2020年01月02日

人の不利見て 我が不利なおせ

以前ニュースで
「イギリス王室の公式SNSが炎上した」という話をやっていたのですが、
大変失礼ながら、その話を聞いてなんだかホッとしてしまいました。


イギリス王室のことを私は全然知らないのですが、
すごくしっかりしていそうなイメージがあります。

そんな王室でさえ炎上するということは
大抵悪口を言われる側が悪いのではなく、
言う人は誰にでも何にでも喧嘩を売るということですね。


いや、言われる側にも何か理由があるといえばあるのかもしれませんが
大体燃え盛っている人々は言葉が悪く態度も悪く
相手の気持ちなんてどうでも良いと思っているだろうし、

たとえほんの少し的を得た指摘であったとしても、
匿名で大勢で襲いかかるなんてやり方が間違っていると思います。


私は、炎上とか悪口がすごく怖いです。
ブログでそのようなことを感じたことはありませんが、
他サイト等でヒヤッとしたことは何度かありました。
(もちろんほとんどの人は親切なユーザーさんでしたが。)

そして、今現在は炎上しそうな場所にはいないですが
ネットを見ていて悲しいことはいっぱいあります。


たとえば、好きな映画や漫画や本を見終わって、
他の人はどう感じたのだろうと、検索してみたとき。
音楽や、アーティストさんについて検索するとき。
作品や作者さんへの悪意あるコメントを見てしまうことがあります。

また、動画サイトで心温まる動画を見ているとき……
なぜか低評価が多く付いているのを見て、悲しくなりました。


ほとんどの動画に低評価があります。
低評価を押される理由が、見ていてまったく分かりません。
なぜわざわざ動画を見て、あるいは見ずに、
低評価を押していくのか。

また逆に、悪意ある動画のコメント欄が盛り上がっていて
それに正当な批判をした人が、
寄ってたかって叩かれている様子もありました。


また、私の尊敬する人を馬鹿にしたような動画も見つけてしまいました。
その動画には的確な批判コメントが付いていたので
少々ショックがやわらぎましたが……。


あとは、前から何度か書いていますが、占いについて検索したとき
明らかに悪意があるとしか思えないコメントが引っかかってきます。

星座でも血液型でも県民性でもひどい言葉が山ほどあり、
こんなの子どもたちが見て傷ついたらどうするんだろうと思います。


数で見るのもどうかと思いますが、
星座なら12、血液型なら4、県民性なら47のタイプがあり、
一つのタイプを攻撃するということは
かなりの数の人に一気に悪意を向けることになります。

そもそもそんな攻撃的な書き込みをする人に
たくさんの友達がいるとも思えません。
ほんの少しの、限られた人付き合いを元に
人の性質を決めてかかるような発言をするなんて怖いです。


でも、批判する人に突っかかったりしたら後が怖いです。
何をされるか分かりません。

SNS等で悪質な投稿をした人がいたとき、
それを見た人が正義感を振りかざしてか、
投稿した人の住所を特定したそうです。

しかしその住所が間違っていて、
まったく関係ない人が被害を受けたという話を聞きました。

正義気取りのわりに自分は匿名で、
関係ない人が被害にあって、なんだか卑怯ですね。


でも卑怯というなら、このブログも卑怯ですね。
そして私もネット上で人と衝突したことが多くあり、
関係ない人に迷惑をかけたこともありました。
また今でもこのように、思わず批判してしまいます。

自分も大差ありませんね。
人のことを批判するより、
人の不利見て我が不利直そうと思います。


……上の文、「人の振り見て我が振り直せ」と書こうとしたら
誤字変換されたのですが、
なんか「不利」の方がしっくりきました。
コンピュータ(?)さん、ナイスです。

悪意を振りまくのって、
結局自分が不利なんですよね〜。









posted by 四月一日 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
ファン
検索
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
四月一日さんの画像
四月一日
プロフィール