広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2016年01月15日

一色さゆり『神の値段』城山真一『ザ・ブラック・ヴィーナス』 第14回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2015年)





一色さん-e1443587868209.jpg51Hkvt37uFL__SX340_BO1,204,203,200_.jpg

『神の値段』
2016年第14回『このミステリーがすごい! 』大賞・大賞受賞作。『このミス』大賞初の美術ミステリーとして自信をもって推薦したい(大森望)。メディアはおろか関係者の前にも一切姿を現さない前衛芸術家・川田無名。唯一つながりがあるギャラリー経営者の永井唯子経由で、作品を発表し続けている。ある日唯子は、無名がおよそ55年前に描いたという作品を手の内から出してくる。来歴などは完全に伏せられ、類似作が3億円で落札されたほどの価値をもつ幻の作品だ。しかし唯子は突然死亡してしまう。唯子の死因、そして無名の居場所を探るべく、アシスタントの佐和子は、今になって作品が運びだされた理由を知るべく、動き出す。幻の作品に記された番号から無名の意図を知り、やがて、無名が徹底して姿を現さない理由を知る――。

著者 一色さゆり
京都府京都市出身。静岡県静岡市在住。2012年、東京芸術大学美術学部芸術学科卒業。ギャラリー勤務を経て、現在主婦。香港中文大学大学院美術学部に在籍。2015年、「神の値段」で宝島社が主催する第14回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞する(同時受賞は城山真一「ザ・ブラック・ヴィーナス」。選考委員 : 大森望、香山二三郎、茶木則雄、吉野仁)。「これまでにないアートミステリーを目指して夢中になって執筆した。書き終えてから、アートの面白さに改めて気づかされた」との旨を発表している。

『ザ・ブラック・ヴィーナス』
金に困っている人を助けたいという思いでメガバンクに就職したが、その内情に失望して三年で退職した百瀬良太。
良太は、零細企業を営む兄の金策の過程で“黒女神"、二礼茜と知り合う。
茜は目的のためなら手段を選ばない株取引のエキスパートで、依頼人が本当に大切に思っているものと引き換えに大金をもたらす。
兄が必要な資金を得るかわりに、良太は茜の助手を務めることとなった。
社屋建設費用の借金に苦しむ老舗和菓子屋社長、薬物中毒で死亡した人気歌手の娘の死因を隠そうとする父親など、
さまざまな人物が茜を訪ねてくる。
茜はなぜこのような活動をしているのか。金を通じて人の心を描き出す。

著者 城山真一
1972年、石川県生まれ。金沢大学法学部卒業。








2016年01月10日

『女王はかえらない』 第13回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2014年)著者降田 天(ふるた てん)





女王はかえらない
51F8+aeMuSL__SX340_BO1,204,203,200_.jpg

片田舎の小学校に、東京から美しい転校生・エリカがやってきた。

エリカは、クラスの“女王”として君臨していたマキの座を脅かすようになり、クラスメイトを巻き込んで、教室内で激しい権力闘争を引き起こす。

スクール・カーストのバランスは崩れ、物語は背筋も凍る、まさかの展開に。

二度読み必至!伏線の張りめぐらされた学園ミステリー。
著者 降田 天 (ふるた てん)
鮎川 颯と萩野 瑛の二人からなる作家ユニット。



2016年01月09日

梶永正史『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』八木圭一『一千兆円の身代金』 第12回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2013年)





警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官
一千兆円の身代金

警視庁.jpg518C+MUPCOL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg

『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』
警視庁捜査二課主任代理、郷間彩香。32歳、独身、彼氏なし。捜査二課で贈収賄や詐欺、横領などの知能犯罪を追う彩香は、数字に手掛かりを求めて電卓ばかり叩いているため、周囲からは“電卓女"と呼ばれている。
そんな彩香に、刑事部長から特命が下った。「渋谷で銀行立てこもり事件が発生している。至急現場に向かい、指揮をとってくれ」。犯人から、現場の指揮および交渉役を郷間に任命するように名指しされたのだ。
青天の霹靂に困惑しながらも、彩香は立てこもり現場である渋谷に急行する。

著者 梶永 正史 (かじなが まさし)
1969年、山口県長門市生まれ。神奈川県横浜市在住。 山口県立美祢工業高等学校機械科卒業。コンピューターメーカーに勤務。 第12回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2014年に『警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官』(宝島社)にてデビュー。

