2014年11月29日

せつない思い

わかっているどうしょうもない恋だってこと。
彼にも家族がある。
自分にも家族がある。
それでも、「恋」を終わらせられないでいる。
ふたりが出会ってそろそろ五年になる。

付き合いはじめて3年。

純代は、派遣で働いていた。
大手企業の受付だった。
哲也は、取引先の営業マン。
笑顔がステキな哲也に純代は、いろいろ便宜をはかっていた。
「田中部長にアポなしで来たんだけれど・・・」
「大丈夫、今なら、誰も来客ないはず」
そんな感じだった。

ある日、純代がひとりで受付をしていた時に哲也がやってきた。
「こいつもありがとう。よかったら、美味しい寿司食べに行かない?」
それが始まりだった。





酔った勢いでキス。
「一緒にどこか行きたいな」
「わたし、一度行ってみたい場所があるんだ」
「どこ?」
「道後温泉」
「行こうか?」

はじめての夜は、道後温泉の「別邸 朧月夜」





そこからふたりの関係が始まった。
そして、別れられないままここまで来てしまった。

「このままじゃダメ」
と、分っていても、お互い別れられない。

せつない。
つらい。
何度もそう思った。

その一方でせつない思いをどこかで楽しんでいる自分がいる。
「いつまで、この恋を続けるのだろう」
まだ答えは、見つけられない。

2014年11月27日

中島健人のキスシーン

彼氏いない歴5年の29歳の陽子。
友達もそれなりにいるし、介護士の仕事も忙しい。
彼がいない不自由もなかった。でも、最近何か物足りない。
なんとなく、恋愛の始め方を忘れている気がしてきた。
「これでいいのだろうか」
ちょっと不安になってきた。

一緒に働いている年配の女性が、
「うちの高校生の娘、Sexy Zoneにはまっているの」
という話を聞いて、なんとなく、Sexy Zoneを意識し始めた。
ジャニーズといえば「嵐」で止まっていた。
「どうせガキじゃん」
と、思っていても、見てみると、やっぱりジャニーズ。
みんなカッコいい。


なにげなく、「黒服物語」のドラマを観ることになった。


そして、はまってしまった。
メンバーのひとり、中島健人くんに・・・。
彼を見ているだけでドキドキしてきた。

「あなたを輝かせたい」

くさいセリフなのに、そんな言葉を言われたくなった。
そして、女優、佐々木 希とのキスシーン。

「いいなあ・・・」

そして、思った。
このまま、彼氏いない状態で妥協している場合じゃない。

「恋愛したい」
「まずは、出会い」

生まれてはじめて「街コン」に参加することにした。






とにかく、動くしかない。
このままで人生終わりたくない。
中島健人みたいな彼氏見つけたい。

そして、恋愛したい。
ステキなキスシーン、妄想中。

オトす技術‐カレもカノジョも上司もお客さんもみんな振り向く心理学

新品価格
¥1,512から
(2014/11/27 09:43時点)


2014年11月25日

やっぱり、カニ♪

「カニ食べに行きたい!」
叫んでみた。
「じゃあ、行こう」

大阪のカップルの定番は、やっぱりカニ。
「どこに行く?」
「皆生温泉」

予約サイトは、
総合旅行予約サイトの楽天トラベル
咄嗟に思いついた時には、とっても便利。
予約したのは、皆生シーサイドホテル。
もちろん温泉。部屋はオーシャンビュー。





何度かここを利用している。
米子で仕事がある時は、よく泊まっている。
結構、お気に入りのホテル。
ここの朝食が美味しい。
そして、とっても豪華。
見た目もきれい。


朝食.JPG

一泊朝食付きで予約した。
そして、夜は、境港まで足を伸ばす。
境港まで少し距離があるけれど、米子で食べるよりも
安くて美味しい店がある。
行ったお店は、「さかな工房」。

カニ、カニ、カニ。
いろんな形で食べたい。
ひとり、一枚を予約しておいた。

「美味しいね」


カニ.jpg

焼きガニ、おさしみ、鍋、雑炊と食べ尽くした。

「幸せ」

「ホテルに戻ろうか」

「戻ってどうするの?」
「温泉入って・・・。決まってるだろ」

胸がきゅんとした。






2014年11月21日

高知家

高知は、ひとつの家。
ということで、高知県は、「高知家」というキャンペーンをしている。
しかも、「じゃらん」で、「行って、食べ物が美味しかった県」一位に
選ばれた。そして、高知県庁は、「おもてなし課」を作って、
「おもてなし」に力をいる。


