広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2010年12月10日

指標トレード

Ara-kiぐるっぽにお寄せいただいたご質問がありますので、
私の書いた答えをアップしてみますね^^

クローバー指標時の動きは経験を積むとある程度予測できるものなんでしょうか??

というご質問でした。
こういう質問、大歓迎です。
これからもどんどん質問して下さいね笑顔
私もお答えしながら、改めてお勉強になりますめがね

以下が私の答えですカエル

クローバー指標時の動きですが、
その指標によって、動きの特徴があるものもあります。
例えば、雇用統計は往ってこいになる事が多かったり、など。
でもただ単純に、これはこう、という動きのパターンがあるとは 絶対に言えません。
その時に、どれだけ市場がその結果を待っていたか。
予想に比べてどれだけの数値が出てくるのか。
前回から単純にどれだけ改善されているのか。
結果をどれだけ織り込んでいたか。

また発表後の発言も鍵になる事が多いですね。
昨日のNZの下げですが、発表時のボラード総裁の発言を受けたものだと思います。
http://jp.reuters.com/article/treasuryNews/idJPnTK879537020101208

そしてその後のコアラの新規雇用者数の増加を受け、
市場で、キウイよりコアラの方が買いだと判断されたのでしょう、
AUD/NZDでNZDの下落。
http://zai.diamond.jp/servlets/Query?SRC=zaifx/chart/top&tuka=one&time=15m&fxCode=AUDNZD#charttop

このように、いろいろな視点から、後付けで分析はできますが、
「普通はこんな動きをする」と言い切る事は出来ません。

大きく儲けるチャンスでもある指標時トレードですが、
=大きく損をする可能性も高いという事です。

私も余程の事がないと入りません。

約定しにくくなることもあるし、出来たら避けるのが無難だと思います。


指標トレードを制したら、大きく儲けられるんですけどね・・・。

私は今のところ、上下に一旦は動きそうな予感がした時に、
上下10pipsずつの両建て仕込むくらいに留まっています。

後は、動いてから付いていくパターンは多々ありますけどね。

くれぐれも、往復ビンタは避けたいですよねダメ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日は幼稚園の餅つきのお手伝いに行ってまいります。

きなこ係です笑い

きなこと奮闘してきますね〜力こぶ

コメント返し、徐々に進めています。

もうちょっとお待ちくださいねすいません

posted by のりたま at 04:46| Ara-kiぐるっぽ
プロフィール
のりたまさんの画像
のりたま
2010年秋、離婚してシングルに。現在はFXトレードをしつつ、師匠荒木とともにFXの勉強会や交流会を多数開催しています。短期集中講座もスタート。第1期生の方とは濃い時間を共有できました。整体のお仕事も再稼働。
プロフィール
のりたまリンク


師匠のブログ








◆のりたまFX口座

 1000通貨OK。              スイング&スワップ口座として


デイ&スキャル口座

<< 2010年12月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  



Twitterボタン
Twitterブログパーツ


おきてがみ




カテゴリアーカイブ






 
最新記事
FX・株・投資系リンク

fxclub_c_160_60.gif
●[FX]神風ミチルのTRADE ANALYZER
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。