『一千兆円の身代金』
前代未聞の身代金を要求する、史上最凶の誘拐劇。
若者へ負担を押しつける日本の政治や、財政赤字への不満・不安をブログで訴える平岡ナオト。
彼のもとに保育士や大学生らが集まり、ある計画がスタートする。
やがて、元首相の孫にあたる小学生が誘拐される事件が発生。
犯人「革命係」からの要求は、財政赤字の見直し、もしくは一千兆円の身代金だった!
政府、マスコミ、国を巻き込んだ事件の行方は……。
警視庁は捜査一課特殊犯係を直ちに全国に派遣し、国家の威信をかけた大捜査網を展開させる。やがて捜査陣は、あるブログを見つけるが…。

著者 八木 圭一 (やぎ けいいち)
1979年、北海道十勝生まれ。横浜国立大学経済学部国際経済学科卒業。雑誌編集者を経て、2015年現在はコピーライター。




2016年01月08日

『生存者ゼロ』 第11回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2012年)著者安生 正(あんじょう ただし)





生存者ゼロ
51X9GI4dY7L__SX345_BO1,204,203,200_.jpg

北海道根室半島沖に浮かぶ石油掘削基地で職員全員が無残な死体となって発見された。

陸上自衛官三等陸佐の廻田と感染症学者の富樫らは、政府から被害拡大を阻止するよう命じられる。

しかし、ある法則を見出したときには、すでに北海道本島で同じ惨劇が起きていた―。

未曾有の危機に立ち向かう!壮大なスケールで未知の恐怖との闘いを描く。
著者 安生 正 (あんじょう ただし)
1958年生まれ。京都府京都市出身、東京都在住。京都大学大学院工学研究科卒。建設会社勤務。



2016年01月07日

『弁護士探偵物語・天使の分け前』 第10回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2011年)著者法坂 一広(ほうさか いっこう)





弁護士探偵物語 天使の分け前
51rdkv-llgL__SX343_BO1,204,203,200_.jpg

「殺した記憶はない」と、母子殺害事件の容疑者・内尾は言った。

裁判のあり方をめぐって司法と検察に異を唱えたことで、弁護士の「私」は懲戒処分を受ける。

復帰後、事件の被害者・寅田が私の前に現れ、私は再び、違和感を抱えていた事件に挑むことに。

その矢先、心神喪失として強制入院させられていた内尾が失踪。

さらに周囲で不可解な殺人が起こり…。
著者 法坂 一広 (ほうさか いっこう)
1973年、福岡県生まれ。京都大学法学部卒業。福岡県で弁護士として活動している。第10回『このミステリーがすごい! 』大賞を受賞し、『弁護士探偵物語 天使の分け前』で2012年デビュー。他の著書に『弁護士探偵物語 完全黙秘の女』、共著に『5分で読める! ひと駅ストーリー 降車編』『「このミステリーがすごい! 」大賞10周年記念 10分間ミステリー』(すべて宝島社)がある。



2016年01月06日

『完全なる首長竜の日』 第9回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2010年)著者乾 緑郎(いぬい ろくろう)





完全なる首長竜の日
51qzBmwyCkL__SX342_BO1,204,203,200_.jpg

植物状態になった患者とコミュニケートできる医療器具「SCインターフェース」が開発された。

少女漫画家の淳美は、自殺未遂により意識不明の弟の浩市と対話を続ける。

「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。

弟の記憶を探るうち、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こり―。

衝撃の結末と静謐な余韻が胸を打つ。
著者 乾 緑郎 (いぬい ろくろう)
1971年、東京都生まれ。劇作家・鍼灸師。『完全なる首長竜の日』で2011年第9回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞。同年、『忍び外伝』(朝日新聞出版)で第2回朝日時代小説大賞も受賞し、新人賞二冠を達成。他の著書に『忍び秘伝』(朝日新聞出版)がある。


DVDも出ています。



2016年01月05日

太朗想史郎『トギオ』中山七里『さよならドビュッシー』 第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2009年)





