水草のトリミング、植え替え

昨年一杯、コケと闘いながら水草を育成してきた我が家の30cm水槽と45cm水槽ですが、コケは出ながらもそれなりに成長してくれたおかげで、丈が伸びすぎたり、株が増えすぎたりしてしまい、レイアウトもイマイチな状態になってきていました。
↓スクリューバリスネリアの株が増えすぎ、前景ぎりぎりまでせり出してきてしまった45cm水槽
DSC_0002.jpg
45cm水槽については、硬度を要求するバリスネリア系であるスクリューバリスネリアが順調にランナーを伸ばし、大増殖してきています。
もともとは後景に植えていたのですが、前景方向にランナーが伸びてしまい、水槽前面に張り付くような生え方になってしまっています。
あまりに増えすぎたので、魚に餌をあげても、こいつらに引っ掛かり、うまく給餌ができません。
場合によってはバリスネリアの株の隙間に餌が入り込んで数日後腐ってカビ発生とか・・・
ちょっと今の状態はまずいので、株の間引きを行ってみました。
↓間引きした後の水槽。餌槍に必要なスペースを再度確保しました。
DSC_3124.JPG
間引いた株は、コケで汚れていたり、腐ってボロボロになっていた葉を取り除き、隙間の空いた後景に植えなおしておきました。

(水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株) 北海道航空便要保温

価格:690円
(2019/1/14 11:17時点)
感想(174件)




30cm水槽の方は、定期的に藍藻の被害にあっていたので、下の方の葉っぱが抜け落ち、茎が間延びしたような感じになっていました。
DSC_3106.JPG
特にウィステリアがひどかったので、一旦全部引っこ抜いて、水道で葉っぱを洗った後、適切な長さにトリミングし、再び溶岩砂に植えなおしてみました。
DSC_3125.JPG
栄養を蓄えている水上葉からの育成は根が張りやすく容易でしたが、ちょっとばて気味の水中葉はもしかしたら根を張ることができず枯れてしまうかもしれません・・・
ちょっと心配ですが、追肥等しながら様子を見ていこうとおもいます。

(水草)ウォーターウィステリア(無農薬)(2本) 北海道航空便要保温

価格:640円
(2019/1/14 11:18時点)
感想(66件)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

ヒーター設置後の状況

先日、水温低下対策として、ヒーターを設置した熱帯魚飼育水槽(45、30cm)ですが、その後も水温は大体21度前後の低めにキープしています。
そのせいか、45cm水槽については藍藻の再発は見られません。
ただ、バリスネリアの表面には細かいコケが生えているので、もう少しエビを追加した方がいいかもしれません。
DSC_0002.jpg
もともとバリスネリアは背が高いのでレイアウトとしては後景に配置することが多い種類ですが、この水槽についてはランナーの伸び具合の関係で、前景に集中して生えてしまっています。
頃合いを見てレイアウトをきちんとした方がいいかもしれません。
ただ、この水槽、やはりバリスネリアしか育たないらしく。。。
底床変えたはずなのに前の大磯砂となぜか同じ傾向です。
水草をもっと植えてもっとにぎやかにしたいんですが、藍藻の再発が怖いので、慎重に検討しようと思います。

(水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株)

価格:690円
(2018/12/24 22:00時点)
感想(173件)




一方、30cm水槽はというと・・・
フィルターの循環でだいぶマシになりましたが、週1回掃除しないとちょっと怪しい状態です。
ただし、先日の追肥で水草の成長はよくなっています。
DSC_0003.jpg

DSC_0004.jpg
ウィステリアの下の方の葉っぱがだいぶハゲハゲになってきたので、近々、差し戻しでトリミングしようと思います。屋外の水上葉も寒さでそろそろ枯れてくるので、使えるうちに使っていこうと思います。

(水草)ウォーターウィステリア(無農薬)(4本)

価格:1,010円
(2018/12/24 22:03時点)
感想(9件)





