フィリピン情報vol.678

先週、フィリピン労働雇用省ダバオ地方支部は公式記者会見にて、昨年3月の
パンデミック以降、長期にわたる新型コロナウィルス感染防止対策、移動制限
都市封鎖を実施した結果、今年の3月9日までにダバオ地方で職を失った人の数は
23,981人になると公表した。

現在ダバオ地方の失業率は10.4%と、ここ数年のダバオ地方の平均失業率が
4%代であったことと比べると2倍以上高い数値であり、これは過去最悪レベルで
あって、これだけ多くの店舗や事務所が閉店や倒産している状況は、地域経済が
かなり深刻なダメージを受けている結果だと付け加えた。

また、同省がまとめている解雇報告書を雇用規模別にみると、従業員を解雇した
事業所131か所のうち、61か所は小規模企業、7か所は中規模企業、41か所は零細企業で
22か所が大企業であるということだ。
さらに最も失業の影響を受けた業種は、農業、林業、漁業、事務業務及び
輸送サービスと倉庫保管業、その他のサービス業であったという。

Davawatchより








この記事へのコメント

   
プロフィール

ドリパラ
     南国ダバオが好きです。    (o´・Υ・)ノ・*:..o○ョロシクゥ○o..:*・ヽ(・Υ・`o)
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新記事