全国のプロミスATMが利用できます。申込みは公式ホームページからどうぞ!
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ

ユニーファイナンスへのゴールデンウイーク中の申込みについて

消費者金融にとってゴールデンウイークや年末年始など、大型連休時のキャッシング申込みは、連休中よりも連休明け直後に集中する傾向にあります。
またインターネットキャッシングの場合、振込みは連休明けになるので、連休明け直後はその処理も集中するので、かなり慌ただしくなるのが通常です。
もちろんユニーファイナンスもこの傾向は例外ではありません。

【申込みが集中すれば可決率が下がる】
もちろん、申込み件数によって審査基準が極端に変化することはありませんが、審査担当者の心情としては、申込み件数が多い時は、可決と否決の狭間にあるような微妙な申込みに対して無理をして融資を行わなくなります。
逆に、申込み件数が少ない時は、多少、がんばってでも融資をすることが多くなります。
このような傾向を考慮すれば、キャッシングの申込みは、連休中、連休明け直後は避けるのが無難かもしれません。

【狙い目は連休明け翌週】
当サイトが推奨する申込み日は連休の余波も落ち着いた翌週以降です。
この方が普段通りの安定した審査基準で対応してもらえる可能性が高いので安心です。
但し、前述したように、これはあくまで可決と否決の狭間にあるような申込みを融資するかしないかという問題で、大方の審査基準にはほとんど関係ありません。
あまり神経質に考える必要はありませんが、ユニーファイナンスのような中規模消費者金融は大手に比べてこのような傾向は強いと思われるので参考にして下さい。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスのATM利用手数料

ユニーファイナンスでは、FITカードで全国のプロミスATMで、入金・出金の利用が可能です。
ユニーファイナンスのように大手消費者金融会社とATM提携をしている会社は同クラスの中堅消費者金融会社では少なく、そのような会社は、通常、入金・出金は振込みになります。
振込みで融資や返済を行った場合に「振込手数料」は顧客負担としている会社が多く、この「振込手数料」の負担が実は、かなり大きな比率になるので要注意です。
入金と出金を繰り返すリボルビング契約の場合はなおさらです。

【銀行振込みの場合の手数料】
銀行振込の手数料は、各銀行によって様々ですが、代表的な銀行として、三菱東京UFJ銀行を例にすると、銀行カードがなくATMに現金を持参して振り込む場合で
・3万円未満の他行宛てで432円
・3万円以上の他行宛てで648円
とかなり高額な手数料を徴求されることになります。
仮に、10万円を年率18%で利用したとして、1か月(30日)1479にかかる利息は、
10万円×18%÷365日×30日=1,479円です。
利息が1,479円しかかからないのに、返済する振込手数料が432円も余分にかかることがあり得るということです。

【ユニーファイナンスの場合】
これに比べて、ユニーファイナンスは、全国のプロミスATMでの利用が可能で、手数料は以下の通りです。
1万円以下・・・108円
1万円超・・・・218円
専用ATMではないので、手数料はかかりますが、銀行振込みよりも手数料は安く、ユニーファイナンスを利用する大きなメリットだと言えるでしょう。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

これからの時期は申込みのチャンスです!

これから春に向けて消費者金融業界の繁忙期に入ります。
新年度は何かと物入りな時期なので消費者の需要も増します。この時期は申込み件数も通常の1.5倍ほどに増加する傾向にあります。
ユニーファイナンスはこの繁忙期に毎年、承認率はUPする傾向にあるので注目です。

【春の承認率は閑散期の2倍以上】
当サイトの調査によると、前回の繁忙期終了時点(平成27年6月時点)で、ユニーファイナンスの承認率は10.52%でした。
閑散期の承認率は5%以下の場合もあるので、それに比べれば実に2倍以上という結果になっています。
このことからもユニーファイナンスが春の繁忙期に新規顧客の獲得に力を入れていることが分かります。


【老舗ゆえに予想しやすい】
近年、中小規模の消費者金融業界では、インターネットキャッシングで全国展開を開始した会社の活躍が目立ちますが、全国展開の歴史が浅い会社は、承認率がなかなか安定せず波があります。(審査基準などを模索していることがうかがえます。)
その点、ユニーファイナンスは歴史の長い老舗業者なので、承認率の推移に法則性を見出しやすい環境にあります。
このため、歴史の浅い会社よりも、おすすめの時期は限定しやすいと言えます。
当サイトでは、春の申込みは間違いなくおすすめします!


