2022年08月12日

ガンプラ在庫のお問い合わせ関しまして

現在、電話やメールなどでのガンプラ在庫お問い合わせには応対しておりません 
その他のプラモデルや工具などのお問い合わせは従来通り承ります。

ガンプラも一時期程の消化速度ではなくなって来ましたが、それ故に特定のアイテムに関しての問い合わせが増えております。

2022年08月11日

当店にご来店くださる全ての皆様へ

IMG_2545.JPG
いつも、民家型模型店ぷらも屋さんをご愛顧いただき、厚くお礼申し上げます。

画像のように当店に至る道筋は大変細い道となっております。
こんな片田舎ですが、我が家を含め実は小学生以下のお子さんが多数います。
そして農耕道路なので農作業の方々も往来します。

この細い道をアホみたいな速度で通られる方が散見されるようです。
恥ずかしながら店主はワンマンで店内にいると、お客様方がどのように道を通ってご来店されるのか直接確認できなくて今日までまいりました。

本日沿道の方に「スピードが速い方が居るので注意して欲しい」とお話を頂きました。

細い道かつ子供も居る場合がありますので、安全な速度でご来店頂くようお願い申し上げます。

RGゴットガンダム新発売は答え合わせになるか?

FZn27AeUYAIWjIo.jpg
いよいよ8月13日にRGゴットガンダム新発売となりますね。
受注開始直後から既に転売と思われる出品が有名通販サイトを中心に観測されたのは、覚えてる方も多いかと思います。
元々メーカーさんは転売対策として異例の6月分・7月分同時受注を敢行
つまり6月・7月と連続販売するというのを事前告知してきて転売屋に揺さぶりをかけてきたことでも、当時多くの話題となりました。
そして、6月発売を8月に延期し6月7月分を合算で一気に放出する飽和戦術をとってきたわけです。
さらに13日発売にもかかわらず休みの都合があるとはいえ、各販売店には8〜10日の間に納品し、その圧倒的な数量が公にしてきました。

現状、当店みたいな創業3年の個人店ですら24個確定で入荷、もう少し上積みもありそうな状況です。
大手さんに至っては数百単位での入荷も見受けられるなど、明らかに今までの新製品の投入規模とは一線を画する状況となっています。

現状をみれば、おそらく初期の欲しい方々の大半に行き渡るのでは?と感じます。

そうなると、転売屋さんは転売できずに泣き寝入り?と言いたいところですが
実は新製品予約を入れて、無在庫で転売提示をされてる方が大半な訳です、実際発売前なので誰の手元にも商品は無い訳です。

そうなると、転売が成立しない
予約をいれたけど、その商品を受け取りに行かないという事態が予想されます。

これは予約を受けた販売店としては、憤慨ものの行為なんですが、あの方々は平気でそれやりますからね。

しかし、逆に言えば今回予約したにもかかわらず引き取りに来ない方というのは、転売屋さんの可能性がものすごく高いとも言えます。
転売屋さんで無くても、確実に入手したいからと複数店舗に予約入れまくって、どこか一店舗からだけ買うというマナーが悪いファンの可能性もあります。

どちらにせよ、販売店から見れば「迷惑千万、出禁対応」レベルの方々な訳です。

そういう答え合わせが一同に出来るまたとない機会ではないかと思うんですよね。

当店ですか?
当店はハナから無在庫転売なんてやらせる気ありませんので、今回のRGゴットガンダムも予約は受付しましたけど
予約するには条件があったんです。
なので、当店では予約ぶっちする方は居ないと思われるのと、大半の予約をくれたお客様は通ってこられる顔もわかる方々が多かったので心配はしていません

さてさて、全国津々浦々の模型店や模型売り場などで、どういった答え合わせがあるのか?
ちょっと興味がわきますね。

2022年08月08日

言語道断な行為


当店をご利用くださるお客様のツィートにて知りました。

見て頂くとおりガンプラのランナーとパーツと思われる物が路上にうち捨てられていたようです。
幸いツイート主さんが全て回収して処分をしてくれましたが、非常に悲しい出来事だと感じます。
子供・大人関係なく、路上に物を捨てる行為そのものがルール違反でして、そのゴミがプラモデルというのは本当に嘆かわしい

プラモデルを好きな者として、凄く恥ずかしい気持ちになります。
このような行為をする方は極々限られた方だと思いますが、くれぐれもこのような事をなさらないようにお願いいたします。
地元でこのような行為をする人が居たと言うことに、大変ショックを受けております。

他のファンの方達の印象を悪くするような行動はお控えください

【ガンプラ】しか探していない人に多いのですが
本日も早速そういった方が来店され、あまりにも常識が無いので一言申し上げます。

勝手に開店時間前に入店してきて、8日出荷使いのガンプラはあるか?

予約は出来るか? 取り置きは出来るか?など矢継ぎ早に聞くだけ聞いて、何も買わずに帰られた方が居ました。

大なり小なり似たような方が、定期的にお店に来られます。

ガンプラを必死で探しておられるのでしょうが、そういった身勝手な行動により「ガンプラファンは常識が無い」とお店やいろいろな方面に思われてしまうことにお気づきでしょうか?