にほんブログ村

遅ればせながら冬の支度を

12月に入り、冬の寒さも本格的になってきました。
屋外の気温はそろそろ氷点下になりそうですが、室内の水槽は家の中の気温がそこまで下がらず、コンスタントに20℃以上をキープしていました。
ところが、ここ最近の冷え込みにより、気温は20℃を切りだし、熱帯魚を飼育している水槽としてはちょっと危ない状態になってきました。
普段は秋の後半にはヒーターを入れだすのですが、今回は藍藻の一件もあったので、水温を低めに保とうとしたところ、ヒーターの導入も意識的に遅らせていました。
↓ヒーターを入れた45cm水槽。水温が低くなっていたので、ネオンテトラも底でじっとしていることが多くなっていました。
DSC_3067.JPG
45cm水槽は夏が終わってから、藍藻の発生はほぼゼロでした。
バリスネリアも一時期は藍藻に侵食されボロボロになっていましたが、ここ最近は元気一杯で、ランナーで株を増やしていっています。

GEX NEW セーフカバー ヒートナビSH160 熱帯魚 水槽用 ヒーター SHマーク対応 統一基準適合 関東当日便

価格:2,950円
(2018/12/15 13:32時点)
感想(23件)



一方、30cm水槽はなぜかまた藍藻が増えだしてしまいました・・・
水槽の中を大掃除しながら、色々確認してみたところ、外部フィルターの配管が折れ曲がり、水の循環がほぼ止まってしまっていました。
いくら水温が低いとはいえ、やはり水がきっちりと濾過されない状態では藍藻も繁殖してしまうようです。
(藍藻は水流の弱いところを好むという話もあるので)
まずはフィルターの配管を修正し、スポイトやピンセットを使って藍藻を除去し、その後多目の換水を行いました。
水草の葉も肥料不足なのか、ちょっとカールしてきていたので、底床にはイニシャルスティックを数粒埋め込んでおきました。
↓大掃除後の30cm水槽。今回の処置で水草が復活してくれる事を祈ります。
DSC_3068.JPG

テトラ イニシャルスティック 300g 関東当日便

価格:930円
(2018/12/15 13:28時点)
感想(148件)



淡水魚水槽に移したハゼの稚魚は、餌もよく食べるので、どんどん巨大化してきています。
DSC_3071.JPG

45cm水槽のシマドジョウも、沈む餌を毎日与えていると、どんどん太ってしまい、今や肥満ぎみになってしまっています。
DSC_3073.JPG

今年一年は藍藻との戦いで終わっていきそうですが、来年こそは綺麗な水槽を構築できるよう、色々と考えていきたいと思います。

(淡水魚)シマドジョウ Sサイズ(3匹) どじょう

価格:1,270円
(2018/12/15 13:29時点)
感想(37件)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

藍藻との戦い(終結?)

以前から長期的に藍藻との戦いが続いていた我が家の屋内水槽達ですが、ここ最近ようやく収束の方向に向かいそうな兆しが見えてきています。
きっかけは、気候の変化でした。
夏が終わり、秋に差し掛かった時点から、徐々に発生が緩やかになり、ここ最近ではほとんど発生が見られなくなりました。
↓藍藻の発生が抑制されてきた水槽の様子
DSC_2732.JPG

DSC_2733.JPG

藍藻の発生要因の大きなところでは、水温が挙げられます。
確かに、水温を見ていると、夏場は冷却ファンを使いながらも28〜30℃あたりをキープしていましたが、秋になると冷却ファンの動きが止まり(水温がセンサーの閾値を超えないから)、さらに時間が経つと水温は22℃前後まで低下してました。
その時点で藍藻発生はほぼゼロでした。
なので、やはり今回の一連の現象の主要因は”水温”だったということになりそうです。
とはいえ、熱帯魚の飼育環境として22℃はちょっと低いかもしれません。(今までが26℃で飼育していたので)
調べてみたところ、ネオンテトラの飼育適温は26℃ですが、20℃〜28℃の間であれば問題なく飼育することが可能だそうです。
これから冬場になるので、ヒータの設置を行う必要がありますが、その際は温度を低めに設定し、藍藻の発生を防いでいこうと思います。

