2018年03月23日

経費入力を簡単に! クラウド会計ソフト「freee」を使いこなそう

おっさんフリーランスのひでこんです。

2017年度の確定申告は、2018/3/15(木)迄でしたね。
皆さん余裕だぜ! ですか? それともシンドかったですか?

私はですね。。。2018/3/9(金)に最寄の税務署に提出しました。
ええ、余裕は感じられないですね。でもって、提出の朝までバタバタしてました。
それも、2017年末にはほぼ入力し終わっていたにも関わらず…。

何故こんな事になってしまったのか?

それは、「経費入力」。領収書をきちんと取得して、仕分けていたにも関わらず、
抜け洩れ多数。。。過去の自分を叱りたい!!

そして来年は余裕を持って終わらせるぞ! と、使用しているクラウド会計サービスのプランを変更してある機能を使ってみたところ
「これは…イイ!」 少なくとも自分には合ってました。
皆さん、確定申告は終わった時から既に始まってるのですよ。。。<−当たり前。


1.どのクラウド会計ソフトを使ってる?

全自動のクラウド会計ソフト


タイトルにもありますが、私はクラウド会計ソフト「freee」を使用しています。

2018年で3期目、これまでの2期は「スタータープラン」という一番低価格のプランを使ってましたが、
この経費入力の為に「スタンダードプラン」に変更しました。

freeeやプランの詳細、価格は、
公式ホームページ、
https://www.freee.co.jp/


2.何故「freee」を選んだ?

クラウド会計ソフトも「freee」以外に色々ありますよね。
「弥生会計」とか「MFクラウド会計」とか、

無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」


あくまで私の場合ですが、
・私の求めていた情報を検索した時にfreeeのWebページ出現率が高かった
 どのクラウド会計ソフトでも会計に関する様々な情報を公開しています。
 私が、フリーランスになる際、一番不安なのが確定申告をはじめとする会計だったのですが、
 不思議な事に検索ワード入れてhitした場合の出現率が高かったです。

どのクラウド会計ソフトも無償でのお試し期間を用意してますが、上記の理由もあってfreeeを選んでいました。


3.ひでこん、お前の職種は何だ?

一概に経費入力が大変といっても職種などによって、そもそも領収書の枚数やらなにやら異なりますよね。

私は、いわゆる「ITエンジニア」です。

本項の主題ではないのですが、もう少し書くと、
・ ツールを使った分析システム開発や導入作業に従事。今風に言うとビッグデータ関連とか?
・ プロジェクト管理〜設計工程メイン、コーディングは少ない。
・ 50%はクライアント先での常駐業務、50%はリモートワーク。最近は常駐業務多いけど。。。
・ 委託業務が圧倒的に多く、請負業務は少ない
・ 半年とか、1年単位の長期契約が多い
でやらせてもらってます。

リモートワークもあるので、コワーキングスペースやカフェで仕事〜なんてこともありますし、
クライアントと外で打ち合わせ。とか営業活動の一環でそこそこ出張なんかもしてます。
…とはいえ、職種的には領収書の枚数は少ない方だと思います。

領収書だけで月に30枚くらいですね。


4.領収書の枚数が少ないのに、何故、経費入力で苦労した?

私の場合は、まさに、領収書が少ない事が原因でした。<−わかってるなら、どうして??
単純に領収書が少ないがために後回しにしてしまう…そしてそのまましばらく放置。
習慣化が出来てなかったんですね。

うう、子供に「宿題は学校から帰ったらすぐにやろう!」とか、いっときながらね。
出来ていない、そういうレベルです。
…はずかすぃ!!

一応、領収書専用の2段クリアボックスを「未入力」「入力済」に分けて、
月1とか四半期に1度くらいのペースでポチポチと打って、月単位でまとめるくらいの事はしてたんですけどね。

皆さんはどうですか? 習慣化できていますか??


5.「freee」のファイルボックスで経費入力を習慣化

結局のところ、「習慣化」が大事ですよね。

以前の運用)
a.領収書取得 → b.クリアボックスに仕訳(未入力) → c.freeeに登録(PC) → d.クリアボックスに仕訳(入力済)
のボトルネックだったb,c,dを解決する為に、

そこで、freeeのプランを「スタンダードプラン」に変更。無制限に使用できるようになった「ファイルボックス」の機能を使って、
習慣化する為に、スマホにfreeeのアプリを入れて即時入力できる
ようにしました。

今の運用)
a.領収書取得 → b.freeeアプリで撮影 → c.freeeに入力(登録) → d.クリアボックスに仕訳(入力済)
ステップ数は全く変わりませんが、今の運用、a,b,cがその場で出来る!為、領収書取得から1-2の間には必ずdにまで完了するようになりました。

スマホ_05_領収書を撮影するだけで、会計処理.pngパソコン_15_パソコンからも確認_スマホ撮影領収書.png


6.おわりに

まぁ、私がズボラなだけなのが原因の9割以上(すべて?)を占めてるのですが、
せっかくfreeeが便利な機能を提供してくれているならば、その機能を使わない手はないですよね。

僅かな金額のコストを気にしてケチっていた私を叱りたい。。。<−2回目

実際、確定申告が終わった時点で、最低でも2ヶ月弱、間際に提出していれば3ヶ月弱ほど新しい期は経過しているわけです。
これまでであれば、クリアボックスに仕訳(未入力)で蓄積されうんざりしていたものが、
現時点では未入力「0」です。すばらしい!<−自画自賛、しかも他力。

経費は店頭でもらえる領収書だけではありませんが、私の場合は大半を占める為、
これで来年の確定申告は経費入力で苦しむ事はなくなるなー…と気が楽になりました。

スタータープランでも月5枚までは使えたはずですので、今freeeを使っている人は試してみてはいかがでしょうか。
私はもうこの機能がないとダメです(笑)

ではでは。



この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7468070

この記事へのトラックバック
検索
プロフィール
コンドウヒデミツさんの画像
コンドウヒデミツ
フリーランスのITエンジニアとして活動中。妻と子供3人をがんばって養ってます。仕事の事、趣味の事、家族の事など同年代の方に共感を持ってもらえるような、役に立つような記事を投稿していきたいです。
プロフィール
最新記事
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
ファン