<< 2012年11月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2012年11月27日

3,358,917

11月16日
3,318,174

11月19日
3,385,228

11月20日
3,476,672

11月21日
3,467,024

11月22日
3,363,944

11月26日
3,222,567

11月27日
16:30 ここ1週間で日本株は大きく上昇。株価は上がるが、収支は全く振るわず。先週末にK@月限のC9750が踏まされてしまう。仕掛けた時はかなり遠いアウトだったので、仕掛け枚数がかなり多く損失が嵩んでしまう。ヘッジのコールを数枚買っていたので安心していたが、売り玉の枚数が多過ぎてヘッジし切れない状況に陥ってしまう。為替の円安もZARが上がらず、売り持ちのCHFが足を引っ張る。オプションのポジションは大きく仕切り直し。プレミアムは安いので、得られる利益は期待出来ない。11月もあと3日を残すだけ。2ヶ月連続のマイナス収支は避けたいところなのだが、敗色濃厚となっている。

9500円の上昇はある程度想定していた事。それなのに収益が伸びない原因は、ポジション取りが悪いだけ。タイムボックスとカレンダーが機能せず、ヘッジのコールのカバー率が想定していたより悪い結果となる。複雑なポジションは収益にならず、調整が非常に難しい事を再認識する。自身、頭の悪さに気が滅入って来る。

2012年11月15日

3,392,799

16:30 米国市場は想定外の大幅安に沈む。進んだ円安はそのままだが、何故かZARが急降下。夜間で先物は8770円まで上昇するが、CMEの引値は8670円で帰って来る。東京市場は8700円でスタートする。80円台に乗せたままの円安が小幅高の寄付きをアシストする。場中は8750円まで値を切り上げて動きが止まる。小幅に円高気味だった為替は、いつもなら大きく円高に振れる場面だが今日は違った動きとなる。後場になって円安に切り返し更に円安が進む。指数は一気に8800円を突破し8830円まで値を上げる。米国株大幅安で225指数が大幅高と今までに無い異様な動き。ここ1年間の逆ザヤ修正と言えばそれまでだが、先物に幾度となく売りを入れてしまう。引値は8815円、下げ過ぎのコールは上昇するが計算通りの上げに留まっている。

中東情勢に金が高い。白金は追随出来ず、逆ザヤは拡大し収支の足を引っ張る。ZARの不調、まずいデイトレードど共に収支をマイナス方向へと向かわせる。低空飛行が3ヶ月余り続いている。原因は3点。白金、ZAR、Cオプション、全ての買いが原因。損切りに引っ掛かる程のマイナスで無い事がまた問題。切るべき価格が出れば切るのみ。

2012年11月14日

3,507,561

11月12日
3,300,822

11月13日
3,318,638

11月14日
16:30 米国市場は下落が続く。為替は円高気味だが、上昇余地は乏しいように感じる。東京市場は連日小動きが続く。小動きだが連日の下げで徐々に下値を切り下げている。目処は8500円、これを割り込むと一気に8250円が見えて来る。年内最後の買い場なのか?それとも安いモノは更に安く新安値を更新するのか?

プレミアムは今日も大きく下げて、売り込むには目も当てられない。@月限C9250が36円!?って、年内9000円台は無い??明らかに下げ過ぎ売り込まれ過ぎで、お咎めは必ず訪れると思う。大きく引かされた買玉は抱え込む、損失は限定される。

白金はJ&M社の需給予想発表に大きく反発。南ア鉱山労働者ストに続く大きな買い材料で、これでも上げなければ永久に買われる事は無いと見るべきなのか。

史上最悪の総理?が解散発言に円安進行となっている。きっかけは何でもイイ。このうんざりする円高を反転させるなら材料など何でもイイ。働く事の出来ない高齢者、特に富裕層にとっては円高大歓迎。自身の持つ”円資産”が世界で最強なのだから困る事は無い。困るどころかイイ事だらけ。逆に将来を担う若者にとって、円高である事は最悪を意味する。例えガソリン価格が1リッター200円を超えても、今の円高よりはマシなはず。円高で喜んでいる奴らが沢山居る事をそろそろ気付かなければこの国は本当に崩壊してしまう。

