コケ取り→食害・・・

ヤマトヌマエビの投入で、45cm水槽の水草にこびり付いたコケは完全に一掃されました。
それから1週間経過しましたが、今度は水草がボロボロになってしまいました。
↓葉っぱが穴だらけのボロボロです。
DSC_0643.jpg
DSC_0644.jpg
どうやらコケを取りつくし、食べるものがなくなったヤマトヌマエビが水草を食べ出したようです。
一晩であれだけのコケを取りつくしただけあり、非常に強力な破壊力です。
このままいくと今度はコケどころか、水草自体も無くなってしまいます。
という訳で、ヤマトヌマエビの10匹中、4匹を隣の30cm水槽に引っ越しさせることにしました。
ヤマトヌマエビは水質の変化に敏感ですので、上の方に小さな穴を開けたペットボトルの切れっ端に45cm水槽の水を入れ、その状態で30cm水槽に投入し、水合わせをしました。
↓水合わせの様子。容器をそのまま入れるとこのように傾いてしまいました。
DSC_0645.jpg
傾き対策として、洗濯ばさみを使って容器を水槽のふちに固定してみたところ、いい感じで容器をまっすぐに固定する事ができました↓
DSC_0646.jpg

約1日程度この状態を維持し、その後水槽に放流してみようと思います。
水質に上手く馴染んでくれるといいのですが・・・
そして、30cm水槽もコケが結構生えているので(アオミドロですが)そっちの駆除も可能であれば頑張ってもらおうと思います。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)

価格:1,030円
(2017/4/23 10:05時点)
感想(336件)




にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村

水草ランキング
ブログ王ランキングに参加中!

ヤマトヌマエビの投入効果について

水質悪化(?)によりコケの大量発生を招いてしまった45cm水槽のその後です。
結果的に、あの後、大急ぎでヤマトヌマエビを10匹調達し、水槽に投入しました。
すると・・・
一晩でコケが綺麗に消え去りました!!
↓投入前 水草にもヒーターのケーブルにもびっしりとコケがこびりついています。
DSC_0633.JPG
DSC_0631.JPG

↓投入後(翌日)
DSC_0638.JPG
DSC_0636.JPG
DSC_0641.JPG
ヒーターのケーブル表面や、水草の全体にびっしりと付着していたコケが完全に消えています。
今回のヤマトヌマエビはサイズも大きめだったので、余計にコケ取りの能力が高かったのかもしれません、
あまりの効果に入れた本人が最も驚いています。やっぱりヤマトヌマエビは凄いですね。
ただ、餌になるコケが無くなったので、これからは水草の新芽が食害にあう可能性が高く、今後の処置を検討する必要があります。
隣の30cm水槽もかなりコケ(といってもアオミドロなので、エビが食べてくれるかどうかちょっとわかりませんが・・・)が増えてきたので、半分はそっちの処理に回ってもらうのも手かもしれませんね。
↓毎週毎週、アオミドロがたんまりとれる30cmアオミドロ水槽
DSC_0634.JPG
歯ブラシでくるくるとアオミドロを巻き取ると、ブラシが見えないくらい大量のアオミドロが巻き付いてきます。
これもまた困ったもんです。。。
週末にエビの引っ越し、本気で検討しますが、水質に敏感なヤマトヌマエビは水が合わないと勝手に脱走して翌日床の上で干しエビになったりするので、水合わせはきっちり行わないといけません。
最近の30cm水槽は水質もちょっと(?)なので、要注意です。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)

価格:1,030円
(2017/4/18 23:05時点)
感想(335件)





にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ
にほんブログ村


コケの発生再び

45cm水槽を立ち上げてだいぶ期間がたちました。
石巻貝の投入で、ガラス面のコケは完全に抑制できましたが、それに油断しすぎたようです。
気が付くと、水草にコケがビッシリ生えていました・・・
DSC_0630.JPG
ヒーターのコードにもビッシリ・・・
DSC_0633.JPG