雄二と典子は、歴史好き。
そして、坂本龍馬ファン。
どちらも、何度か高知に行ったことはあった。
でも、二人で高知に行ったことはなかった。
タイミングを逃していた。

「ふたりで高知に行くか?」
「賛成」
ということで高知旅行に。宿泊は、ホテル日航高知旭ロイヤル。





最上階から見える景色が最高と聞いた。
せっかくなのでランチは、ここで食べることに。
「きれいだね」
「料理も景色も最高だね」
昼からビールも飲んだ。

ランチ.JPG

ステキな景色を見ながら食べた。
そして、当然のことながら、龍馬に会いに行く。

龍馬.jpg



夕食は、高知で一番人気のお店「明神丸」。

カツオのたたきは最高。

かつおのたたき.JPG

この明神丸、岡山のイオンモールにも入るらしい。

そして、土佐のカツオのたたきは、お取り寄せでも好評らしい。

わら焼き カツオたたき(2〜3人前)と土佐の赤カツオセット【池澤本店・いけざわ本店】土佐・高知の新鮮なかつおのたたきです!【RCP】     02P01Nov14

価格:7,722円
(2014/11/21 23:12時点)
感想(0件)




「今度、取り寄せる?」
「いいね」

龍馬ファンのふたりの高知デート。
高知家の食卓も堪能した。

「幸せだね」
「ほんと、幸せ」
「龍馬も美味しいものを食べてたのかなあ」
「きっと食べてたよ」
「自分が幸せだから人の幸せを祈れたのかも・・・」

ふたりの龍馬談義は、まだまだ続く。







2014年11月18日

年賀状

結婚してはじめての年賀状。

「結婚しました」

の文字がなんだか輝いてみえる。

「お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください」

ワクワクする。





高校の友人の幸子には、まだ結婚したこと言ってなかった。
このハガキを見たら、連絡くれるかなあ。

今までは、友人の結婚の知らせ、出産の知らせを見るばかりだった。
そんなハガキを見るたびに、なんとなく自分だけがひとりの気がして
ちょっぴり寂しかった。
でも、今年は、自分の報告。
まだ知らない、友人や知人の反応が気になる。

ミッキー.jpg

田中健一・由佳

もちろん連名。

「でも、旧姓を書いておかないと分からないかも・・・」

横に旧姓を入れてみた。

写真は、新婚旅行のツーショットがいいかなあ。
でも、自慢しているみたいにみえるかなあ。
結婚式のやつにしようかなあ。
それとも、写真なんて入れないほうがいいかなあ。
でも、夫の健一を自慢したい。

「こんないい男と結婚したんだ」

と、アピールしたい。
そして、健一の友人にも自分をアピールしておきたい。

悩んでしまう。

2014年11月17日

大掃除

「クリスマスには、帰るから」
海外に赴任している恋人の誠司からメールがきた。

「ぜったい、わたしの部屋に来る」
「やばい」

光代はあせった。
油断していた。
部屋は散らかりまくっている。

誠司と付き合い始めて3年。
出会ったのは、合コン。
お互いの住んでいるところが近くということで盛り上がった。

一緒に帰った。
「近所だし、たまにごはん誘っていい?」
誠司が別れ際に言った。
携帯のメルアドの交換。
何度が食事を一緒にした。

5度目の食事の後、誘ったのは、光代だった。
「たまには、うちでごはん食べない?」
「いいんですか?」

ふたりで鍋をした。
そして、一夜を過ごした。
それから半同棲生活。

誠司は、この春から海外転勤になった。
いつのまにか、仕事中心の生活になっていた。

まずは、本から整理。





とにかく、散らかっている書類をなんとかしなければならない。
その次には、服。
しばらく休みは、大掃除で終わりそう。

でも、なんだかワクワクしてくる。

「クリスマスは、どう過ごそうかなあ」
行きたいお店は、いっぱいある。





休みは2週間あるらしい。
お正月まで光代と過ごすと、メールに書いてあった。
おせちは、買うことに決めた。






2014年11月16日

リセット

失恋した。
と、いうより元々、手に入らない恋だった。
入社した時から一目惚れだった。

3年間、ずっとずっと好きだった。
一緒に仕事しているだけで幸せだった。
大学の時から付き合っている彼女がいるらしいことは、
分っていた。
でも、「ひょっとしたら・・・」という淡い期待があった。

