広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

アニメ刀語・・・堂々完結 最終第12話 炎刀「銃」

西尾維新アニメプロジェクト第2弾(第1弾は化物語)として、2010年1月から12月まで放送された
「大河アニメ」

                      ー刀語ー

が12月10日に最終回を迎えました。
毎月1話が1時間スペシャルで、テレビ放送されるという変わったアニメでしたが、とてもよかったです。

最初はキャラクターデザインがわたし好みではなく、1話見たら終わりかな?程度にしか思っていませんでした。でもその1話目ではまってしまったのです。

主人公、「刀を使わない剣士」鑢 七花(やすり しちか)と、自称奇策士(きさくし)とがめが、12本の「変体刀」と呼ばれる刀を集めながら、日本を津々浦々と旅していきます。

刀を使わない剣士&奇策士、という摩訶不思議なデコボココンビが織りなす物語は、最は不安だったものの、話が進むたびに見えてくる七花の『人間としての感情』、そして、とがめの七花に対しての『感情の変化と最終目的』が垣間見えてきて、目が離せませんでした。


さて本日は、つらつらと語りたいと思ってます。刀語ネタばれOKな方のみ追記からどうぞ。

かなり、おススメの一品なので興味のある方は、お手に取ってみてはいかがでしょうか?下矢印

刀語 第十巻 / 誠刀・銓 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

新品価格
¥5,390から
(2010/12/11 20:30時点)


刀語 ねんどろいどぷち 刀語セット (ノンスケール ABS&PVC塗装済み可動フィギュア)

新品価格
¥2,100から
(2010/12/11 20:31時点)



関連商品





    >>次へ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。