ヤマトヌマエビの働き具合について

ここ最近藍藻の話題ばかりでしたので、たまには生体の話題にでも触れようと思います。
我が家の水槽ではコケ取りにエビを飼育しています。
かつて、大磯砂でパールグラスを大量育成していた時代は、ミナミヌマエビが大量繁殖し、100匹以上のエビが水草の隙間に生息していました。
が、溶岩砂に変えた途端、藍藻の被害にあい、水草は育たず、ミナミヌマエビは全滅してしまいました。
現在は45cm水槽で、コケ取り要員として、ヤマトヌマエビを2匹飼育しています。
これについても、当初は5〜6匹飼育していたのですが、あまりにコケ取り能力が高すぎ、ほぼ数日で水槽中のコケを取りつくし、さらには水草までボロボロにしてくれたので、2匹を残して他は屋外の金魚鉢に移動させました。
結果、屋外のエビは何らかの拍子に姿を消してしまいました・・・
で、生き残ったのが現在の2匹ということになります。
この2匹のヤマトヌマエビですが、最近めっきりコケもとらなくなり、岩陰でのんびりと暮らしています。
おかげで45cm水槽に植えているスクリューバリスネリアはコケまみれ・・・
このままではよろしくないので、またミナミヌマエビの投入を検討したのですが、買いに行くの面倒くさいし、今入れても隠れ場所がないので、繁殖どころか、数週間で全滅という事も考えられます。
という事で、今のヤマトヌマエビの暮らしぶりを再度振り返ってみました。
結果、今45cm水槽の魚に与えている沈降性の金魚の餌の量が原因なのではないかという事に気づきました。
元々はネオンテトラ等のために、浮上性の餌を与えていたのですが、底に生息するシマドジョウがやせ細ってしまい、餓死しかけたので、そちらにも餌が行き渡るよう、沈降性のタイプに変更した経緯があります。
変更した結果、シマドジョウにも十分餌が行き渡り、今ではコロコロと太って、逆に肥満気味になってしまっています。
が、そこで余ったエサはヤマトヌマエビが残らず食べてくれているので、コケを取る必要がなくなったのではないかと・・・
試しに朝魚に与える餌を減らしてみました。
結果、数日でスクリューバリスネリアは綺麗になりました。
やはり餌の与えすぎだったようです。
DSC_3175.JPG
やはり餌の加減は重要であることを再認識しました。
シマドジョウもどんどん太って健康的にまずそうなので、当面は餌控えめで頑張ろうと思います。

(水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株) 北海道航空便要保温

価格:690円
(2019/1/27 22:32時点)
感想(174件)





にほんブログ村

アフリカンランプアイの繁殖2

アフリカンランプアイの稚魚が出現してからほぼ1か月が経過しました。
その後の状況はというと、今のところ順調に育ってくれています。
しかも、最初は2匹だったのですが、気が付けば8匹に数も増えていました。
DSC_1598.JPG
サイズも1cm前後まで成長しているので、ほかの魚とかに捕食される心配も無くなってきていると思います。

これからもどんどん卵を産んで増えてほしいな。と思っていたのですが、今朝見ると片方の親の個体が死亡していました。。。
水質の問題か、それとも寿命かははっきりしませんが、非常に残念な出来事でした。
当面はこの稚魚たちが成魚になるまで、メダカの餌をすり潰しつつ、頑張って育てていこうと思います。

アフリカンランプアイ 1cm  20匹

価格:1,529円
(2018/1/8 10:53時点)
感想(4件)



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アフリカンランプアイの繁殖

現在、我が家で飼育している熱帯魚は、水草育成をしてる関係で小型魚ばかりです。
具体的には、ネオンテトラ、カージナルテトラ、チェリーバルブ、プリステラ、アカヒレなどが主でしたが、いすれも繁殖には多少難ありの種類ばかりでした。
そんな中、アフリカンランプアイは、メダカの仲間なので上手く飼育したら繁殖できるという話は聞いていたのですが・・・
ある日いつものように魚に餌を与えていたところ、水面付近に体調3mm程度の目の光る魚が出現しているのに気が付きました。
↓出現した小さい魚。こんなのが2匹見つかりました。
DSC_1538.jpg
目の光り具合から、アフリカンランプアイの稚魚であることは間違いないと思われます。

