広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2018年10月02日

北朝鮮問題 2018年3Q


北朝鮮外相「信なくば安保なし」
2018-09-30 18:18:02 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/8d41e67815aaee09e09210e5545931b0

米国への信頼がなければ、我が国の国家安全保障への自信もなく、そのような状況下で一方的に自分自身を武装解除することはない

“Without any trust in the US there will be no confidence in our national security and under such circumstances there is no way we will unilaterally disarm ourselves first,” said North Korea’s top diplomat, addressing world leaders at the 73rd session of the United Nations General Assembly in New York on Saturday.





関東大震災←五四&三一&シベリア出兵
2018-09-01 20:16:13 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/1520ccb7eec09319bf6005cdbb20f9c7



朝鮮の解放と朝鮮戦争レジーム
2018-08-18 20:53:18 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/d57373ff1040564a3554ef4a787a5e66


1945年の出来事をハイライトしてしまうと、ソ連が朝鮮を解放し、ソ連と行動を共にしていた北部(というより東部、北東部というべきか?)側の朝鮮、すなわち現在の北朝鮮こそ日本を追い出すにあたって功績あったわな、という話に落ち着いてしまうのでそこを飛ばしてきたということなんでしょう。



北朝鮮の方はそんな遠慮はいらないので、

祖国解放のための全民抗争

http://www.naenara.com.kp/ja/news/?0+101892

祖国解放は朝鮮人民革命軍の積極的な武装闘争とともに、全民抗争によって成し遂げた歴史的偉業であった。

となる。










タグ:北朝鮮
【このカテゴリーの最新記事】
posted by DTJ3 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 極東

2018年09月30日

リベラル帝国主義

★作業中


リベラルとリベラル帝国主義
2016-11-08 16:21:19 | 太平洋情勢乱雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/bc6d0d061788e41d84b4476e5477bacb

ヒラリーはこんなことを言うおばさん。

イラク人にはっきりさせておかなければならないことがある。

彼らは人間が他の人間に与えられる最も偉大なギフトを与えられたのです。自由というギフトを。




入国制限とリベラル帝国主義
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/69a5f798aea041e4fd403b864ae3a830?utm_source=admin_page&utm_medium=realtime&utm_campaign=realtime







2018年03月31日

渤海湾・黒海

渤海湾・黒海: トルコ「謝罪で済ませる話じゃない」、韓国「情報交流拒否」

2017-11-19 20:18:47 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/659b1e0dd886f600133bb521a9dfe445

 ただ、文在寅(ムンジェイン)大統領は3日のシンガポールメディアとのインタビューで、日米韓の防衛協力が軍事同盟に発展することは望ましくないとの考えを強調。北朝鮮を巡る安全保障に協力を限定する考えを示した。韓国国防省も、中国軍の動向や南シナ海を巡る安全保障などの情報を交換する考えは示していないという。




朝鮮・トルコ、渤海湾・黒海と「不可欠」

2017-04-27 23:24:58 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/5155e2e2cd04b77d45f3e0a6aff11a97


最終的に2つしかとる道はないないわけでしょ。

1. 北朝鮮と南朝鮮が別の国として相互に認める

2. 南北一体化する

で、2にオプションが二つあって、

2A. 一体化するが、今は別々に→ 相互承認の道へ(短期的には1と同じ)

2B. 一体化するので今無理くり一体化→ 相互承認飛ばす(実質的には戦争が不可避?)



K Foreign_relations_of_North_Korea.png







タグ:北朝鮮

2018年03月30日

北朝鮮:平壌宣言とはなんだったのか(仮題)


選挙で国難突破と平壌宣言はどうしたの

2017-09-25 23:44:05 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/941d1588989b962a0e00384f6b47639c

■ ちょっと見てみる平壌宣言

2002年の平壌宣言についてのBBCの記事。

Tuesday, 17 September, 2002, 15:55 GMT 16:55 UK
Japan-North Korea Pyongyang Declaration

http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/2264163.stm








タグ:北朝鮮

2018年03月29日

北朝鮮問題 2018年1Q

トランプ、金正恩と5月までに会談する意向

2018-03-09 17:13:49 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/ca0bd28589be2176a2eb287e5bd898b2

