2019年07月14日

#945「呪いの宝石ボルジアの涙(前編)」名探偵コナン・名言

梅木「半世紀ぶりの大渇水か…」

コナン「ダムの底から出てきた白骨。
時空を超えたドラマが始まる!」


梅木 弘道(45)、鹿屋建設社長。
水沢 翔(25)、野々垣不動産社員。

コナンは原作開始からほぼ四半世紀。
作中では半年程度しか経ってないはずなのに。
もうそれ自体が時空を超えたドラマだよ…!?








アナウンサー「皆さんはご記憶でしょうか。
『呪いの宝石 ボルジアの涙』の事件を。
40年前、米花町にあったヤマトTVで(以下略)」


令和元年の現在から40年前なら
たしかに昭和50年ごろだけれども。
コナン作中の時代設定がもうメチャクチャ。
年代が明記されたこともあったでしょ。





菫「『私が殺しました』。
それが今回見つかった祖母が
指輪を持ち逃げされたとされる
ドラマのタイトルです」


佐伯 菫(20)。
ボルジアの涙を持ち逃げしたという佐伯 由利の孫。





辰馬「いや失礼…
旧い知り合いによく似ていたもので」

コナン「でもすっごい偶然だよね。
たまたま菫さんのおばあさんの
知り合いに会っちゃうなんて」


鹿屋 辰馬(72)、鹿屋建設顧問。
コナンが「偶然」という言葉を口にするのは
いわゆる「おまいう」状態なんですがそれは。
前回の話でも同様だった。





蘭「ワタコロって…」

コナン「『私が殺しました』の略だよね」

辰馬「ほほう、よくわかったね。
この業界はなんでも省略する癖があってね」


メタコナ?





辰馬「まあ、なぎさちゃんは
悪い子じゃなかったんだが
酷いあがり症でね」

辰馬「気を落ち着かせるために
いつも彼女に(リンゴを)剥かせていたんだ。
皮が短く切れるうちはダメ。
長く剥ければ落ち着いているというわけだよ」


朝比奈 なぎさ(22)、女優。
佐伯 由利(30)、なぎさの付き人。








菫「そのころ悪名高い盗賊がいて
その通り名は『紅色頭巾』」






コナン(よくある話か)





千住「わしは千住という
西洋史では一流の学者だが」

コナン「自分で言ってらあ」


千住 英雄(88)、西洋史の碩学。
碩学とは学問が広く深いこと。そういう人。大学者。碩儒(せきじゅ)。





小五郎「焦げ臭いぞ」

水沢という人が火に包まれていた。
水沢! 水沢! と叫ぶ小五郎。
それより水だ水…!?






スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/8930171

この記事へのトラックバック
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0
 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-