みんなのすごい!奪い合いから分かち合う社会へ
<< 2019年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新記事
運営者プロフィール
blackcoffee11さんの画像
blackcoffee11
会社員 広報が仕事です。 趣味ははっきりいって多いです。 が…、どれも浅いです。 それでも楽しくやってます! コーヒーとJAZZと読書 カメラ・パソコンいじり
プロフィール
運営しているサイト

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2019年04月02日

米首都ワシントンで桜が見頃に、人々を魅了

img_d5f3fae8c9a4ae459afad26d7e95dc04381530.jpg
米首都ワシントンで桜が見頃に、人々を魅了

https://www.afpbb.com/articles/-/3218899

【4月2日 AFP】米首都ワシントンで桜が見頃を迎え、ジェファーソン記念堂(Jefferson Memorial)を対岸に望むタイダルベイスン(Tidal Basin)には開花した桜をめでる人々の姿が多く見られた。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 11:22PM
posted by blackcoffee11 at 23:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

サウジ女性活動家ら、尋問中の拷問やセクハラ被害を証言

サウジ女性活動家ら、尋問中の拷問やセクハラ被害を証言

https://www.afpbb.com/articles/-/3218071

【3月28日 AFP】サウジアラビアの首都リヤドの刑事裁判所で27日、1年近く拘束されてきた女性活動家らに対する裁判が行われた。法廷内にいた人々の話では、女性たちは尋問中に拷問や性的嫌がらせ(セクシュアルハラスメント)を受けたと、涙ながらに証言したという。

 人権団体によるとこの女性活動家らは、国際的なメディアや人権団体と接触したなどの罪に問われている。注目の裁判の2度目の審問となったが、外国人記者や外交官らの傍聴は認められなかった。

 以前から女性の運転の権利や男性親族が女性に対して抑圧的な権力を握る後見人制度の廃止を求めていた11人は、長年禁止されていた女性の自動車運転が解禁される直前の昨夏、活動家らに対する一斉摘発が行われた際に拘束された。

 中には有名活動家のルージャイ・ハスルール(Loujain al-Hathloul)氏や著名ブロガー、大学教授もいる。

 審問を聞いた2人がAFPに語ったところによると、家族も傍聴する中、活動家らは涙を流したり互いに慰め合ったりしながら、拘束中の尋問で電気ショックやむち打ちを受け、体をまさぐられたと訴えた。女性らのうち少なくとも1人は、虐待を受けて自殺を試みたと明かした親族もいる。

 昨年10月、ジャーナリストのジャマル・カショギ(Jamal Khashoggi)氏がサウジの工作員らに殺害された事件をはじめ、これまでの人権状況をめぐって国際社会から厳しい目が向けられているサウジ政府は、これらの女性らに対する拷問やセクハラの事実はなかったと否定しているが、今回の裁判で批判はさらに強まっている。

 海外を拠点としているルージャイ氏のきょうだいは、ムハンマド・ビン・サルマン(Mohammed bin Salman)皇太子の側近で、カショギ氏殺害事件で解雇されたサウード・カハタニ(Saud al-Qahtani)容疑者が、拷問を指揮していたと主張。

 そのうちの一人は米CNNに対し、カハタニ容疑者がルージャイ氏に「レイプや殺害、体の切断をほのめかし脅迫していた」と明かし、裁判にかけられるべきはルージャイ氏ではなくカハタニ容疑者だと非難した。(c)AFP/Anuj CHOPRA

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 10:25PM
posted by blackcoffee11 at 22:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

やっと会えた…独りぼっちのカエル「ロミオ」が「ジュリエット」と対面 ボリビア

やっと会えた…独りぼっちのカエル「ロミオ」が「ジュリエット」と対面 ボリビア

https://www.afpbb.com/articles/-/3218790

【4月2日 AFP】ボリビア中部コチャバンバ(Cochabamba)の「アルシド・ドルビニ自然史博物館(Museo de Historia Natural Alcide d’Orbigny)」で10年前から飼育されているセイウェンカズミズガエル(学名:Telmatobius yuracare)の雄のロミオがこのほど、雌の個体「ジュリエット」と対面した。

 ボリビア原産のこのミズガエルは、絶滅の危険が懸念されており、ロミオは確認されている唯一の個体だった。環境保護活動家らが、種の保存のためロミオのパートナーを見つけるよう呼び掛けたところ、その約1年後、雲霧林の奥深くで野生のジュリエットが見つかった。ジュリエットはその後、新しい環境に慣れるため別の場所で飼育されていた。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 09:28PM
posted by blackcoffee11 at 21:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