30cm水槽は水草も豊富ですので、産卵する場所も充分にあったんでしょうか。
いずれにせよ、普段与えているメダカの餌では粒が大きすぎて食べられなさそうでしたので、普通のメダカの稚魚を育成するときと同じ要領で、乳鉢で餌をすり潰して与えることにしました。
↓使用した小型の乳鉢
DSC_1548.jpg
粉末にした餌を見つけると、稚魚は元気に餌に食いついていました。

どんどん食べて、早く大きくなってほしいものです。

(熱帯魚 水草)ビギナースタートセット アフリカンランプアイ S〜Mサイズ(10匹) +クーリーローチ(3匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:1,270円
(2017/12/4 01:23時点)
感想(1件)




にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

生体の追加による変化?

生体を追加し、45cm水槽は以前のように賑やかな水槽になりました。
ネオンテトラも最初は稚魚サイズでしたが、ここ最近の成長でそれなりに見応えのある大きさになってきました。
ただ、生体の増加により賑やかになったのは良いんですが、ガラス面へのコケの付着が以前よりも顕著になってきたような気がします。
生体増加により水質悪化のスピードが上がったのかもしれません。
もしくは石巻貝の勢いが落ちてきたのかも・・・
↓45cm水槽ネオンテトラの群泳が見られますが、ガラス面がコケでちょっと汚くなっています。
IMG_5088.JPG
石巻貝も見た感じ仕事をサボっているようには見えませんが、あちこちに産卵しまくるので、卵の除去が大変ですT_T
これは生体の増加の影響か分かりませんが、バリスネリアが以前よりも元気になったような気がします。
前景にランナーを伸ばし、子株が増えてきたのと、株それぞれのサイズも以前より大きくなってきました。
葉の成長には窒素が必要なのですが、追肥をしていない水草水槽の場合、この窒素は生体の排せつ物から補給するのが一般的です。
以前の過疎状態の水槽は、水質は良かったかもしれませんが、水草にとっては栄養が不足気味だったのかもしれません。
おかげでコケの方も勢いが出てきてしまいましたが、石巻貝ばかりに頼らず、まじめに清掃で何とかしようと思います。
↓トリミングをしたパールグラスの勢いも戻ってきて、また伸びてきました。
IMG_5087.JPG




30cm水槽でも、生体の数が徐々に減少し、当初の半分くらいになってきています。
主な要因は、アフリカンランプアイの減少で、主な死因は飛び出しでした。
魚は減りましたが、ミナミヌマエビが徐々に繁殖し、数を増やしてきています。
と、同時に平巻貝の数も徐々に増加中です。ただ、45cm水槽のように爆殖までは行っていないので、今の所様子見中です。おそらくオトシンクルスあたりが、卵を食べてくれているのかもしれません。
IMG_5089.JPG
当初、この水槽はコケの侵食がひどく、リセットを考えていましたが、石巻貝の投入により綺麗にコケが除去されたので、結局そのままいい感じで維持できてしまっています。
水質も底面→外部の連結フィルターのおかげで今の所生体が死ぬようなトラブルは起こっていないようです。
ウィステリアの株はすっかり定着し、安定しています。(45cmのウィステリアは腐って全滅・・・)
やはり溶岩砂の底床は有茎草(特にハイグロフィラ類)の育成に向いているようです。
両方の水槽ともに、パールグラスが絶好調なので、近いうちにもう一度トリミングする事になりそうな予感です。

(熱帯魚)アフリカンランプアイ(約1.5cm)<30匹>【水槽/熱帯魚/観賞魚/飼育】【生体】【通販/販売】【アクアリウム】

価格:2,376円
(2016/2/14 07:53時点)
感想(4件)



(水草 熱帯魚)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本) 北海道航空便要保温

価格:535円
(2016/2/14 07:53時点)
感想(8件)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草 ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

生体の欠員補充

室内の水槽の生体が諸々の事情によりだいぶ数が減ってきたので、前々より検討していた生体の欠員補充を行いました。
ちょうど近所のアクアショップで新年のセールをやっていた事もあって、結構な数の魚を格安で入手することができました。

ちなみに今回追加した生体は
ネオンテトラ×20
ヤマトヌマエビ×5
シマドジョウ×2
です。

(熱帯魚)ネオンテトラ(10匹) +ミナミヌマエビ(10匹) 北海道・九州航空便要保温

価格:960円
(2016/1/16 10:54時点)
感想(18件)



