日々見つける楽しいことを非常に適当に紹介していきます。

広告

posted by fanblog

まとめサイトやらアンテナサイトやらをたらい回しにされるのに対抗する(1)



暇つぶしにサイトをうろついてたりすると、人気のあるブログってのはホント大量にリンク貼ってあったりしますよねー。
「おすすめ情報」とか言って。
記事自体を読んでみてから、そういったリンクをぼんやり眺めると、新たになんか興味をそそられるタイトルが並んでたりして。

そのタイトルの記事が読めると思うもんだからまあクリックしたりしますよね。

すると、「アンテナサイト」とか「なんちゃら速報」とかいうサイトだったりします。

で、そこにはタイトル通りの記事はなく、別のサイトへスルーパスを決めるだけの自動リストだったりするわけで。

僕はさっきクリックしたタイトルの記事が読みたいんだけど、そのページにはとんでもない数のタイトルがずらっと並んでしまい、目で探すのはとんでもなーくめんどくさいわけです。

「コマンド+F」でページ内検索を出してさっきのタイトルを打ち込んで、ページの中のどこかにある記事を探して、クリックするんだけど、その先もまた「アンテナやら速報やら」のまとめページだったりして、たらいまわし。

サイトの手法としてはいいんだと思います。アクセスを稼いで散らす。いいんじゃないですか?

でも実は僕そういうのマジ腹立つんですよ。。ものごとへの興味を失うわ。

というわけでなんとなく適当な対処法を。
■対処法1
「そういうサイトを開かない」
それでもう十分っすね。
鉄の意志素敵ですね。
でも無理なんで。

僕はgoogleのchromeを使っていますので、その動きをしてくれるプラグインを一つご紹介しますね。

ウェブサイトブロッカー
この拡張機能を追加したら、見たくないサイトにアクセスして、アドレスバー右側のブロックボタンをクリックするだけです。


すると下の画面のようになります。

この状態で赤いボタンをクリックします。
それで、そのサイトへのアクセスはできないようになります。

ちょっとスッキリ。


でもやっぱアクセスしたい!とか、うわ間違えて大事なサイトにアクセスできなくなっちゃった!
という場合は、「環境設定」から、「拡張機能」→「ウェブサイトブロッカー」→「オプション」から、アクセス対象のサイトを編集できますよ。
女性のサインと出会い
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。