<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2017年09月30日

市場の華

9月29日
3,976,555

9月30日

10:00 週末の米国市場は小幅高で引ける。これと言った材料が無く、終始小さな値動きとなっている。通貨はスイスが格付けAAA確認で上昇、ジリジリと値位置を上げて来ている。反面、資源国通貨が冴えない。南アランドは低空飛行が続いている。

トップエリートが集う金融業界。元々能力の高い者が更に努力を積み重ね学んで行くマーケットの世界。結果は何年経っても大した成績は残せない。52勝48敗が勝敗ラインのマーケットの世界。2回に1回は負ける計算で、それは失敗とか過ちと認識させられる。高学歴で華々しい実績を引っ提げて来たエリートはこの2回に1度の過ちが許容出来ない。年齢を重ねれば重ねる程、この傾向は顕著となる。過ちなど恥ずかしくて人前で晒す事は絶対に出来なくなる。そして過ちは受け入れる事によって終了し、次の機会へと向かう。この過ちを受け入れる事が出来ない、また受け入れるまでに時間が掛かってしまう。それは大きな損失であったり、破滅へと導かれる。次の機会は無い。何年経っても、20年やっても、この2回に1度の過ちはやって来る。そして都度、その事実を認めなければならない。それがこの仕事で食って行く基本的な事。討たれ強い少し壊れた頭でなければやって行けないのかもしれない。年率10%はプロとしての最低ライン。1億の資金で年間1,000万円の収益。勿論、手数料等のコストは全て込みの数字。52勝48敗では年間10%の収益は厳しくなる。残りの数パーセントを金利や独自の優位性を持った戦略で補わなければならない。負ける事を嫌う者が好むのがオプションの売り専門屋である。その勝率は80%を優に超えて来る。しかし残りの20%の負けが大きい。結果として年間10%程度の結果に収まる。そしてマーケットの華、一発屋。オプションの買い屋と、ブレイクアウト追随屋(タートルズ手法)である。これこそ10勝90敗の世界。たまにしか勝てない。勝てない時は敗戦が長く続く。1年全く取れない時だってある。しかしその大きな1勝が全てを引き戻し、取り返す。潤沢な資金とクレイジーな頭脳でなければ、決して実践出来る事では無い。しかし、こんな奴らが市場には存在する。ちまちまスコップで利益を積み重ねるプロを横目に、たった1度の収益機会をブルトーザーでかっさらって行く。マーケットの華であり夢だと思う。

週明けから後半戦、10月が始まる。予想していた押しが入らず、価格は高い位置にいる。このまま年末まで上げて行くのなら少し離れて様子見程度と考える。大きな下げに準備する。秋に来ると見ている。その時は必ずやって来ると思っている。


2017年09月28日

南アランド独歩安

9月27日
3,976,936

9月28日
3,831,936

16:00 東京マーケットは上昇、先物は新高値を更新20,390円で引けている。指数とTOPIXは新値の更新には届かず。通貨はUSD113円台、CHF116円台と景気がいい反面、南アランド独歩安に沈む。ここに来て先物の新値更新は完全に想定外。ポジションが殆ど無いだけに笑えるが、まともにポジションを積み上げていたら相当な損失となっているはず。ある意味ツイているので、この値位置からの一段高で仕掛けて行くのも良い事と思う。勝負は来週、10月から。

2017年09月26日

トランプVSロケットマン

9月26日
3,991,936

16:00 東京マーケットは下落、先物は前日比115円安の20,160円の安値引け。昨夜の米国市場で流れが大きく変わる。円安だった通貨が強烈に円高へと切り返す動き。ダウの下落で市場はやはりトランプ対ロケットマンに関心が集まっている。米国の爆撃機が北の領空ギリギリを飛んで威嚇。完全に破壊するとトランプが言えば、北は核戦争だのと反撃する。韓国からは米国人の避難も始まり、その避難先は日本の米軍基地だったりする。そう考えると一番危険なのは首都ソウルであり、日本が被弾する可能性は低いのかもしれない。今日の後場も、安いところでは日銀が買っている事が推測される。下がりそうで下がらないこの相場。今回の下げも、押したところは買い場なのかもしれない。

