ファン
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ

広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

緊急!フリーランス転身を目指す日本語教師の方へ

あと4日!自分を売る方法を手に入れるチャンス

フリーランスになって2年目になるころ、
私は自分のホームページを立ち上げました。
この決断が後に、
大型契約の要になるなんてことも知らずに・・・

今年に入り、
大手日経企業に勤めるクライアントからレッスンの依頼がありました。
希望の契約期間は1年。
私としてもなんとか決めたい!!

しかし
日本企業はフリーランスとの契約を好みません・・
この会社は日系で大手ということもあり、
契約に必要とされる提出書類が山のようにありました。

そこで、「やっといてよかったー!!」
と心底思ったのが、ホームページの立ち上げ。
言うなれば、
「フリーランスでちゃんと活動していますよ」という証明。
このクライアントは何件かの日本語学校と私を天秤にかけていたのですが、
ホームページを持っていることで日本語教師の活動を信頼してもらうことができ、
他の学校としっかり張り合うことができた
のです。


痛感した自分を売るスキルの重要性
しかしホームページなんて作ったことのない私は、
何から始めればいいのか
何をどう書けばいいのか
まったくわからない・・・
クライアントが魅力に感じることってなんだろう?
私の魅力を感じてもらえるような文章って、どうやって書くんだろう?

そこで痛感したのが、私たちフリーランスは、
自分で自分をセールスしなければならないのだということ。

そのために必要なことは、
クライアントが求めていることを正しく見極めるための質問力
そしてそのクライアントに「この人はプロだ」と判断させるあなたの服装や立ち振る舞い
心から納得して、「ぜひ買いたい」と思わせる文章を書く力

私は困り果ててビジネスの師であるK氏に相談しました。
コピーライターであり、マーケッターであるK氏が真っ先に勧めてくださり、
自分をセールスするためのノウハウがすべて書かれた本がコチラ。

悪用厳禁 『説得の心理学』 ダイレクト出版
(クリックでダイレクト出版のサイトに飛びます)
http://directlink.jp/tracking/af/1454237/cwwZ4yIB/

難しそう!しかも分厚い!
「コピーライテイングなんて興味はないし勉強したくない!」
「フリーランスはまだまだ先だから今はまだいいや・・」

そう思いますよね。
私もそう思いました。
本当に気が進みませんでした!!!
読みたくありませんでした!!!

でも、読んでよかったです。
これを読んでいなかったら、
クライアントが取れない理由がわからず自信を失っていたと思うんです。
フリーランスとしての活動も諦めていたかな。
ただ、
人が人を信頼する理由
人が特定の場所から商品やサービスを買いたいと思う理由
人を引き付け、信頼させる文章の書き方を、
知らないというだけの理由で

でも、あなたは大丈夫です。
今、知ることができたのですから!
考えてみてくさい。
今すぐフリーランスにならないとしても、
自分を売る技術は今から磨いておくべきだと思いませんか?

会う人、ご縁のあった人に自分の印象を残し、興味を持ってもらうこと。
どこに紹介の種があるかわからない日本語教師にとっては、
かなり重要なこと
です。


あなたがいつもする自己紹介で、あなたの魅力が伝わりますか?
あなたの名刺で、あなたの魅力をどう表現しますか?
今、学校に勤めていたとしても、
学校の外で出会う外国人に渡す用に
オリジナルの名刺を作っておくに越したことはありません。
私のフリーランスの師であるA先生は、
わざと一回り小さいサイズの名刺を作り、
人の目に留まるようにしているそうです。

嫌々読み始めた本でしたが、
読み進めると本当に興味深いんです。

カルト集団に洗脳された母親を持つ筆者が、
人が洗脳される心理的なからくりを研究し、
それを営業に応用しようという内容の本。
だから悪用厳禁なんですね。

【この本で学べる事】
・人から信頼される服選びと、なぜそれが重要なことなのか
・クライアントの本当のニーズがわかる質問の投げかけ方
・他社からの信頼を集める方法
・人を購入するという行動に移す強いキャッチコピーの作り方
・説得される側の心理 など

あなたが本当にフリーランスとして活動したいと考えてるのであれば、
クライアントに強く信頼され宣伝方法
あなたの魅力を名刺や自己紹介で一発で伝える方法を
今から学び始めることを強くおすすめします。

↓ ↓ ↓
8月28日まで特別価格みたいです
悪用厳禁 『説得の心理学』 ダイレクト出版
http://directlink.jp/tracking/af/1454237/cwwZ4yIB/



関係なさそうで超重要!フリーランス日本語教師に必要な〇〇の三要素

クライアントに求められる日本語教師の大切なマインドセット

私はフリーランスの日本語教師になるに当たり、
かなりの時間とお金を
ビジネス、心理学、脳科学の勉強に費やしてきました。

その中で
私が日本語教師としての自分の立ち位置や方向性を明確にし、
自信を持って、自分らしくレッスンに臨めるようになるマインドセット(考え方)があるので、
それをみなさんにシェアしたいと思います。

みなさんは、
「日本語教師の仕事内容って何?」って聞かれたら、
なんて答えますか?
日本語を教えることですか?
宿題を作って採点することですか?
便利な漢字を教えることですか?