「ジョンとヨーコのベッド・イン」から50年、約30分の映像見つかる

「ジョンとヨーコのベッド・イン」から50年、約30分の映像見つかる

https://www.afpbb.com/articles/-/3218806

【4月2日 AFP】今から50年前、英国のロックバンド、ビートルズ(The Beatles)のメンバーだった故ジョン・レノン(John Lennon)とアーティストのオノ・ヨーコ(Yoko Ono)がハネムーンの際に行った平和のためのパフォーマンス「ベッド・イン」の模様を撮影した約30分のカラー映像が見つかった。

「ベッド・イン」の舞台となったのは、オランダ・アムステルダム(Amsterdam)のホテル、ヒルトン・アムステルダム(Hilton Amsterdam)。新婚夫婦はその一室に1週間滞在。ほとんどの時間をベッドの上でシーツにくるまれたまま、たばこを吸い、食事をし、歌い、ギターを弾き、報道陣のインタビューに応じて過ごしながら、平和のメッセージを発信した。

 この欧州での2人のハネムーンは日々、写真や映像に捉えられた。中でもオランダの取材班は本人たちからのリクエストによって、ビデオダイアリーとも呼べる長さ84分、2部構成のドキュメンタリーを制作。しかしこのドキュメンタリーはハネムーン直後に1度だけテレビ放映された以外は、同年の英エジンバラ国際映画祭(Edinburgh International Film Festival)で上映されたきり、放送団体KROのアーカイブにお蔵入りしてしまった。

 1980年代にKROに勤めていたヤン・ホーバース(Jan Hovers)氏は倉庫の一掃整理の際、不要フィルムの山の中から偶然、「レノン夫妻のハネムーン」と書かれた缶を見つけた。

 3月31日に放送された、オランダのテレビのニュース番組「ニュースアワー(Nieuwsuur)に出演した同氏は「もらってもいいかと尋ねたところ、『いいよ、どうせ全部捨てるんだ』と言われたんです」と語った。だが、大喜びで見た後は、映像の存在を「忘れてしまった」という。

「オリジナルのフィルム原版だとは思わず、複製版だと思っていました。もちろん、インターネットなんてない時代なので確かめようもなかった」と語った。

 アムステルダムでのベッド・イン50周年を記念するにあたり、ホーバース氏が倉庫でフィルムを見つけたと言っていたことを元同僚が思い出した。ホーバース氏によると、元同僚が「うちに来てドアを叩き、『あの時のジョンとヨーコのフィルムを持ってなかったか?』と聞くんだ。そこでようやく私は、地下室からフィルムを取り出すことになった」

 レノンやビートルズの伝記の著者、マーク・レウィンソン(Mark Lewinsohn)氏は「ニュースアワー」に対し、ベッド・インの映像が今まで存在していたとは思わなかったと述べ、「とても特別なこと」だと語った。

 同番組で一部放映された映像には、ホテルの窓にセロテープで貼られた「Hair Peace」「Bed Peace」の文字と、その前に置かれたベッドの中で、丈の長い白いパジャマを着た2人が日々を過ごす様子が写っていた。

 1969年にイベリア半島の南端に近い英領ジブラルタル(Gibraltar)でヨーコさんと結婚式を挙げたレノンは、1980年に米ニューヨークで撃たれ、亡くなった。(c)AFP/Charlotte VAN OUWERKERK

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 05:27PM
posted by blackcoffee11 at 17:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

岩場からにょっきり! ルーブル美術館のピラミッド、完成30周年で記念アート

岩場からにょっきり! ルーブル美術館のピラミッド、完成30周年で記念アート

https://www.afpbb.com/articles/-/3218659

【4月1日 AFP】フランス・パリのルーブル美術館(Louvre Museum)を象徴するガラスの「ピラミッド」が完成30周年を迎え、記念として仏人アーティストで写真家のJR(ジェイアール)氏が、ピラミッドを中心とした幻想的な巨大アート作品をつくり上げた。

 美術館の中庭に登場した作品は、約400人のボランティアが4日がかりで制作。1万7000平方メートルの広さの敷石に2000枚の紙を貼り付け、まるで白い岩場の底深くからピラミッドが突き出ているかのように見えるコラージュ作品を完成させた。

 来館者からは「予感を抱かせるというより、はかなさを感じる」など批判も出ているが、JR氏は31日、「イメージというのは人生と同様にはかないものだ」とツイッター(Twitter)に投稿している。同氏は3年前にもトリックアートでピラミッドを覆い、まるで消滅したように見せる作品を制作している。

