<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

2011年04月28日

-1,282,286

18:00 米国市場は連日新高値更新。東京時間は朝方円安、場中円高だが震災後の高値を更新。連休前の買戻しも手伝って9849円、大幅高で引ける。プレミアムは小幅な下げ、USDは相変わらず弱くNZDと共に安い。円高に逆行して株価は大きく上昇、新値レンジに突入する。連休明け、窓を空けて10000円を超えて急伸!なんてシナリオも見え隠れする。

2011年04月27日

-1,292,057

19:00 米国市場は日本市場を置き去りにして新高値更新。為替は相変わらず円高が進む。寄付き前にCHFが一段高、対USD、GBPで史上の高値を更新する。正に踏み上げ状態。東京市場は9630円から9730円の100円幅での小動きに終始する。今夜の米国市場でのイベントか連休前の仕掛難か商いは連日盛り上がらない。プレミアムは下落するがUSD、GBP/CHFの買い持ちが引かされる。朝方の新値で損切り逆指を入れる羽目となったが現在切り返している。最安値示現との考えは自分勝手過ぎるか?強過ぎるCHFに困惑する。

2011年04月26日

-1,302,057

16:00 米国市場は久しぶりに下げる。下げ幅は小幅でCMEは影響されず。為替は円高が進行する。USDは81円台半ばまでの下げで、踏み止まる。USDの単独安が連日の様に続くが大した下げでは無い。しかし対CHFやAUDで史上最安値を更新している事には注意が必要。
東京時間は寄付きこそ前日終値とほぼ同値で始まるが円高の進行と共に9540円まで下落。連日の様に商いは迫力に欠け下げ止まる。引け値は9555円、プレミアムは下がらず上がらず。このままの値位置が連休前まで続いても、プレミアムの大きな下落は望めない事と思う。逆に小幅に上げる展開も予想される。
震災後から稼げない日々がしばらく続いてます。10年以上もやっていると過去に幾度と無く経験している苦しい日々、こんな状況で市場から退場させられたり、辞めてしまう人もいるかもしれません。玉砕覚悟で資金を失ってしまった人は残念ですが再起の為、金策に励んで下さい。戦う資金を持っていながら、この世界から足を洗ってしまう人もいます。気持ちは解ります。私も時に辞めたくなった事は幾度と無くあります。しかし私にはこの仕事しかありません。立ち止まるわけには行きません。少しばかり状況が悪くなったからって逃げる訳には行かないのです。

追い詰められて後が無くなったところで、どうせこのまま何もしなければ終わってしまう状況で、戦いを挑まないような者に出来得る職業ではありません。著名なトレーダーが言っていました。私もそう思います。

2011年04月25日

-1,299,897

18:00 週末の海外市場は休場。東京時間は材料難から動きが無い。9650から9750円の100円幅での動き。引け値は9670円、プレミアムは小幅な下げ。為替はやや円安だが、相変わらずUSDが安い。SPAN証拠金が本日より大きく下がるが、各社売り建て制限及び禁止は一向に解除せず。この状態が一体何時まで続くのか?とにかく本格的な仕掛けは連休明け。今は静観に徹する事とする。
津波や原発の被災者に続き埼玉や千葉県の液状化損害が出た人達も政府に金をくれとせがむ。テレビのニュースで目立つのは高齢者だが、自分では何もしないで金だけ頂戴ちょうだい・・・。貧困国の外国人みたいだが、どうしようも出来ないから政府にせがむ。国も適当なところで切り捨てなければキリが無い。仕事をしないで生活保護を受給している奴も沢山居る。まともに働いて納税する事がバカらしくなって来る。綺麗事は偽善者達にまかせて、自分自身の身を守らなければならない。被災者の為に増税賛成って人、そんなに沢山居るのか疑問。

2011年04月22日

-1,302,687

16:30 米国市場は連日の新高値更新。USDは独歩安でCMEの足を引っ張り9665円で引ける。東京時間は今夜からの海外市場休場を見越して動きが無い。午後になって50円程値位置を上げるが迫力に欠ける。引け間際に押され9682円、昨日とほぼ変わらずで引ける。プレミアムは当然の様に下落するが収支に動きは無い。建玉制限の為、ポジションが小さい。
USDは連日売られている。80円を割込む一方的な下げは想定外。しかし最近は想定外な事が頻発するから注意が必要。それにしてもドルが安い。対AUD、CHFでは連日史上最安値を更新している。円が安いのなら解るがドルがココまで売られる理由は無い。散々売り込まれ、皆買えないUSDとなり、気が付けば100円台(対円)何て事がマーケットでは良く起こる。破綻に向かっている国家の通貨は高過ぎる。円安の流れは必ず訪れるはず。消費税20%!!震災被害者が一国の首相に逆切れ!外国人がTVを見て言っている。仮設住宅って今の自分達の家より全然イイって。この国は本当におかしくなって来ている。原発が壊れたのは首相の責任ではないし、これ以上一体何をやればいいのか?致死量の放射線浴びて作業しろってか?そんなわがままな奴を面白がって相手にするマスコミもそうだが、異常だよこの国は。TVに映るのは圧倒的に高齢者ばかり。ニュースの司会者やコメンテーターも老人級。40代ならまだしも50、60を過ぎた人しか居ないのか?TV関係の世界は。視点が全て老人視点、これでは将来を担う若者が悲惨過ぎる。円の価値は絶対的に高過ぎる。

