2018年03月19日

1世帯3人家族で節約して稼ぐために必要なこと

3人家族が賢く節約して稼ぐ方法


結婚して子供が生まれることは、人生の中でとても喜ばしい出来事です。
新しい家族を誰もが温かく迎えてくれることでしょう。
ただし、家計を考えると負担が増えることにもなります。
出産前から、幼児期の子育てで女性が働くことができなくなります。
ですから、その期間は夫だけの収入で生活しなければなりません。
子育てで、女性が出産前後に仕事ができない期間は少なくとも2年間です。
その期間を一人の収入で支えることが、どんなに大変かわかりますよね?
家計のやりくりも、夫婦が2人で生活するのとは全く違うので戸惑ってしまうこともあるでしょう。
こういった不安を減らすためにも、夫婦と子供の3人家族が節約して稼ぐ方法をお教えします。

733071.jpg


【子供が生まれる前】計画的な貯蓄をする


幸せな新婚生活、2人だけの思い出を作るために楽しみたいですよね。
でも、将来子供が欲しいなら、計画的に貯蓄をしておく必要があります。
収入が高い低いに関係なく、貯蓄をするという意識が一番大事なことです。
そこで、子供が生まれる前から、3人家族になることを想定して、貯蓄をしておくことが大事になります。
目標を決めれば、子育ての期間を過ごせる金額を貯蓄することができます。
共働きで節約して結婚してから、1年も共働きをすれば貯蓄をすることができるはずです。
とは言え、もうすで子供ができて家計が苦しくなった方も多いでしょう。

【出産〜保育園まで】節約しながら子供と楽しく過ごす


出産してから子供が大きくなるまで、子育てをする女性は働けないため収入が減少してしまいます。ですから、この時期は中々贅沢をして過ごせません。
それにも関わらず、育児をする女性は育児に家事に大変な生活を送ることになります。
夜は夜泣きで眠れないし、子供は体調を崩しやすいので心身ともに負担が大きくなります。
しかも、お金がなければなおさらですよね?
そんな時は、育児をしながら節約を楽しむようにしましょう。
そもそも、幼児と一緒に過ごすということは、「家にいる時間が増える」ということです。
外出していれば、お金を使う機会が増えます。結婚以前は毎週のように外出して、買い物をしていた人も多いでしょう。
3人家族になると、このようにライフスタイルが変化します。
これは悪いことではなく、家中心の生活を送るだけでも節約することができます。
どこかに出かけて楽しむのではなく、家の中でも楽しめるようにすることが大事です。
家でも楽しめることはたくさんあります。
家で好きな音楽を聴いたり、好きなテレビを観たりするだけなら、家計にも自分にも負担をかけることはありません。

嫁は家事に育児に大変・・・旦那にできることは?


ちなみに女性は時間がなく大変ですが、案外男性は子供が生まれると時間ができるのです。
それは、夜の9時頃から就寝までの時間です。
子どもと一緒に嫁が早く寝て、「金はないけど暇になる」という状況になります。
大抵の人は、テレビを見たり、スマホをいじったり、晩酌してこの時間をダラダラ過ごしてしまうでしょう。
でも、その時間を利用して家計の足しになるようにお金を稼ぐことだってできます。
もちろんその時間にアルバイトをして、家計の足しにすることができます。
でもWワークは、かなり負担がかかりますよね?

そんな人にオススメなのが、自宅で仕事ができるクラウドソーシングというサービスです。
自分の得意なことを活かして、スキマ時間に仕事をすることができます。
パソコンを持っていればできるので、3人家族で過ごすライフスタイルに取り入れてみてはいかがでしょうか?

子ども手当(児童手当)に手をつけない


生活費にルールを作ることで、お金を節約することができます。
ついつい使ってしまうのが「子ども手当」です。子供がいる家庭にとって、子ども手当はありがたいものです。
子ども手当を家計に考慮して、生活しているところも多いかと思います。
しかし、「子ども手当を使わないで貯蓄する」と決めれば、その分貯蓄することができます。
子供が生まれる以前はもらえなかった、子ども手当を家計から外して考えましょう。
とは言え、あれば使ってしまうのがお金です。生活費を出し入れする口座に子ども手当が支給されたら、絶対に使ってしまいます。
そこで、子ども手当は別の口座でもらうことをお勧めします。
生活費と別の口座に子ども手当用の口座を作ることで、それが貯蓄用の口座になるのです。
特にお金がかかるのが、高校生〜大学生にかけてです。
子どもが18歳になるまで子ども手当を貯めれば、一番お金がかかる時期を乗り越えることができるでしょう。

学資保険を利用する


学資保険は非常に加入者が多い人気の保険です。その理由は、学資保険は積み立て型の保険で、お金が必要な時に解約しても返戻金が戻ってきます。
その上、子供が成長するまで積み立てをすることで、積立金に利子がつきます。
お金が必要な時期までに、まとまったお金を貯めることができる学資保険は、加入するべき保険です。
定期預金でも良いのですが、お金を引き出しやすいという点では学資保険の方がお勧めです。
また子ども保険には、病気やケガをした時の保障型の保険もあります。
万一に備えておくことも、子ども保険が大事な理由です。



3人家族でのライフスタイルを見直そう


3人家族になったら、ライフスタイル見直してみましょう。

◆ストレスの発散方法を変えてみましょう。
◆スキマ時間を有効活用しましょう。
◆お金の使い方や貯蓄の仕方を見直しましょう。

子供が生まれたら、子供中心の生活になります。
しかし、こどもの面倒をみたり、一緒に遊んだりするのにお金はあまり必要ありません。
図書館で絵本を借りたり、公園で一緒に遊んだりするだけでも子供は喜んでくれます。
そして、まとまった時間は少なくとも「スキマ時間」は増えてきます。
この「スキマ時間」をどう使うかが、3人家族の家計を支えるポイントになってきます。
また、お金を「使うもの」から「貯めるもの」へと意識を変えましょう。
自分のためではなく、子どものために生活を変化させることで、驚くほど家計を改善することができるでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7454444
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンク集
最新記事
写真ギャラリー
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
にほんブログ村 小遣いブログ プチ稼ぎへ
にほんブログ村