水草の追加とバリスネリアのトリミング

ここ最近水草育成を行っている水槽は、藍藻とのイタチごっこが継続的に行われている毎日です。
とりあえずのところ、まだ心折れることなく毎週駆除を続けていますが、撲滅には至らずという感じです。
が、30cm水槽に関しては、少し勝算が見えてきたかもしれません。
元々この水槽は水草の育成に関しては有利な条件でした。
(ただし、何が原因で水草が良く育つのかは未だに分かりませんが・・・)
ここ最近は株の老齢化が進んですべて枯れてしまった後、追加で水草を植えていなかったところ、藍藻が湧きだして今のような状態になってしまいましたが、ここ最近ウィステリア他、水上葉を多めに植えたところ、藍藻の湧き方がだいぶ減速してきたように感じます。
↓ウィステリアの水上葉を多めに追加し、藍藻の減少してきた30cm水槽の様子。
DSC_2712.JPG
ウィステリアが育つまでは毎週のように溶岩砂を吸い出して洗浄しないと結構な面積が藍藻に覆われていましたが、ここ最近は溶岩砂の洗浄は行わず維持できてきています。

(水草)ウォーターウィステリア(無農薬)(6本)

価格:1,490円
(2018/9/30 10:37時点)
感想(2件)




一方、45cm水槽は相変わらず藍藻地獄が続いています。
そんな中、スクリューバリスネリアはどんどん増えてきていますが、葉っぱの先端にまで藍藻が付着し始めてしまいました。
↓藍藻がへばりついてすっかり汚くなってしまったバリスネリアの様子。
DSC_2679.JPG
DSC_2680.JPG
さすはにこのまま放置するわけには行きません。
参考までにバリスネリアの育成方法を調べてみたところ、この水草を綺麗に育てるためには定期的なトリミングを行うのが効果的との事です。
特に、コケが付着したり、葉っぱが腐ってペラペラになった部分はこまめにトリミングし、若くてきれいな葉っぱだけを残していく必要があるらしいです(当たり前か・・・?)
そこで、我が家のバリスネリアもトリミングを行うことにしました。
上の写真で黒ずんでいる葉っぱはなるべく根元からハサミで切り取っていきました。
結果、バケツの底が埋まるくらい汚い葉っぱが取れました。
↓汚い葉っぱがなくなり、少し綺麗になったバリスネリア達。
DSC_2711.JPG
とはいえ、溶岩砂に沸きまくる藍藻の根本対策についてはまだ目処が無いので、引き続き試行錯誤の毎日を送ろうと思います。

(水草)スクリューバリスネリア(無農薬)(5株)

価格:690円
(2018/9/30 10:46時点)
感想(171件)





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


各水槽のその後の様子

ここ最近忙しく、記事の投稿が出来ていませんでしたが、それぞれの水槽毎に何かと進展があったので、それぞれの状況について。
リセットしてそこそこの期間が経った45cm水槽から。
ハゼの稚魚が大きくなってきて、他の魚に危害を加えるようになりました。
買ったばかりのネオンテトラの稚魚は10匹中5匹死亡。うち2匹は死骸すら無かったので、おそらく食べられたんでしょうね・・・
アカヒレも噛み傷から黴菌が入り、ヒレもボロボロ、そして軒並み水カビ病にかかり全滅。
あまりに悲惨だったので、ハゼの稚魚はそれよりも大きいフナや金魚のいる、淡水魚水槽に移動頂きました。
水草の育成状態も、底床の掃除を定期的に出来ていた時期はスクリューバリスネリアが増殖していましたが、最近はまたそれらの株が藍藻にやられつつあります。
↓バリスネリアでモサモサの45cm水槽。よくまああの2〜3株からここまで増えたもんですね。
DSC_2674.jpg