当店にもガンプラファンのお客様は沢山ご来店くださります、多くの方は常識的で自主的に当店が狭いのを知っていて無理な入店をせず他のお客様が退店されるのを待っていてくれるほどです。
なので、大半のガンプラファンの皆様は良い人ばかりだというのは理解していますが、やはり定期的にこういった無神経・常識が無い方が来られると考えさせる事はあります。

当店は入荷品はきちんと公表していますし、入荷数も公にしています。
そしてそれら入荷品は全て【週末店頭だし】とも常に言っております。

これらは、情報が無く仕方なく闇雲に探索活動を皆様がしなくても言いようにと、考えた上で行っております。

当店以外でも、ガンプラを探してお店やその他の方々へご迷惑をかけない行動を切に願う物であります。

2022年07月01日

バンダイ発注しました。

8月9月追加分及び10月から12月に掛けてのアイテムを発注しました。
事前予約頂いてる分はなんとしても確保したいと思いますが、昨今の状況からどうなるかな?
これで今年の発売スケジュールは判明した事になります。
品薄感解消路線は継続中が滲み出たアイテムリストとなっています。

10月から放送開始予定のガンダム水星の魔女関連はおそらく8月ないし9月に追加発注の形で案内が来るかと思います。
昨年の境界戦機と同じパターンですね。

2022年06月30日

珠玉の名車アルトラパン

428FBAA0-3E5D-4E2C-83DA-74C1755A75B5.jpeg

長野県飯田市で民家型模型店ぷらも屋さんを運営してる店主です。
最近、どうにも遊べる車が欲しくてアルトラパンを増車しました。
さてこんな古い車ですが、乗ってみて
コイツは出来る奴だ!と感じた訳です。

店主はKei Worksのマツダ版に長らく乗ってました。
あれはあれで大変良い車でした、今回購入したラパンssは Worksの冠名こそついてないもののエンジンはワークス同等との事で、ある意味純 Worksと言える車かな?
Kei Worksとの共通項的なところでは、本革ステアリングやシルバー調のインパネ
標準車に比べて10ミリのローダウン辺りが Worksぽい所です。
外装も専用の物が充てがわれている所も共通ですね。
Kei Worksと違う所はRECAROシートではない事とリアブレーキがドラムのまま
フロントブレーキも13インチ仕様とここもKei Worksよりランクが下がります。

乗ってみて感じた事
重心がKei Worksより低いので走りの安定感は良好です。
車内は決して広くはありませんが、使い勝手が良いレイアウトで良いですね。
タコメーターが後付け感満載で視認性はよろしくないですが、レトロフィットしてて雰囲気は良いです。
正直何故これを Works化しなかったのか?と思わないでもない
気持ち良く流せる車で、売れた理由もわかります。

模型店のブログでクルマの事を書くのも変な話ですかと
まぁ模型好きには一定の車好きも居るので
そんな所です。


2022年06月04日

シタデルカラー体験会を行いました。

F4041455-9CEA-47F7-A07F-E04F69E01B48.jpeg

シタデルカラー体験会を行いました。
シタデルカラーに興味があるけど、本当に塗りやすいのか?など気になってる方は多いかと思います。
そんなシタデルカラーを気軽に体験出来るイベントです。

シタデルカラーを実際に使用して塗装してもらいました。

体験会終了後、ぷらも屋さん特別夜間営業でお買物も出来ます。

2022年05月12日

静岡ホビーショーにて

DC410C25-8BE6-4124-9E77-2E2606903B86.jpeg
ホビージャパンモデルが以前から開発してた陸自1/35 74式戦車を見たくて静岡まで足を運びました。

足回りは可動及び姿勢変更が出来る仕様となっており、74式戦車特有の姿勢制御状態を再現出来る。
それに合わせて可動履帯も組み合わせされより自然な形になります。
現在開発が難航してるのは、姿勢制御の肝であるアイドラーホイールの前後移動による履帯のテンション調整との事
34BE94DA-04C8-4D11-AB9F-51081F25ACBC.jpeg
全体的なディテールに目を向けると
旧来のモデルでは、全て一体成形となってた取手類が全て別パーツかされ立体感があり
予備燃料であるドラム缶搭載箇所のディテールも立体的に造形されてました。

静岡ホビーショーにて

DC410C25-8BE6-4124-9E77-2E2606903B86.jpeg
ホビージャパンモデルが以前から開発してた陸自1/35 74式戦車を見たくて静岡まで足を運びました。

足回りは可動及び姿勢変更が出来る仕様となっており、74式戦車特有の姿勢制御状態を再現出来る。
それに合わせて可動履帯も組み合わせされより自然な形になります。
現在開発が難航してるのは、姿勢制御の肝であるアイドラーホイールの前後移動による履帯のテンション調整との事
34BE94DA-04C8-4D11-AB9F-51081F25ACBC.jpeg
全体的なディテールに目を向けると
旧来のモデルでは、全て一体成形となってた取手類が全て別パーツかされ立体感があり
予備燃料であるドラム缶搭載箇所のディテールも立体的に造形されてました。

リンク集
コードをコピー 戻る次へ 3. ログインステータスを確認する
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
月別アーカイブ