もしそれだけでフリーランスに転身しようと思うのであれば、
少し考え直した方がいいかもしれません。
なぜかというと、
ビジネスに重要な三要素の一つが欠けているからです。

「ビジネスなんて、そんなの日本語教師とは関係ない」
「難しそうだし面倒くさそう」

そう思う方もいるかもしれません。
でも、もしフリーランスに転身するという選択肢が少しでもあるなら、
もう少しだけ、読み進めてください。
これを読んであることを自覚した後、
自分の日本語教師としての立ち位置、または方向性が明確になり、
明日からの授業が楽しくなるはずです。



ビジネスに重要な三つの要素
・誰のためにやるか
・なんのためにやるか
どうしてあなたなのか

ここでお話ししているのは三つめ。
日本語教師として仕事をするのが、どうしてあなたなんですか?

なぜボランティアの先生じゃだめなんですか?
なぜ日本人の友だちじゃだめなんですか?
なぜバーで知り合った人じゃだめなんですか?

あなたが学習者の立場だったら、
あなたを先生に選ぶ理由はなんですか?


まずはあなたがそれを自覚しなければ、
クライアントに対してできることは、日本語を教えることだけです。

・あなたと会うと悩みを共感してくれる気がするから
・あなたとだと漢字が簡単に覚えられるから
・あなたとだと毎回ためになる豆知識を得ることができるから
・あなたとだとレッスンをするのが嫌じゃないから
・海外移住経験があって、外国人としての立場の大変さを痛いほど共感できるから
・外国人の配偶者がいて、予想もしない場面で不便を感じることを知っているから

答えが見つかるまでに、
少し時間がかかる方もいるかもしれません。
でも、すぐに思い浮かばないからといって、
あなたが良い日本語教師ではないということではありません。
ここまで読んでくださったあなたが、
やる気のない日本語教師のはずがありません。

大切なことは、自分がクライアントに与えている価値を知ること。
クライアントはあなたにお金を払うことで、
どんな価値を手にしているのでしょう?
そう考え始めたあなたは、
もうすでに、クライアントの集まる日本語教師です。

どうやって見つけるか?
ビジネスの重要な三つの要素の三つめ
なぜあなたなのか?
答えを見つけるヒントは
・あなたが今までクライアントのために行ったことで、とても喜ばれたことはどんなことでしたか?
・日本語教師としての経験の中で、喜びを感じたのはどんな時でしたか?
・あなた自身が楽しむことができて、これだったら時間も忘れて取り組んでしまうということはどんなことですか?
・あなたが、他の人または他の先生より優れていると感じる点はどこですか?

それらの答えがの中に、
なぜあなたなのか?を知るヒントが隠れているはずです。
是非じっくりと時間を取って、
考えてみてくださいね!


今日もありがとうございます^^

2016年08月22日

集客をどうしてるか?

広告0で8人のクライアントを集めた方法

今日は私がどのようにクライアントを増やしていったかを
具体的に書いていこうと思います。

現在私が受け持つクライアントは15名で、彼らと繋がったきっかけは二つ。
ひとつは、以前勤めていた学校で受け持つことになったクライアント。
ふたつめは、以前受け持ったことがあるクライアントからの紹介。
私の場合、現在受け持っているクライアントの97%が紹介です。

私がフリーランスに転身するためにもともと所属していた学校を抜ける際、
生徒まで引き抜くつもりは一切ありませんでした。
言葉が悪いかもしれませんが、
その学校の収入源を減らしてしまうことになるからです。

しかし、そこで受け持っていた数名のクライアントが、
私が退職した後も日本語教師としての活動を続けるということを知って、
「ともみさんとレッスンを続けたい。」と申し出てくれたのです。
ということで、フリーランスとして活動し始めた際に受け持つことが決まっていたのがこの3名です。
この時の私はまだまだ焦っていました。

「3人だけじゃとても生活していけない。」
「学生を増やそうにも、マーケティングやセールスの知識も一切ないし、
勉強したところでそれを英語に翻訳しなくちゃいけないし・・・」
この頃は何もしてなくても、眉間にしわがよってたと思いますふらふら

そんな私を救ってくれたのが、
私の独立についてきてくれた3人のうちの一人、Mさんです。
彼女は私のレッスンの進め方、教え方をとても高く評価してくれていました。
気も合うし、同姓で歳も近いし、
異国で唯一気の知れない存在になることができていたのではないかと思います。

現在、私は合計15名のクライアントを抱えているのですが、
その中の4名が、彼女の紹介でレッスンを始めたクライアントです。
そして紹介でレッスンを始めたクライアントのうちの1人が、さらに2人を紹介してくれました。
つまり、広告費に1円もかけることなく、
8名のクライアントを手に入れることができた
のです。