次は30cm水槽です
相変わらずアフリカンランプアイ(第2世代)がいい感じで育っています。
第3世代の稚魚もいましたが、生き残ったのは一匹だけでした。
なお、この水槽もいつの間にやら藍藻の餌食になっていましたので、定期清掃の対象です。
ただ、45cmよりはマシかな?
最近は屋外に状態の良いウィステリアの水上葉が育ってきたので、移植して水中化させています。
↓ウィステリアの育成状態(30cm水槽)間近で見ると、藍藻が葉っぱを覆っている時があるので、スポイトで吸い取って駆除しています。
DSC_2675.jpg

↓メダカ鉢で順調に育つウィステリアの水上/水中葉。なかなか綺麗です。
DSC_2668.jpg
↓水上葉用の鉢も各種水草がモサモサ茂っています。
DSC_2669.jpg

最後に金魚鉢ですが、土佐錦が残り一匹になったのと、以前川遊びで捕まえてきたヒレのヒラヒラした丸っこい金魚たち(水泡眼、出目金、琉金、ランチュウ)が、隣の金魚鉢でいじめられ、ヒレがボロボロになってしまったので、これらの金魚は薬浴でヒレを治療後、土佐錦の鉢に集結させました。
結果として、非常に平和に暮らしているようです。
DSC_2670.jpg
ランチュウに至っては、胸ビレがかじられ、ほぼ完全に無くなってたのですが、最近は形の綺麗な小さな胸ビレが生えてきています。

藍藻退治が後回しになっていますが、それぞれ何とか維持(できていない)しています。
やっぱり溶岩砂がダメなのかなあ?
やっぱり大磯に戻ろうかどうか、最近ちょっと考え中です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

淡水魚、金魚他の追加

屋内の水槽は相変わらず藍藻とのイタチごっこが続いています。
そんな中、今年も恒例の地域の川遊びが行われました。
毎年川の下流で開催されるこのイベントですが、金魚を川に放流し、待ち構えた地域住民が網でそれを捕まえるというもので、使われる金魚もちゃんとした弥冨産の金魚で、品種も色々混ざっています。
今年は川の水の流れの早いポジションに陣取り、近所の知人と雑談をしたいたんですが、遊泳力の低い琉金やらランチュウやらが半ば溺れながら流れてくるではありませんか。
すかさず網を差し出し、待ち構えたところ、金魚はいとも簡単に網に流れ込んできてくれました。
結果として、今回は金魚を追いかけて捕獲するどころか、逆に急流に巻き込まれた金魚を救助するような感じで、数匹の綺麗な金魚を捕獲することに成功しました。
その他、もともと川に生息しているハゼの仲間の稚魚らしき魚も数匹捕獲し、家に持ち帰りました。
↓今年の戦利品。
DSC_2184.jpg

家に帰って、それぞれの飼育に適してそうな水槽や鉢に魚を放流しました。
泳ぐのが下手な金魚(琉金、ランチュウ、水泡眼、出目金)は、ほかの魚にいじめられてヒレがボロボロになったりするので、土佐錦の鉢に入れました。
DSC_2279.jpg

泳ぎの上手そうな、金魚(和金、コメットなど)や、口の大きいハゼの稚魚(おそらくヌマチチブの稚魚)は、エビを捕食するといけないので、その他の金魚鉢に入れました。
DSC_2280.jpg

そして、口の小さいハゼの稚魚(マハゼかな?)は、45cm水槽で飼いならしてみました。
ハゼの稚魚の動画はこちら
毎朝の餌やりタイムや、夜中に水槽を覗くとヒョコヒョコと寄ってきてくれます。
なかなか可愛らしいです。
DSC_2443.JPG


せっかく捕まえてきてので、病気にならないよう気を付けて飼育していこうと思います。
↓ついでに屋外の水中葉を育成している睡蓮鉢にも、ヒメダカを入れました。
DSC_2277.jpg