トランプ大統領、北朝鮮の金正恩と5月までに会談する意向=韓国特使

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/5-42.php



雪解けの用意をしている感じの極東

2018-03-21 23:05:50 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/f979cb29c6c4f69d7f6b9008742742e6


中国・北朝鮮が首脳会談をする

2018-03-28 15:45:06 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/b8336b5a1e7b14f09c667b2b56f87c36?fm=entry_awp


中国王さん、ロシア モルグロフさん、忙しく立ち回る

2018-03-29 17:49:15 | アジア情勢複雑怪奇
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/be7726cafd5728fb9dfdeea9e5fb8b73








タグ:北朝鮮
posted by DTJ3 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 極東

2018年02月10日

サンダースと不滅の連隊

サンダースと不滅の連隊と1世紀

2016-03-05 16:42:17
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/91d1d4c956be7bdeccf87f3870f2533d

■ 一回転した

結局、マネーを作り出す仕組みとメディア支配を組み合わせて法外に大きな力を持った寡頭勢力に対してノーと言えるのは、広く多数の一般人しかない。もはや、一般人は大人数だというそれだけが対抗できる唯一の武器なんだと思う。

しかしでは、なぜ一般人はこのように団結できる、あるいはすべきだと考えるようになったのか。

それは、ほかならぬこの寡頭勢力がひとりひとりが国政に対して権利を持つ民主主義なる制度を良いものとしてアピールしてきたからに他ならないでしょう。

彼らは、当時の各帝国を潰す目的で一般人、わけても若い人たちを取り込んで、各王国、帝国の不合理に疑問を持たせ、不条理を嘆かせ、集団化して「ひとびと」が専制支配を倒すことをある種トレンド化した。

清、ロマノフ朝、ハプスブルグの崩壊あたりがある種のハイライトだったでしょう。そこから今日まで100年。

次に明治朝日本とプロイセン主導のドイツを叩いてその上で両方に若年寄り格のポジションを与えて支配体制に組み入れ大陸の東西を固めさせていこうとした。

つまり、伝統やら歴史がうんざりするほどに詰まった各国の基盤をぶち壊すことで、自分たちが新たな寡頭体制を敷こうとした。で、それはそれでまぁいいかと思える側面もあったでしょう。しかし、そもそもの動機が新しい寡頭体制の設定、あるいはステルス帝国の完成だから、その制度下にあっては人々はただの被支配民でなければならない。本当の意味で各国に独立的な意志なんかもたせられるわけもない。なんのために世界中に800カ所(あるいは数え方によっては1000か所)の米軍基地を置いてるんだい、って話。

そこから70年。

どうも、寡頭体制の盤石化は成功しそうにないっすね。



「不滅の連隊」

2015-05-11 02:07:01
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/8e0acd730901fbb5081577d6cb1c1213

■ おかげさまでまとまってます by ロシア

しかしながら、このオバマ政権の中学生かあんたら的なバカな方針のおかげで、この1年でロシアはむしろ懸案事項をいろいろ片付けているようにみえる。その一つが、やっぱりソ連崩壊後にまとまりがなくなって、自身も失って・・・となってきた国のアイデンティティーを整備していくことだったのじゃないか、と観測してる私。

プーチン時代で経済的にある程度立ち直ったおかげで市民の生活が安定してきたことだけでは、まだまだ油断はできないわけね。ロシアはロシアなんだ、という心棒を作らなならん、と。(他国から見るともう十分あると思うんだけど ^^;)

で、そこで降ってわいたような昨年のクリミアの再統合問題があって、さらにNATOがバカみたいにロシア国境でちゃらちゃらちゃらちゃらポーランド軍、ルーマニア軍、バルト3国あたりを使って演習をやっている。すると、国家を守らな、ロシアはロシアでなくなるという危機感が自然必然情勢される。

そこで、第二次世界大戦の欧州戦線、つまりロシア風にいう大祖国戦争を思い出せ、キャンペーンが来る。ここまでならソ連時代にもさんざん使った手で、どうもそれが故に、実際問題あんなにもこんなにもなく犠牲者を出した大祖国戦争に対してどこかシニカルなとらえ方がソ連内にあったらしい。つまり、大祖国戦争を指導したソ連はえらい、だから俺を尊敬しろ的に使われてたってことね。

