広告

posted by fanblog

2021年11月11日

現実になって来たニューラリンク!?


昨年イーロン・マスクは、かねてから噂されていた、脳に接続するAIチップデバイス「Neuralink」が実際に機能するところを披露すると発表した。そして、脳にコンピューターを直結しVR空間に人類を閉じ込める、人類補完計画の技術開発がかねてより進められていたのだ。


public-speaking-g27809503b-640.jpg



そして、2016年に「ニューラリンク社」を創設以来、イーロン・マスクは、人間の脳をモニターし、さらに刺激することができるAIマイクロチップ技術の開発を進めてきた。そしてその技術は、脳に移植された電極に接続するチップと、その電極を外科手術的に移植するミシンのような挿入デバイスで成り立っているというのだ。そして、挿入デバイスが初めてお披露目されたのは、2019年7月のことでその時は、2020年臨床試験予定だと伝えられており、その後改良が重ねられついに発表できる時がやってきた。


表向き、このニューラリンクの技術を一般的に利用できるようにしたいという理由は、記憶喪失、脳の損傷、うつ病などの脳神経的な病を抱えている人々を救うためだと説明している。


しかし、ジョージアガイドストーンに書かれているように、彼らは人類を5億人までに間引き、支配者たちが幸せに生きることができる世界を作ろうと尽力している。彼らは無駄に食料や資源を消費する人口を減らすため、人間をコンピューターの中に閉じ込めようとしている。そして昨年実際に電極がインプラントされた豚も公開されたのだ。


実際に手術を受けたのは3頭の豚で、豚が鼻先で感じた情報を検出する様子や、体の感覚の活動を2つのインプラントで検出し、足の位置を正確に把握する様子が実現された。そして手術を受けた3頭の豚は、普通の豚のように元気な様子なども伝えられていて、この装置自体のコストを最小限に抑えるため、現在時点での価格は約10万円程度だと想定されている。


そしてもちろん、読み取り、書き込みが可能で、バッテリーの持続時間は1日中で、一晩で充電ができ、かなり長い連続使用時間を実現していて、チップはスマートフォンに接続し、頭の中のデバイスと通信されるという。豚以外に、四肢麻痺の人間の患者に対して初期的な実験を行う予定がすでにされているのだ。人体実験ではあるけれども、四肢麻酔の有効な治療は他にないために、承認を得るのも比較的容易であるからだとされている。


そう、近い将来の人類には、脳にチップを埋め込むことが当たり前の世界となる。その前にワクチンを通しマイクロチップを埋め込み、徐々にそれは脳へと移行する。そして2045年人工知能が人類を凌駕するシンギュラリティが来ると言われているけれども、

それは人工知能と人間が融合した時、人工知能は初めて生命体となるのだ。
















この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/11088624
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
リンク集
プロフィール
まあやんさんの画像
まあやん
ライオンに見えますが実は人間です。2021年8月に会社を辞め、フリーランスを始める。同年9月からブログを書き始め、同年10月からWardPressでホームページ作成。これからどうなるのか期待と不安のlifework(^_-)-☆
プロフィール
【飛翔の夢】 - にほんブログ村
<< 2021年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 都市伝説へ

グルコサミン & コンドロイチン & コラーゲン(約3ヶ月分)送料無料 サプリ サプリメント フィッシュ コラーゲン2型コラーゲン コンドロイチン ヒアルロン酸 MSM デキストリン 健康 健康食品 低価格 オーガランド _JH

価格:1,728円
(2021/10/23 18:19時点)
感想(6527件)

ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。