2019年06月05日

バンコクで美味しい小籠包『ディンタイフォン(鼎泰豐)』

スポンサーリンク





美味しい小籠包のお店『ディンタイフォン(鼎泰豐)』

IMG_2689.JPG
IMG_2690.JPG

今日は、バンコクで友達と小籠包の美味しいお店ディンタイフォンにいってきたのじゃ。
こちらのお店は、ニューヨークタイムズ紙で「世界の10大レストラン」にも選ばれた事があるお店で、バンコクに5店舗あり、駅から近い店舗が多いのでいつでも気軽に小籠包を楽しむことができるのじゃ。
お店の入り口の横からはキッチンの様子を見る事が出来て、たくさんの点心がセイロで蒸されていて入る前からよだれが出てきそうなのじゃ。

IMG_2691.JPG
IMG_2693.JPG

席に着くと、まず前菜を何品か選んで小籠包や他の点心が蒸しあがるのを待つのじゃ。
この前菜も、あっさりとした味付けで美味しいのでついつい食べすぎてしまうのじゃ。
見本の小皿を何種類もテーブルまで持ってきてくれるので指さしで注文すればいいのもいいところなのじゃ。
IMG_2698.JPG
IMG_2700.JPG

しばらくすると、蒸しあがったアツアツの小籠包が運ばれてくるのじゃ。
蒸したてなので仲が暑いので木おつけて食べないといけないのじゃ〜。
机に備え付けてある専用の醤油と生姜を添えてスプーンに乗せて破れないように一気に食べるのじゃ!
口に入れると、中のアツアツのスープがジュワッと溢れ出してきて、垂らした醤油と生姜と混ざり合ってなんとも言えない美味しさなのじゃ!!
なんども言うようじゃが、火傷には注意なのじゃ。
この美味しさだと、10個ぐらいは、ぺろっと食べれてしまうのじゃ。

IMG_2696.JPG
IMG_2694.JPG

小籠包がきはじめると、次々に点心が蒸しあがってくるのじゃ。
餃子やシュウマイなど、どれを取っても美味しいのじゃ。ついつい食べすぎてしまいそうなのじゃ。
わしが、締めで頼んだ担々麺もゴマの味が濃厚でそこまで辛くなくてかなりいい感じなのじゃ〜!
久しぶりに美味しい担々麺も堪能したのじゃ。
みんなもいろいろ堪能したいなら、4人ぐらいでいっていろいろな点心やサイドメニューを頼むのがオススメなのじゃ。
ちょっとしたランチや、オヤツがわりに食べるのもいいと思うのじゃ!!

場所は、何店舗かあるのでお店のホームページから近い店を選んで行ってくれなのじゃ!!
お店のホームページ 
https://www.dintaifung.com.sg/?fbclid=IwAR0MwsS_lBi7PrmAzBN72AXw_tvXVQqnVitjRS0Iqj4h0ev2UowI1iuV1Gg


ホームページも見てくれなのじゃ〜
タイランドインフォメーションへ

2019年02月26日

タイ、バンコク初出店!激安の殿堂ドンキホーテ『ドンキモールトンロー( ドンドンドンキ)』

スポンサーリンク





IMG_2242.JPGIMG_2220.JPG

2月22日にオープンしたバンコク初のドンキーホーテ『ドンドンドンキ』

今日は、バンコクに2月22日に新規オープンした激安の殿堂ドンドンドンキーに行ってきたのじゃ。
トンローの少し奥まった場所にあるのじゃが、ここの場所だけ人が溢れていたのじゃ。
オープンして数日後という事もあって店内は、タイ人と日本人で溢れかえっていたのじゃ。
まず店内に入ると、オススメの激安商品が山のように積まれていてびっくりしたのじゃ。
1階は食品と生鮮を売っていて、2階はコスメティックや小物関係を販売している感じなのじゃ。

IMG_2226.JPGIMG_2233.JPG

まず、1階の売場の食品は日本から直送されているものがほとんどで、しゃぶしゃぶの肉からステーキの肉、魚系に関しては、刺身から寿司やさかな丸ごとまでありとあらゆるものが所狭しと並べられていたのじゃ。
魚を買うと、捌いてくれたり調理してくれたりするというから驚きなのじゃ。
また、お惣菜コーナーも充実していてここで購入したものは、すぐ横に併設しているドンキーズキッチンというところで座って食べられるようになっているのじゃ。





IMG_2224.JPGIMG_2223.JPG


そして2階には、小物やコスメティックなどが置かれていてほぼ日本のドンキーホーテ ど変わらない感じなのじゃ。
1階も2階もタイ人のお客さんが大量に物を購入していて売り切れになる棚もチラホラあるので早めにいくことをオススメするのじゃ。
今は、オープニングセールの真っ最中なので時間がある人はドンドンドンキに急げ!なのじゃ〜〜


スポンサーリンク
プロフィール
チェンマイ物知りじいさんさんの画像
チェンマイ物知りじいさん
わしがチェンマイに来て何年になるかの〜〜。 わしの知ってることをみんなに知ってもらいたいのじゃ。
プロフィール
リンク集
為替相場
カテゴリーアーカイブ
最新記事
写真ギャラリー