2019年02月17日

安田美沙子は京都弁でナンパされる

安田美沙子の京都弁はわざとだ。
安田美沙子36歳、既婚、子持ちで酒豪だ。

Yahoo!より、
安田美沙子 「東京の男を狂わせる」魅力を松岡と大吉が絶賛
2/17(日) 12:43配信 ザテレビジョン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00179705-the_tv-ent
記事より、
・2月16日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、松岡昌宏、博多大吉、結婚をして1児のママになった安田美沙子が、墨田区・両国にある「TOKYO立呑倶楽部」へ
・飲み屋さんで会ったことはあるものの、仕事で共演するのは初めてという松岡と安田。大吉は13年前に初めて安田を見た時「ビビりましたね。(東京の芸能界では)こんな人たちが戦いあっているのか」と、その美貌に心を奪われたと話し、松岡も「テレビもそうなんですけど、酔うとちょいちょい京都の言葉が出てくるんですよ。またその言葉がね、東京の男を狂わせるんですよ。こ〜れ、モテますよ!」と絶賛。安田は控えめに「おおきに」と京都弁でお礼を言っていた
・元々大の酒好きという安田は、授乳もひと段落し、今は毎晩飲んでいる

安田美沙子 Happiness [DVD]

新品価格
¥2,652から
(2019/2/17 18:04時点)



安田美沙子 はんなりはんなり?【image.tvデジタル写真集】


posted by kyotonews at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

京都駅の伊勢丹で食べたい冬アイス

京都駅の伊勢丹限定の冬アイスがあるという。
京都を訪れるなら是非食べたいものだ。
それが、
井村屋の『涼菓バー』(411円〜/井村屋)
井村屋の高級ブランド「和涼菓堂」のアイス
ジェイアール京都伊勢丹のみで販売という限定アイテムだ。

Yahoo!より、
一大ブームの「冬アイス」を厳選 夏アイスとの細かな違いは?
2/17(日) 15:00配信 マネーポストWEB
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190217-00000003-moneypost-bus_all
記事より、
・見た目も味もワンランク上のあずきバーといえば『涼菓バー』(411円〜/井村屋)。井村屋の高級ブランド「和涼菓堂」の注目アイス(ジェイアール京都伊勢丹のみで販売)。北海道産大納言あずきを使用した「ゴールドあずきバー」にいちごや栗などをトッピングした贅沢な逸品

 井村屋 やわもちアイス 京きなこつぶあん最中100ml ×24個

新品価格
¥3,580から
(2019/2/17 17:45時点)



井村屋 やわもちアイス わらびもち 140ml×24入

新品価格
¥2,580から
(2019/2/17 17:44時点)



posted by kyotonews at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2019年02月13日

京都市の虐待防止システムはヤクザにも有効か?

京都市が児童虐待防止のシステムを導入。
情報を共有するというのは当たり前の話で、クラウドを使えばいいだけだ。
一方で、そのことで情報ダダ漏れで情報漏洩のリスクは高まる。
だが、ヤクザの多い京都市でそれは果たして有効なのか?
情報があっても、結局ドスのきいた声で、執拗に何度も子供の避難先を訪ねて自分で育てると言い張られたら断れないだろう。
警察との連携が大事で、警察が必要と判断すれば逮捕できる仕組みの整備の方に金をかける必要があるだろう。
京都でヤクザ対策を後回しにしても、命は救われない。

Yahoo!より、
虐待の重篤化防げ 児相と区が情報共有、京都市がシステム導入
2/13(水) 7:30配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000001-kyt-l26
記事より、
・児童虐待の重篤化を未然に防ぐため、京都市は2019年度に、児童相談所(児相)と区役所・支所が虐待情報を共有するシステムを導入する。千葉県野田市で小学4年の女児が虐待を受けて死亡した事件など深刻な事案が相次ぐ中、児童虐待に対応する専門機関である児相と、乳幼児健診や妊婦の家庭訪問を通じて家庭と日常的に関わりを持つ区役所・支所の連携を強化し、支援の充実につなげる。19年度一般会計当初予算案に関連経費6100万円
・市内で17年度に近隣住民や警察などからあった児童虐待の相談や通報件数は1716件で、市はこのうち1328件を虐待と認定した。件数はいずれも2年連続で過去最多
・市が導入するシステムでは、虐待と認定したケースを対象に、児童相談所(上京区)、第二児童相談所(伏見区)、市内14の区役所・支所の子どもはぐくみ室の担当職員が、それぞれの支援の進捗状況や今後の関わり方などの対応記録を入力する。閲覧を認める職員の範囲は検討中
・政府が同7月にまとめた緊急総合対策でも、自治体や児相、警察など関係機関の効率的な情報共有を図るためにICTを活用したシステムの整備促進を求めている。市子ども家庭支援課は「まずは市役所内部から情報共有を進め、1人でも多くの命を救いたい」
posted by kyotonews at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(101)
行事(2)
日別アーカイブ