2016年09月09日

美容室を開業する時に銀行からお金を借りる事は出来ますか?


三井住友VISAクラシックカード 初年度年会費無料!



755a2011258abb057281bd9377b8946d_s.jpg

お金を借りる?


美容室を開業する際、ほとんどの人が借金をすると思います。





まあ、大体





銀行か、国金(日本政策金融公庫)、でしょうね。






銀行は美容師にお金を貸してくれるのか?


新規創業の場合、銀行はかなり厳しいと思います。





借りる銀行にもよりますが、



ずっとお世話になっていて、



預金もちゃんと貯めてあるなら話は別です。









例えば、みずほ銀行。



若い頃から、みずほ銀行を利用していたとします。



給料は、みずほ銀行に振り込まれるようになっています。





そして、どんどん預金が貯まっていき、



現在300万円が口座にあります。





この場合だと、みずほ銀行はお金を貸してくれるかもしれません。



(100%ではないですがね〜。)





なぜなら?





しっかりと300万円を貯めた実績と信用があるからです。





そう、銀行って結局 信用で成り立っているんですよね。





もし、自己資金が全く無い場合ですと、



まず、銀行はお金を貸してくれません。



何か担保がなければ。





そりゃ〜そうだと思います。





何の信用もない1人の美容師がお金を貸して下さい、と言ってきて





「はい、どうぞ〜。」





って、貸すほうがおかしいと思いますよね。







銀行からお金を借りようと思ったら、





ある程度の自己資金



もしくは



担保が必要になります。





担保とは、人質みなたいなものですかね〜。





もし、お金を借りた人が返せなくなった場合、銀行はその担保を得られます。







美容師さんで、何か資産価値の高い担保を持っている人はほとんどいないでしょう。





そう考えると、やはり自己資金を貯める必要がありますね。





出店したいお店の規模にもよりますが、300万円は貯めておきたいところです。





それに、実際お店を始めると借金の返済が始まりますよね。





自己資金比率が低いと、返済がかなり大変になります。





■クレジットカードを作るなら、給料を貰っているうちに!



【このカテゴリーの最新記事】
IMG_6348.PNG

・名前 ola(オラ〜)
・年齢 30代
・職業 美容師〜etc
・趣味 アウトドア 読書 ネットサーフィン

>>自己紹介ページへ




>>私のツイッターです。
wk_120607twitter01.jpg
たま〜に呟いています。


日本政策金融公庫から500万円の借り入れに成功した話。
スクリーンショット 2019-02-21 12.37.53.png
※この記事はnote有料になります。
美容師の転職
最新記事

15秒でできる!ホームページ簡単作成サービス【PAGEKit(ページキット)】
201607011535577270.png

タグクラウド
カテゴリアーカイブ
image2.jpg
Amazon宣言

*「え!本当に美容室を開業するつもり?」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
・美容師を楽しめる生活