広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

2017年03月07日

八紘一宇系の話


戦線は見えているのだが
2017-03-05 08:52:49 | 太平洋情勢乱雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/07f7bd4ed918cf8209b1677ed889cfd7


1948年教育勅語等の失効確認に関する決議
2017-02-24 15:15:52 | 太平洋情勢乱雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/92a6e3af0ac8ab5362469c648a6b0b71











タグ:明治朝
【このカテゴリーの最新記事】
posted by DTJ3 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治

2017年01月07日

宴の始末:シリア危機の顛末(2015〜2016)

<作業中>

宴の始末(16) 東アレッポはほんとに詰んでる
2016-10-12 16:55:56 | 欧州情勢複雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/c8041d431360d40d89b8b568a183b72f


宴の始末(17) 再度「穏健派」を作るイギリス
2016-10-25 14:11:22 | 欧州情勢複雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/e87e69f059b80ff5714df1e621b1bfae

ヨルダンに約300億円、白ヘルにはいくら?
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/f2ba5bd1b1b5bfb78b7bef62e9c97eb6

宴の始末(18) クリントン氏メール問題と主流メディアの敗北
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/7d9e7e05b99681e090114c3182f52c55

宴の始末(19) アルカイダと歩む新しいアメリカ!
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/172220f8902470c669f63069dc2d7668


宴の始末(20) アルカイダはまだいるよ&穀物大国ロシア
2016-11-18 20:12:49 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/87501e13420a5cba013222a149197378


宴の始末(21) 「戦えないのなら、せめて邪魔するな」
2016-11-29 16:44:21 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/s/%E5%AE%B4%E3%81%AE%E5%A7%8B%E6%9C%AB


トゥルシーさんまで来た
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/d8bccabbaa69fc7c2bd1a04e026fcce5


宴の始末(22) シリアのrebelsめ、直接モスクワと協議してるぞ by FT
2016-12-01 21:34:24 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/7e1cf616a09e81805b640d3063e9fad0


宴の始末(22) アレッポの93%解放
2016-12-10 00:32:10 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/c567eaefeeec10164affe70b41ba769c


宴の始末(23) アレッポ人道支援と政治的是正知識体制の解体
2016-12-11 05:04:10 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/87b26f422a99285ec852f5dc78484158


宴の始末(24) アレッポ解放
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/bbb29d328f0fd5a0bb50c9ce4a82d09b


宴の始末(25) ロシア・イラン・トルコの3国による共同対応
(2016-12-20 23:51:01 |
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/9ca745cc7c4887916058199838fd3c35


宴の始末(26) シリア政府軍アレッポ制圧宣言
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/23d8dc243abb7f9d3776e6cd4520ebf6











タグ:シリア

2016年05月15日

司馬遼太郎について

最近は右派からも左派からもそれぞれ別の理由で評判の悪い司馬遼太郎氏ですが、よくよく見ているとその多くの批判は氏の著作をあまり読んでいないのではなかろうかと思うことがしばしば。


「昭和」という国家/司馬遼太郎
2016-05-09 22:44:42 | 参考資料−昭和(前期)
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/b26a4bc050956eeef666d2f121a2b719



「太郎の国の物語」の更新
2016-01-02 16:07:36 | 太平洋情勢乱雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/0e76c9fae42cec9916ac266d3b229b7a

今でもそう思っている。そして、去年考えた以上に、私たちのかなり多くはかなり迂闊に「太郎の国の物語」に寄りかかって生きているのね、とかも思った。つまり、明治維新で近代化して、日本は強くエライ国になりました、という立ち上がりが右でも左でもリベラルでも保守でも共通に共有されていて、その意味をあんまりしっかり考えてこなかったっぽい。全体がボルシェビキ的だとさえいいたいものがある。



太郎の国の物語/司馬遼太郎
2015-01-02 15:47:37 | 参考資料−明治
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/58cf1fec5e2ae91892f93bb04210be0a



司馬遼太郎が会津を通して見ていたもの
2015-01-01 11:39:23 | 参考資料−平成

年末ということで家族と適当にだらだらテレビを見ていたら、BSのどこかで文学と風景についての番組をやっていた。それほど凝った仕立てではなかったが、旅と景色と文学という組み合わせはいつだって私の好みなので流し見をしていた。

滝廉太郎と岡城もいいし、川端康成と伊豆も、宮沢賢治と花巻ももちろん素敵だった。日本っていいなぁと改めて思う。

さてその最後に、司馬遼太郎の文章を基に会津を語っていた。大内宿と会津若松市内を説明し、鶴ヶ城の美しい景色を背景に、僕は幕末に会津藩というものがなかったら、日本民族を信用できなかったかもしれない、とかなんとか司馬は語っていたというエピソードを入れていた。