2017年09月25日

挑発の応酬

9月25日
4,096,936

12:30 週明けの東京マーケットは高く始まって少し値を削る展開。早朝のオセアニア時間でポンドを安値で売らされて、直後に値が伸びて瞬殺損切りとなって腹立たしい。踏んだところが素っ高値で、ピンポイントの安値売り、高値買いをやってのけてしまう。
大統領のリトルロケットマン発言に北側は激高し猛烈に攻撃、いや口撃で応戦している。大統領、やるならヤルで黙ってやれば良いのでは?弱者を侮辱すれば自爆テロと同様に子供じみた事をやって来る。そんな小さい事でも実際に危害を受ける人たちが必ず出て来る。小さいけれど痛手は痛手、余計な被害は被る事は無い。攻撃を仕掛ける側も、それに応戦する側も、何の利点が無いのが戦争である。戦場は全てのルールが無くなり人間から良心を全て奪ってしまう。マーケットもお金の奪い合い、戦場のようなもの。冷静という良心を失った者は全てを失う事になる。市場は大統領の強気発言に高く始まり、迫り来る戦闘に備えて値を消して行く。先物は20,250円、プットは売られて大きく下げている。GBPが高く、NZDが安い。

17:30 東京市場先物の引け値は20,275円、後場になって動きが完全に止まってしまう。ここからは材料難、今週は北の大将の出方次第。何等かの行動を示すのか?それとも沈黙か。高値圏での持ち合いは値固めとなって更なる上昇の足場を固める。大統領の更なる強行発言でもう一段高い21,000円も見えて来るのだろうか。自分的にはお互い落ち着いて、話し合えば何とかなる…なんて思っている。そんな事が出来るなら、この世に争い事は無くなる。時に時間が解決するのだが、あの大統領が黙るはずは無いしロケットマンもヤル気満々だから困った事になる。

2017年09月23日

300営業日、大した動きは無い

9月22日
4,125,316

9:15 米国市場は新高値を更新するが引け際に値を消して反落して引ける。東京時間に移って先物は小幅に高く始まるが、材料難で動きが止まる。下げそうで下げない指数は売り方の敗色が濃厚。専業者売りに対して素人+日銀の買いの構図が鮮明となって来る。下げたところに日銀の買いが午後から入って来るパターンが多い。かと言って米国株や通貨程のパワーは無い。通貨に至ってはUSDが8日に200本の安値を更新して107.30まで下げてからV字で112円半ば。最悪の値動きに売り方の敗北は見て取れる。EURは連日の新高値更新、地味に上げ続け4月の安値114.80から20円の上げ幅は強烈。魔性のGBPは8月下旬の安値139円台から一気に152円後半まで棒上げ状態。当然新値更新でこの値位置から更に大きく上下動する事と思う。昨日下げたAUDは高値から大きく売り込まれた格好だが、きれいな上昇ドレンドが続いている。85円を割り込まなければトレンド継続と見れる。綺麗な上げの形はCAD。80円からの上昇トレンドは100円へと向かって行く形。CHFはEURに引っ張られ高値圏。下げなければジリジリと値位置を上げて行く。冴えない動きがNZDとZAR。下げはしないが低空飛行が続いていて、一向に上昇する気配が無い。安値は打っており、買い場とも採れるが中々他の通貨に追随出来ない。似たようなTRY。こちらは下げ過ぎ感が強く底を打った形状の日足線。30円の値を固めれば、息の長い上昇トレンドが出て来そうなムード。

9月23日

13:00 週末の米国市場は方向感無く小幅安で終えている。ポンドはムーディーズ格下げに急落、高値から放れている。反面、オセアニア系通貨が安値から切り返している。来週も北の問題が一番の材料で、専業者の売りに、日銀+提灯大衆の買いの構図が続く模様。
2008年の4,000円、2015年後半には5,000円を超える急落。2年経った今、営業日にして300営業日、凪の様な値動きが続いている。2014年には340営業日続いて調整が入っている。今後の目安は11月半ばで340営業日、年末まで続けば370営業。過去に例を見ない安定した価格推移が続く事になる。北朝鮮問題は前代未聞の激動要因になる。軍事衝突、先制攻撃、報復合戦、領土被弾、最悪な核弾頭発射とシナリオは沢山ある。10,000円に迫る暴落も、そろそろ準備しなければならない事。





2017年09月21日

連日の新値更新に歓喜?

