蛍光管照明のLED化

現在40cmの淡水魚用水槽に使用しているのは、5年前に購入したGEXの蛍光灯の照明です。
12W照明2灯の、合計24W相当の蛍光灯照明ですので、水草の育成としては若干弱めの出力でしたが、当時はこれを使って頑張って45cm水槽の水草を育成してしました。
その後、予算が確保できたので48Wの蛍光灯照明に変更し、それまではマツモしか育たなかった水槽でアメリカンスプライト等の水草を育成できるようになりました。
さらにその後、高出力のLED照明に変更し、強い光を必要とするパールグラスの類が育成できるようになりました。
照明の交換の際に、余った照明は水草の育成をあまり重視しない淡水魚水槽に使用していたわけですが、ここ最近2灯のうちの片方が点灯しなくなってきました。しかも照明を揺さぶると接触が良くなって点灯したり消灯したりという感じで、ちょっと危ない感じです。
これ以上使ってると照明が焼き切れそうなので、一旦水槽から照明を下ろし、分解してみました。
すると、蛍光球は焼損寸前の状態でした。
↓取り外した蛍光球の状態。蛍光管の付け根が変色して焼き切れる寸前です。
DSC_1607.JPG

この危ない電球は処分するとして、新しい電球を買おうとしたところ、純正の交換球は既に販売終了らしく、もう売っていませんでした・・・
ただ、この蛍光球はE17の白熱球の口金で使用するタイプのものなので、サイズさえ合えば普通の家庭用電球が使えるようです。
さっそく電気屋に行ったのですが、このご時世、蛍光球はほとんど売っておらず、LEDタイプのものが数種類見つかる程度でした。
見たところ、サイズは元々の電球よりも小さく、出力は4Wでした。
LED電球は蛍光灯の1/3の出力で同等の光量という話なので、この電球は12Wの蛍光灯相当ということになります。というわけで、今回はとりあえずこれを使ってみることにしました。
色は太陽光に近い昼光色が欲しかったのですが、無かったので昼白色にしておきました。
↓LED電球を本体に取り付けた状態。だいぶ電球が小型になったので、スカスカな感じです。
DSC_1605.JPG

そして、電源をつなぎいざ点灯!
↓なかなかの光量です。以前の蛍光灯と同等もしくはそれ以上です。
DSC_1606.JPG
蛍光灯は点灯開始してすぐに光量が低下し、ある程度のレベルに落ちた後、じりじりと劣化していきますが、LEDは寿命も長く、劣化も少なく、消費電力も1/3に削減できます。
イニシャルコストは高いですが、トータルで見るとお得になるものと思われます。
LEDに交換したことでこの照明も捨てずにあと数年使用し続ける事ができそうです。



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

45cm水槽のリセットに向けて始動

以前から水草が育たなくなっている45cm水槽ですが、いろいろな手を尽くしましたが、やはり復旧は難しそうです。
水草を植えても一か月以内にコケまみれになり、枯れてしまいます。
↓現在の45cm水槽。すべての水草がコケまみれ、隅っこには藍藻がはびこり、スネールも発生してきています。
DSC_1597.JPG
そろそろ見切りをつけてリセットに向けて舵を切ろうと思います。
リセット活動を開始するにあたり、まず最初に行うのは、生体を退避させる引っ越し水槽の立ち上げからです。
ちょうど1年前も同じようなことをしてたような気がしますが、倉庫に眠っていた発泡スチロールのケースを引っ張り出し、水とフィルターとヒータを入れて、とりあえず飼育水を作り始めました。
↓水を張った状態の発泡スチロール水槽。
DSC_1596.JPG
ヒーターは屋外の金魚鉢に使っていた26℃のオートヒーターを使用しました。
去年は真冬の気温の影響で14〜5℃までしか温度が上がりませんでしたが、何故か今回は22℃まで昇温することが出来ていました。
DSC_1595.JPG
前回ゃんと電源が入っていなかったのか、それとも使い方が悪かったのでしょうか?
とはいえ、このヒーターは電源を入れて水に放り込むだけなので、使い方もくそも無いんですが・・・
良くわかりませんが、引っ越しの退避期間中はこの環境で何とか頑張れそうです。
とりあえずこの状態でしばらく循環を続け、タイミングを見計らってアカヒレあたりからこの水槽に移していこうと思います。

GEX セーフカバー オートヒーター SH36 SHマーク対応 統一基準適合 関東当日便

価格:1,680円
(2018/1/8 20:30時点)
感想(5件)




そして、次の水槽立ち上げのコンセプトも同時に考えていかなくてはいけません。
どうやったら上手くいくのか??
色々勉強してみようと思います。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

