800万人で

なにかしらのケアを

したことがあるのは650万人とされ

注目されているといっていいでしょう

成人男性の3人に1人

あてはまることになり

早めの処置が必要です



>>> 薄毛が心配だとどれくらい本気で感じていますか?クリニックでまずは現状を診断すれば何が本当に必要かわかります



瀰漫(びまん)性脱毛症



髪女性.jpg


女性の悩みでは・・・

全体的に髪が薄くなった気がする と

悩みが聞かれることが多いですが

この瀰漫性脱毛症にあてはまります


髪が全体的に薄くなるとされるもので

女性に多く見られる症状で

女性男性型脱毛症として

FAGAとしても呼ばれるようです


びまんとは" 一面に広がる "という意味を

指しその様子から症状を表しています

分け目が広くなってきていると感じたり

地肌が透けて見えたり

髪全体のボリュームが減ってきた

と感じたら注意が必要です





円形脱毛症



抜け毛.jpg


いきなり円形などの形で

部分的に髪が抜け落ちる
症状になります


一か所だけでなく

数か所見られることもあり

極度なストレスにより

見られると言われていて

要因がはっきりしないことも

あるようですが

最近ではリンパ球に関係した自己免疫説

あるようです


一般的に10円玉くらいの抜け毛が

突然表れるという認識が大きいと思います


頭部全体に抜け毛が拡がってしまったり

眉毛やまつ毛・体の毛まで

影響を及ぼすこともあり

重度に至ったり

意外に様々な症状があります




牽引(けんいん)性脱毛症



ブラッシング.jpg


髪が長期に渡り

継続的に引っ張られる
ことによりなります


髪の分け目などでなりやすく

束ねたりして引っ張られることでも

なりやすいそうです


引っ張られ続けることで

毛根にダメージ
を与えてしまうようです


髪を縛っていることで

強く引っ張られ原因となることが

強いわけですが

ブラッシングの時なども

乱暴にすると
頭皮に負担をかけるます


急いでいる時にも

慌てずにブラッシングできる習慣を

つけるのも大切です




脂漏(しろう)性脱毛症



ふけ.jpg


皮脂が過剰に分泌されることにより

毛穴を塞いでしまい

頭皮に炎症
を起こしてしまいます


皮脂の分泌異常が原因で

フケやかゆみの症状がでる
ことが多いです


目で見た状態から

頭皮がべたべたしていて

毛穴びっしりに汚れとなっている

皮脂がつまっていたりするのが特徴です


毛穴の奥まで

炎症を起こしている
ことも考えられ

頭皮が赤くなったり痒みが激しくなったり

すると注意が必要です




その他の脱毛症



他には

薬による副作用で起きてしまうものや

膠原病梅毒からの症状から起こるものも

あります


ストレス性の疾患では

自分で髪を抜いてしまう
ものもあり

生活習慣などからくる

栄養バランスの崩れから起こる


こともあります




状態を知った上でのケアを



育毛ケアをしていても

イマイチ効果がなさそうなら

根本から見直す機会も必要ですね


まったく的外れのケアをしている場合は

当然効果もでないもの


自分で何かしらの疾患を持っている場合

特に注意が必要かもしれません


病気の症状の一環かもしれないですし

内服されている薬の副作用

といったことも考えられます


すぐに医師への相談が必要でしょう




生活習慣的なものは

食習慣が偏っていないか

ダイエットなどでも制限しすぎていないか

など見直す面があるでしょう


スタイリング習慣についても

分け目を変えたり

束ねたりする時間にも気を配り

毛根へのストレスもできるだけ減らす

こともいいでしょうね




より効果的な対策をするために慎重な製品選びをしましょう



効果を求めるあまり

いいキャッチコピーの製品に

飛びつきたくなりますが

自分の状態や症状をよく見つめてから

それに合ったものを

選んだほうがいいですね


育毛剤やシャンプー関連は当然ですが

普段接しているスキンケア製品や

使っている薬なども

もしかしたら髪を育てる障害に

なっているかもしれません




同じ効果がでる製品でも

成分が異なっているものもあり

自分の体質などに合ったものを選ぶのは

とても大事でしょう


まずは自分が薄毛と思うところには

どんな特徴があるのか

今一度確認をして

あなたに合った取り組みを

見直してみつけてみてくださいね




こちらの記事も合わせてどうぞ

重要





健康維持と頭皮ケアは

将来のあなたへの投資という意識が大切!

今日からできること今すぐはじめましょう

あなたの行動を頭皮は待っています


ここまでお読みくださり

ありがとうございました(*ᴗˬᴗ)⁾⁾




タグ:薄毛 種類 AGA
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/7964016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



ご訪問ありがとう
ございます

《 もっと育毛ライフの
充実に
メルマガはこちら 》
下指差し下指差し下指差し


お名前( ハンドルネーム )


メールアドレス



登録すると規約に同意するものとします





『 参加しています 』
下指差し 下指差し 下指差し


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 頭皮・地肌へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ 薄毛・抜け毛へ
にほんブログ村

( ポチポチっと応援お願いします!励みになります 平謝り‍)




〔 サイトマップ 〕


検索
タグクラウド





育毛対策無料レポート
配布中!上指差し上指差し上指差し


↑外からケア
(髪の悩みに)
内からケア↓