最近水替えもさぼり気味だったので、水の富栄養化が進みすぎたようです。
さすがの石巻貝も、水草の葉っぱや茎にについたコケは除去してくれないようです。
このままだとリセット前と同じような状況に陥ってしまいます。
対策を早急に実施しなくてはいけません。

当面で考えられる対策はというと・・・
1.エビの投入
2.水草をもっと植える
ぐらいですが、1.はエビの絶対数が足りないので、近隣の水槽からの引っ越しは厳しい状況です。
しかも我が家に生息しているのはミナミヌマエビばかりなので、コケ取り能力はそれほど高くありません。
なので、投入するのであればヤマトヌマエビを数匹購入し、投入する必要があります。
ただし、ヤマトヌマエビはミナミヌマエビに比べると水質の変化に敏感ですので、この水槽の水質に上手く馴染んでくれるかどうか、心配といえば心配です。
2.については、春真っ盛りで屋外の水上葉鉢の水草が伸び盛りですので、定期的に新芽を調達し、どんどん植えていこうと思います。

何はともあれ、今はとりあえず、ヤマトヌマエビの調達を急ごうと思います。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(20匹)

価格:1,030円
(2017/4/15 21:57時点)
感想(335件)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

リセット後の立ち上げ5

45cm水槽の再立ち上げについてのその後です。
前回まではコケの発生にかなり手を焼いていましたが、石巻貝の増員によりその問題は完全に解決しました。
↓石巻貝投入前。水槽の側面にコケがビッシリです
DSC_0355.jpg

↓投入後1週間の状態。コケが見当たりません。
DSC_0366.jpg
DSC_0365.jpg
例によって石巻貝の効果は絶大です。
前回の大磯砂の時よりもいい働きぶりを見せてくれていますが、産卵が心配です。
石巻貝はコケ取りにおいて他の種類の貝とは比べ物にならないくらい絶大な効果を発揮してくれますが、産卵が始まると固い卵を水槽のあちこちに産み付けだします。この卵がかなり厄介で、ブラシでこすった程度では全然取れず、スクレーパ等の固い物で削り取る必要があります。
前回の大磯砂の時は石巻貝が産卵しまくり、ガラスからフィルターから石まで、卵まみれになってしまい、掃除するのが大変でした。
隣の溶岩砂を用いている30cm水槽ではかれこれ1年以上石巻貝を入れていますが、一度も産卵していませんので、おそらく水質における硬度がある一定以上だと石巻貝の産卵が始まるようです。
45cm水槽も今回は溶岩砂なので、おそらく大丈夫だと思うんですが・・・





あと、成長に懸念があった水草達も、枯葉状態だった水上葉が抜け落ち、綺麗な水中葉の新芽を出し始めています。
↓新芽を出し始めた水草達。ウィステリアは茎も伸び始めています。
DSC_0367.jpg
水草も今時点では本数も少なくかなり閑散としてるので、もう少し屋外から水上葉を移植してみようと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草ランキング