トギオ
さよならドビュッシー
トギオ.jpg51Kq+DEWMjL__SX344_BO1,204,203,200_.jpg

『トギオ』
捨て子の「白」を拾ったがために、大きく狂いはじめる主人公の人生。村八分に遭い、クラスメイトからも陰湿ないじめを受ける。村を出た主人公は港町に流れつき、やがて大都会・東暁“とうぎょう”を目指す。悪事に手を染め、殺伐とした東暁で地べたを這いつくばって生きる主人公が唯一気にかけていたのは、村に置いてきた白のことだった―。

著者 太朗 想史郎 (たろう そうしろう)
1979年和歌山県生まれ。 一橋大学商学部商学科卒業。『トギオ』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。小学校6年生より中学校卒業までをロンドンで過ごす。

『さよならドビュッシー』
ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。

著者 中山 七里 (なかやま しちり)
1961年、岐阜県生まれ。花園大学文学部国文科卒業。『さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞しデビュー。他の著書に『おやすみラフマニノフ』(以上宝島社)がある。



DVDも出ています。



2016年01月04日

山下 貴光『屋上ミサイル』柚月裕子『臨床真理』 第7回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2008年)





屋上ミサイル
臨床真理
屋上.jpg51+XGCS7-1L__SX345_BO1,204,203,200_.jpg

『屋上ミサイル』
美術の課題のため、屋上にのぼった高校二年生の辻尾アカネ。そこでリーゼント頭の不良・国重嘉人、願掛けのため言葉を封印した沢木淳之介、自殺願望をもつ平原啓太と知り合う。国重の強引な提案で、「屋上部」を結成した4人は、偽の神様を騙る通り魔、ストーカー、絵画詐欺、殺し屋との遭遇など、屋上の平和を脅かす事件に次々と巻き込まれていく。最良のライトノベル的楽しさに満ちた、青春ミステリー。

著者 山下 貴光 (やました たかみつ)
プロフィール 1975年、香川県生まれ。京都学園大学法学部法学科卒。『屋上ミサイル』(宝島社)にて第7回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2009年デビュー。著書に『少年鉄人』(宝島社)、『HEROごっこ』(文芸社)がある。

『臨床真理』
臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司という二十歳の青年を担当することになる。司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。少女の死は他殺だと言うのだ。その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探り始める。しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事が明らかになる。

著者 柚月裕子
1968年、岩手県生まれ。山形県在住。フリーライター。雑誌やテレビ局のホームページで作家の対談・インタヴューのまとめを担当している。




2016年01月03日

『禁断のパンダ』 第6回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2007年)著者拓未 司(たくみ つかさ)





禁断のパンダ
51-TyLrp4YL__SX298_BO1,204,203,200_.jpg

柴山幸太は神戸でフレンチスタイルのビストロを営む新進気鋭の料理人。

彼は、妻の友人と木下貴史との結婚披露宴に出席し、貴史の祖父である中島という老人と知り合いになる。

その中島は人間離れした味覚を持つ有名な料理評論家であった。

披露宴での会話を通じて、幸太は中島に料理人としてのセンスを認められ、その結果、中島が幸太のビストロを訪問することになる。

一方、幸太が中島と知り合った翌日、神戸ポートタワーで一人の男性の刺殺体が発見された。

捜査に乗り出した兵庫県警捜査第一課の青山は、木下貴史の父・義明が営む会社に被害者が勤務していたことをつかむ。

さらには義明も失踪していることを知り…。
著者 拓未司
1973年、岐阜県生まれ。大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、神戸のフランス料理店に就職。その後様々な飲食業に従事。『禁断のパンダ』で、『このミステリーがすごい!』大賞第6回大賞受賞。



2016年01月02日

『ブレイクスルー・トライアル』 第5回『このミステリーがすごい!』大賞受賞(2006年)著者伊園 旬(いぞの じゅん)





ブレイクスルー・トライアル
51HU6PX4xPL__SX355_BO1,204,203,200_.jpg

技術の粋をつくしたIT研究所に侵入し、ミッションをクリアすれば1億円が手に入る一大イベントが開催されることになった。

元IT企業の社員チームや、ひょんなことから紛れ込んだダイヤモンド強盗犯グループなどが参加を表明。

生体認証や警備ロボットをはじめ、数多のセキュリティが設置された難攻不落の要塞を攻略するのはどのチームなのか。
著者 伊園旬
1965年、京都府生まれ。関西大学経済学部卒業。第5回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、2007年デビュー。



<< 2017年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
検索
カテゴリアーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。