「結婚する」
と、聞いた時、
「終わった」
と、思った。
悲しくて、悲しくて仕方なかった。
泣くだけ泣いた。

「せめて、独身でいて欲しかった」

忘れるために旅に出る・・・。
どこも行くあてがなかった。
そんな時に見つけた。

温泉に入って断食の記事。
ホテル「クアビオ」
なんとなくリセットできそうな気がした。
断食できなくてもマクロビュティックの食事で過ごすこともできる。
ひとりでゆっくりしたかった。





場所は、草津。
二泊三日の断食コースを選んだ。

ジュースとお味噌汁で過ごす。
なんとなく、体がリセットされていく感じがする。
何冊かの本を持ち込んで、読書。
読書に飽きたら温泉に入る。
体が軽くなると、心までリセットされてくる。

「新しい恋をみつけよう」
やっとそんな気分になれた。

2014年11月15日

オトス技術

心理学を知っておくと使える。
オトスための心理技術はある。

たとえば、「吊り橋効果」。

恐怖は、愛を芽生えさせる。

同僚と飛行機に乗ったとする。
めちゃめちゃ揺れた。
「きゃあ」
と、言った時に、
「大丈夫だよ」
と、手を握られて恋に落ちることはよくある。
実際、わたしの友人もそれで恋に落ちた。

そして、あんなに燃えた恋なのに、なぜ冷めるのか。
それも心理学で分かる。
心には、仕組みがある。
そして、その仕組みは、恋愛もビジネスも同じ。
知っていて損はない。

この心の仕組みが分かると、自分の人生が分かる。
なぜ、あの時、恋愛で失敗したか。
なぜ、あの人ともめたか。
もっと、早く知っていたら、あんなにこじれなくて済んだ
かもしれないこともある。
オススメの一冊です。

もちろん、恋愛小説を書いているのは、わたしです。

意外と、キャパ嬢に読んでもらっています。


オトす技術‐カレもカノジョも上司もお客さんもみんな振り向く心理学

新品価格
¥1,512から
(2014/11/15 22:32時点)




2014年11月14日

関西人の男の口説き方

「そろそろカニの季節だよね」
「カニ、食べに行こうか」
「口説き文句?」
「行かないの?」
「行く」

「ふたりで旅行しょう」
と、言われたら、どうしょうか迷う。
でも、関西人の男性は、カニで女を口説く。

「どうせ行くなら、皆生温泉あたりがいいよな」
「日帰りできないよね」
「俺が飲まなかったら、いいだけだし・・・」
「そんなの悪いやん」
「じゃあ泊まろう」
「いいよ」
「俺、予約しておくわ」

泊まるということは、きっと、やっちやうよなあ。
キスまではしたけれど、その先はまだ。
なんとなく、タイミング逃している。

でも、一郎は、そんな素振りみせない。
桃子も気づかないふりをする。

一郎が予約したのは、皆生温泉の華水亭。
チエックインしてびっくり。
温泉に入って、料理を見て、またまた感動。





「すごい、高いんじゃない?
わたしの分いくら?」

「いいよ」

「でも・・・」

「今日から、桃子は、俺のもんだから」

こんな口説かれ方、悪くない。

2014年11月13日

妥協

ぜったいに彼氏ができたら行きたい。
雑誌で見つけた時からそう思っていた。
それが伊豆の「望水」。





プライベートガゼボ。
ふたりで、海を見ながら温泉に入る。

とにかく彼氏をつくる。
そう決めた。

合コンにも行った。

「彼氏と行きたい温泉があるんだ」

と、みんなに言った。
言ってみるもので、二つ年上の職場の先輩の慎吾から声をかけられた。

「僕でどう?」

タイプじゃない。
細い男性がいいけれど、慎吾は、ちょっと・・・。
でも、悪い人じゃない。

そして、カップルで温泉に行きたい。
妥協するかどうするか。

単刀直入に尋ねてみた。
「わたしを、この温泉に連れてくれる?」
雑誌を見せた。
「いいよ」
「値段、そこそこするよ」
「そんなこと分っているよ」
そう言って慎吾が笑った。

なんとなく、慎吾が良い人に見えてきた。
別に嫌いなわけじゃない。
そういえば、いつも、優しいし、誰からも嫌われていない。

何よりも、あこがれの旅館に泊まってみたい。

望水.jpg

付き合ってみょうかなあ・・・。

あれから3年。
ふたりは、幸せな家庭を築いている。
ファン
検索
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリアーカイブ
プロフィール