2017年10月28日

1人営業の美容室ならうまくやっていける。失敗はほぼ無い。








今の時代は小さく始めるのが正解




お金もない。

コネもない。


そんなあなたでも独立出来ます。



そうです。


1人営業の美容室を始めて下さい。



そうすれば、





失敗しません。






美容師を雇うリスク




変に人(美容師)を雇ってしまうから、

すぐにお店がダメになっていくんです。




今、新規で美容室をオープンさせても3年で閉店していくお店が沢山ありますからね〜。




美容師を一人雇うだけで、

どれだけ経営が苦しくなるか、

ちょっと計算してみれば分かりますよね。




もちろん、

今、あなたに、

沢山の顧客がいるなら別です。




顧客が沢山いて、

手が回らない様なら美容師を雇っても良いのかもしれませんが。




まあ〜、

顧客が沢山いる美容師ってそんなに多くはないんです。

(結局、雇われて働いている美容室で指名が沢山あっても、その指名してくれたお客さんが自分の本当の顧客になるかは未知。)






大きく儲ける事は出来ないけど確実にやっていける




1人営業の美容室は、

いきなり大きく儲ける事は出来ませんが、

確実に経営を続けていくことが出来ます。



赤字も出にくいですからね。








赤字にならない1人営業の美容室




ちょっと計算してみましょう。



1か月の経費です。



■美容師を一人雇った場合

・家賃10万円

・人件費25万円

・光熱費5万円

・材料費5万円

・宣伝広告費5万円

・雑費2万円


1か月間の経費 52万円




■一人営業の美容室の場合


・家賃10万円

・光熱費5万円

・材料費5万円

・宣伝広告費5万円

・雑費2万円


1か月間の経費 27万円




1か月の経費が25万円も違うんです。



25万円って何人のお客さんを施術すればいいのやら・・・。




もちろん、物凄く忙しいお店なら人件費分ぐらいは稼げると思いますよ。


でも、

今、新規でオープンした個人店美容室にお客さんが溢れる事なんてありませんからね。





個人店美容室が軌道に乗るまで、

やっぱり時間が掛かるんです。



基本は口コミですからね。



大手美容室の様に、大体的に広告を打つ事も出来ませんから。


凄くお金が掛かりますからね〜。






もし、美容室をオープンさせて1か月間の客数が30人程度だったらどうでしょうか?


売上は多く見積もっても30万円程度。



それがしばらく続きますよ。


個人店の顧客は徐々に増えていく感じですからね〜。


それまで運転資金がモツか・・・。





まずは一人で始めて確実に利益を出してください




美容師を一人雇ってしまうとあっという間にお店の経営はダメになります。


でも、一人営業の美容室ならまあ〜やっていけるレベルです。




人を雇うのは、

本当にお店が忙しくなってきてからでも大丈夫です。



まずは、

自分ひとりで美容室を切り盛りして、

確実に利益を出しましょう。




あ!

でも、ビジネスパートナーがいれば話は別ですよ。


共同経営者って事です。



共同経営者と上手くやっていけるなら、もっと確実です。











人気の記事



・美容室の不動産契約が終了したら、すぐに【固定電話回線】と【インターネット回線】を引きましょう。


・個人店美容室のホームページを安く作る方法




image2.jpg
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。