にほんブログ村 観賞魚ブログ 淡水魚へ
にほんブログ村

45cm水槽(相変わらず藍藻との戦い)

リセット後、藍藻の復活を許してしまった45cm水槽ですが、あれからもこれといった決め手が無く、イタチごっこの日々です。
オキシドールによる駆除も、一時的には綺麗になりますが、1週間もすると元通りの状態になってしまいます。
↓何度駆除しても湧いてくる藍藻
DSC_2100.jpg
見た目も汚く、悪臭もなかなかのものです。
これでは、アクアリウムを続けている意味もありません。
最初は地道にスポイト等で吸い上げいましたが、スポイトの口に溶岩砂の粒が詰まり、取れなくなったりと、効率も上がりません。
そこで、排水ポンプを使って、砂ごと吸出し、水道で洗ってみる事にしました。
↓吸い上げた砂をバケツで洗っている所。このように砂をシャワーゆすぐと・・・
DSC_2060.jpg
↓藍藻が砂から剥がれ、水に浮き上がってきます。(かなりバッチイ光景です・・・しかも臭い)
DSC_2062.jpg
水の中に浮いている、海苔の破片のようなものが、溶岩砂に付着していた藍藻です。
藍藻は他のコケと違い、こびり付くようなことは無く、水でゆすぐだけで簡単に剥がれてくれます。
が、量が多すぎて気持ち悪い事この上なしです。

洗った砂は、水替えの水を戻す時に、水槽に手で戻しています。
↓洗った砂を戻した後の水槽。一時的ですが、砂の色が元通り、綺麗な黒色に戻っています。
DSC_2145.jpg
毎週これを繰り返すのは、そこそこの手間ですが、これを繰り返しだしてからは、水草が綺麗に育つようになってきました。(と言っても、今生き残っているのはスクリューバリスネリアだけですが)おそらく定期的に藍藻が取り除かれるので、水草の本体が藍藻で覆われる事が少なくなったせいなのではないかと思います。
とはいえ、掃除をサボるとすぐに元通りという状況には変わりないので、何か恒久的な対策を考えていこうと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

外部フィルターの修理

30cm水槽に使用していた外部フィルターの故障により、しばらくはコーナーフィルターでつないでいましたが、ここ最近ようやく補修部品を入手する事ができましたので、修理に取り掛かる事にしました。

まずは、磁石が割れていたインペラの部品
DSC_2019.JPG
厳重にクッション材に梱包されています。
磁石割れるとアウトなので、梱包輸送形態にはかなり気を使っている様子です。
早速、パッケージから取り出し、交換しました。
DSC_2021.JPG
問題なく取り付けられたので、蓋をしておきました。
あとは、前から気になっていたストレーナーパイプを交換しました。
何が原因かは分かりませんが、ひん曲がっていました。
DSC_2022.JPG
特に実害はないんですが、ちょうどインペラの吸い込み口とのはまりが悪かったので、交換すべく、追加で注文しておきました。
DSC_2023.JPG
これでポンプ周りは完全に修理完了です。
あとは、濾材をつめて、水槽につなげば完成ですが、つなぎで使っていたコーナーフィルターがなかなかいい働きをしてくれていました。確かアレは、2つある濾材カートリッジの中で、片方はノーマルのスポンジ、片方は鹿沼土を使っていました。

選別鹿沼土 細粒 14L(約8kg) 単用土 土 お一人様3点限り 関東当日便

価格:440円
(2018/7/8 22:04時点)
感想(5件)



今回はそれをまねて、鹿沼土を濾材に使ってみようと思いました。
↓ケースに直接鹿沼土を入れたところ
DSC_2024.JPG
これでは、水を入れた時に鹿沼土が浮き上がり、インペラに巻き込まれる恐れがあります。
そこで、台所の排水ネットに濾材を詰め込み、ケースに収納する事にしました。
DSC_2025.JPG
ついでにセラミック濾材もミックスしてみました。
最後にこの状態でフィルターを組み立て、水槽につないで修理完了です。
果たして新生フィルターの効果は如何に??
最近の藍藻地獄からの脱出を祈りつつ、状況観察しようと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