シマドジョウ 5匹

価格:900円
(2016/1/16 10:55時点)
感想(28件)




ネオンテトラは、青系の魚が全滅した45cm水槽にすべて投入。
アオミドロ対策で購入したヤマトヌマエビは45cm水槽に3匹、30cmに2匹投入。
シマドジョウは45cm水槽に2匹投入しました。

↓ネオンテトラ。まとまった数を群れで泳がせると、見栄えが良いです。
IMG_0591.JPG

↓ヤマトヌマエビ(30cm水槽)アオミドロの駆除目的で投入。ミナミヌマエビでは力不足でしたが、こいつがどの程度の働きを見せてくれるか、乞うご期待です。
IMG_0593.JPG

↓シマドジョウ。以前は水質悪化に耐え兼ね、飛び出して干物になってしまいましたが、今回はそうならないよう気を付けようと思います。
IMG_0595.JPG
最初に飼育したシマドジョウは、沈降性の飼料に上手く餌付くことができず、飢え死にしてしまいましが、今回の個体は沈降性の金魚のエサにきちんと食いついていたので、その心配はなさそうです。

今回導入した生体はどれも丈夫で飼いやすいものばかりですが、ヤマトヌマエビだけは水質に敏感なので、投入後数日間は慎重に観察しようと思います。
↓トリミング2週間後のウィステリア(30cm水槽)美しいライトグリーンの新芽が順調に育ってきています。
IMG_0596.JPG
草丈の長い後景部の株は、新芽が育って来たら差し戻ししてみようと思います。





にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アクアリウム ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!


チェリーバルブによるスネール駆除計画(その後)

チェリーバルブの投入により、45cm水槽のスネールの数は劇的に減少しました。
夜間、ガラス面にビッシリ付着していた小粒のスネールはまず全滅しました。



ところが、ある程度成長した大きめのスネールは相変わらずチラホラと見かけます。
チェリーバルブの小さな口では捕食できないのかもしれません。
ただ、数的には大した事が無いので、見つけたら都度、ピンセットや網等を使って取り除いています。

熱帯魚 生体 チェリーバルブ 2-3cm 3匹 【ネットファームジャパン】

新品価格
¥398から
(2015/3/15 22:15時点)



パールグラスも相変わらず絶好調で、先週トリミングしましたが、まだまだボリューム過多なので、今週はもう少し思い切って切り刻んでみました。あと、株が広がり過ぎている部分については手で引っこ抜きました。
ハサミでパールグラスを刈っていると、水槽内で芝刈りをしているような気分になります。
トリミングした葉は、網で掬って廃棄。(やっぱり勿体ない・・・)
↓トリミング後の45cm水槽。
IMG_3822.JPG
底床肥料が効いているせいか、水草の成長が思った以上に良くなりました。
水草が元気なのは喜ばしいのですが、お手入れが大変になってきました。
一時期は枯れる寸前まで追い込まれていたバリスネリア・スピラリスも元通り(購入当初)の大きさに戻ってきました。
もうじき水面到達です。
IMG_3824.JPG

水草 金魚藻 バリスネリア スピラリス 5本【名生園がお届けする水草】

新品価格
¥324から
(2015/3/15 22:22時点)



テトラ (Tetra) イニシャルスティック

新品価格
¥895から
(2015/3/15 22:40時点)



一方、ハイグロフィラ類は、エビの食害の影響で、だいぶ勢いがなくなってきました・・・
ロザエネルヴィスは一株根腐りを起こしたのか、茎が切れて浮き上がってきました。
グリーンロタラ、ロタラインディカは、今のところ順調です。




30cm水槽の方は、有茎草メインで育成中です。
先週植えたハイグロフィラ・ポリスペルマの水上葉は、問題なく水中化しました。
↓水中化したハイグロフィラ・ポリスペルマ。薄くて長い水中葉の新芽がどんどん伸びています。
IMG_3820.JPG

水草 生体 ハイグロフィラ ポット入り 【ネットファームジャパン】

新品価格
¥378から
(2015/3/15 22:32時点)



元々植えていたもう1本のハイグロフィラ・ポリスペルマはグリーンロタラと重なってきたので、頂点部をトリミングし、差し戻しを行いました。
元の株からも新芽が出ているので、この方法で株を増やしていこうと思います。
IMG_3818.JPG
中央部に植えた、アルテルナンテラレインキーも、ゆっくりと水中葉を展開してきていますが、前評判通り、成長はかなり遅めです。
ハイグロフィラ・ポリスペルマと比べると、その差は顕著です。
何にしても、30cm水槽はエビの食害の影響がほぼ皆無なので、有茎草がよく育ちます。
もう少し安定してきたら、見栄えのする綺麗な水草を探して追加していこうと思います。



ブログ王ランキングに参加中!

