検索
カテゴリーアーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年05月13日

ホプキンスビル事件の宇宙人

農家を一晩中襲い続けた鋭いカギ爪を持つ緑色の小人

Hopkinsville Little Green Men.jpg

〔出没地〕アメリカ ホプキンスビル
〔出没年〕1955年
〔形状・タイプ〕クリーチャータイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
・まるでゾウのように大きい耳を持ち、口も大きく、耳元まで裂けている。
・体は緑がかった銀色に光り、肌はツルリとしていて、ひょろりとした腕と足を持つ。現地では、リトル・グリーンマンと呼ばれている。
〔概要〕
1955年、アメリカの農場でビリー・テイラーが井戸に水を汲みに出かけると、空に奇妙な光がさした。その日の午後8時半頃、外で犬が騒ぐので、家の主と二人で様子を見に行くと、そこには緑色の小人が待ち構えていた。その場は、銃で何とか追い払い家に入ったが、今度は窓の外から覗いてきた。再び外に出ると、小人がカギ爪でビリーの髪を撫で、闇に消えたという。一家は警察に駆け込んだが、調査の結果、何も見つからなかった。小人の姿や行動から、宇宙から来た未知の生物なのではないかと考えられている。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年05月12日

チェンニーナ事件の宇宙人

奇妙なUFOと共に現れて女性を襲った謎の小人二人組

チェンニーナ事件.jpg

〔出没地〕イタリア チェンニーナ
〔出没年〕1954年
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
・二つの円錐を合わせたような形で、色は茶色っぽく、丸い窓が二つある。タマゴ型のハッチは、手をかざすと開く。中は、狭いスペースに小さなイスが二つ付いていたという。
・身長は1mもなく、小さい。ぴったりとした灰色の服を着ており、未知の言語を話す。しかし、地球の言語も通じるのか、ロッティ婦人が「奪った物を返して!」と言うと、花を5本だけ返してくれた。
〔概要〕
イタリアのチェンニーナという街で、1954年に奇妙な事件が起こった。その日、ロッティ婦人は教会のイベントに行くため、町へ向かっていた。新しい服と靴を汚さないよう、片方の手には靴とストッキング、もう片方には祭壇に供えるカーネーションの花束を持っていた。すると突然、茂みから二人の小人が現れ、花束とストッキングを取り上げた。その後、彼らはUFOに乗り込み去って行ったという。その日の朝、近くの町に住むトラック運転手の親子が空を飛ぶ赤い円錐状の物体を目撃しており、関連性も囁かれている。

posted by 麻生祇燐 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年05月11日

プエルトリコの小型エイリアン

捕まえた夜に持ち去られた小人の死体

Puerto Rico alien.jpg

〔出没地〕プエルトリコ サリナス
〔出没年〕1980年
〔形状・タイプ〕グレイタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
眼球はアーモンド型で、吊り上がっている。指と指の間には薄い膜があり、指先には鋭い爪が生えている。
〔概要〕
1980年夏、プエルトリコ・サリナス市郊外の山岳地帯で、探検家のチノは奇妙な小型生物の集団に遭遇。身長30cm程で2本脚の彼らは、アーモンド型の目をしていた。チノはパニックになり、木の棒で小型生物の一人を殴り殺してしまった。チノは死体を持ち帰り、アルコール漬けにして保存したが、その夜、何者かによって盗まれてしまったという。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年05月09日

フォークビル事件の宇宙人

逃げ足の速いシルバースーツ姿の生命体

フォークビル 宇宙人.jpg

〔出没地〕アメリカ フォークビル
〔出没年〕1973年
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
銀色のスーツを着用。身長はおよそ1.8mくらいだった。ロボットという説もある。
〔概要〕
1973年10月17日、アメリカ・フォークビルの警察署長が、「農場にUFOが着陸した!」という通報を受けた。署長が現場へ急行すると、UFOの姿は無かったが、アルミホイルのようなスーツを着た宇宙人に遭遇。撮影しようとすると宇宙人は、異常な速さで逃げた。警察の署長が嘘をついているとは思えないが、物的証拠がないため、真相は謎のままだ。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年05月08日

ベネズエラの宇宙人パイロット

墜落事件で回収された宇宙人の死体

Greys.jpg

〔出没地〕ベネズエラ
〔出没年〕1970年
〔形状・タイプ〕グレイタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
顔の下部に目、鼻、口が集中していて、身長は1mよりも低かった。
〔概要〕
1970年10月1日のベネズエラの新聞に、宇宙人の死体写真が掲載された。ベネズエラ国内でUFOの墜落事件があり、その際に回収されたため、パイロットだろうと言われている。グレイとよく似た特徴で、頭部は丸く、巨大だった。その後の続報はなく、真相は未だに謎に包まれている。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年05月07日

ロニー・ヒル事件の宇宙人

強烈な匂いを放つ丸いUFOでやって来た銀色の生命体

Ronnie Hill.jpg

〔出没地〕アメリカ ノースカロライナ州
〔出没年〕1967年
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
身長は1mで足は細く、目はつり上がっていた。腰に青い帯が見られたという。
〔概要〕
アメリカのノースカロライナ州に住むロニー・ヒル少年は、1967年7月21日の午後、自宅の裏側でガスのような匂いを感じた。15分後、ブンブンという音と共に、白くて丸いUFOが出現。中から宇宙人が降りてきた。宇宙人は右手に持った謎の機器を地面に差し込み、そのまま引き抜くとUFOに戻っていったという。おそらく、地球へ調査に来ていたのだろう。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年04月27日

