広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
プロフィール

phoenix
<< 2016年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村

ブログ王ランキング


広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog
2010年12月20日
進撃の巨人3
第3巻 諌山創

巨人となったエレンを見たものは多い。そして
恐怖を抱く。殺せと言う。

人間に戻ったエレンはその変身が昔父親が自分に
した注射によるものではないかと推測する。

いずれにせよ、人々はエレンを殺そうとするが、
アルミンの説得により、殺すより利用する方を
選ぶ。

まずは巨人となって壊れた塀を塞ぐこと。

しかし、再び巨人に変身するものの、エレンとして
の意識がなさそうだ。

これに失敗すれば人々への説得も無駄になるが、
次回へと続くのね。

Posted by phoenix at 11:40 | コミック | この記事のURL
2010年12月19日
進撃の巨人2
第2巻 諌山創

主人公はエレンとミカサ。

前巻で主人公のエレンが巨人に食われてしまった
のだね。

はて、主人公のはずだが、と思っていたら、なんと
巨人となって復活していた。

ある意味で、圧倒的な強さを誇る巨人と対抗する
ための展開としてはありうるね。

食われたはずのエレンが巨人となった経緯はまだ
明らかにはなっていないが、戦いのあと再び元の
姿に戻る。そして、ちぎれていたはずの足も復活
していた。

巨人の再生能力が発揮されたのかもしれないな。




Posted by phoenix at 09:15 | コミック | この記事のURL
2010年12月16日
進撃の巨人1
第1巻 諌山創

なんともはや凄まじい設定です。

突如現れた巨人。人類はなすすべもなく食べられ
人口はあっというまに減少し、塀に囲まれた小さな
土地で暮らすことを余儀なくされる。

50mの高さの塀はさすがに巨人も越えることが
できない。

そういう設定なんですね。そうやって人類は平和に
100年ほど過ごしてきたが、その50mもの高さの
塀を乗り越える巨人が新たに出現。

ここで巨人とは何か、という疑問が出てきますね。
巨人と言えども生物であれば、人類の通常兵器
で倒せないはずがない。

倒せないことはないが、再生能力が以上に高い
という設定です。頭をふっ飛ばしても1〜2分で
再生。

これでは勝ち目がないです。

もっとも、唯一の弱点が明らかになっています
ので、それを利用すれば人類にも勝ち目はある
のかも。



Posted by phoenix at 09:15 | コミック | この記事のURL
2010年11月13日
マルドゥック・スクランブル3
第3巻 原作:冲方丁 漫画:大今良時

ボイルドが放った刺客をいとも簡単に対処する。
彼らの機械的な部分、特に電波系統に侵入して
部屋の地図を改ざんし誘導しているのだ。

次々と刺客をやっつけるうちに、バロットはある種
の快感を感じるようになる。

そしてそれは最後の刺客を相手にするときに、
最高潮にたっしたのだろう。無抵抗になっても、
痛めつけるのを止める事ができない。

いくらウフコックが止めてもだ。

それを見ていたボイルドが自らやってくる。
恐らくは、ウフコックがバロットを見限ったとみた
のかもしれない。

圧倒的な力による支配という快感を得たバロット
だが、ウフコックの苦しみを見逃すわけでもない。

果たしてバロットとウフコックの関係は改善される
のか?




Posted by phoenix at 18:10 | コミック | この記事のURL
2010年11月11日
マルドゥック・スクランブル2
第2巻 原作:冲方丁 漫画:大今良時

ウフコックの元パートナー、ボイルドが襲ってくる。
厄介な相手だ。何しろ重力を操作することができる
という特殊能力を持っているから。

しかし逃走を通して、バロットはウフコックにある種の
感情を抱くようになった。ウフコックによって、自分の
存在意義を認めたのかもしれない。

こうしてバロットはウフコックのパートナーとして積極
的に活動するようになる。

ボイルドから一旦は逃げおおせたウフコックたちで
あったが、ボイルドは新手の刺客を送り込んできた。

バロットはどう対処するか?