この彼女との出会い、
そして私自身が彼女のニーズをしっかり把握し、
それに応える努力と時間に労力を注いでいなければ、
フリーランスとして活動を続けることはできていなかったはずです。

この経験から私が学んだこと、
そして
フリーランスの日本語教師を目指すあなたに心から進めること
それは、

一人の学生のニーズを思いっきり満たすこと

教え方や扱う題材は、養成講座で学んだことだけではありません。
そこにとらわれすぎていてはだめ。
大切なことは、クライアント自身が心から興味を持って
自主的にやりたい!と思えること。

この、「やりたい!」を見つけることにも、ちょっとしたコツがあるのですが、
それはまた別の記事に・・・

今あなたが受け持っている学生が
あなたのクライアントになる可能性は十分にあります。
あなたに人とのつながりがたくさんあるように、
ひとりのクライアントの出会いは、
その学生の後ろにいる大勢のクライアント候補との出会いでもある
んです。

どこに紹介の種があるかわかりません。
誰にでも、最善で最高をレッスンを心掛けること。

人脈命のフリーランスにとって、一番と言っていいほど大切なことです。

ブログを始めたワケ

このブログは、
「収入面に不安や不満がある」
「もっと自由に授業を組みたい」
「フリーランスって実際どんな感じなの?」など、
フリーランスに興味がある日本語の先生方に
私が企業と契約できるようになまでにやっていたことや
フリーランス日本語教師に必ず役立つ情報をすべて公開していきます。

あなたも時給1200円→5000円以上になれる
「報酬によって、レッスンの質が左右されるのか」
「学校に勤めることを否定しているのか」

そんな風に感じる方もいるかもしれません。
でも、そんな気持ちは一切ありません。
私はお金のためだけに日本語教師をしているわけではないし、
私が他の先生方より優れているという意識も一切ありません。

ただ、日本語教師向けのセミナーなどで、たくさんの先生方にお会いします。
先生になりたての方もいれば、長い経験をお持ちの方もいます。
みなさん日本語教師としての収入に不満を抱えていて、
「天職だと感じるのに、生活に余裕がない」
そんな先生方に、私がフリーランスであることをお話しすると、
みなさん目を輝かせてこんな質問をされます。

「フリーランスになったらどうやって学生を集めるの?」
「どこで、いくらぐらいでレッスンしてるの?」

日本語教師という仕事が大好きで心から楽しんでいるそんな先生方が、収入に満足できず現場を離れるようなことになっては本当にもったいないことだと思いませんか。

それで少しでも私の経験がお役に立てることはないかと思い、ブログを始めることにしました。

不安を抱えながらのスタートの先で実感したこと
しかし、いざフリーランスになろうと思っても、
安定した収入が確保できるかどうかはわからないし、集客や契約の方法など、疑問や不安を抱えてなかなか一歩を踏み出せない方も多いと思います。

そんな先生方の気持ちはよくわかります。
私もフリーランスとして活動を始めるときには、不安と恐怖でいっぱいでした。

大学も出ていないし、海外で教えた経験もない
養成講座を出た後は、先輩の日本語教師に導かれて都内に小さな学校を設立。
マンツーマンのレッスン用に、なんとか3ブース確保できるぐらいの小さな小さな学校で、気が付けば7年間働いていました。

日本語教師として培った経験と知識、人脈は、この小さな小さな学校の中でだけ。
日本語学校に勤めたことも、就学生を担当した経験もないのです。

「特別な経験も経歴もない私が、フリーランスとしてやっていけるのだろうか?」
「どうやって学生を集めたらいいのだろう?」
「学生が集まらなければ、やりたくないバイトもしなくちゃいけないかも・・・」
本当に不安でいっぱいでした。

それでも、私はこの小さな小さな学校から抜け出して、
ここに居続けたら出会えないような人たちと出会って、
教師としても、人間としても、新しい経験をして成長したい。
そんな一心でフリーランスとしての活動を決意したのです。

フリーランスになってもちろん収入面は飛躍的によくなったし、好きな日を休みに設定できます。
学生との距離が近いので学校では取り扱えない題材を話すことができるし、学生ひとりひとりにしっかりと寄り添うことがきでます。

しかしそこまでたどり着くには学ばなければならないこと、身につけなければならないことがたくさんありました。

このブログでは、そんな私が学び身につけてきた、そしてこれから学び身につけるフリーランス日本語教師としての活動に役立つ情報をすべて公開し、フリーランス日本語教師の活動に興味がある先生方がスムーズに波に乗れるような記事を書いていきたいと思っています。

私たちは素晴らしい仕事をしています。

人が抱える困難を取り除き、快適な生活へ導き、達成感と喜びをもたらす仕事です。

私たちはもっと、経済的にも時間的にも自由になれるはずです。


フリーランス日本語教師として活躍するための情報をみなさんとここで共有し合えたら嬉しいです。
疑問に感じることなど、遠慮なくご質問くださいね!

それではこれからよろしくお願い致します。
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。