2020年01月26日

共感のしかたって……。理想の受け答えって……。

人が、楽しい話ではなく
困った話や体調が悪い話をしているとき
なんて答えたらいいか分からなくて困ったことがあります。

そして今では大抵、
「こんなことがあって……」という話には
「分かります。私もこんなことがあったから」と返すようにしています。
(多分そのはず……。)

理由は、「そうなんだ。大変だったね」だけだと
突き放したような言い方に感じるし、
本当に共感しているのかどうか分からない気がするからです。


しかし、こういう意見もよく聞きますね!?

「勝手に話をすり替えないでほしい。
 自分の話を始めないでほしい。私が話しているんだから」と。


つまり、余計なことは言わずに
「そうですか……それは大変でしたね」と言うのが正解ですかね……。
いや、「大変でしたね」はなんか嫌味っぽいから
ひたすら相槌打つのがいいんですかね。

うん、今度からそうしようかな……。


しかし話し方って無意識に癖になっているから難しいですよね〜。
以前に何らかの理由があって自分の話し方を変えていても、
その理由はもうとっくに忘れて、形だけが残っていたりします。
話し方に限ったことではないですけどね。

あと、自分はナチュラルに話しているつもりなのに
「なんでそんな言い方するの!」とか言われることも多くて困ります。
でもどうせそこで態度を変えたって、またいつか別の人に
「あなたはどうしてそうなの!」って言われるでしょうね〜。


AじゃなくB、CじゃなくD。
人は際限なく好き勝手言います……

……おっと、話がそれました。


とにかく受け答えって難しいですよね〜。
自分の気持ちも分からないし、人の心も難しいのです。

みんななんて言ってほしいんでしょうね。

もし一言一句はずされたくないような
「こう言ってほしい」という理想の受け答えが存在するなら
それはもう、人に言うんじゃなく
自分自身と交換ノートとかメール交換とかして、
お好みのセリフを自分に言わせた方が早いですね。


また少し話が変わりますが
ストーカーとかネットの荒らしって、無視してもなお荒らすイメージで
それはもう、相手がどう反応しているかなんか目にも入らず
自分の妄想ワールドに浸っているのだと思いますが
相手がどう反応しようが関係なく自分の世界のみに浸れるなら、
相手は必要ないですよね。

人を巻き込まずに自分一人で妄想しといてください、
あなたにはその力があるのだから、って感じです。

で、そういう妄想ワールドの人も、
「こういう反応してくれないと許さない!」って思う人も
目の前の相手の受け答えより自分の気持ちの方が大事なら
それはもう、「相手」いらないですよね。


人の話し相手になるってどういうことでしょうねー……。
で、私はこんな話をブログに書いて何がしたいんでしょうね。

とにかく愚痴れてスッキリしました。
やっぱり自分だけだと悶々とする一方で、
こうやって書くことでスッキリするので……。
……あ、話すのも書くのもつまり一緒か。

言わなきゃ気が済まないってやつですね。
ではこれで終わります。
今回は愚痴ですみませんでした。






posted by 四月一日 at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール