広告


この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。

新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。

posted by fanblog

クワイの収穫

今年も春から屋外の睡蓮蜂でクワイを栽培していました。
そして、気が付けば秋も過ぎ去り、冬に差し掛かってきていました。
去年の栽培は調子に乗って球根を植えすぎ、結局一株当たりの収穫量は減少という結果でしたが、今年はどうでしょう?
ちなみに今年は植えこむ株の数を調整し、鉢一つ当たり3株までに抑えてみました。
1つは睡蓮蜂に田んぼの土を入れ、中庭に設置、もう1つは発泡スチロール容器に土を入れ、日中に光がガンガン当たる南側の外壁沿いに設置しました。
↓中庭に設置したクワイ鉢。出来心で植えたウィステリアの水上葉と、アメリカンスプライトが生えています。
20161203165602_p205.jpg
クワイの株はとっくに枯れてしまい、ウィステリアも気温の低下の影響で赤っぽく変色しています。
土の表面はアオミドロまみれです・・・

↓外壁に設置した発泡スチロール容器
20161203165603_p206.jpg
夏場に数回水を干上がらせてしまったせいで、中庭の株よりだいぶ先にクワイの葉は枯れ落ちています。
こちらも出来心でウィステリアを植えてしまったので、ウィステリアの水上葉と乾燥したアオミドロでかなり汚らしい感じになってしまっています・・・
見た感じ、クワイの芋ができているかどうかも怪しい感じです。
というわけで、これら二つの鉢を掘り返し、早速収穫に取り掛かりました。
まずは中庭に設置した普通のクワイ鉢からです。
手始めに土の表面にへばりついているアオミドロをスコップで剥がし、捨てます。
20161203165607_p208.jpg
アメリカンスプライトは貴重な生き残りなので、アオミドロと若干同化し気味ですが、もったいないのでスコップで土ごとすくい、植木鉢に避難しました。
20161203165606_p207.jpg
↓避難後のアメリカンスプライト。
20161203165622_p217.jpg
アメリカンスプライトは収穫後、鉢に戻そうと思いますが、冬の寒さに耐えられないので、保存方法は要検討です。



さて、下準備は整ったのでようやく発掘作業の開始です。
鉢にたまった水を捨て、スコップで少しずつ土を削っていきます。
20161203165611_p211.jpg
すると・・・
土の間からクワイの芋が顔を出してきました。
20161203165609_p210.jpg
今年は株の数を減らしたので、クワイの芋がガッポリ取れるかな?と期待していましたが、出てくるペースは去年と同等、もしくはそれ以下かもしれません。
今年の設置場所は例年より日当たりは良くなかったので、十分に芋が成長しなかったのかもしれません。



次に発泡スチロール容器で育成した分の収穫に入りました。
こっちの方は土も浅く、数回水を干上がらせているので、クワイ自体ができているかどうかという次元じゃないかなという予想でした。しかもウィステリアが勢い良くはびこっていたので、根が張り巡らされ、スコップがなかなか土に入りません。
結局土まるごとひっくり返す感じでクワイの捜索を開始しました。
すると、以外にも数は見つかりました・・・が、どれも小粒で、とても料理に使えるようなものではありませんでした。もともとこのクワイは吹田クワイという品種で、小粒な類ですが、それでもさらに小粒な感じでした。
↓根っこの間に紛れ込んでクワイの芋ができています。(写真中央付近)
20161203165616_p214.jpg
結局のところ、大小合わせて23個のクワイを収穫することができました。
↓収穫されたクワイ。小粒なものが目立ちます。
20161203165617_p215.jpg
来年はもう少し日当たりと給水を考慮して栽培しようと思います。

↓45cm水槽はせめてろ過能力だけでもあげておこうと思い、今回も底床の掃除をしてみました。
20161203165624_p218.jpg


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草の撤去と底床の掃除

45cm水槽は、遮光により、アオミドロを減らすことができたので、思い切って照明を再度点けてみたのですが、予想通り2週間程度で元通りのコケまみれの水槽に戻ってしまいました。
いや、むしろ前よりひどいかも?
↓照明を再点灯し、2週間経過した45cm水槽。アオミドロが水槽全体を覆いつくしています。
20161126105227_p201.jpg
遮光をしている期間中も歯ブラシでこまめにアオミドロを除去していたつもりなんですが、根本的に水草にへばりついている物は歯ブラシでは取れなかったようです・・・
リセットの機材の選定を進めていますが、肝心の溶岩砂が現時点で売り切れのため、調達にはもう少し時間がかかりそうです。




とはいえ、この状況は何とかしなくてはいけません。
そこで、思い切ってアオミドロと同化してしまった水草は抜いて捨てることにしました。
特に後景に植えているパールグラスは完全にアオミドロと同化してしまっているので、水替えのタイミングで水槽に手を突っ込み、根こそぎ取り除いてみました。
すると、レジ袋一杯分のアオミドロ+パールグラスが取れました。
水草をどけると大磯砂が露出してきたので、ついでに底床の掃除も実施してみました。
底面フィルターは定期的に底床の掃除をしておかないと、水の流れが悪くなり、ろ過能力が低下してしまいますので、ちょうどいい機会なので、広範囲にわたってポンプの吸入口を突っ込み、掃除を行いました。
結果として、おびただしい量のヘドロが舞い上がり、水槽の中が見えなくなってしまいました・・・
↓掃除直後の水槽。ヘドロが舞い上がり過ぎて全く見えない・・・
20161126105229_p202.jpg
が、やはりここはさすがの底面フィルターです。数分後には早速水が透き通ってきていました。
↓数分後の水槽
20161126105313_p204.jpg
水が透き通ってきたのは良かったんですが、同時にアオミドロの取り残しが結構ある事も判明しました。
この微妙な量は手では取れません。
底床の掃除もしたので、水草が息を吹き返してくれるかも。という淡い期待を持ちつつ、また歯ブラシで掃除しようと思います。
↓相変わらず絶好調の30cm水槽。ヒーターが入ったので水の蒸発が早くなってきています。
20161126105234_p203.jpg




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村
ブログ王ランキングに参加中!

水草 ブログランキングへ

遮光の効果2

アオミドロ対策で遮光を続けていた45cm水槽ですが、アオミドロの成長が止まったので、ピンセットを使って地道にアオミドロを除去してみました。
結果としてだいぶすっきりしましたが、水草の間にビッシリと絡みつくように生えているので、根絶には到底至ることができなさそうです。
↓久々にLED照明を点灯した45cm水槽。地道な除去活動によりだいぶ奇麗になりましたが、早速アオミドロが光合成を再開したので、元に戻るのは時間の問題かと・・・
2016_11_12_IMG_6469.JPG




リセットを行うためにはまず、生体の引っ越し先を作らなくてはいけません。
適当なタライや発泡スチロールの箱とかに水をいれ、循環でも始めておこうかな??
とりあえず、次の水槽は大磯砂は使わず、溶岩砂に変更するつもりです。



そもそも大磯を選んだのは、ソイルのように定期的なリセットが要らないから。という理由ですので、リセットが不要でなおかつ、水草の成長も良く、さらには多孔質でろ過能力も高い溶岩砂を選ばない理由がありません。ただ一つ残念なのは、硬度を必要とするバリスネリア系の水草が育ちにくいというところですが・・・
現在屋外で栽培している有茎草については、断然溶岩砂の方が生育が良いので、その辺も期待です。

(水草 熱帯魚)おまかせバリスネリア 2種×5本セット(無農薬)(計10本)

価格:1,080円
(2016/11/13 12:30時点)
感想(4件)



↓30cm水槽。パールグラスがまた伸びてきたのでトリミングを実施。すると、パールグラスに埋もれていたウィステリアがちょっと不格好になっていました。
2016_11_12_IMG_6470.JPG

最近ちょっと忙しくて、水槽にかまっている暇がありません。とりあえず溶岩砂だけでも注文しておかないと・・・


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

遮光の効果

コケ地獄になった45cm水槽は、リセット後の最終手段として遮光を行っています。
で、遮光を続けて1週間以上経過しましたが、効果はというと・・・

確かに、アオミドロの成長は完全に止まりました。が、枯れるところまでは行かないようです。
水替え時に歯ブラシでアオミドロを除去した分、減っては行きますが、根本的にアオミドロは水草にこびりついているので、完全に取り除くことは出来ないようです・・・
2016_11_03_IMG_6462.JPG
あと気が付いたのは、フィルターのシャワーパイプが詰まらなくなりました。
おそらく遮光前は照明直下でシャワーパイプから水を吐き出していたので、コケの増殖が激しく、1週間で詰まってしまっていたようです。
現在は遮光中なので、コケが全く育たず、その結果シャワーパイプの水流は全く詰まらず。掃除も殆ど必要無くなってしまいました。
万が一、アオミドロの駆除が成功して照明を再度点けることになったら、シャワーパイプの部分だけ遮光できるよう工夫しようと思います。



30cm水槽は、相変わらず順調ですが、底床の一部に妙なコケが発生してきました。
↓発生したコケ
2016_11_03_IMG_6461.JPG
ピンセットで引っ張ると糸状のコケと繋がっていたので同じ種類のコケなのかな??
このコケは底床の溶岩砂にしっかり張り付いてしまっいたので、コケと砂を分離するのが大変でした。
最近ちょっと水替えの頻度が落ち気味だったので、水質が悪化気味なのかもしれません。
ちなみにこの水槽にも石巻貝がいますが、残念ながらこのコケは食べてくれないようです・・・
水草自体は順調なので、もう少しこまめにお世話をしようと思います。
2016_11_03_IMG_6460.JPG

とりあえず、45cm水槽のリセット、リニューアル計画を早急に考えなくてはいけませんね。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

30cm水槽の水中葉

45cm水槽は壊滅的な状況で、アオミドロ地獄ですが、30cm水槽は今のところ絶好調です。
先月植え替えた水中葉も無事根付いてくれたようです。
全体的に後景に寄せてしまったので、結構空きスペースが目立つようになってきました。
そこで、追加で庭から水上葉を持ってきて追加で植えてみました。(だいぶ前に)
↓水上葉追加後2週間くらいの状態。いい感じで水中化してくれてます。
20161023214130_p200.jpg
ロタラインディカも大磯では枯れっぱなしでしたが、この溶岩砂の底床とLED照明による条件下ではきれいな赤みがかった葉を伸ばしてくれています。



現在リセットを検討している45cm水槽も、大磯はやめて溶岩砂にする可能性大です。
フィルターもシャワーパイプのタイプは至近距離に照明が居ると、藻の増殖が激しく、1週間で詰まってしまうので、この編も含めて見直そうと思っています。
冬になる前に早めに機材の選定を済ませ、発注してしまいたいところなんですが、なかなか暇がなく進んでいない状況です・・・

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

最終手段

以前よりアオミドロの問題により崩壊中の45cm水槽についてです。
結局の所アルゴパトロールは効果無し。
毎週歯ブラシで掃除しますが、1週間で元通りのボーボー状態・・・
そろそろ限界です。
↓いくら掃除しても元通りになってしまうアオミドロ水槽(45cm)
20161019211007_p194.jpg
もう少しパールグラスの勢いが上がってくれるとアオミドロの成長も抑えられるんじゃないかと思いますが、完全に調子を崩してしまっているようで、全体的に水草の成長も停滞気味です。
いい加減心も折れてきたので、やはりリセットを本格的に検討しなくてはいけない段階に入ったようです。



とはいえ、リセット後の水槽の構想や、機材の入手に時間がかかりそうなので、もう一あがきして見ることにしました。
そう、最終手段の”遮光”です。 
元々アオミドロは光の強い直射日光下でよく成長します。
逆に言うと、光が弱いところでは成長できなくなってしまいます。
アオミドロは水草と違い、栄養分を貯めることが出来ないので、光合成できないと水草より早く枯れることが多いようです。
早速45cm水槽の照明のスイッチを切り、遮光体制に入ります。
↓照明を消し、暗くなったアオミドロ水槽。
20161019211008_p195.jpg
あとは、隣の30cm水槽(只今水草絶好調)からの光が入ってくるので、ダンボールか何かを立てて完全遮光してみようと思います。
さて、アオミドロが先に枯れるか、水草が先にくたばるか、我慢比べの始まりです。
・・・個人的な予想では水草が負けるような気がします・・・
早くリセットを計画し、実行しようと思います。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草 ブログランキングへ

トリミング+植え替え

先日よりパールグラスに埋め尽くされてしまった30cm水槽ですが、そろそろ限界なので、トリミングを決行しました。
例によってパールグラスはピンチカットで行いましたが、増殖しすぎて水槽のほぼ全域に広がってしまってます。
このままでは他の水草を植えるスペースがありません。
折角水上葉から綺麗な水中葉が生えてきたのに、植える場所がないと本末転倒というものです。
そこで、思い切ってパールグラスは間引きする事にしました。
今まで全域を覆い尽くしていたパールグラスは水槽の左側半分を残し、すべて取り除きました。
その空いたところに、水中化したロタラやハイグロフィラを植え替え、ちょっとしたレイアウトを組んでみました。
↓トリミング+植え替え後の30cm水槽。それなりにバランスが取れたレイアウトになりました。
20160917221227_p191.jpg
ロタラ系がちょっとまばらなので、機会を見てもう少し水上葉を追加しようと思います。



一方、45cmの大磯砂水槽はというと・・・
アオミドロが大繁殖し、手が付けられなくなってきました。
↓45cm水槽。見事なアオミドロの絨毯に覆い尽くされてしまいました。
20160917221230_p193.jpg
ちなみに、ガラス面のコケはほとんど見られません。
アルゴパトロールの効果てきめんですが、効いてほしい所に効いてくれなかったので非常に残念な結果でした・・・
歯ブラシでいくら除去してもすぐ増殖してくるので、そろそろ諦めモードに入ってきています。

さらに屋外では、金魚鉢に実験的に植えたウィステリアが超巨大化し、鉢の外にはみ出てきています。
↓はみ出したウィステリアの水上葉
20160917221228_p192.jpg
ショップで買うと数千円分の値段が付く大量の水上葉ですが、みすぼらしいので切り落として処分します。

そろそろ秋に入ります。気温の低下とともに、水上葉の成長も緩やかになってくると思いますが、最終的にこいつらをどう処理しようか、思案に暮れる今日この頃です・・・

(水草 熱帯魚)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本)

価格:770円
(2016/9/17 22:24時点)
感想(8件)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草 ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!

たまには屋外の状況など・・・

水上→水中葉を試行中の30cm水槽の話題も現在ホットですが、春先から施行している屋外鉢の状況もたまにはレポートしてみようと思います。
3月あたりに、水草の切れっ端を植えてスタートした屋外の水上葉育成鉢は、すっかり水草に埋め尽くされてしまいました。
↓現在の屋外鉢の様子。夏前まではグリーンロタラ、ハイグロフィラ、ロタラインディカが主体でしたが、最近はラージパールグラスが勢力を伸ばしてきています。
20160905210310_p189.jpg
20160905210312_p190.jpg
そして、水上葉の鉢の周辺を見てみると・・・
20160905210306_p187.jpg
地面の一角に、ライトグリーンの葉っぱが広がっています。
まさかと思い、近づいて見ると・・・
20160905210304_p186.jpg
ラージパールグラスが地植えされてしまっていました。
この一角、毎朝水撒きするので、鉢からこぼれた切れっ端が勝手に増殖してしまったようです。
おそらく冬場の低温には耐えられないとは思いますが、とりあえず面白いのでどこまで広がっていくか観察してみる事にします。




一方、室内の水槽はというと・・・
まず45cm水槽
アオミドロの勢いは一向に衰えません。
但し、アルゴパトロールの効果で、ガラス面はピカピカです!
狙った効果は得られませんでしたが、この辺はさすがだなと思いました。
↓45cm水槽に生息するカニの子供。近所の川遊び祭りのときに捕獲。
餌を落とすと、両手(ハサミ)に餌を持って、物陰に逃げていきます。
20160905210259_p183.jpg

テトラ アルゴパトロール45 《17cm〜45cm水槽用 藻類発生抑止》【コケ アオコ予防】

価格:442円
(2016/9/5 21:24時点)
感想(0件)




そして、30cm水槽はというと・・・
ついに水草が水面到達しました。
20160905210300_p184.jpg
ちょっと中が見えないので、トリミングを決行しようと思います。
ついでに、前景で伸びすぎたハイグロフィラやロタラも、後景に植え替えようと思います。
上手く根付いてくれるかちょっと心配です。
まあ、枯れたらまた屋外から水上葉を補充しようと思います。

(水草 熱帯魚)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本)

価格:770円
(2016/9/5 21:25時点)
感想(8件)