タグ:明治
posted by DTJ3 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 明治

2016年04月28日

ピーター・ヒッチンズ

Peter Hitchensというイギリスのジャーナリストについての記事。


「自国民を殺す」−The West という価値の毀損
2014-05-16 00:40:32

http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/d26ed01276d4328a3dc94378c0760e79




血に飢えた主戦論者はプーチンではなく俺たちです in イギリス
2014-12-25 10:12:22

http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/bf7afc843005203ed69c07277bcba35f

PETER HITCHENS: Forget 'evil' Putin - we are the bloodthirsty warmongers
http://www.dailymail.co.uk/debate/article-2882208/PETER-HITCHENS-Forget-evil-Putin-bloodthirsty-warmongers.html

ロシアが戦争をしかけてきているようなことを語るけど、冷戦が終わって以降支配領域を増やしていったのはEUの側で、EUが大金を投じてウクライナで反ロシアの市民団体を養成し、EUとNATOの政治家たちはありとあらゆる外交規則を破ってキエフに駆けつけ、EUの側に付こうとする側のデモ隊に味方した。

もし9月のスコットランド独立問題でロシアの政治家たちが独立を呼びかけ、独立支持派の資金源がロシアだったとしたらイギリス人はどう感じるのか想像してみろ。

その後暴徒がウクライナ憲法を破り選挙で選ばれた大統領を追い出す。この間ウクライナは相変わらず腐敗したままだ。こんな混乱ではどちらにも味方をしたくないと思う人がいてもまったく当然だ。しかし、実際俺らは味方をしたのだ。




どっちの味方なのか by 英−トルコと一緒 by 日本
2015-10-09 14:11:11

http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/bb3bb0e478288c1c5e5350196015389e

Which side are we really on in this war of the awful against the evil?
http://hitchensblog.mailonsunday.co.uk/2015/10/which-side-are-we-really-on-in-this-war-of-the-awful-against-the-evil.html













タグ:ロシア

2016年02月23日

シリア問題

シリアのアサド政権を倒すことを目標とする西側諸国は一体何をやっているんでしょう、の記録。

現代の盗賊≒NATO
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/34624c2c0903e2893252f35cea99c694

現代の盗賊物語 (2)
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/fe01d020f145a9d8726069c253a38a68

ロシア国防省、エルドアンとIS問題の資料を出す
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/80bcaff0336f8e63e093021e585b6e1f


S 1029520995.png








2015年12月06日

「カスピ海は俺らの海」宣言の効果確認

グレートゲーム v.2.2: カスピ海は沿岸5カ国の戦略的財産である

の続き。

2014年にロシアとイランがカスピ海を沿岸5カ国の戦略的財産であると宣言し、カスピ海から外部勢力を放擲しようとした(と思しき)行動がみられた。

そこから約1年たって、ロシア軍によるシリア空爆がはじまりこんなことが起こった。


ロシア、カスピ海からクルーズミサイル発射
2015-10-08 00:32:55 | 欧州情勢複雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/1d884e8a7d27b3c37776d464ee39ad2a

ロシア軍の巡航ミサイルKalibrのターゲット可能領域を図にすると、こんな感じらしい。

1444394612_466959_original-300x240.jpg

黒海からカスピ海へ
2015-10-20 08:45:04 | 欧州情勢複雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/956ac4ee5cbff1ed69b808b3f1249643

そういうわけで私としては、この動きは1年前、カスピ海は外部勢力に使われたり侵略拠点にされるような場所じゃないぜ、カスピ海は俺らの海だと宣言したロシア&イランの効果だな、と思った次第。


「カスピ海は俺らの海」宣言の効果確認
2015-10-24 13:34:50 | 欧州情勢複雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/8e97295f4088d5a8d23176a00b428d3e








2015年09月14日

満洲事変&昭和陸軍全史


昭和陸軍全史/川田稔
 2014-12-23 18:53:14 | 参考資料−昭和(前期)
 http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/c2c7b50948be437132a2adddaa08afb4

日本ではこれまで、永田は、ルーデンドルフの総力戦計画、政治支配に惹かれたと考えられているわけだけど、私は陸軍の中には確実にドイツ参謀本部が第一次世界大戦の、とりわけロシアとの関係で何をしたかに「惹かれた」人たちがいたんだろうと思うわけです。

