広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年01月08日

リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)









キーワード
リハビリ英語論文


一覧ページ | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ



右向き三角12017年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ New♪

 2017年版では、iOS版やAndroid版のアプリが提供されている
 英語雑誌のiOS版アプリへのリンクも掲載しておきました。


右向き三角12016年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ


右向き三角12015年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ







インターネットの検索システムの能力は、日々改善されてきており、その恩恵を、日々うけています。現在は、インターネットの検索システムなどを利用し、日本にいながら、海外での研究結果などを、個人で簡単に知ることができるめぐまれた環境が整っているようにも思います。

検索システム自体は、画期的なシステムだと感じていますが、検索するその人が、知らない単語や興味がないこと(既存の知識以外)に関しては、深くものごとを学ぶための、きっかけになりにくいのではないかと感じてもいます。

この「 リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ 」の一連のコンテンツでは、これまでに、書籍の引用文献や、調べごとなどで、個人的に目のついた、リハビリに関連しそうな


研究機関

英雑誌

英文献


などの一部を、少しずつまとめていきます。



また、適宜目についたものがあれば、記事を修正していこうと思いますので、興味をもたれた方は、適宜、
最新の年度版のページを確認してみてください。気になった機関や、雑誌などがみつかれば、一度調べてみてください。


キーワード
:リハビリ 文献 英語



などと、リハビリ関連の英語文献・論文を検索し、数ある検索結果の中から、このページを選んでいただいたということは、現状の日本の雑誌などの文献以外にも、より有益な情報を学びたいと、向学心旺盛な方も多いのではないかと思います。

純粋に英語の勉強をしたい方や、場合によっては、海外留学をご検討中の方、また、大学院に進み、修士や博士などの取得も視野に入れて研究テーマを考えていらっしゃる方もいるのではないでしょうか。

そういったニーズも考えつつ、リハビリ関連英語文献以の情報も、まとめておきましたので、情報収集など、何かしらの参考にしていただけるとことがありましたら幸いです。








[ スポンサードリンク ]













[ 英語論文を読むコツについて考えてみる ]

日本語の文章を呼んでいて感じる事ですが、自分自身は、日本語は、分かるつもりでいますが、あまり知らない分野の文章などに目を通してみると意味が理解できず、これが本当に日本語なのか?と思う事があります。
同じように、英文に関しても、自分の専門とする分野以外のものを読もうとするとimprove( 改善 )などの、変化を示す言葉は理解できますが、内容は理解できないことを経験します。

また、統計に関する知識が必要なのだと感じます。


(例えば、rの数値結果と相関の強度、
 CI,p,t検定などの意味...など )


特に英語の場合、より多くの方が、閲覧する可能性もあるため、文化的な背景からくるかもしれない、誤解を少しでも最小限にさせるために必要な、共通認識としての指標、前提知識なのではないかとも感じます。

英語論文を読みたいと思い始めた当初は、読んでいても意味がわからないと思いますが、関心の向けている分野に関して何度も繰り返し触れていくことで、その文献の伝えたいことが、わかってくるのではないかと思います。



[ 研究論文を読む際の注意点について考えてみる ]

研究論文を読む際に注意しておくこととしては、「 統計的な有意差 」への捉え方ではないかと思います。
統計的に有意差が出たり、有意差が出なかったりした場合でも、


・ 評価指標についても出来る限り知っておく。

・ 臨床的に意味のあるものなのか?と考える。

・ その変化量の意味するところは、

  対象者にとっても有益となっている変化量なのか?と考える。



などの着眼点で論文を読み進めることで、その論文の研究成果の意味するところがわかってくるのではないかと思います。



人によっては、日々日本語で刊行されている研究論文を読むだけで手一杯の方もいるのではないかと思いますが、
リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ 」 の何れかのコンテンツが、これから英語論文も読み始めてみたいとお考え中の方の医学・リハビリ関連の英語論文探しの参考になることがありましたら幸いです。











[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog






          ▲ この記事のトップへ





右向き三角1サイトマップ


右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1リハビリ関連雑誌(一覧)


右向き三角1PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較


右向き三角1医師の転職・求人・アルバイト求人サイト比較







2017年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ












キーワード
リハビリ英語論文 2017年







2017年(平成29年)版 - リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)



1.日本の基礎研究所


2.海外の大学や研究機関など


3.リハビリ関連や医学関連領域の英雑誌など

  iOS版・Android版アプリも提供されている英雑誌もあるようですね。

4.エビデンスなど


5.英語論文の和訳に関して


6.リハビリ・医学関連英語学習書籍


7.リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座



  


毎年恒例になりましたが、

2017年(平成29年)も、


リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ


のコンテンツを作成しておきますね。


[ 過去のリハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ のページ ]