リセット後の立ち上げ4

45cm水槽の立ち上げ状況の続きです。
前回の水質測定では亜硝酸塩が検出されてしまい、ろ過バクテリアの増殖がが不十分だったのですが、その後水替えをして、さらに1週間様子を見ました。
すると、かなりの勢いでガラス面にコケがつき出しました。
水槽の富栄養化の進み具合がかなり激しくなっているようでした。
そこで、3回目の水質検査を行いました。
結果は・・・
亜硝酸塩の検出濃度が大幅に下がり、硝酸塩の検出濃度が上がっていました。
↓3回目の水質検査の結果。まだ完璧ではありませんが、亜硝酸塩、硝酸塩ともに問題ないレベルに落ち着いています。
DSC_0350.jpg
硝酸塩が増えてきたので、生物ろ過のサイクルはほぼ完成と見て良いかと思いますが、硝酸塩も蓄積すると魚に害を与えるので、これからは硝酸塩を除去することを考えないといけません。
硝酸塩を取り除く方法は基本的に2つあります。
一つは定期的な水替えにより、水槽の外に硝酸塩を捨てていく方法。
この方法で確かに硝酸塩の濃度は簡単に下がりますが、同時にろ過バクテリアも捨てることになるので、やりすぎるとせっかく立ち上がった生物ろ過のサイクルが崩れてしまいます。
もう1つの方法は、硝酸塩を水草に栄養として吸収させる方法です。
この方法を取ることで、水替えを頻繁にしなくても水質を維持することが可能ですが、養分を吸収=水草が成長するという事ですので、硝酸塩を吸えば吸うほど、水草は巨大化していきます。
なので、定期的なトリミングが必須となりますが、やり過ぎると水草が弱ってしまい、硝酸塩の吸収サイクルが崩壊することになります。(リセット以前の45cm水槽はこれで失敗しました。)
あと、水草の成長には硝酸塩(いわゆる窒素)以外にも多様な栄養分が必要ですので、適切な追肥は必須となります。
とまあ色々あるんですが、ろ過サイクルも安定してきたところで、水草をぼちぼち植えだすことにしました。
幸い昨年から屋外で水上葉を育成しているので、水草の調達には困らないかな?と思いきや、今は冬場なので、庭の育成鉢からは葉が枯れてボロボロになった見栄えの悪い水上葉しか取れませんでした・・・
とはいえ、茎の部分は生きているっぽいので見栄えは気にせず数本ハサミでちょん切り、45cmの溶岩砂に植えてみました。
↓後景に水上葉を植えこんだ様子。両サイドにウィステリア、その内側にハイグロフィラ、中央にロタラ系を植えました。
DSC_0354.jpg

DSC_0355.jpg

DSC_0352.jpg

>(水草 熱帯魚)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本) 北海道航空便要保温

価格:770円
(2017/3/13 23:53時点)
感想(8件)




あと、コケ対策で石巻貝も増員しました。1匹や2匹ではやはりキャパが足りなかったようですので・・・
DSC_0353.jpg

>(エビ・貝)石巻貝(10匹) 北海道航空便要保温

価格:860円
(2017/3/13 23:53時点)
感想(439件)



30cm水槽の実績より、ウィステリアの水上葉は成長が速いはずですので、近々美しい水中葉を展開してくれることだと思います。
うまく行ったらもう少し景気よく庭から水上葉を移植していこうと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

リセット後の再立ち上げ3

 先週末には生物ろ過のサイクルが一通り出来上がっているということで45cm水槽に生体を戻してみました。
1週間が経過したところで、水槽にはガラス面にコケが付着してきました。
↓コケが湧いてきた45cm水槽
DSC_0002.jpg
魚の数も増えたところで、水槽の水にもコケの栄養となる物質が増えてきたようです。
(いわゆる富栄養化というやつです)
ここで問題なのは、その富栄養化の原因となった物質は何か?ということです。
栄養といっても色々あり、コケの栄養となり得る物質としては、リン、窒素あたりが代表的です。
リンは魚のえさの食べ残しが分解されて発生します。
窒素はというと、魚の排せつ物が分解されて発生します。
 特に窒素は硝酸塩と亜硝酸塩の2種類の形で水中に存在し、魚に対して毒性の低い硝酸塩ならばまだセーフですが、毒性のお高い亜硝酸塩が出てるとちょっと危険です。
 今の状態がどっちか分からないので、とりあえず水質検査を再度実施してみることにしました。
結果は・・・↓
DSC_0013.jpg
亜硝酸塩が出ていました。。。
どうやらパイロットフィッシュで沸かせた硝化バクテリアでは追加で投入した生体の排せつ物は分解しきれていないようです。つまり、今回はうっかりろ過バクテリアのキャパを超えて生体を入れてしまった。
ということになります。
とはいえ、引っ越し水槽はこの間片付けてしまい、もうありません。
 仕方ないので、ここは換水で亜硝酸の濃度をコントロールしつつ、硝化バクテリアの立ち上がりを待つ事にしました。最終的に立ち上がりが遅い場合は、近隣の水槽の水を混ぜてしまえば、バクテリアの補充は可能なのですが、アオミドロのリスクもありますので、それは最終手段として取っておきます。
コケは目立つので、淡水魚水槽から石巻貝を一匹連れてきました。
↓石巻貝を投入したところ。これからコケ取りで活躍してもらいます。
DSC_0005.jpg







にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

またまたエアーポンプの修理

 今朝何気なく屋外の土佐錦の鉢を見ると、エアリフト式のフィルターが動いていませんでした。
 エアーポンプは先日コルが焼き切れて買い替えたばかりです。慌ててポンプまわりを確認したところ、ポンプの動作音は通常通りでした。次にチューブの詰まりを疑いましたが、チューブを抜いて息を吹き込むと、普通に空気が出たので、チューブの詰まりではなさそうでした。
 次に、チューブを取り外し、ポンプの吐出口から空気が出ているか確認したところ、一応空気は出てはいるようです。
 ただし、水中のエアーストーンに空気を送り込むには、そこまでの水圧を押しのけて空気を送り込む必要があるので、そこまでの圧力をかけて空気を送り出す事が出来なくなっているようでした。
 この手のエアーポンプはダイアフラム方式といい、電磁石を使ってダイアフラム(ゴムの膜)を振動させ、空気を吸い込んだり吐き出したりする構造を採用していますので、その構造を基に、どのあたりが壊れているのか考えてみました。
↓空気を吸い込むときのポンプ内の各部品の動き。(暇人なので、Excelのオートシェープを使って絵を描いてみました)

air_pomp_1.png

↓空気を吐き出す時の動き

air_pomp_2.png

 圧力がかからない時には空気が出てるので、考えられる現象としては、ダイアフラムのゴム膜が破れている/穴が開いている。もしくは空気の出入り口についている弁が破れているのではないかと推測しました。





 その辺を念頭に入れて、現物を分解してみました。
 まずはダイアフラムですが、特に亀裂や破れは見られませんでした。
 一般的にエアーポンプの寿命がくると、動きの激しいダイアフラムのゴム材料が劣化し、亀裂が入ったり破れたりすることが多いのですが、今回は違うようです。という事は、今回の故障の原因はもう1つの要因である、弁の破損が考えられます。
↓弁本体部品。黒くて丸い部分がゴム栓になっており、弁を組みつけた後、この栓で蓋をして気密性を保っているようです
DSC_0011.jpg

このゴム栓ををマイナスドライバーの先端でほじくって取り外し、中を開けてみる事にしました。
すると・・・
↓予想通り、弁が破れていました・・・
DSC_0007.jpg

DSC_0006.jpg

DSC_0008.jpg

 このペラペラの弁が破れたおかげで、空気が上手く送れなくなっていたようなので、こいつだけを交換すればおそらく直るのですが、この弁単品では売っていないので、一般的に修理をするには、写真のユニットがをスペアパーツで売っているので、これを購入し、丸ごと交換しないといけないようです。
 ダイアフラムがやられているのであればまだしも、こんな小さな弁の為に部品丸ごと交換は何となくもったいなかったので、一か八か、破れていない部分が空気穴にかぶさるように、弁を付け替えてみる事にしました。
↓応急処置の様子。半透明のゴム栓に弁を半分挟み込み、空気穴を塞げるような位置で固定してみました。
DSC_0010.jpg

そして弁体を組み直し、電源を入れたところ・・・
勢いはイマイチですが、一応空気は出るようになりました。
↓ポンプ復旧後の土佐錦鉢
DSC_0012.jpg

 このペラペラのゴム自体も、繰り返しの屈曲に強い材料を選定しているようなのですが、代替品が無いか、一度ホームセンターを漁ってみようと思います。
見つからなければ、次回より全交換で対応しようと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アクアリウム ブログランキングへ