Posted by phoenix at 20:43 | コミック | この記事のURL
2010年10月07日
ノノノノ2
第2巻 岡本倫

ふ〜む、まともな状況は出てきませんね。
主人公野々宮ノノ、男としての名前は悠太。

まずは寮に入らなくてはならない。
考えても無理なことは分かっておりますね。
日常生活がいつも一緒なんだから、単に男装
しているだけで、ばれないはずがない。

というわけで、色々あって、同じ学校の世界チャンピオン
こおろぎみかげの家に住むことになる。

このみかげ、ノノを女装の変態と思っているわけです。

こういう風に、まともじゃないストーリーが続くようです。

しかも、ノノの素性はある記者にばれてしまったようだし。
このあとどうなるのでしょうね。



Posted by phoenix at 21:05 | コミック | この記事のURL
2010年10月05日
ノノノノ1
第1巻 岡本倫

一体どんなストーリーか、と思ったらスキージャンプの
話でした。

スキージャンプには女子の部がない、という設定の
ようです。確かに女子が飛んでいるというイメージは
ないですね。

少し調べてみると、女性の競技者の増加により、国際
大会も実施され1999年あたりから、国際ツアーも実施
されているようですね。

とすると、このコミックの時代設定は現代ではなさそう、
ある程度昔のお話ということになります。

つまり、主人公は女の子、スキージャンプが凄く得意、
という設定。

しかし、当時女の子のジャンプなどは考えられなかった
時代なので、この子は男装というより、完全に男の子
として、学校も含めて大会に出場です。

さて、どうなるか?





Posted by phoenix at 19:43 | コミック | この記事のURL
2010年09月25日
GANTZ 28
第28巻 奥浩哉

アメリカ滅亡。

そして日本の上空に得たいのしれないものが現れた
と思ったら、落下してくる。

一体なに?

巨大なマシーンタイプのロボットか?

それが次々と建物を破壊し人を殺していく。

誰もが諦めていたなか、これまで散々戦いをしてきた
人たちは、戦闘服もあり、銃もあり、それで戦おうと
決めたようです。

そうすると、これまで行ってきた戦いも無駄ではなかった
ということか?

いずれにせよ、謎のマシーン型ロボットの中には巨人が
入っていた。要するに宇宙人ということかな?

さて、宇宙人の侵略にしては、無駄が多いようです。
とすると、これは単なる侵略といようりは、宇宙人の
娯楽なのかもしれません。

つまり、地球を舞台にしたゲームなのかも。




Posted by phoenix at 18:31 | コミック | この記事のURL
2010年09月15日
シグルイ5
第5巻 南條範夫原作・山口貴由作

伊良子清玄の執念は恐ろしい。今度は検校に取り入って
まで、復讐をなそうとする。

虎眼流は次々と高弟を倒され、一番強いとされていた
高弟も毒にやられてします。

残るは、藤木源之助のみか。

その藤木源之助も、伊良子清玄に果し合いを申し込まれ
ている。

虎眼流は絶滅かも。




Posted by phoenix at 19:46 | コミック | この記事のURL
2010年09月14日
シグルイ4
第4巻 南條範夫原作・山口貴由作

話の展開が変わりました。

今回は暴君かどうかはわからないが、徳川忠長が登場。
さて、徳川忠長がこの地に居を構えると浪人が仕官を
もとめてうろちょろ。

という話とは別に、虎眼流が何者かに狙われている模様。
門下生が次々と惨殺されていきます。

やり口からして、相手は伊良子清玄であろうことは明らか。
鬼と化した伊良子清玄が再び虎眼流の前に現れたことに
なります。

それと徳川忠長との関係はまだ謎ですけど。




Posted by phoenix at 19:55 | コミック | この記事のURL
>> 次へ
最新記事
カテゴリアーカイブ
リンク集

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。