ファン
検索
<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール
マイルの鬼さんの画像
マイルの鬼
いつでも旅に出ることができる環境を手に入れようと、毎日の生活の中でJAL・ANAのマイルやポイントを貯めています。 特に沖縄の離島が大好きで、年に3〜4回宮古や八重山に飛んでいます。 ※プロフ画像は波照間島のニシ浜です。
プロフィール
日別アーカイブ

広告

posted by fanblog

2017年02月22日

■JAL・ANAともに有効!登録必須のポイントサイト「ハピタス」

miyako3.jpg
沖縄・宮古島の景勝地「砂山ビーチ」

いつでも旅のスタンバイ。
憧れのマイラー生活、まずはこれからはじめよう!
−JAL・ANAともに有効!登録必須のポイントサイト「ハピタス」−




マイル・ポイント攻略のカギ【ハピタス】編
オススメ度★★★★★




日常の支出について可能な限りJALカードやANAカードを切る……
これがかつてのマイルを貯める基本でした。
しかし、収入や支出してもいい金額には限界がありますよね。


現在はこの限界を超える攻略法があります。
その1つがポイントサイトの活用です。


TポイントやPontaポイント、楽天ポイント、nanacoポイント……などなど。
私たちの身の回りには。気づけばポイントだらけの状態です。


実は多くのポイントはJALやANAのマイルへ交換する道筋を持っています。


例えば、ローソンで獲得したPontaポイントは
ローソン以外でもいろいろ使えるんですよ!
(ちなみに私のPontaポイントの使い道は、JALマイルに交換するか、
じゃらんを利用しての宿泊代に、だったりします。これもあくまで一例ですが)


この道筋=「ポイントサイトを経由するルート」を使えば、
マイルの貯まる速度がグンっとアップ!
マイルへ効率良く交換する上で、利用必須のポイントサイトがいくつか存在します。


今回はJAL・ANAを問わず、ネットユーザーなら
ぜひ登録しておきたいポイントサイトをご紹介します。


まずその筆頭が、
ハピタス
です。


トップ1.png


飛行機やレンタカーの予約、ホテルの予約、各種お買い物など、
ネット使用は今や当たり前ですよね。


私も「じゃらん」や「楽天市場」などを日常的に利用しています。
その利用の際のキモは、目的のサイトへのアクセスの仕方です。
検索やブックマークを使って


●直接そのサイトに行かないこと!


“1回ハピタスを経由”して目的のサイトへ行く……これでお得をゲットできます。


まずはハピタスに行って、検索窓に目的のサイト名
(じゃらんや楽天市場、ニッポンレンタカー、ふるさと納税など)を打ち込みます。
そうすると、ハピタスの提携先であればハピタスポイントの付与条件が表示されます。


条件は購入金額の1%や1回利用で100ptなど、提携先によってさまざまです。


その後、「ポイントを貯める」というボタンを押し、
目的ページへと移動しましょう。あとはいつもの予約や購入をするだけでOK。
しかるべきタイミングにポイントが付与されます。


使い方1.png


特に銀行や証券、FXの口座を作る際、
新しくクレジットカードを作る際は大きなポイントが
付与されるケースが多々ありますので、絶対ハピタスを“踏む”ことをおすすめします。



高いポイント例1.png



獲得したハピタスポイントは、
いくつかポイントサイトの経由が必要ですが、
JALやANAのマイルへ交換できます(特にANA派の方には非常に有効!)
要は、ネットで何かを購入する際は、


●ハピタスを経由すると、もっとマイルやポイントが貯まる。


ということなのです。


実はこれ、マイラー・ポインターの常識だったりします。


似たようなポイントサイトはたくさんありますが、
中でもハピタスはJAL派・ANA派ともに有効で、
そのポイント還元率の高さなどから、
トータルで高い支持を受けているサイトです。


個人的には、おすすめの上を行く“マスト登録”サイトですね。


ハピタスポイントはマイルに交換することはもちろん、
現金やAmazonギフト券などにも交換可能です。


交換先1.png


例えば、楽天市場で何かを購入するとそれだけで
楽天ポイントが還元されたり、その決済をクレジットカードで行うと
クレカ使用分のポイントが付いたりしますよね。


そこにさらにハピタス分が追加される……
つまりポイントの2重取り3重取りができるのが大きな魅力です。


ネットを使って何かを予約・購入する際には、
「まずはハピタスで検索」を習慣化しましょう。




■JALマイルへの交換ルート
JALルート1.png
例)ハピタス1500pt⇒ドットマネー1500pt⇒JAL780マイル(ハピタスポイント52%分)




■ANAマイルへの交換ルート
ANAルート1.png
例)ハピタス1500pt⇒ドットマネー1500pt⇒メトロポイント1500pt⇒ANA1350マイル(ハピタスポイント90%分)


ぜひ、バナー↓をポチってご登録を♪





私も誰かにもっと早く教えてほしかった……そんな存在であるハピタス。
マイラー・ポインターの基本の基ですよ。
ぜひいっしょに、ザクザクとポイントをゲットしましょう!

***


日々の生活にハッピーをプラス!《ハピタス》



ハピタスとあわせてこちらも必須のポイントサイト
ドットマネー
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/5974453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。