自国通貨を上(円高)へ持って行く事は極めて難しい事。逆に下(円安)に持って行く事は簡単な事。スイスが今もやっている事を見ればいかに簡単な事だか解る。極端な事を言えば通貨(円)をバラ撒けばイイだけ。国民1人に10万円づつ・・・とか。そうなればUSD76円なんてバカげた価格など有り得ない。今の円高は国家が誘導しているとしか思えない。

2012年11月09日

3,194,876

17:00 米国市場は大幅に続落、為替は円高、金は高く白金は安い。買い持ちのCオプション、USDとZAR、白金と、深夜の内に値洗いは急速に悪化。苦し紛れのデイトレードは状況を更に悪化させる。

東京市場は米株安と円高のWパンチで大幅安と思われたが、8700円は割れず。J月限S.Qは難なく8745円で決まる。週末要因から更なる下落のシナリオもあったが、円高が進まないため小幅に戻す展開。引値は8765円、米国株に比べ下げ幅は少ない。プレミアムは下落し、当限と@月限のサヤが極めて小さい。KC9000が80円/@C9000が120円で僅か40円のサヤ。正月の連休を挟む@月限がここまで売り込まれるとは予想外。夕場でカレンダーを仕掛ける。

買い持ちの@C9250は大きく下落。K9500に至っては殆ど値が消えてしまっている。ZARは何故か急落、金と白金の逆ザヤは450円まで拡大。難なく落ちたJ月限のS.Qでの利益を全て吹き飛ばしてしまう。最近の不調は、ZAR急落と金/白金の逆ザヤ拡大。輪をかけてCオプションの買いが原因と解っている。何とか踏み止まって、体制を立て直さなければと思う。

2012年11月08日

3,346,767

16:30 深夜に動き出した米国市場。高値を維持出来なくなり急落に転じる。300ドルを超える下げ幅に慌て、KP8250を買い建てると同時に白金を売り込む。しかしどちらも下げの最終段階で、逆に引かされてしまう。今度は金を買えば急落、損切るとそこが安値と真夜中に頭が熱くなる。今日の東京市場は反応鈍く100円ちょっとの下げに留まる。前場でTOPIXが1%を超える下げ幅。為替の円高が進まない事から、前引けで先物を買い。と同時に8810円まで急降下。瞬殺損切り、更に切ったところが安値となる。完全に値動きについて行けない状態が続いている。先週末の深夜の上昇(9100円)で買い建てた@C9250も大きく引かされて、収支は大きく後退。KC9750の買い、金と白金の逆ザヤ売りのポジションと、悪い目のオンパレード。切るか踏み止まるか、今夜が決断の時。

明日のS.QはP8750の攻防となる。ポジションは遠く蚊帳の外のゼロ落ち確定。先月から何故かコールをっ買ってしまっている。買った分がそのまま、損失となっている模様。オプションの買いは儲からない事を再認識する。確かに損失限定だが、利食いのタイミングが難しい事を実感する。逆を言えば、売っていれば良かっただけの事。

2012年11月07日

3,585,917

11月1日
3,582,225

11月2日
3,649,307

11月5日
3,760,387

11月6日
3,696,967

11月7日
16:30 連日値動きの無い東京市場は今日も動かず。11月は収支共々膠着状態が続いている。米国雇用統計、大統領選と色々あったが結局9000円を挟んだ小さい動きに終始している。週末のS.Q.も9000円辺りで決まりそうで、勝負は来週からとなる。

下落気味だった金が急伸。安いところを買っておけばいつも儲かる金相場は未だ健在。大きな指標が変化するまで、押し目一貫買いで望めばイイ。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。