しかし、そういうことじゃないんだ。ソ連時代の誤りは誤りとして、あれは俺たちロシアにとって国家存亡の危機で、それを一人一人の犠牲によって支えたんだ、という具合に再提示したきたのがプーチン政権と私は見てる。で、これは嘘ではないですからね。

そこで、今回の対ナチス戦勝記念のハイライトは、実はあの有名な赤の広場の軍事パレードではなくて、国中で広げられたこっちのイベントだと思えるわけです。プーチンが何度も何度も、この日は第一に私たちにとってのホリデーだと言っていた意味はあるわけですね(それを、西側メディアは欧米が参加しないから強がってる、と書くのね)。



Immortal Regiment(不滅の連隊)とかいう名前で行われたこの催しでは、みんなして自分のお祖父さんやらお父さん、お母さん等々大祖国戦争で亡くなった家族の写真を掲げてる。TASSによればこの日このようにして外に出たロシア人は1000万人を超えるという話。800万だったか? どっちにしてもすごい数だけど、大祖国戦争では2700万人ぐらいが亡くなっているので、ほとんどすべての家族で誰かしら亡くなっているというのは嘘でもなんでもないでしょう。


1092960.jpg


0,,18441097_401,00.jpg











タグ:不滅の連隊
posted by DTJ3 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア

2018年02月02日

シリア 2018


トルコ、シリアで新たな地上作戦 クルド勢力標的

2018-01-21 18:43:52
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/88cdfd538cb40082792d30c097084b34


明日からソチでシリア国対話会議

2018-01-28 21:04:55
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/c0712f496331b6fa5eaf097b4452d616


シリア対話会議が浮き彫りにする英米仏+の異常な執着

2018-02-01 01:12:38
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/00401925ea2910f6a60a83c58b532453


ということなんですが、どうしてフランスだのイギリス、アメリカにシリアに対する権利が存在するのかまったく謎ではあるんだが、これってつまり、サイクスピコ協定+サンレモ会議あたりで当事者だった国々が、以前として利益を主張しているということなんだろうと思う。













タグ:シリア

ロバート・パリーが亡くなった

ロバート・パリーが亡くなった
http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/1538b225e6497e0dac35e415ac3cd7a9

1月27日、アメリカのジャーナリスト、ロバート・パリーが亡くった。12月に卒中で入院し、その後膵臓ガンにむしばまれていたことが判明したらしかった。12月末に、ペリー自身が、コンソーシアムニュースというサイトを支えてくれている読者の皆さんへ、という一文で自身が入院中であることを説明した。これが公表された最後の文章ということになるのだろうと思う。

パリ―は、APの記者から入って、レーガン政権時代のイラン・コントラ事件を暴いたことで知られるようになり、その後独立した、あるいは独立するしかなかった、という経緯を持った、丁寧な仕事をする、筋を曲げない、反骨心のあるジャーナリストとして、メインストリームは絶対にそうは書かないが、そのように認められている人。


最近、ウクライナのバンデラ主義者というナチの末裔集団は、ウクライナ危機の重要な問題の一つだと書いたばかりだが、このUKRAINE ON FIREも、ロバート・ペリーが携わっており、映像の中で重要な分析を披歴していた。

「UKRAINE ON FIRE」with オリバー・ストーン
この映像を見た時、この話題は非常に危険なテーマだと思えるわけだが、ストーンもパリ―も、ここを抜いたら戦後のCIAがもたらした極悪さを解明できひんという覚悟があるんだろうなと思ったものだった。このフィルムは本当に重要だ。














posted by DTJ3 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | O・ストーン

2018年01月14日

2013年9月の巡洋艦モスクワの投入は本当に大きかった

2013年9月の巡洋艦モスクワの投入は本当に大きかった

http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/36987ebfb7db32a775f431b5c9d59a68

