広告

posted by fanblog

2020年08月30日

マスクは明治時代から日本で使われていました


マスクは大量に必要になります。
1000枚あれば長持ちはすると思います
ガスや有害などの予防には向いていないので注意です
耳が痛くならない柔らかいゴムを使用していますが、使い捨てマスクで再利用は出来ない
大きめの粒子をカットして、高機能フィルターなどを使用していて肌に優しい環境になっています.
二種類ありますが、.ランダムなのでどれが手元に届くかはぉ楽しみだと思います。
CE+FDAの取得済なので安心して使用出来ます。
マスクは中国で生産していますが、信頼を持っているので安心して使うことも出来ます。
メルトブロ−ン不織布特徴は、優れた通気性を確保していて乳軽の侵入を防ぐ効果もあります
使用出来る年齢もあるので注意をして感染防止を常に意識を持つ行動をするように
夏から秋は特にまだ暑いので感覚を広げてマスクを外して行動するように注意をして水分補給や
休憩などをして熱中症にも注意するようにも
今年はなぜマスクがこんなに必要になったのてしょう
去年まではマスクは本当に必要がなかったです
マスクしなくても感染はしなかったと思いますし、密になっても自由に遊んだりして楽しめたと
思います。
マスクは白が一般的だと思いますし、インフルエンザになってからのマスクは大正時代から使用されたと言われています
昭和9年にインフルエンザが猛威をして再びマスクが増え初めてきましたが、現在のマスクになったとされたのが、終戦を終えて3年建ってと言われています。
マスクは花粉症や風邪予防や時には顔を見られたくない人もいます。
マスクは毎回外して使用するのが基本に鳴っています
インフルエンザと別になれば、明治時代にはマスクをしていたとされていますが武士の時代の影響も
あり本格的な日本になる前だと思います。
明治は45年で大正は15年ですが、本格的な病気は大正から現在に至っています。
マスクをしても大正天皇のように病弱になることもありますし、昔はインフルエンザになっても今と違い
治療法がないと言われた時代です
交通機関が少ない時代にマスクを生産するのも大変だったと思いますし、マスクを購入するのも高いイメージがあります
マスクが購入出来ない人は命を落として仕舞うこともありました
医者も限られていて本格的な治療法もまだハッキリと分からない時代だと思います。
海外では黒マスクは昔からあったと言われましたが、次第に白に変わった思います
衛生面から白が清潔と言われていますが、これが日本の流行になりました
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
https://fanblogs.jp/tb/10158258
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ブログ王ランキングに参加中!
ファン
検索
<< 2022年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
写真ギャラリー
https://blog.with2.net/link/?2017339
最新コメント
テレビ朝日 by スーパーコピー sss級 (02/29)
テレビ朝日 by プラダ スーパーコピー キーケース emoda (02/28)
スマホ系修理 by スーパーコピーブランドN品 (10/23)
スマホ系修理 by スーパーコピー 通販 服 (10/21)
スマホ系修理 by オーデマピゲスーパーコピー (10/20)
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
秋元松子さんの画像
秋元松子
プロフィール
http://blogrank.toremaga.com/
プロフィール
秋元松子さんの画像
秋元松子
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。