リセット後の再立ち上げ2

 45cm水槽を再立ち上げ開始し、2週間と少しが経過しました。
 立ち上げ直後からパイロットフィッシュのアカヒレとシマドジョウに水づくりを頑張ってもらってきましたが、先週時点ではまだ生物濾過のサイクルは形成途中である事が分かり、生体の投入は控えておりました。
 そこから1週間と少し経過という事で、水質の再チェックを行いました。
 結果としては、亜硝酸の検出はほゼロ、硝酸塩のみが検出される結果となりましたので、一通りの生物濾過サイクルが完成したものと判断しました。
↓試験紙によるチェック結果。硝酸塩のみが少しだけ検出されています。硬度、pHについては問題なしでした。
DSC_0236.JPG

テトラテスト 6in1 水質調査試験紙 自由研究の手引き付き

新品価格
¥1,470から
(2017/2/19 14:19時点)




 ろ過が出来上がれば、生体を戻してもおそらく問題ないだろうという事で、今回は生体の引っ越しを決行する事にしました。
 まずは、発泡スチロール水槽から、ヒーターを取り出し、ブラシで洗浄したのち、45cm水槽に設置し、水温を熱帯魚向けに調整することにしました。
 ヒーターを抜かれた発泡スチロール水槽は、断熱性が高いので少しの時間であれば大幅な水温の低下はありません。まずは45cm水槽の水温が上昇し、元の水槽の温度に近づくまで放置しました。
↓ヒーターを再投入した45cm水槽。
DSC_0237.JPG




 その後、発泡スチロール水槽から生体を取り出し、水合わせをした後、45cm水槽に再投入しました。発泡スチロールの仮住まいはこれでお役御免ですので、フィルターを取り出し撤収しました。
 あと、水槽の中をよく見るとやはり平巻貝が数匹見られました。おそらくフィルターの濾材の中に潜んでいたものと思われます。という事で、今まで使っていたコーナーフィルターはこの水槽と同じく、お役御免でお蔵入りにさせて頂きました。
このコーナーフィルターも4年間使っていた事もあり、バクテリアも十分に定着していたようです(仮住まいで立ち上げたこ発泡スチロール水槽の水が、異臭を出す事無く、きれいにろ過できていたので)が、平巻貝の撲滅も今回のリセットの目的のうちの一つなので、勿体ないですが、今後の使用は諦めました。また何かの機会で水槽を立ち上げる事があれば、中身をリセットし、再利用しようと思います。
 ちなみに、魚達を戻して気が付いたんですが、アカヒレやシマドジョウの色が元々居る個体と著しく変化していました。これについては、おそらく発泡スチロールの水槽内は遮光状態だった事が関係しているようです。
↓色が変わってしまったアカヒレ達(中央右側)。同じ種類の魚に見えない・・・
DSC_0241.JPG

↓色が変わってしまったシマドジョウ(左側)と通常の体色のシマドジョウ(右側)
DSC_0243.JPG

 ちなみに退避していた魚たちは、水槽の蓋を開けるたびに怯えてフィルターの陰に隠れる習慣がついたり、上からのぞかれると驚いて底の方にもぐってしまったりしていたので、水槽に投入した直後は底の方に固まって泳いていました。
↓投入直後
DSC_0242.JPG

が、数時間すると景色の変化に慣れたようで、水槽内一杯に広がって泳いでくれるようになりました。
↓数時間後の様子
DSC_0244.JPG

 やはり水槽は色々な種類の熱帯魚が混泳すると、見た目も華やかでいい感じですね。
これからしばらくは生体を増やした状態で生物濾過の能力を上げていきます。
(色々調べたところ、水槽立ち上げの早期に水草を入れると、アンモニアや亜硝酸の分解が水草頼みになり、バクテリアのろ過能力があまり上がらないらしいので・・・)また、生体が増えたという事は硝酸塩の蓄積速度も上がるという事ですので、水替えは忘れずに行っていこうと思います。

(熱帯魚)アカヒレ Sサイズ(10匹) 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥880から
(2017/2/19 14:20時点)





にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

水槽に自作バックスクリーンを

 立ち上げ中の45cm水槽について、以前より水草を育成してきましたが、折角綺麗に水草を育成しても、背景に水槽の裏側に設置した機材やコードがごちゃごちゃと映り込むのは見栄え上よろしくないという意見が家庭内でも挙がって来てました。
 言われてみれば確かに・・・です。現に30cm水槽は元々背景が黒のボードですので、水草の姿が締まって見えます。
↓貼り付け前の水槽。水槽の裏側のコンセントやコードが丸見え。
DSC_0228.JPG

↓30cm水槽。背景が黒なので、全体的に引き締まった感じ??
20161023214130_p200.jpg
お名前.com

45cm水槽もバックスクリーンを貼るとまた違った感じの見栄えになるかもしれません。
と、いうわけで今回は水槽にバックスクリーンを貼る話です。

 バックスクリーンを調達する方法は2つあり、一つは専用のフィルムをアクアショップや通販で購入する方法。
この方法の場合、一般的な黒色や青色のバックスクリーンは数百円で入手する事ができます。ただ、単色の黒は既に30cm水槽で使っているので、今回は趣向を変えてミスト風の色を考えてました。ミスト風のバックスクリーンは店頭ではなかなか取り扱いが無く、通販でも結構な値段が付いているようです。
 という事で、今回は二つ目の方法。そう自作を選ぶことにしました。
 バックスクリーンを自作する方法としては、それっぽい色のプラスチック板やフィルムをホームセンターで調達し、水槽の大きさに合わせて加工、貼り付けを行うのが一般的です。
 何か良さげな素材ないかな〜と、近所のホームセンターをうろうろした結果、いいものを見つけました。
そう、窓ガラスに貼り付ける、窓飾りシートというやつです。
↓今回使用した窓飾りシート
DSC_0231.JPG
大きさも47cm×90cmと、我が家の水槽のサイズだとカットして3つの水槽に貼り付けるだけの大きさがありました。しかも、値段は一巻千円弱でした。
これはお得なので、早速購入。
まずは水槽のサイズに合わせてカットしました。
↓シートを切っている様子。剥離フィルム側に油性マジックと定規で罫書き線を引いていきます。
DSC_0230.JPG
その後、ハサミでフィルムを切断。
予め汚れをふき取った水槽の裏面に霧吹きで軽く水をかけてから剥離フィルムを剥がしながらシートを貼っていきました。
貼り付ける時、不可抗力的に気泡が混入しますが、あらかじめ霧吹きで水槽の表面を濡らしておけば、クロス貼りのヘラや定規等をゴリゴリとこすり付け、気泡は追い出す事が可能です。
逆に濡らしておかないとガラスとシートが完全に密着てしまい、いくら頑張っても気泡は動きません。
試行錯誤を数回行った結果、綺麗にバックスクリーンを貼る事ができました。
↓自作バックスクリーンを貼り付けた後の45cm水槽。
DSC_0232.JPG
シートのおかげで背景がぼかされて見え、なおかつ明るい感じに仕上がりました。
ちなみにシートが余ったので、ついでに40cmの淡水魚水槽も同じ要領でバックスクリーンを貼ってみました。

水槽の見栄えも良くなったので、水草を植えて綺麗なレイアウトに仕上げたいと思います。

現時点の水質の状態としては、硝酸塩と亜硝酸塩両方が検出されているようでした。
↓検査の様子
DSC_0235.JPG
水が出来上がるまでもう一息といったところでしょうか。
パイロットフィッシュ達には、もう少し頑張ってもらおうと思います。

>遮像・遮熱機能付き!窓飾りシート(ガラスフィルム) 46x90cm 明和グラビア [窓 目隠し UV(紫外線)99%カット プライバシー保護 遮熱効果65% 節電]【RCP】

価格:979円
(2017/2/11 17:28時点)
感想(0件)





にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アクアリウム ブログランキングへ

リセット後の再立ち上げ

先週リセットが完了した45cm水槽の続きです。

 水の循環を初めて1日後、溶岩砂の細かい粒子が沈殿し、綺麗に水が透き通ってきました。水温も室温になじんできましたので、まずは引っ越し水槽からアカヒレ3匹を戻し、パイロットフィッシュの役目をしていただく事にしました。ついでに、餌の食べ残しを処理してもらう為、シマドジョウにも手伝ってもらう事にしました。
↓引っ越し水槽から戻ってきた一部の魚達
DSC_0228.JPG
 アカヒレは水質や水温の変化に強い魚で、元々ヒーターを使わなくても、問題なく飼育できるようです。
シマドジョウは元々国産魚なので、これもまた水温の変化には強い魚です。もちろん単体で飼育する場合はヒーター不要です。

>(淡水魚)シマドジョウ Sサイズ(3匹) どじょう

価格:1,130円
(2017/2/11 09:59時点)
感想(33件)



>(熱帯魚)アカヒレ Sサイズ(10匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:880円
(2017/2/11 09:59時点)
感想(76件)




まずはこの4匹により、水槽を立ち上げていこうと思います。
バクテリアが湧き、水が出来上がるまでの流れとしては。
1.魚から排泄されるアンモニア濃度が上昇

2.アンモニアを分解するバクテリアが発生し、亜硝酸塩の濃度が上昇

3.亜硝酸塩を分解し、硝酸塩に分解するバクテリアが発生し、硝酸塩の濃度が上昇。

という感じですが、1,2の段階に発生するアンモニア、亜硝酸は魚にとって毒性が高く、ある程度の水質悪化への耐性を持った魚が必要になります。
 3の段階に発生する硝酸塩は前者に比べると毒性が低く、この段階に入るとバクテリアの分解サイクル(生物濾過というらしいです)が完成という事になります。ちなみにこの時点でアンモニア、亜硝酸は水槽の水からは検出されなくなります。

 今まではこのサイクルを短縮するため、以前の飼育水を”種水”にし、最初からバクテリア入りの水で水槽を立ち上げてきたんですが、今回は完全に以前の水槽からのリセットを意識しているので、一からの立ち上げを選びました。
 このサイクルを意識して水槽を立ち上げるのは初めてなので、どのくらい時間がかかるか分かりませんが、調べてみると、一般的にはおよそ2週間前後はかかるとの事です。時間はかかりますが、今回は気長に待とうと思います。

 生体の引っ越しや、水草の追加は基本的にこの生物濾過が立ち上がってからとの事ですので、もうしばらくはこの殺風景な水槽で頑張らなくてはいけません。
 水質チェックを行いつつ、立ち上がりを確認していこうと思います。

>テトラテスト 試験紙 アンモニア(淡水用) アンモニア 測定 関東当日便

価格:1,350円
(2017/2/11 10:00時点)
感想(5件)




>テトラテスト 6in1 試験紙(淡水用)水質検査試験紙 関東当日便

価格:1,332円
(2017/2/11 10:01時点)
感想(610件)



あと、以前植えていた水草類は、バケツに入れて様子を見ていた所、やはり平巻貝が湧いていましたので再利用は諦める事にしました。その代わり、屋外で育成している水上葉や、30cm水槽で育成しているパールグラスを一旦水上化し、水上葉から植え直そうと思います。
↓CDケースの蓋とソイルを使って育成を開始したパールグラスの水上葉。細かい芽が出てきています。
DSC_0229.JPG
ちなみにケースの下に写っている水槽は魚ではなく、トカゲ(野生のカナヘビ)の飼育ケースです。
(本当はこっちの飼育状況もアップしたい所なんですが、今の所見合わせ中です・・・)



ブログ王ランキングに参加中!
にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アクアリウム ブログランキングへ
    >>次へ
プロフィール

1000羽
39歳会社員(仮) 妻一人息子一人と生活 趣味はパソコンいじり、ゲーム、アクアリウム
リンク集
http://fanblogs.jp/1000ba/index1_0.rdf
<< 2017年04月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事