アフリカンランプアイの繁殖2

アフリカンランプアイの稚魚が出現してからほぼ1か月が経過しました。
その後の状況はというと、今のところ順調に育ってくれています。
しかも、最初は2匹だったのですが、気が付けば8匹に数も増えていました。
DSC_1598.JPG
サイズも1cm前後まで成長しているので、ほかの魚とかに捕食される心配も無くなってきていると思います。

これからもどんどん卵を産んで増えてほしいな。と思っていたのですが、今朝見ると片方の親の個体が死亡していました。。。
水質の問題か、それとも寿命かははっきりしませんが、非常に残念な出来事でした。
当面はこの稚魚たちが成魚になるまで、メダカの餌をすり潰しつつ、頑張って育てていこうと思います。

アフリカンランプアイ 1cm  20匹

価格:1,529円
(2018/1/8 10:53時点)
感想(4件)



にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

アフリカンランプアイの繁殖

現在、我が家で飼育している熱帯魚は、水草育成をしてる関係で小型魚ばかりです。
具体的には、ネオンテトラ、カージナルテトラ、チェリーバルブ、プリステラ、アカヒレなどが主でしたが、いすれも繁殖には多少難ありの種類ばかりでした。
そんな中、アフリカンランプアイは、メダカの仲間なので上手く飼育したら繁殖できるという話は聞いていたのですが・・・
ある日いつものように魚に餌を与えていたところ、水面付近に体調3mm程度の目の光る魚が出現しているのに気が付きました。
↓出現した小さい魚。こんなのが2匹見つかりました。
DSC_1538.jpg
目の光り具合から、アフリカンランプアイの稚魚であることは間違いないと思われます。

30cm水槽は水草も豊富ですので、産卵する場所も充分にあったんでしょうか。
いずれにせよ、普段与えているメダカの餌では粒が大きすぎて食べられなさそうでしたので、普通のメダカの稚魚を育成するときと同じ要領で、乳鉢で餌をすり潰して与えることにしました。
↓使用した小型の乳鉢
DSC_1548.jpg
粉末にした餌を見つけると、稚魚は元気に餌に食いついていました。

どんどん食べて、早く大きくなってほしいものです。

(熱帯魚 水草)ビギナースタートセット アフリカンランプアイ S〜Mサイズ(10匹) +クーリーローチ(3匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

価格:1,270円
(2017/12/4 01:23時点)
感想(1件)




にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村

水上葉大放出その後(7)3回目の滅亡

色々手を尽くしてきた45cm水槽での水草育成ですが、液肥や換水などちまちまと手入れをしていたところ、ここ最近色々と忙しくなり、数週間放置してしまいました。
その結果、またまたコケまみれになってしまいました・・・

↓放置の結果、コケまみれになった45cm水槽
DSC_1438.jpg
DSC_1437.jpg
DSC_1440.jpg
溶岩砂の表面には藍藻がはびこり、水草はアオミドロまみれになってしまいました。
植えた水上葉も上手く成長していないようです。
ここまでコケがはびこる理由について、色々調べてみましたが、やはり水質が問題であることは間違いないようです。
コケが増殖する原因としては
・リン成分が過剰・・・リンは藍藻が最も好む栄養分だそうです。魚に餌をやり過ぎた状態で換水をさぼるとこういう環境になるそうです。
・水質がアルカリ性・・・水草(特に今植えている種類)が上手く育つ環境は弱酸性。アルカリ性の水はコケの増殖を促進するそうです。

で、これに対する対策としてはというと
・底床にソイルを使用・・・ソイルはリンを吸着し、水を弱酸性にしてくれるそうです。→最も安易な方法ですが、なんか負けてしまったような気分になってしまうので、保留です。
・薬剤添加・・・水を弱酸性にする石や薬を入れる→金がかかるので却下。
・底床を赤玉土に変更・・・赤玉土も安価で水を弱酸性にしてくれるので、巷では結構使われているようです→せっかく買った溶岩砂がもったいないので保留
どの方法についても自分としては今一つ納得いかないので、他に納得する方法がないかもう少し調べてみようと思います。
一方、30cm水槽はというと・・・
DSC_1441.jpg
液肥の添加もいい感じで効果を表し、相変わらずの絶好調です。
ウィステリアは相変わらず元気いっぱい、前景に植えたパールグラスも徐々に勢いが出てきていますし、中央の天然石にいつの間にか活着していたミクロソリウムもそこそこ順調に育っています。
アオミドロの発生が若干見られますが、歯ブラシで週一回駆除しているので何とかなっています。

やっぱり45cm水槽は冬場が始まる前にリセットかなあ・・・



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

液肥の調合について

45cm水槽の水草は相変わらず枯れ放題です。
アオミドロの増殖も目立ってきて、もはや崩壊の一途を辿っています。
水上葉も、入れた当初は体内にため込んだエネルギーを使って成長しますが、しばらくすると成長は止まり、コケまみれになっていく始末です。
ただ、コケが湧きまくるという事は、水草の栄養が不足しているという訳ではなさそうです。
特に、窒素(魚の排せつ物)、リン(餌の食べ残し)についてはおそらく有り余るくらい供給されていると思われます。
その反面ですが、カリウムについては不足の懸念があります。
一応イニシャルスティックを底床に埋め込み、カリウムの供給は心がけていましたが、それでも不足している可能性はあります。
そこで、カリウムを別途供給できるようにしてみようと思いました。
ただし、カリウムを含んだ水草用の液肥は高価でなかなか手が出ないのが現実です。
色々調べてみると、市販の薬品を使って安価に液肥を調合することが出来るようです。

まず必要なのは、炭酸カリウム
と、水(できれば精製水)と、容器・・・
早速炭酸カリウムを購入してみました。
↓購入した炭酸カリウム。やっぱり安いです。
DSC_1345.jpg

炭酸カリウム 250g 食品添加物グレード 水草栄養剤 液肥 油汚れ落とし 植物成長

価格:594円
(2017/10/20 23:07時点)
感想(6件)




液肥の調合方法はというと
適当なボトルに炭酸カリウム50gを投入。
水500mlを加える。
だけです。
炭酸カリウムを溶かすと溶解熱が発生します。
結構熱くなりました。
↓完成した液肥。
DSC_1346.jpg

↓水槽に追肥しているところ。20リットルに対し、1日あたり液肥1mlが目安です。
DSC_1347.jpg
45cm水槽の容積は38リットルですので、2ml弱くらいが適切かな?という感じです。

ちなみに炭酸カリウム水溶液は強アルカリなので、取り扱いは要注意です。

果たして効果は如何に??

コケにまみれた水草はとりあえず除去し、植え直しを頑張ります。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


水上葉大放出その後(6)植え直し

ついに藍藻まで湧いてしまった45cm水槽、オキシドールの散布により駆除は成功しましたが、水草の成長は完全に止まり、葉っぱもコケまみれになってきました。
↓コケまみれになってしまった45cm水槽の水草たち
DSC_1353.jpg
DSC_1354.jpg
ウィステリアの状態が特にひどく、ヘアーグラスもボロボロです。

これ以上放っておくと水草が腐ってしまい、水質悪化を招きますので、ウィステリアは水槽から取り除くことにしました。
↓水槽から取り除いたウィステリアたち。茎、葉っぱはコケまみれのひどい状態ですが、根っこは意外にしっかりと生えていました。
DSC_1357.jpg

ウィステリアを抜いた後は、改めて屋外の水上葉をちょん切って植えなおしてみました。
もうすぐ寒くなってきて、水上葉も枯れてますので、この際大放出を続けることにしました。
↓植えなおしたウィステリアの水上葉。やっぱり植えたては綺麗な緑色です。
DSC_1355.jpg

茎と発はボロボロでしたが、根っこはきっちり生えていたところをみると、やはり水質が問題なんでしょうか?
やっぱりこの水槽、立ち上げ失敗かもしれません・・・
でも頑張ります。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水上葉大放出その後(5)〜ついに藍藻が・・・

ヤケクソ育成が続いている45cm水槽は、水草の状態も徐々に悪化し続けています。
↓全体の様子。右側のウォーターウィステリアは葉っぱが丸まり、枯れる寸前です。
DSC_1326.jpg
そしてなぜかラージパールグラスは気泡を付けて盛んに光合成中です。

ミナミヌマエビの投入で、コケの増殖は緩やかになっている気がしますが、予想通り水草に食害の跡が見られるようになってきました。
↓コケ取りにいそしむミナミヌマエビ。購入当初から比べると体も大きくなり、体色もはっきりしてきました。
DSC_1322.jpg

水面には茎が溶けた水草が浮かんでくるようになってきましたが、根元を見ると黒ずんだ藍藻が付着していました。
↓浮き上がってきた水草の切れっ端。藍藻がついていました。
DSC_1321.jpg

そして、ヘアーグラスにも藍藻の猛威が・・・
↓藍藻に覆われてしまったヘアーグラス(奥の方の茶色い塊がそうです)
DSC_1325.jpg
やはり水質というか、ろ過が駄目なのかもしれません。
藍藻に対しては再びオキシドールで駆除を試みますが、際限なく湧いてきだすとまた水草をどけて砂洗いかリセットのどちらかをしなくてはいけません。
とはいえ、ラージパールグラスも元気に気泡を付けていますし、ヘアーグラスもランナーを伸ばして少しずつ増えてきているので、全部が全部駄目という訳ではなさそうです。

一方、30cm水槽では・・・
ウィステリアがどんどん巨大化しています。
↓巨大化したウィステリアの水中葉。とても綺麗な状態です。
DSC_1323.jpg

45cmのウィステリアは、完全に成鳥が止まっているので、腐ってきたら早めに除去しようと思います。
やはり水質が駄目なのかも??
現在、水質測定グッズが在庫切れなのでそろそろ腹をくくって再購入を検討しようと思います。

テトラテスト 6in1 試験紙(淡水用)水質検査試験紙 関東当日便

価格:1,430円
(2017/9/30 12:41時点)
感想(624件)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草ランキング

水上葉大放出その後(4)

調子に乗って水上葉を植えまくっている45cm水槽の状態ですが、まだ壊滅までは行かず、低空飛行状態という感じです。
そんな中、先週植えたラージパールグラスは、コケも付着せず、盛んに気泡を付けて光合成をしているようです。
今までパールグラスの育成は数回成功していますが、ラージパールグラスは土の栄養分が足りないせいか、室内の水槽では1回も成功した事がありません。これでランナーを伸ばして株が増えだせば一応成功という事になりますが、あまり期待はせず見守ろうと思います。
↓気泡を付けるラージパールグラス、後ろに生えているウィステリアは死にかけですが・・・
DSC_1308.jpg
ウィステリアは相変わらず劣化の一途を辿っていますが、ヘアーグラスは株の周辺から新芽が噴出してきているので、今のところまだマシな状態なようです。ウィステリアは根っこの状態が悪いかもしれないので、植えている部分にピンポイントで土を増やして厚めにしてみました。
↓ヘアーグラスのコケ取りをしてくれているミナミヌマエビ、なかなかいい働きをしています
DSC_1312.jpg
水槽の左側は水草の状態がよさそうなので、更に追加で今植えている対角の位置に新たに2本ウィステリアを植えてみました。こちらはまだ初期段階で余力があるので、元気に水中葉を展開してきています。

一方、30cm水槽は・・・・
↓絶好調です。ウィステリアが大きく、そして美しく成長しています。
DSC_1311.jpg
45cm水槽はいつになったら安定するか?
先が見えませんが、できる限りのことはしていこうと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水上葉大放出その後(更に悪化)

やけくそ水草育成が続いている45cm水槽ですが、日を追うごとに水草が茶ゴケに覆われていっています。
以前立ち上げた時はヤマトヌマエビを大量投入し、コケ駆除を行いましたが、その後、勢い余って水草は食害され、ボロボロの丸坊主になって枯れていきました。
今回も同じようにコケ駆除を行いたい所ですが、食害で丸坊主も避けたい所です。
現在は2匹のヤマトヌマエビが細々とコケ取りをしてくれていますが、正直追いついていませんし、ヘアーグラスの細かい隙間にはなかなか入り込めていない感じがしました。
そこで、考えたのがミナミヌマエビの投入です。
ミナミヌマエビも一応コケ取りしてくれますが、体が小さいので、コケ取り能力は低めです。
なので、そこそこの数を投入する事にしました。
↓投入したミナミヌマエビ
DSC_1289.jpg
↓葉っぱの縁が茶色くなってきてるウィステリアのコケ取りしてくれていますが・・・
DSC_1288.jpg
普段ヤマトヌマエビを見慣れているせいか、ミナミヌマエビはかなり小振りに見えます。魚に捕食されないかどうか心配です。合計20匹投入しましたが、果たしてちゃんと仕事してくれるかどうか??

↓ヘアーグラスは徐々に株の周辺にランナーを伸ばして、新芽が出てきていますが、本体は壊滅的にまっ茶色です。。。
DSC_1287.jpg

そして、懲りもせず前景にラージパールグラスの水上葉を植えこんでみました。
ラージパールグラスは養分の少ない溶岩砂ではおそらく育成不能の可能性大ですが、水上葉が大量に有り余っているので、ダメ元で植えてみました。
DSC_1291.jpg

一方、30cm水槽はというと・・・
ウィステリアの水中葉は水面到達するほど巨大化し、まさに絶好調です。
↓水面到達したウィステリアが立派な30cm水槽。生体が減ってきたのでアフリカンランプアイを入れました。
DSC_1282.jpg
株の状態も良く、コケとか全然付いてないし・・・
一体どういう事なんでしょうね??

(熱帯魚 水草)ビギナースタートセット アフリカンランプアイ S〜Mサイズ(10匹) +クーリーローチ(3匹) 北海道・九州航空便要保温

価格:1,290円
(2017/9/18 22:49時点)
感想(1件)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

水草ランキング
ブログ王ランキングに参加中!
    >>次へ
プロフィール

1000羽
39歳会社員(仮) 妻一人息子一人と生活 趣味はパソコンいじり、ゲーム、アクアリウム
リンク集
http://fanblogs.jp/1000ba/index1_0.rdf
<< 2018年01月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事