検索
最新記事
カテゴリーアーカイブ

広告

posted by fanblog

2018年04月15日

【覇穹 封神演義】第13話『鏡』感想

今回は、アニメ【覇穹 封神演義】第13話

『鏡』の感想です。

以下、ネタバレありますのでご注意ください。




























【覇穹 封神演義】第13話『鏡』感想



今回は太公望と王天君の会話が中心なんですが、

前回普賢の活躍からいきなりこのシーンにとんだのでびっくり。

あれ?1話録画しそびれたかな?と思ってしまいました


太公望の過去。呂望のことが出てきてました。

冒頭では元始天尊が亡くなっている呂望の身体に魂魄を入れているシーンがあったりと、

あ、これいまやっちゃうんだ!?と思うシーンもちらほら。



そして王天君。

『俺はあんたの心の闇を映す鏡』『あんたは俺の心の光を映す鏡』

と言っていたり。

王奕は魂魄を分割できる特殊な性質を持つ人間であり、

元始天尊が王奕の魂魄を二つに割り、そのうち一つを金鰲島に渡しました。

妲己によってさらに3つ魂魄を分割されて、妖怪ベースの身体に魂魄を入れられ、

妖怪仙人『王天君』となったと。


ここ結構大事なシーンだと思うんですが、このタイミングで出してきた意味を知りたい・・・。

そもそも仙界大戦も途中ですからねえ、

アニメで初見な人は何じゃこりゃってなるのでは







後半は新規シーンをちらっと入れ込みながらの回想シーン?でした。

太公望の向かいに座っていたのが王天君からスープーに代わり、まずはスープーとの回想。

次は飛虎・普賢・楊戩と続きます。

天化のシーンは腹部の傷の事についてちらっと触れる新しいシーンがあったんですが

まず彼が何で怪我を負ったかということの描写は無いので(原作読破済みを想定して制作されているにしても)

ちょっとわかりにくいかなー・・・と。



聞仲とは背中合わせだったり、キャラごとに座り方とかが違っていたのが個性的で面白かったです。

楊戩は太公望が座っているソファ?に寝そべっていたし




申公豹と妲己が語り合うシーンでは

妲己のバックに女媧がいることが明らかにされていました。

いきなり宇宙人みたいなキャラが出てきてびっくりするだろうな〜初見の人



そして最後の方で出てきたのは太上老君と・・・。


色々驚きのある13話でした。









この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7552164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。