2016年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ


2015年 | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ

 2015年のリハビリ関連英文献の記事では、
「 2014年の各雑誌のインパクトファクター 」の情報も
 掲載しておきましたので、関心のある方は、
 参考にしてみてください。





          ▲ この記事のトップへ
























1.[ 日本の基礎研究所 ]


・ 自然科学研究機構 生理学研究所

・ 理化学研究所







<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

研究者の方々が、
主に英文雑誌に投稿したものが
適宜アップされています。

特徴としては、

@ プレスリリースという形で、
  日本語で記事の要点を、
  イラストや図などを利用して、
  わかりやすく説明されています。

A @の英文版のタイトルなどが
  紹介されています。 


そのため、
先端の研究の概略が
つかみやすいのではないかと思います。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<









          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ































2.[ 海外の大学や研究機関など ]


・ Brain and Creativity Institute

・ Rehabilitation Institute of Chicago ( RIC )

・ Clinical Trials.gov
  :臨床試験の登録機関。
   現在進行中の研究を把握できると思います。

・ Allen Institute for Brain Science
 ( アレン脳科学研究所 )
  :Allen Brain Atlas( アレン脳地図 ) などの
   活動をされているようです。










          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ



































3.[ リハビリ関連や医学関連領域の英雑誌など ]


 * 各雑誌に関して簡単な説明を
   していますが、
   各英雑誌の詳細の内容の確認は、
   ご自身の判断でお願いいたします。





英語雑誌選びなどの参考までに、

インパクトファクター(Impact Factor)

* Impact Factor(文献の引用影響率)
    :Journal Citation Reportsレジスタードマーク Thomson Reuters
     各学術雑誌の影響度を表す。
     同じ分野の他の雑誌と、
     その雑誌の重要度を相対的に比較。

の情報も、

今後掲載予定です。




基本的には、

2016年のインパクトファクター

を情報を取得できる範囲で

掲載していきたいと思います。






インパクトファクターは、

引用される回数が多いと、

数値が上昇する傾向があるようですが、

文献の種類によっては、

インパクトファクターが上昇しやすい分野も

あるようです。(レビュー文献など)




また、

同じ分野のカテゴリーの文献間で比較する際には

役に立ちやすいようですが、

他分野との比較は、

しにくいなどの特徴もあるようですので

あくまで、1つの指標として、

参考程度に捉えていただければと思います。










・ Archives of Physical Medicine and Rehabilitation
  :リハビリ全般の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
   「 未確認 」 

Archives of Physical Medicine and Rehabilitation | iOSアプリ


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点



・ Annals of Physical and Rehabilitation Medicine    
  :リハビリ全般の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Clinical Rehabilitation
  :リハビリ全般の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
   「 未確認 」 



・ International Journal of Therapies
  and Rehabilitation Research(IJTRR)
 Free♪
  :リハビリ全般の研究など。
  「 ScopeMed:Index for Medical Articles 」のサイト内で雑誌の情報が
  見つかるのではないかと思います。
  無料で論文のPDFダウンロードができます。
  *2017年1月8日確認時点

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Physical Therapy
  (Journal of the American
   Physical Therapy Association)
  :理学療法関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ International Journal of Physiotherapy(IJPHY) Free♪
  :理学療法関連の研究など。
   無料で論文のPDFダウンロードができます。
  *2017年1月8日確認時点では
   2014年・2015年・2016年号までの記事の
   ダウンロードは可能でした。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
   「 未確認 」 

Physiotherapy Journal (IJPHY)| iOSアプリ


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点



 
・ European Journal of Physiotherapy 
 ( 旧Advances in Physiotherapy 1999 - 2012年 )
  :理学療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Journal of Sport Rehabilitation
  :さまざまなスポーツに関連するトレーニングや
   リハビリ関連研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Journal of Back and Musculoskeletal
  Rehabilitation

  :腰部痛(low back pain)や筋骨格系の疼痛関連の 
   リハビリ研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Journal of Neurologic Physical Therapy
  :脳神経疾患などのリハビリ関連の
   研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Journal of Occupational Science
  :作業療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。



・ American Journal of Occupational Therapy
   (AJOT)
  :作業療法関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Australian Occupational Therapy Journal
  :作業療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 




・ Asian Journal of Occupational Therapy Free♪
  :作業療法関連の研究など。
   無料で論文のPDFダウンロードができます。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

   2016年は、様々な論文が投稿されているようですね。

  ピックアップ英文献
  :CI療法など上肢リハビリに関心のある方。
  「Application of Constraint-induced
   Movement Therapy for People with
   Severe Chronic Plegic Hand

  (Asian J Occup Ther 9: 7–14, 2011)
   著者
   :Hirofumi Tanabe, Toru Nagao, Rumi Tanemura
     