2011年04月21日

-1,320,850

18:00 米国市場は大幅続伸、CMEの上げ幅は限定的で9690円にとどまる。為替はUSDが全面安、他通貨は円安となる。USDは買えないムード、しかし長期的に見れば買いなので安値が出れば買って行きたい。東京時間は9700円を回復するも上値は重く値は伸びず。USD安が上値を抑え、週末の海外市場休場を見て動意が無く小動きとなる。引け値はほぼ寄り値で9680円、プレミアムは更に下がるが仕掛けレンジは一段上がる。
下げて欲しいところに連日の上昇。プットが下げて来ており思うように仕掛けられず。このまま下げなければ連休明けまで大きな仕掛けを見送る方針。

2011年04月20日

-1,300,850

18:00 米国市場は反発、為替も円安に切り返す。東京時間は9540円で始まり9600円台に乗せる。円安も更に進行して指数を押し上げる。場中も右肩上がりに価格を切り上げて高値圏9600円台で引ける。プレミアムも下落、週末の海外市場の休場を先取りか。
金価格も史上の高値を更新、円高も昨日までの価格が戻り一杯と見てUSDとNZDに買いを入れる。オプションの戦略は建玉制限のため、なかなか思う様な戦略が立てられない。カブコム口座ではカレンダースプレッド(タイムボックス)はおろか、バーティカルスプレッドで買いヘッジされている売り玉もカウントされる。20枚の建玉制限など即引っ掛かってしまう。少ない仕掛け枚数で収益を狙わざるを得なければならないのなら、ナローレンジのショートストラドルでもやるしかない。この会社、私達に大きな損失を再度被せようとしているのか疑問を感じる。勿論、電話にて売り枚数の増加を申し込んだがダメ、担当者が偉そうに1億円以上積んでくれって、一体この会社何なのっ!て思うけれど、現在売りが建つ会社はココとSBIくらい。今日からSBIのブラウザもテスト開始。やっとコツが掴めためところで枚数制限!何てならない様に祈るだけ。今までは信じられない様な安い証拠金で勝負させておいて、今度は法外な証拠金を積ませて制限をかける。この業界は一体いつまでこんな事を続けるのか大いに不満を感じる。文句を言っても先には進めないので、実弾を集めるしかない。一時的なモノと割り切って、売却出来るモノは売却して実弾を備蓄し今後の戦闘に臨む。

2011年04月19日

-1,415,252

16:00 米国市場は大幅下落、下げ幅は縮小している。CMEは先行下げから大きくは下げないが9500円は割れている。為替の円高巻戻しは今日も続き着地点を探す。東京時間は予想外に強く大きく下げず。昼頃から円高が進み底が抜ける。9400円を割れるが踏みとどまる。引け値は9440円、予想外に底堅い展開が連日続く。今の価格帯から円売り介入が実施されると10000円が見えて来る。連休前に9000円付近までの下落を望む。週末から海外市場は休場となる。先導市場の値動きが止まるのでプレミアムは下落する方向となるが、今度は東京市場が連休となるのでプレミアムは大きく切り返す事が予想される。去年の二の舞にならぬ様、安易な売りは差し控えたい。

2011年04月18日

-1,370,252

16:00 週末の米国市場は小幅高、為替は円高が続く。東京時間は9550円から9600円付近で小幅に推移。円高進行にも下げそうで下げない相場は不気味。更に円高が進み、円売り介入が実施されると簡単に10000円を超えてしまう値位置となる。支持割れ急落は勿論警戒、上方ブレイクも注意する状況。小幅安で引けるもプットはコール共々大きく下落する。ここからの売り込みは注意したいところ。一旦9000円近くまで下げて、そこが狙い目か?USD80円近くは当たり前だが買いで臨む。EUR115円、CAD83円辺りも買いたい価格帯。
収支は低空飛行が続く。低空と言うよりは沈んだまま浮上出来ない状況が続いている。連休を前にプレミアムは大きく下げている状態で大きなポジションは取れない。5月の休み明けまでは現行の様なポジション取りを強いられるがここは我慢。不利な状況でリスクを取る訳には行かない。勝てない時は無理をして挑んではいけない。プラス圏への浮上は5月中に狙いを定める。

2011年04月15日

-1,428,274

16:30 米国市場、為替共々小動きが続く。東京市場も9635円の高値、9565円の安値の狭いレンジでの取引が続く。場中、円高となる場面がここ数日幾度となく有る。今までなら1円2円と上げ幅を拡げて行く展開が多かったが今は明らかに違う。大きく円高に進まない。したがって指数も大きく下げずに安値では比較的大きな買いが入り、価格を一気に押し上げる。昨日、今日と変に下げない相場に多少の違和感を感じて週が引ける。プレミアムは引け間際の下落で上昇する。この価格帯が来週続いても、プレミアムは余り下がらないだろう。連休前に下方向、9000円台前半まで下げてもらった方が仕掛けやすいと思うが・・・。
ディズニーに野球、やるのは勝手だが電力消費だけには注意してもらいたい。ただでさえ青色吐息(自分もそうだが)、停電でトドメを刺さされては悲し過ぎる。遊んでいる奴と仕事を一緒にしないで欲しい。必要ないモノって、無くても困らないからネ。
プロフィール
downtown traderさんの画像
downtown trader
2008年までは商品先物トレーダーでした。以降、225先物及びオプションのトレードに転身、現在に至ります。日々激動のマーケットの中で様々な奇術を繰り出して勝利を得ます!                     
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。