 中国系米国人の建築家イオ・ミン・ペイ(I. M. Pei)氏が手掛けたピラミッドは、30年前の3月29日にお披露目された。当時は多くのパリ市民が反発したが、今ではルーブル美術館の誇る宝の一つとなっている。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 10:22AM
posted by blackcoffee11 at 10:24| Comment(0) | AFPBBNEWS

ベーリング海上空に昨年出現した流れ星、NASAが衛星画像公開

ベーリング海上空に昨年出現した流れ星、NASAが衛星画像公開

https://www.afpbb.com/articles/-/3217187

【3月23日 AFP】米航空宇宙局(NASA)は22日、米アラスカ州とロシアを隔てるベーリング海(Bering Sea)の上空に、昨年12月18日に現れた隕石の衛星写真を初めて公開した。

 NASAは、グリニッジ標準時で12月18日午後11時48分(日本時間翌19日午前8時48分)にこの事象が発生したと推測。爆発により、第2次世界大戦(World War II)時に広島に投下された原子爆弾の10倍以上に相当する173キロトンのエネルギーが放出された。

 NASAの地球観測衛星「テラ(Terra)」に搭載された2機の装置で、火球(明るい流星)が大気中で分解した数分後に撮影された画像には、雲上に流れ星の尾の影が差している様子が捉えられている。また、極度に熱せられた空気が雲をオレンジ色に染め上げている。

 静止画は、グリニッジ標準時で同日午後11時50分(日本時間翌19日午前8時50分)に、別の連続写真は午後11時55分(日本時間19日午前8時55分)に撮影された。

 その際の爆発は、2013年にロシアの都市チェリャビンスク(Chelyabinsk)上空で火球が爆発して以来、最大の威力があった。チェリャビンスクの爆発のエネルギーは440キロトンで、1500人の負傷者を出したが、その多くは衝撃で割れて飛び散った窓ガラスが原因だった。(c)AFP

AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 09:25AM
posted by blackcoffee11 at 09:29| Comment(0) | AFPBBNEWS

フェデラーが通算101勝目、負傷のイズナー退けマイアミOP優勝

img_0ac2134c4eabf47fae7f1c5c105175db143827.jpg
フェデラーが通算101勝目、負傷のイズナー退けマイアミOP優勝

https://www.afpbb.com/articles/-/3216729

フェデラーが通算101勝目、負傷のイズナー退けマイアミOP優勝

2019年4月1日 9:31 発信地:マイアミ/米国

【4月1日 AFP】テニス、マイアミ・オープン(Miami Open 2019)は31日、男子シングルス決勝が行われ、大会第4シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)が前年覇者で第7シードのジョン・イズナー(John Isner、米国)を6-1、6-4で下し、キャリア通算101個目のタイトルを獲得した。

 今大会を通して好調だったフェデラーは、安定感のあるプレーでこの日もビッグサーバーのイズナーを圧倒。最初のゲームでブレークに成功して相手の自信を奪うと試合の主導権を握り、そこからはイズナーの負傷が悪化したこともあり、危なげなく勝利を収めた。

 4度目の大会制覇を果たした37歳のフェデラーは「あれだけ早くブレークを取れて最高のスタートが切れた。それで落ち着くことができ、うまく試合に入っていけた」「素晴らしい1週間になった」と振り返った。

 一方のイズナーは、メディカルタイムアウトを要求した際にトレーナーに対して足を「骨折した」と話していた。試合を続行しながらも、わずか23分で第1セットを落とした後は闘争心がうせてしまった。

 イズナーは「第1セットのどこかで足の上部に痛みを感じ始め、そこからは消えることなく、ただただ悪化していった」「ひどい気分だ。史上最高の選手と戦っているのに、耐えられないほど足が痛かった」と話した。

 これがATPツアーで154回目、マスターズ1000(ATP World Tour Masters 1000)では50回目の決勝だったフェデラーもイズナーに同情し、「最後はジョンにとって厳しかったと思う」「自分もあのような経験はあるし、彼の動きで状態が良くないことは分かった」とコメントした。(c)AFP


AFP

via AFPBB News アクセスランキング http://www.afpbb.com/

April 2, 2019 at 05:24AM
posted by blackcoffee11 at 05:34| Comment(0) | AFPBBNEWS
カテゴリアーカイブ

アクセスアップのために
1.内部リンクは張りましたか?
2.外部リンクは張りましたか?
3.キーワードは入れましたか?
4.タイトルは魅力的ですか?
5.画像は入れましたか?
6.twitterで拡散しましたか?
7.Facebookに通知しましたか?
8.pingは送りましたか?
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。