・ The Open Journal of Occupational Therapy(OJOT) Free♪
  :作業療法関連の研究など。
   無料で論文のPDFダウンロードができます。
  *2017年1月8日確認時点


  
・ Occupational Therapy International
  :作業療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Canadian Journal of Occupational Therapy
  (CJOT)
  :作業療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Occupational Therapy in Mental Health
  :精神領域の作業療法関連の研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Brain Imaging and Behavior
  :高次脳機能障がいなど、脳機能・神経科学関連の
   研究など。
  *2017年1月8日確認時点では
   2016年号までの記事の確認はできました。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Neuropsychology
  :高次脳機能、神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Neurorehabilitation and Neural Repair
  :神経系のリハビリ、
   ニューロリハビリテーション全般
   の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Stroke
  :脳血管領域関連の医学的な研究など。
   リハビリテーションに関連するテーマの文献も
   とりあげられていることもあります。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 
 


・ Brain
  :脳関連の医学研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Neurology
  :脳や神経系関連の医学研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
   「 未確認 」 



・ Frontiers in Human Neuroscience
  :神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Neuron
  :神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Cortex
  :神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ NeuroImage
  :脳画像や神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Neuroscience
  :神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 


・ The Journal of Neuroscience(JNeurosci)
  :神経科学関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 

The Journal of Neuroscience | iOS版


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点



・ Journal of Hand Therapy
  :手外科関連や、ハンドセラピー、
   リハビリ関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ Journal of Hand Surgery
  (JHS)
  :手外科関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 (European Volume)
  「 未確認 」 (American Volume)
  *「 European Volume 」は
   「 researchgate.net 」のサイトの、
   「 American Volume 」は
   「 Elsevier 」のサイトの
    情報をもとに作成予定

Journal of Hand Surgery | iOS版


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点


Journal of Hand Surgery (E) | iOS版


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点



・ HAND
  :手外科関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 


・ Dysphagia
  :摂食嚥下関連の研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ International Journal of
  Speech & Language Pathology
  and Audiology

  :言語聴覚系の研究など。
 
  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 


・ International Journal of Language
  & Communication Disorders(IJLCD)

  :言語聴覚系・コミュニケーション障がい関連の研究など。

Journal of Language & Communication Disorders | iOS版


* Android(アンドロイド)版は、
  Google Playでダウンロードできます。
  2017年1月8日確認時点



・ American Journal of
  Speech-Language Pathology

  :言語聴覚系の研究など。
 
  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 



・ The Lancet
  :医学系雑誌、医学研究など。

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 

The Lancet | iOS版




・ Science
  :科学雑誌

  :インパクトファクター(Impact Factor)
  「 未確認 」 






基本的に、
各雑誌のアブストラクト(要約)は
閲覧できると思います。

各医療機関や学校などで
医学雑誌のWeb閲覧などの
購読契約をされている場合もあると
思いますので必要に応じて
職場などで
各英雑誌などを調べてみてください。









          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ









  



















4.[ エビデンスなど ]

・ Evidence-Based Review of Stroke Rehabilitation
   ( EBRSR )
  :脳血管関連のリハビリに関連するエビデンス。


・ Rehabilitation Evidence
  (The Spinal Cord Injury Rehabilitation
    Evidence (SCIRE) Project )
  :脊髄損傷関連のリハビリなどに関連するエビデンス。


・ Cochrane Library
  (Cochrane Database of Systematic Reviews )
  :医学関連全般のエビデンス、レビュー。
   Cochrane Libraryのホームの検索から
   キーワード「Rehabilitation」などで
   検索すると関連文献がヒットすると思います。

  リハビリ関連のレビューの一例として、

  「 Home-based versus centre-based
   cardiac rehabilitation
(2015)


  「 Vestibular rehabilitation for unilateral
    peripheral vestibular dysfunction
(2015)


  「 Multi-disciplinary rehabilitation for
   acquired brain injury in adults of working age
(2015)


  「 Goal setting and strategies to enhance
   goal pursuit for adults with acquired disability
   participating in rehabilitation
(2015)


  「 Pulmonary rehabilitation for
   interstitial lung disease
(2014)


  「Physical rehabilitation approaches for
   the recovery of function and mobility
   following stroke.
(2014)

   
  「Cognitive rehabilitation for spatial
    neglect following stroke.
(2013)

 
  「Cognitive rehabilitation for attention deficits
    following stroke.
(2013)

 
  「Cognitive rehabilitation for executive
    dysfunction in adults with stroke or other
    adult non-progressive acquired brain damage.
(2013)


  など、
  無料で論文のPDFなどを
  取得できる場合もあります。







          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ



































5.[ 英語論文の和訳に関して ]


