2018年07月25日

#16「初恋の話をしよう」ルパン三世 PART5・名言

アミ「大したことじゃないわ」

ルパン「大したことさ。
お前さんは自分で思ってるより
ずっと凄ぇよ」

アミ「私、凄い?」

ルパン「ああ、俺たちの仲間にしてえぐらいにな」

アミ「! …あ、ありがと」


ともすれば人は自己卑下に陥りやすい。
そして「隣の芝生は青く見える」のコンボ。
自信過剰はダメだが、多少は見栄を張るくらいがちょうどいい。
そう思い込んでいるうちに本物の自信となることもある。
要はネガティブ思考よりポジティブ思考のほうがいいことあるよと―?




ルパン三世 PART5 CREATOR×CREATOR DAISUKE JIGEN 通常カラー単品
ルパン三世 PART5 CREATOR×CREATOR DAISUKE JIGEN 通常カラー単品



エンゾ「古いんだよてめえらは。
軍隊を持ってるのが国だけだと思ったか?
国なんてアップデートが遅い仕組みは
もうすぐ半分以下になるってのによ」

エンゾ「半分になるのは国だけじゃない。
犯罪も誤解も非効率もすべて半分以下になる」

エンゾ「俺たちのヒトログは世界を過去にする。
国も経済も王様も、大泥棒もな!」


新たな管理社会の構築が望みなのか。
「すべて」ではなく「半分」というのが妙にリアル。
まさに「遊び」(猶予)が世界を変えるという様相だ。





次元「捜し回るのも面倒だったんでな。
ゴールで待たせてもらった」






大司教「待てルパン。
取り引きだ。我らがこの国の主となれば
どんな宝も自由になるぞ。どうだ?」

ルパン「無理だな。てめえは小悪党だよ。
大悪党じゃなくっちゃ盗んだところで
国は動かせねえ」


配下になれば世界の半分をやろう。
と言ってきたのが竜王かピラフ大王かという違いか。





ドルマ「アメリカの犬は倒れたぞ!
パダールの民よ。今すぐ武器を棄てよ!
我々の敵は伝統派でも改革派でもない。
我らを食い物にしようとする欧米列強である!」

ルパン「大悪党になる覚悟がある奴が
1人いたようだな」


綺麗事だけでは世の中立ち行かない。
というのもあるかもしれないけど。
大悪党カッコいいというのも綺麗事だよなあ。
悪人になりきれず、罪の意識から自殺者が出てしまった朝ドラ…













北川悦吏子と鳥山明を入れ替えても通じるかもなあ。

なんかふと、鳥山さんがめっちゃくちゃ心の病か何かに侵されていて、みんなの大切なドラゴンボールをわざと無茶苦茶にすることで、社会への復讐か何かを果たしてるのではないか、そもそも敢えて駄作を書こうとしてるのではないか、という気すらしてまいりました…

スポンサード リンク


この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7904848

この記事へのトラックバック
プロフィール
偉言者Ωさんの画像
偉言者Ω
日曜朝とかジャンプ系とかレベルファイブとか。ぷくぷくぷく・・・
プロフィール
ファン
 ブログ内検索



カテゴリアーカイブ
最新記事


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




RDF Site Summary
RSS 2.0
 相互リンク/RSS


こいさんのアニメーションレビュー(感想)
星屑の流星群
MAGI☆の日記
新・00をひとりごつ


 遊戯王


遊戯王ZEXALナンバーズ一覧


 ゲーム攻略・感想


名探偵コナン マリオネット交響曲
名探偵コナン ファントム狂詩曲
逆転裁判5
逆転裁判6
大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-
大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-