広告

posted by fanblog


リンゴの栄養と効能

ご訪問ありがとうございます。


リンゴの栄養と効能を紹介します。


りんごは昔から、一日一個食べると病気をしないと

言われています。



りんごの種類は日本で177種類あり、世界では約1万種類

あるので、覚え切れないくらいあります。



りんごは、半年以上置いても、腐らなく、長持ちする果物です。


日本でのりんご生産地の主な場所は、青森県、長野県で約70%を

占めます。全世界の生産地で、中国が世界NO1です。


アップルパイ


主な栄養成分

食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富



注目成分

カテキン、ケルセチン



主な効能

整腸作用、便秘改善、高血圧予防、動脈硬化予防、

脳梗塞予防、心筋梗塞予防、がん予防、アレルギー予防



リンゴに多く含まれている水溶性食物繊維のペクチンが

消化を促進させ、胃酸のバランスを整えてくれます。



便秘や下痢にリンゴがよいといわれるのはこのためです。


ペクチンはアレルギー性疾患の予防に有効です。


リンゴに含まれるポリフェノールの一種「カテキン」には

抗酸化作用があり、高血圧やがん予防、老化防止に

期待できます。



同じくポリフェノールの一種である「ケルセチン」も

動脈硬化やがん予防に有効です。



リンゴはさまざまな病気の予防に効果が期待できるため、

「医者いらずの果物」といわれています。



りんごは、食料として有名なのですが、その他、ニュートンの

万有引力の発見、しらゆき姫、美空ひばり、赤いりんごの歌

椎名りんごさん、パチスロの絵柄など、幅広い分野で

活躍していますね。



りんごの中に、蜜がたっぷり入っているのと、入っていないのが

あるのですが、外見で見分ける方法があります。



私も数年前、はじめて知りまして、

買う時はしっかり下を見て買っていますよ。



あっ、ヒント言ってしまいました。どうぞ試してみてください。


見て頂きありがとうございます。

ランキングのクリックの協力お願いします。ぽちっと!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村


おきてがみ












コメント

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのコメント

   
TOPに戻る

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。