水草 ブログランキングへ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

チェリーバルブによるスネール駆除の効果

スネール駆除の生物兵器として45cm水槽に投入したチェリーバルブの効果ですが・・・
前評判通りの働きを見せてくれました!
投入して2〜3日後で、夜間にあれだけガラス一面にへばり付いていたツブツブした平巻貝類が綺麗さっぱりいなくなりました。



まだチェリーバルブがスネールを捕食している現場は見たことありませんが、時々水草をツンツン突っついているのをよく見かけます。
調べてみると、水草についたスネールの卵も駆除する習性もあるらしいです。
↓劇的にスネールを駆除することに成功した45cm水槽。
IMG_0293.JPG

チェリーバルブ  10匹

価格:1,069円
(2015/3/7 23:06時点)
感想(6件)



水草類はというと、相変わらず毎週トリミングです。
アメリカンスプライトも勢いが止まらずですが、パールグラスもそろそろ伸びてきたので、今週からトリミングを始めました。
単品で生えている有茎草類は、見てくれの問題もあるので差し戻しでトリミングする事が多いですが、無数の株が生い茂るパールグラスで差し戻しとかやってると、発狂すること間違いなしです。
そこで、パールグラスのトリミングはピンチカットで行うことにしました。
やり方は簡単で、パールグラスの茂みの上部をハサミでザクザクと切り刻むだけ。
もちろん切り刻んだ葉っぱは水面にびっしり浮かんできますので、網で掬って捨てました。(勿体無いですが・・・)
↓トリミング後の45cm水槽。パールグラスはもう少し切ってもいいかもしれません。
IMG_0291.JPG
ちなみに、水草の状況はというと・・・
ハイグロフィラ類は成長が頭打ちな感じです。
肥料切れたのかもしれません。
あと、エビにかじられて葉っぱがボロボロです。あまりに可哀想なので、30cmキューブに移植しようかどうか考え中です。
試しに植えたロタラインディカの水上葉は、綺麗な赤色の水中葉を展開してきています。
環境への適応が良さそうなので、庭の植木鉢からもう1本水上葉を切り取り、移植してみました。
IMG_0289.JPG
バリスネリアは、パールグラスの中に生えている株が結構サイズアップしてきました。
グリーンロタラは、若干地面を這い気味ですが、順調に成長してきています。

(水草)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本) 北海道航空便要保温

価格:620円
(2015/3/7 23:06時点)
感想(8件)



一方、30cmキューブの方は、水の富栄養化が目立ってきています。
ラージパールグラスの本数を増やすべく、今週も更に水上葉を切り取り、底床に植え込んでおきました。
ちなみに、ラージパールグラスは、一時期水上葉が枯れ落ちた時期がありましたが、水中化してからは、葉っぱの脱落は治まったようです。ただ、成長度合いは相変わらずイマイチです。
IMG_0288.JPG
ハイグロフィラ、グリーンロタラはどんどん丈が伸びてきています。
ただ、全体的にヒョロヒョロと伸びている感じで、葉っぱのつき方がまばらでちょっと間延びした感じになっています。
光量がちょっと足りないのかもしれません。
IMG_0300.JPG

(水草)グリーンロタラ(無農薬)(5本)+おまけロタラ3本 北海道航空便要保温

価格:776円
(2015/3/7 23:07時点)
感想(11件)



あと、最近暖かくなってきたせいか、屋外のメダカ鉢で冬眠していたメダカ達が、活動を始めたようです。
IMG_0295.JPG
ちなみにメダカは水温10℃以下の時は餌を与えると消化不良になるらしいです。
せっかく出てきてくれたので、餌をあげたいところですが、もう少し暖かくなるまで我慢です。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アクアリウム ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
   
プロフィール

1000羽
39歳会社員(仮) 妻一人息子一人と生活 趣味はパソコンいじり、ゲーム、アクアリウム
リンク集
http://fanblogs.jp/1000ba/index1_0.rdf