9月20日
3,930,992

9月21日
4,065,316

16:00 東京マーケットは連日の新高値更新。米国ダウも史上最高値更新が継続中、ポンドもバカッ高い。先物は高値が20,370円、引け値は値を削って20,220円となっている。珍しくコールが理論値を突破したが、引けにかけて一気に値を消して行く展開。市場の声は21,000円突破説まで浮上し、完全に北リスク消滅ムード。日米韓揃っての経済制裁に北の大将はどう出て来るのか。水面下で決着が付いているかの様な市場の反応。三代目世襲だからこそ存在するキチガイリスクを市場は忘れつつあるのが恐い事。

2017年09月19日

N.T.共に新高値更新 ユーロ高再び

9月19日
3,840,992

16:00 連休明けの東京マーケットは新値更新の嵐。指数、TOPIX、ユーロにカナダ、そしてポンドの上げが超絶凄い。1週間で10円程度の上昇は売り方の踏み上げには十分な上げ幅。先物も20,000円をあっさりと突破。前場こそ20,050円辺りでもたついていたが午後になって一段高して高値は20,180円。20,000円突破は無いと甘く見ていたところに急伸劇。軽い気持ちで売っていた先物。ヘッジポジションのプットの利益など遠く及ばない。完全に裏をかかれた状態は完敗を意味する。執拗なユーロ高も気力を奪い、割高なコールを見ているだけの状態。踏み上げた売りポジションが小ロットだった事がせめてもの救いとなる。先週末の不自然な上昇の意味は今日の新値更新。完全にヤラれた、完敗の週明け。


2017年09月15日

韓国軍もやる時はやる

9月14日
4,141,856

9月15日
4,096,856

16:30 週末の東京市場は値を上げて取引を終えている。先物は100円程上げて19,785円、通貨は円全面安でGBPが高くカナダが連日新高値更新の上昇。朝方に北のミサイル発射の報に円高に振れる。先物も小幅に下げて始まるが市場の反応は飽き飽きムード。韓国軍の間髪を入れずに放たれたピンポイント爆撃も報復倍返しを誇示し、市場の怯えを払拭した格好。先物は小幅安で始まり終始買われ、高値圏で今週の取引を終える。市場は北の脅しを見越してしまっている模様。しかし、先制、10倍返し、倍返しの応酬となる事は予想されるべき事で解決した訳では無い。
追い詰められる北の構図はリスクオンといったところか。昨日のTOPIXの年初来高値更新は何を意味するのか、そして今日の上昇は何故なのか、考えさせられる連休へ突入する。

2017年09月13日

資金が倍とは、年率100%超え(笑)

9月13日
4,196,856

16:00 東京市場は連日上昇、先物は19,690円で引ける。為替はカナダに続きユーロも新値を更新して来ている。20,000円手前で売りたいところだが、この辺り(通貨の円安)が微妙な雰囲気。北の大将がトランプ親分に屈服する事は考えられず、厳しい国連の制裁が決まった事で次なる行動を起こして来る事と思われる。やるとすれば米国領付近へのICBM、韓国への攻撃、日本領付近への短距離ミサイルと言ったところか?どの道、今までにない影響は与える事となって株価は下落へと向かう事になる。互いに歩み寄って、話し合いに転じる…何て事にでもなったら大変。長年に渡る地政学リスク解決ともなれば新高値更新が見えて来る。
今日も小幅だが収益更新が続いている。資金調整でポジションは殆ど無く、通貨ポジションと短期でのスプレッドが少し。年間ベースでのリターンが今日で2桁に載り、トレーダーとしての最低ラインは超えて来た。最低10%、15%で良し、20%超えれば万々歳、25%超えはスーパートレーダーである。当面の目標は、1億の資金で年間2千万の利益、20%出れば良い事と思っている。世間でよく言う資金が倍とは年率100%オーバーと言う事である。それが事実で5年も続けば3億5億は軽く儲かる計算。そんな奴は居ないし有り得ない事。素人は有り得ない事を鵜呑みにして大損をする。我々専業者は10%そこそこの収益で戦っているのが事実。


2017年09月12日

北の沈黙に連日上昇

9月12日
4,122,720

16:00 東京マーケットは続伸、先物は215円高の19,630円で引ける。為替は円安切り返し継続、カナダドルが新高値を更新している。今日の上げで先週末から500円値を戻した事になる。北の大将の動向に怯え1000円下げた相場は、半値を戻した格好となる。20,000円は絶対的抵抗帯となり、戻りは売られ易い事が想像出来る。上への芽はズバリ大将暗殺、そして話し合いによる和解。

プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。