水上葉の移植状況とコケ抑制状況2

今回も例によって水上葉の移植状況の続きです。
美しい水中葉がどんどん茂ってきています。
30cmの前景部分はこの水中化したハイグロフィラとロタラで覆い尽くされてしまいました。
そして、それに負けず劣らずの勢いで、後景に植えているパールグラスもどんどん伸びてきています。
↓直近の30cm水槽の様子。水槽の容積のほとんどを水草が占有してきています。
20160806172557_p155.jpg
20160806172532_p154.jpg
パールグラスはそろそろトリミングが必要かと思われます。
あと、水草が増えた影響なのか、水面に油膜が発生するようになって来ました。
油膜の対策としては、フィルターの吐出口を上にあげて水面に揺らぎを作ることでだいぶ解消するそうです。
あまりに分厚くなってきたらパイプの位置調整を試みようと思います。




一方、アオミドロ問題が深刻な45cm水槽ですが、アルゴパトロールを設置した真下のバリスネリアだけは、綺麗になってきています。但し、全体的には相変わらずモワモワと水草に付着しています。
あと、気がついたのはんですが、どうもこのアルゴパトロール、アオミドロにはあまり効かないですが、ガラス面のコケにはてきめんに効いているようです。
実際、これを設置してからガラス面の茶ゴケがほぼ消えてしまいました。
↓最近の45cm水槽。相変わらずアオミドロの駆除を行なっていますが、やはり追いつかない状況です。
20160806172525_p152.jpg
20160806172526_p153.jpg
この大磯砂の水槽は、バリスネリアの育成には有利なので、出来れば復活して欲しいところなんですが、今の所分が悪いです。
次の手としてはヤマトヌマエビの投入ですが、ヤマトは高いので、近所のアクアショップの安売り情報に注目しつつ、追加の機会を狙っていこうと思います。

(エビ・貝)ヤマトヌマエビ(10匹)

価格:599円
(2016/8/21 13:25時点)
感想(439件)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草 ブログランキングへ

水上葉の移植状況とコケ抑制状況

30cm水槽に移植した水上葉の育成状況の続きです。
1週間毎に観察していますが、まだまだ勢いを落とすこと無くグングン成長しています。
↓直近の状況。
20160731181354_p147.jpg
20160731181356_p148.jpg
元々植えていたウィステリアとパールグラスの合間にアオミドロがチラホラ見られます。
毎週歯ブラシによる駆除を欠かさず行なっていますが、なかなか撲滅まで持って行く事は困難なようです。
しかし、今回の移植については、こんなに順調に成長してくれるとは思っていませんでした。
この水上葉達、前回植えた時は短期間で縮小し、消滅してしまったので、今回の順調ぶりは正直な所、意外な展開です。
こんなに順調に成長してくれるなら、もう少しレイアウトを考えて植えればよかったです。
(今回は、とりあえずの実験感覚でやってしまったので、スペースの開いている前景に適当に植えてしまいました)



(水草 熱帯魚)おまかせハイグロフィラ(水上葉) 2種×5本セット(無農薬)(計10本) 本州・四国限定[生体]

新品価格
¥642から
(2016/8/6 17:16時点)



一方、アオミドロの侵食が著しい45cm水槽はというと、前回のアルゴパトロールなるものを導入してから、勢いは気持ち落ちた気がしないでも無いですが、相変わらず水草はアオミドロにコーティングされています。
↓アオミドロまみれになった45cm水槽の水草達。
20160731181415_p151.jpg
20160731181357_p149.jpg
20160731181409_p150.jpg
こっちの水槽も毎週歯ブラシを使ってアオミドロを巻きとっているのですが、完全に追いついていないです。
パールグラスの一角にはアオミドロの塊が発生してしまっていたので、根こそぎ引きぬいて除去しました。
夜間は平巻貝がまた幅を利かせて大増殖してきていますし、ちょっと手に負えない状況です・・・
ミナミヌマエビの導入もまだですが、「リセット」の4文字が頭をよぎる今日このごろです。
アルゴパトロールの効果は1ヶ月、来月になって改善しなければ本格的にリセットかなあ??

テトラ (Tetra) アルゴパトロール 45

新品価格
¥429から
(2016/8/6 17:15時点)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草 ブログランキングへ
ブログ王ランキングに参加中!
    >>次へ
プロフィール

1000羽
39歳会社員(仮) 妻一人息子一人と生活 趣味はパソコンいじり、ゲーム、アクアリウム
リンク集
http://fanblogs.jp/1000ba/index1_0.rdf
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事