薄毛予防 成長因子

広告

posted by fanblog

2015年11月30日

京を代表する紅葉名勝・通天橋の東福寺

こんばんわ。
はんなり京太郎です。
久々の投稿です。早いもので11月も終わり、
2015年も師走、年末の慌ただしい時期と
なってきましたね。

s-臥雲橋から眺める通天橋紅葉.jpg
<臥雲橋から眺める通天橋紅葉>

さて先日、京都を代表する紅葉名勝のひとつ
東福寺を訪ねてきました。平日ということも
あり、また朝早い時間でしたので幾分人の数
もまだ休日に比べると少ないほうでしたので
ある程度はゆっくり参拝、境内の紅葉を楽しむ
ことができました。

京阪東福寺駅を下車、歩くこと約10分程度で
臥雲橋にたどり着きます。ここは最近タモさん
の缶コーヒーCMで出てたスポットですね。

ここから眺める通天橋はよくポスターやガイド
ブックで紹介されている写真スポットです。
さすがに人が少ないと言っても皆、ここで写真
を撮りたいのでここはかなり混雑していました。

s-東福寺本堂仏殿.jpg
<東福寺本堂仏殿>

臥雲橋を通過してそのまま日下門まで進み境内
へ入ると本堂(仏殿)がその雄姿を現します。
“猫のいる大涅槃図”で知られ、昭和9年築の重層
入母屋造の大建築で天井の蒼龍図は堂本印象作。

本堂前で通天橋の入場券を購入して早速、境内
の紅葉スポットへ。ここも狭い通路になってる
のでここに来た人のお目当てがすべてこの場所
なので人口密度がかなり高いです。混雑。

s-通天橋と紅葉.jpg s-東福寺境内紅葉.jpg

s-東福寺紅葉.jpg s-洗玉間.jpg

s-洗玉間2.jpg s-床もみじと緑苔.jpg

s-東福寺殿鍾楼.jpg s-通天橋紅葉.jpg

通天橋を通り抜けると境内は洗玉間という紅葉谷
に降りていく階段があるのですが、ここの紅葉
がまた美しく、通天橋を見上げると紅葉との
コントラストがとても美しい絶景ポイントです。

紅葉谷を通り過ぎると殿鍾楼前に出てきてここが
出口となります。

はんなり京太郎的には国指定名勝である東福寺
本坊庭園(方丈庭園)を見たことがなかったので
今回は見学に訪れてみました。ここは昭和の名
作庭家と言われる重森三玲によって昭和十四年
に作庭され、「八相の庭」と命名され、方丈の
東西南北に四庭をもつことで有名。

s-東福寺方丈庭園3.jpg s-東福寺方丈庭園2.jpg

s-東福寺方丈庭園.jpg s-東福寺本坊庭園・方丈庭園.jpg

s-東福寺本坊庭園1.jpg s-方丈.jpg

s-東福寺本坊庭園2.jpg s-偃月橋.jpg

残念ながら今年の紅葉は、夏の猛暑にやられて
例年に比べると色が鮮やかではなく、焼けただ
れたようなもみじが多く、また気候のせいなの
か、まだ青々としてるのですが、楓自体はもう
落ち葉になろうかというなんとも残念な紅葉の
ようです。

s-臥雲橋から眺めた方丈.jpg
<臥雲橋から眺めた方丈>

今回は見応えのある東福寺本坊庭園(方丈庭園)
を観賞することが出来てとても良かったです。

まだ12月一週目までは紅葉が楽しめるスポットも
あると思いますのでまだ紅葉見てないという方は
是非、京都へお越しください。

◎臨済宗大本山 東福寺
〒605-0981 京都市東山区本町15丁目
TEL:075-561-0087
【通天橋】大人400円 小中学生300円
【方丈庭園】大人400円 小中学生300円
【拝観時間】11月〜12月初旬 8時30分〜16時00分
※12月初旬〜3月末まで8時30分〜15時30分となります。
【アクセス】
JR奈良線・京阪「東福寺駅」下車、 南東へ徒歩10分。
市バス202,207,208系統「東福寺」バス停下車。

http://www.tofukuji.jp/index.html

【買取リカーズ】


よろしければヨイネ!を押して頂けると励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4471335
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最新記事
カテゴリアーカイブ
プロフィール
はんなり京太郎さんの画像
はんなり京太郎
はじめまして。 京都生まれ、京都育ち、生粋の京都人「はんなり京太郎」です。 家族は妻と“一姫二太郎”の5人家族。 普段は旅行会社に勤務する既婚のサラリーマンです。 主な業務はパッケージ旅行を造ること、要は格安ツアーの企画造成を担当しております。 ただ、京都はじめ関西のお客様を全国各地にご案内する国内旅行の企画造成が主たる仕事なので普段は“京都観光”に携わることはほとんどありません。 ガイドブックに載っていないようなマル秘スポットや地元の隠れた名店、誰にも教えたくないスポットなど面白おかしくお伝えしていきたいと思います。
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。