2018年09月30日

台風24号への過剰反応で京都でも観光被害が発生中

台風24号がそんなにすごいものなのか?
気象庁の発表に嘘があるのは間違いないだろう。
昔の観測方法と今の観測方法は異なるし、警報などの基準も異なる。
どうも気象庁はことさら大げさに騒いでおくことで自分の身は安泰と考えているようだ。
今回の台風24号の煽りはすごい。
これを受けて、JR西日本なども早々に新幹線の運転まで切り上げてしまって運休などとなっているが、これはやり過ぎの過剰反応。
JR西日本などは過剰な運転停止で損害を受けたという損害賠償請求が頻発することが予想される。
その矛先はもちろん気象庁にも向けられるだろう。間違いない。

Yahoo!より、
<台風24号>西日本接近 鉄道運休相次ぎ、駅前閑散
9/30(日) 18:49配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000053-mai-soci
記事より、
・非常に強い台風24号は30日夕、西日本に最接近した。台風21号で被災し、21日に全面再開したばかりの関西国際空港は、滑走路を封鎖する厳戒態勢。大阪北部地震などの被災地では、不安な夜を迎えた。普段は外国人観光客らでにぎわう観光地は、人影もまばら。関西のターミナル駅周辺は、鉄道各社の計画運休や百貨店の臨時休業などで閑散としていた
・資格試験の受験のため29日に来阪。30日午前11時台の新幹線で帰る予定にしていたが、運休時間が更に前倒しになり、帰れなくなったという
・岡山県真庭市の自営業の女性(34)は、乗車予定だった大阪駅発の高速バスが運休に。新幹線も運転見合わせとなり、改札口前に座り込んだ
・中国籍の李梓萱さん(30)は、1日の国慶節(中国の建国記念日)に伴う大型連休に合わせて3日までの予定で来日。「台風が心配なので、夕方までにはホテルに戻るつもり・・・・」

こうした観光被害の原因はJR西日本にある。
問題なのは、強い台風が来て被害が起きるかもしれないレベルで早々に運転を取りやめてさっさとJRの職員たちが家に帰って宴会をしていることだ。
今の時間でも大勢のJRの職員が自宅で宴会をしている。
おかしいだろう。
観光被害は明らかに人為的なものであり、気象庁が過剰報告をすることを悪用して楽をしているのだ。
本来は、台風による影響をリアルタイムに観測しながら、影響が出るまでは運転をするというのが公共交通機関の役目のはずだ。
こんなデタラメな運休判断をしている鉄道事業者を許す国交省はどうかしている。
また、天下りが理由で国交相もコントロールできないという話だけしかないのだ・・・
あまり意識されていないと思うけれど、気象庁も国土交通省の所管だ。デタラメばかり。

天気予報はこの日「ウソ」をつく (日経プレミアシリーズ)

新品価格
¥918から
(2018/9/30 20:23時点)




参考)国土交通省のページより、
http://www.mlit.go.jp/page/kanbo05_hy_000073.html
posted by kyotonews at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2018年09月28日

平等院のお土産に消しゴム?

平等院で消しゴムを買う?

Yahoo!より、
年間1万5000個! 京都・平等院で消しゴムが売れるワケ
9/28(金) 10:55配信 日経クロストレンド
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-39349774-nkctrend-bus_all
記事より、
・10円玉に描かれていることで有名な京都の平等院鳳凰堂。世界遺産に登録されている平等院のミュージアムショップで今、消しゴムが年間1万5000個も売れているという。なぜ平等院で消しゴムが売れるのか? 開発したのは、「変なホテル」のブランディング担当として知られるGRAPHの北川一成
・消しゴムのスリーブケースには、鳳凰堂や雲中供養菩薩などを金の箔押しで立体的に表現している。絵柄はデフォルメしておらず、細かいラインや陰影も繊細に再現。シンプルながら豪華なデザインだが、1個350円という価格を実現

写真は以下のリンクから
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180928-39349774-nkctrend-bus_all.view-000

デザインは確かによい。
売れている理由というのは、修学旅行でくる学生目当てということだ
実用性があって、安くて、かっこいい、という要素を満たす350円の消しゴム。
このパターンは結構どこでもあり、だろう。
鳳凰などの形を模した消しゴムでなかったのは、ある意味、残念なところだ。
平等院は京都といっても宇治市にある。
お茶で有名な宇治市だけに、つまらない350円の消しゴムを買うよりも美味しいお茶でも飲むことのほうがおすすめ。
修学旅行生でそれができるとしたら、ちょっと驚きかもしれないけれども。

ウッディジョー 1/75 平等院 鳳凰堂 木製模型 組立キット

新品価格
¥41,208から
(2018/9/30 20:11時点)


posted by kyotonews at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都

2018年09月11日

祇園・花見小路景観、明治から計画形成という興ざめな調査結果を発表!!京都市の職員としては失格だ!

京都らしいまちなみというのだが、実は明治時代のもの。
なんと興ざめな調査だろう。バカじゃないか?

Yahoo!より、
祇園・花見小路景観、明治から計画形成 京都の大学院生が調査
9/11(火) 16:30配信 京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00000016-kyt-cul
記事より、
・京都らしい街並みとして観光客に人気がある祇園町南側の花見小路界隈(かいわい)(京都市東山区)の茶屋街が明治以降、どのように形成されたのかを京都府立大の大学院生が調べた
・調査したのは4月から京都市役所景観政策課に勤める園部隼平さん(24)。研究成果を修士論文にまとめ、6月中旬に日本建築学会近畿支部大会で発表
posted by kyotonews at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都
検索
最新記事
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
趣旨(1)
京都(101)
行事(2)
日別アーカイブ