参考までに、英語文献の和訳の方法
( あくまで一例です。他にもいい方法があるのだと思います。
 また、セキュリティ設定などの状況によって上手く行かない
 場合もあるかと思います。)




@ Googleで、英語名表記で
  「 サイト名 」を検索

A 検索サイト一覧がでるので、
 「 ▼このページを訳す 」を選択

B 文献を選択するページで、
  PDFではない形式を選択、
  たとえば「 ( Full ) Text 」など を選択
  注: もしサイト内で検索する場合は、英語で文字入力。
  * アブストラクト自体は、翻訳されていると思います。
  * PDF形式の文章にたいして、
    Google検索の際
   「 ▼このページを訳す
    を行なうと自分の環境では、
    文字が重なり合いうまく読めない状況でした。
    場合によっては、エラーにもなりました。



その分野に興味がある方であれば     
以上の@〜Bの工程で、おおまかな、
文献の概要はつかめるのではないかと思います。

イラストや図などが豊富な場合もあり、
それを少しみるだけでも、
参考になるのではないかと思います。
    

特定の文献を調べたい場合は、
医学検索サイトのPubMedを利用して
論文名で検索してみてみるのも
いいかもしれません。    









          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ































6.[ リハビリ・医学関連英語学習書籍 ]

リハビリや医学英語などに

関連しそうな

書籍の情報を集めておきます。






商品の在庫状況、値段・価格などの

商品の詳細や、

口コミ、感想、レビューなどは

リンク先でご確認ください。









[ リハビリ本・雑誌探しに活用できるサービス ]

必要に応じて
リハビリ関連書籍探しなどにご活用ください。

右向き三角1楽天ブックス


右向き三角1Amazon.co.jp

リハビリ本探しや、レビュー情報はAmazon.co.jpがオススメ






 日本で刊行中のリハビリ・医学関連雑誌を探すならFujisan.co.jpがオススメ
 定期購読もあります。雑誌のレビューが気になる方もどうぞ
 電子ジャーナル版も。









『トシ、1週間であなたの医療英単語を100倍にしなさい。できなければ解雇よ。』








現場ですぐに役立つ! 看護・医療スタッフの英語(CD付)






そのまま使える 病院英語表現5000 第2版







東大病院発 医療スタッフのための英会話 CD BOOK








聖路加スタイル 病院スタッフのための英会話







医療職が覚えておきたい運動・動作の英語表現






医学英単語 (メディエイゴBOOKS)〜リズムでしみこむ,ゴカンでひらめく CD2枚付き






リハビリテーション英語の基本用語と表現






リハビリテーションの基礎英語






The art of healing―医療・リハビリテーションを学ぶ学生のための総合英語






Face to face―英語で話せるリハビリテーション






早わかりリハビリテーション用語・略語・英和辞典






福祉・介護・リハビリ英語小事典






言語聴覚士のためのそうだったのか!英文抄読 失語編―必須用語700撰






英語で学ぶ作業療法






チーム医療のためのメディカル英語 基本表現100 (KS語学専門書)














          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ
























7.[ リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座 ]


RehaPockke

RehaPockke|リハポッケ.png



というサイトに、

リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座

リハビリ関連英語文献・論文レビュー講座 | コンテンツイメージ.png




というコンテンツを

作成中ですので、

今後の作成状況に応じて、

ご活用ください。









          ▲ リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ(一覧)へ











[ スポンサードリンク ]













                  by リハビリ関連書籍のレビュー.blog







各年度別の一覧ページへ | リハビリ関連英文献・研究機関リストのまとめ







          ▲ この記事のトップへ







右向き三角1サイトマップ


右向き三角1プロフィール | サイトポリシー・免責事項


右向き三角1リハビリ関連書籍のレビュー.blog | 書評(一覧)


右向き三角1リハビリ関連雑誌(一覧)


右向き三角1PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較


右向き三角1医師の転職・求人・アルバイト求人サイト比較







検索
最新記事
サイトポリシー/免責事項
RehaBookReviewさんの画像
RehaBookReview
プロフィール
姉妹サイト
RehaPockke|リハポッケ.png
RehaPockke | リハポッケ
リハビリテーション関連職種の方とって、日々の臨床業務や研究などの傍に活用できるPocketポケットのような、サイトをつくっていきたいと思います。


[ スポンサードリンク ]



メニュー | リハビリ関連書籍のレビュー.blog


サイトマップ

プロフィール・サイトポリシー・免責事項

TOPページ

コンテンツ(一覧)

リハビリ新刊書籍

リハビリ本の書評

ニュース

トピックス

医療・介護系求人

ー PT/OT/ST等のリハセラピスト関連の転職・求人サイト比較 更新♪

タグクラウド
QRコード
<< 2017年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。