オバマはシリア攻撃をあきらめた、軟弱〜とかいう話だけを記憶している人も多いと思うけど、あの状況は既に米+NATO諸国(英仏だが)が地中海に所せましと軍艦を並べていて、シリア攻撃まったなしになっていた。今適当にサーチしたら8月末時点での布陣が出て来た。

S DB29262E5EEB_w1023_r1_s.jpg


ここに、ロシアが黒海からミサイル巡洋艦モスクワを中心とした一団を送り出して、攻撃布陣の中に割り込ませていく。ほんとに来るのかぁ・・・みたいな感じでしたね。つまり、ロシアにとってシリアは重要だと知っていても、でもきっとまたリビアの時のように、ア+イ+Nが勝手をしてしまうだろうとどこかでみんな諦めていた。一連のシリアでの危機の連続の中で、プーチン政権にとって最も勇気と決断力の要る行動だったのではあるまいかと今でもそう思う。

そして、9月3日奇妙な事件が起こる。

これに対抗してロシア政府は空母キラーと呼ばれている巡洋艦のモスクワを中心に、フリゲート艦2隻、電子情報収集艦、揚陸艦5隻、コルベット艦2隻がシリアを守る形に配置したと報道されている。

攻撃が予想されていた9月3日、地中海の中央から東へ向かって2発の弾道ミサイルが発射されたが、2発とも海中に落ちてしまう。発射されたミサイルをロシアの早期警戒システムがすぐに探知、その事実を公表したこともあり、その直後にイスラエル国防省はアメリカと合同で行ったミサイル発射実験だと発表した。

事前にイスラエルは発射実験を発表していないことから、アメリカ軍やイスラエル軍は実際に攻撃を始めたと見られている。迎撃ミサイルや機銃が使われた事実はないようで、ジャミングで落とされたのではないかという説が有力だ。ちなみに、イランの核開発をめぐり、P5+1(国連安保理常任理事国とドイツ)がイランと暫定合意したのはその2カ月後だ。

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801130001/


記憶では、ロシアが、早期警戒システムが2つの飛翔体を検知しました、と報じて、しばらく、確か30分かそこらだったんじゃないかと思うけど、誰も手をあげなかった。そしてイスラエルが実験してましたと言い出す。この緊張の最中に何が実験だとネットの前のオーディエンスは怒り出す。その後米軍も、そうですそうです、と報じた。この順番であったと記憶する。書いておこう、忘れる前に。

が、桜井さんが言われる通り、おかしいわけですよ。事前に発表もしていないし、あんな緊張の最中に通常の実験が行われるってへんすぎる。だから、ロシア軍の検知能力を試したか、それとも実際に撃って検知されて落とされたのかのどちらかだろうと言われている。

ジャミングで落とされたんじゃないかという説は当初は、まさか〜という感じで受け止めた人も多いと思うが、その後に続くアとイの何か異常な行動を見ると、だんだん真実味が出て来た。クリミアがロシアで、黒海艦隊がそこにあるから地中海が俺らの海にならんのじゃー、と思ったんだろうなとも思う。


そして、それから2年経った2015年9月末、ロシアがシリアへの本格介入を国連で宣言し、ほどなく攻撃を開始し、自軍のミサイルの性能を天下にアピールし、トルコ軍によるロシア機撃墜を機に、ついにはロシア軍によるシリアの防衛強化策がしっかりと整えられました、という成り行き。










2018年01月13日

三海プロジェクト

イージス・アショアで東西挟撃&三海プロジェクト

http://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/ad25007d8d9e64337677f3e65d8f7912


さらに、その上で、安倍ちゃんは年明けに東欧を訪問する。

安倍総理大臣は来年最初の訪問先として、来月12日から6日間の日程で、エストニア、ラトビア、リトアニアの、ロシアと国境を接するバルト3国と、ブルガリア、セルビア、ルーマニアの東欧3か国を歴訪する方向で最終調整を進めています。これらの国々を日本の総理大臣が訪れるのは初めてです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171225/k10011270261000.html



いわゆる中・東欧部分がこの三海イニシアチブに参加している。

R 250px-Three_Seas_Initiative.svg.png














posted by DTJ3 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 中・東欧
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
タグクラウド
最新記事
写真ギャラリー
検索
最新コメント
プロフィール
ファン
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。