ヴァルジーニャ事件の宇宙人

赤く光る眼と体 UFOを連れて来る2体の謎の生物

incidente de Varginha.jpg

〔出没地〕ブラジル ヴァルジーニャ
〔出没年〕1996年〜
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕程々
〔注目ポイント〕
・頭部に突起があり、へそ、乳首などはない。口の中には黒い舌がある。また、強いアンモニア臭を発するという。
・生物を輸送した担当者が、原因不明の急死を遂げた。このことから、新種のウイルスを持っていたのでは?と言われている。
〔概要〕
1996年1月20日午前8時、ブラジル、ミナスジェライス州ヴァルジーニャの公園で奇妙な生物が捕獲された。身長1mほどで、猫背で直立歩行、頭に奇妙な3つの突起があり、目は赤い。皮膚は油ぎったように光っており、怪我をしているのか弱弱しい動きで、「ブーン」とうなり声を発していた。同日午後3時、再び同じような姿の生物を捕獲。1体目は軍学校に搬送されたが、その後は不明。2体目は翌朝午前6時に死亡。その後、町ではUFOの目撃情報が多発するようになった。もしかしたら、仲間が探しに来ていたのかもしれない。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年04月26日

スターチャイルド

地球上には存在しえない形状や特性を持つ謎の骨

STARCHILD.jpg

〔出没地〕メキシコ チワワ州
〔出没年〕1940年頃
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕少ない
〔注目ポイント〕
・5歳児くらいと推測される頭骨だが、脳の容量は1,550㎥と、成人の脳の容量である1,350㎥よりも多い。骨は異常に硬く、匂いも強いという。
・目の穴が大きく、目と目の間は狭い。言うなればグレイ型エイリアンに近い顔だ。肌の色は褐色だと推測されている。
〔概要〕
1940年頃、メキシコのチワワ州で、母親だと思われる成人の骨と、奇妙な形の子供の骨が発見された。1999年に研究家のロイド・パイの調査により、この骨が900年以上前のものであり、骨の組織の中に、謎の繊維物質があることが分かった。研究を続けたロイドは2002年、DNA調査で通常の遺伝子と17ヶ所も違いがあることを発見。ロイドは、この骨は人のものではないとし、「スターチャイルド」と名付けた。そして「スターチャイルドは人間と宇宙人との間に生まれたハイブリッド生物である」と結論付けた。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年04月24日

フライングヒューマノイド

何千人もの人が同時に目撃した空飛ぶ人型宇宙人

フライングヒューマノイド メキシコ テオティワカン遺跡.jpg

〔出没地〕メキシコ テオティワカン遺跡など
〔出没年〕1999年〜
〔形状・タイプ〕ヒューマノイドタイプ
〔接近遭遇種別〕第3種接近遭遇
〔目撃数〕多い
〔注目ポイント〕
・大きさは3mほど。肌の色は焦げ茶色で、とても大きな真っ黒な目を持つ。白目の部分やまぶたはない。
・突然現れて、もの凄い速さで飛ぶ。中には「車を運転しているところを追いかけられ、1kmも並走された。」などの証言もある。
〔概要〕
1999年、メキシコのテオティワカン遺跡で、春分の日の儀式が行われていた。数千人が集まる中、空を飛ぶ人型の物体が出現。現場は騒然となった。物体は地上に近付いたかと思うと、一気に上空に移動し見えなくなったという。2004年には、警察官レオナルド・サマニエゴが襲われる事件も。パトカーを運転していると、フライングヒューマノイドが出現。フロントガラスを叩いて掴みかかろうとしたという。いまだ正体は不明だが、研究家の間では、宇宙人とも、アメリカ軍が遺伝子操作で作り出した生物とも言われている。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO

2018年04月23日

レプティリアン

爬虫類のような見た目で人間社会に潜む生物

reptilian.jpg

〔出没地〕世界各地
〔出没年〕古代〜
〔形状・タイプ〕爬虫類タイプ
〔接近遭遇種別〕第4種接近遭遇
〔目撃数〕多い
〔注目ポイント〕
・高度な知能を持っており、中には、ある国の大統領となって国を支配しようとしているレプティリアンもいるという。
・体つきは人間にそっくりだが、彼らの皮膚には爬虫類のようなウロコ状のものが付いていたり、ぬめりのある肌をしているものがいるという。
・かなり好戦的な性格として知られており、地球人や他の宇宙人と敵対しているという。
〔概要〕
レプティリアンとは、古代より地球に住んでいると言われている宇宙人。人間のふりをして社会に溶け込んでいるとも言われている。その真の姿は蛇などの爬虫類を思わせ、身長は2m〜2.4mほど。極めて暴力的な性格で、1980年には当時アメリカ空軍の女性がレプティリアンに誘拐され、月の裏側にある地下秘密基地に連れ去られたという証言もある。また、レプティリアンは、非常に高い知能を持っているという。彼らによる地球征服は既に始まっているかもしれないと、宇宙人研究家は警告している。

posted by 麻生祇燐 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | UFO
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 超常現象へ
にほんブログ村
プロフィール
麻生祇燐さんの画像
麻生祇燐
プロフィール

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。