外部フィルターの故障

ここ最近、45cm水槽の再立ち上げで悪戦苦闘の毎日ですが、隣の30cm水槽でもトラブルが発生してしまいました。
トラブル発生前の数日間、外部フィルターから異音が出ていたのですが、気づくと循環がストップしていました・・・
おかげで、水槽の表面は油膜まみれ、砂は藍藻まみれになっていました。
幸いこの水槽で生まれ育ったアフリカンランプアイは無事でしたが、一刻も早く対策を取らなくてはいけません。
大急ぎで代わりの外部フィルターを探しましたが、結構なお値段です。
ネット通販でポチッと発注する手前でどうしても「注文を確定する」ボタンを押せない自分がいました。(貧乏根性丸出し・・・)たかだか数千円の買い物ですが、されど数千円、節約することで他の色んなことにお金を使えます。
と、いうわけで、まずは外部フィルターのどこが壊れたかをじっくりと調べ、修理の可否を判断した上で、買い替えを検討することにしました。

スドー エデニックシェルト V3 水槽用外部フィルター おまけ付き 関東当日便

価格:4,980円
(2018/6/10 10:06時点)
感想(38件)



この外部フィルターの構造は単純で、本体部にモータが仕込まれていて、その電力で羽(インペラ)を回転させる構造です。羽を回転させても、フィルターのケースの中にある程度の水が入っていないと循環が始まらないので、呼び水の注入が必要です。また、ケースはOリングで密閉されていて、気密性が悪くなると水ではなく、空気を吸い込んでしまい、水をくみ上げることができなくなります。
というわけで、まずは改めてフィルターに電源を投入し、どういう状態で止まっているかを確認してみることにしました。
すると・・・
電源を投入しているのにも関わらず、フィルターはうんともすんとも言いませんでした。。。
おそらく、羽自体が回っていない様子です。
羽が回らない原因としては、羽を駆動するモータのコイルが焼き切れたか、羽の回転部に異物が詰まっているかのどちらかだと思うのですが、モーターが焼き切れた場合、樹脂が焼け焦げてかなりの異臭がするはずです。なので、モータの焼損はおそらく無いと考えました。
では、インペラ(羽)の異常かな?と思い、フィルターのポンプの部分を分解してみました。
まずは、フィルターの本体上部のポンプ部を取り外します。
DSC_2006.jpg
そして、インペラを収納している部分のカバーを取り外します。
カバーははめ合いではまっているだけなので、手で容易に取り外すことが出来ました。
↓インペラが取り付けられている様子。
DSC_2005.jpg
インペラは羽の根元に磁石が付いており、この磁石の磁気の吸引反発と、コイルの磁界で、モーターを形成しています。
ちなみに、このインペラも磁石の磁気で吸い付いているだけなので、手で容易に取り外すことができました。
で、インペラを取り外してみると・・・・
↓磁石が割れていました。
DSC_2004.jpg
こうなると確かに、回りませんね。
取り急ぎ、ネット通販で交換用のインペラを手配しましたが、修理が終わるまでは45cmの大磯砂水槽時代に使っていたコーナーフィルターを入れる事にしました。
↓コーナーフィルターを30cm水槽に入れたところ。だいぶ水がやばい色になっています。
DSC_2008.jpg
水深が足りないので斜め置きになっていますが、一時的なものなので、とりあえずはこれでしばらく頑張ります。



にほんブログ村
    >>次へ
プロフィール

1000羽
39歳会社員(仮) 妻一人息子一人と生活 趣味はパソコンいじり、ゲーム、アクアリウム
リンク集
http://fanblogs.jp/1000ba/index1_0.rdf