それはどういうことかといえば、何度も書いている通り、いわゆる「ロシア革命」というのは、ユダヤの金持が資金を出して、ロシア周辺のよく言えば独立志向、悪くいえば他者の破壊を厭わない奴らをかき集めて行われたロシア簒奪だった。そしてそれはドイツ帝国の参謀本部の協力なしには成功していない。つまり、合作のクーデターによる政権奪取こそこの「ロシア革命」だったわけですね。



帝国陸軍による「防共回廊」問題は今後もっと研究されるべきでしょう。

しかも、我が陸軍は共産勢力の南下を恐れてという理由から、モンゴル、チベット、ウイグルと連携して「防共回廊」を作ろうという構想まであったらしいんですよ。こうなると国防というより、共産主義を地球上から撲滅するための十字軍みたいじゃないかとさえ思うし、そんなの日本がやらないとならないわけ?とちょっと戸惑う私。しかも、西のドイツがそもそも促進したからこそ共産主義革命なるものがこの世に現れたというのに!



満州事変 永田鉄山が仕掛けた下克上の真実/川田稔
 2015-03-29 09:49:41 | 参考資料−昭和(前期)
 http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/06f9dbace8d75bf9b8ed3f63c5ea0f81

ref_l.jpg








タグ:満洲事変
posted by DTJ3 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 満洲事変

2015年09月13日

満蒙は日本の生命線


「戦後秩序からの脱却」と「満蒙は日本の生命線」
2015-01-15 22:51:16 | 参考資料−昭和(前期)
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/c22dd555ffc27a298d7fcb12b986092f

柳条湖事件が関東軍の謀略だと知っていたジャーナリストは当時から存在していたがそれはオフレコだった。一般人は太平洋戦争終結までほぼ知らされいない。山本七平の「ある異常体験者の偏見」によれば、終戦直後のマニラの収容所の中で早くも将兵らが柳条湖は謀略だったと語っている記述があった(軍の中では噂があったのか)。また、その同じ収容所であった体験として、中村大尉事件(一般住民が広く満洲での関東軍の行動を支持し、幣原の弱腰をなじるきっかけとなった事件)さえ軍の謀略なんじゃないかと疑ってる人がいたという記述もあった。

自分が信じていたものの多くが嘘だったとしった後、つまるところ夢から覚めた後、ありとあらゆるものが信じられなくなる状態にいた人は多数いらしたんだろうと改めて思う。

(右派の人が好む、戦後日本人はNHK他の左翼に洗脳されて戦前はすべて悪いと思ってる、ってのは半分正しいけど半分は嘘ですよ。戦争に行った人たちは一体何が起ったのかを知りたくて、あるいは知りたくなくて、いくばくかの時間過去の政権に対して不信感を抱いていた、これが根本的な理由だと思います。)




軍政下だと思えば不思議もない
2015-09-08 22:18:10 | 太平洋情勢乱雑怪奇
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/eb4d6b88cc64bb9ac6337f056d05858d

山本七平氏の「ある異常体験者の偏見 (文春文庫)」からの引用。

占領地統治は、どのような外観を飾ろうと結局は「軍政」である。軍政はどいういう形態をとろうと、もちろん何もかも軍人がやるというわけではない。軍隊には行政能力はなく、治安の維持という警察の機能ももたない。これはよく誤解されるが−。いわば常に「面」は支配しえないのである。一個師団といっても一万五千人にすぎず、ちょっとした球場のスタンドすら満員にできない数である。これを民衆という大会にばらまいても何の威力も発揮しえないから、占領地の「原住民の政府」の背後にあってこれを威圧統制し、同時に民衆を間接的に威圧するという形になる、が、同時に自分はなるべく姿を現さない。これがいわば軍政の基本型で、この基本型においては、マックも日本軍も同じである。

軍政と民主主義とはもちろん絶対に相いれない。「原住民の政府」がいかに民主的外見を装っても、最終的な決定権は「軍」が握っているのであって、投票が握っているのではない。ところが戦後の日本は、軍政と民主主義の両存・並立という非常に奇妙な形で出発した… (p.223 - 224)











タグ:山本七平
posted by DTJ3 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 満洲事変

2015年09月03日

「新中東」マップ


 「新中東」マップ
 2014-10-06 10:33:38 | アジア情勢複雑怪奇
 http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/f4c172d870c9d54a4e240e9411808a8b


db2ee12e835e036406d5cd22916f43b5.jpg








<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
最新記事
写真ギャラリー
検索
最新コメント
プロフィール
ファン