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの承認率を検証

ユニーファイナンスには日々、多くの申込みが入りますが、このうち、実際に融資まで至るのはわずか10%未満です。
この数値は、承認率(可決率)と呼ばれています。
この承認率は、いわゆる「大手」では、70%~80%と高い数値で推移しますが、中小規模の消費者金融会社では、その顧客層は、どうしても大手で利用できなくなった方になるので、承認率は10%未満となることが通常です。
この数値だけ見ると、審査が通るのはこの狭き門をくぐらなければならず、かなり厳しい印象を持たれる方もいるかもしれません。

【否決案件のほとんどは総量規制が原因】
実際の審査では、否決となる方の50%ほどは、
・総量規制に抵触
・無職無収入
といった理由です。
このような状態の場青は、法律的にも残念ながらどうしようもありません。
仕事をしていて、現在の借入れが総量規制に抵触していない状態であれば、それだけで、承認率は格段にあがります。

【延滞以外のトラブルには柔軟】
その他、ユニーファイナンスでは、過去の金融事故にはかなり柔軟な審査を実施しています。
もちろん現在、延滞中の方や遅れがちの方は、否決となる可能性は高まりますが、いわゆる「延滞」に関する金融事故には、かなり柔軟です。

【まとめると】
まとめると、以下のポイントを押さえているだけで、ユニーファイナンスでの審査は高確率で可決となると思われます。
・総量規制に抵触していない
・延滞関連のトラブルがない
このように分析すれば、ユニーファイナンスの承認率は、実際は、思っているほど厳しい数値ではありません。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスは意外にも穴場?

改正貸金業法施行前後、縮小傾向にあった中堅消費者金融業界ですが、近年、新たにインターネットキャッシングによって全国展開を開始する会社も増えてきました。
そのような中、今まで全国的に知名度が低かった会社の知名度が急上昇し、申込みが一時期集中することがあります。
もちろんそれらの会社の中には、柔軟融資に対応した優良企業も存在し、このように優良企業が増加することは業界にとっても喜ばしいことだと言えます。
対してユニーファイナンスはサービス内容の質の高さの割には、穴場的要素がかなり強いように感じられます。

【ユニーファイナンスのインターネットキャッシングが申込み集中していない理由】
ユニーファイナンスはかつて、全国展開しておらず、地元密着型の営業スタイルをとっていました。しかしその業歴は長いので、その当時から、それなりの知名度はありました。
このため、全国展開している現在に至っても、そのことに気づいていない方も多いのかもしれません。
当サイトは姉妹サイトも含めて、各消費者金融会社の傾向を調査していますが、ユニーファイナンスのインターネットキャッシングでの申込みが、他の新規展開業者に比べて、申込みが集中していないのは、ちょっと意外にも感じられます。
また、審査地域を限定していた時代に申込みをして否決になってしまった方も、申込みをあきらめているといったこともあるかもしれません。

【ユニーファイナンスはおすすめです】
しかし、ユニーファイナンスの承認率、融資額、スピード、利便性などは、どの点をとっても、他社に見劣りするところはなく、むしろ勝っていると言えます。
このような優良業者がインターネットキャッシングでの申込みが殺到していないのは、ちょっともったいない気もします。
このように、現在、ユニーファイナンスは、むしろ、穴場的要素が強くなっていると思われます。(ユーザー的には逆に申込みのチャンスかもしれません)
中堅消費者金融での利用を検討している方には、ユニーファイナンスへの申込みは絶対におすすめです。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスは家族に内緒の方でも利用しやすくなっています

キャッシングの利用を家族に知られたくないという方は多いと思います。
その場合、
・在籍確認
・郵便物
について、どのような対応になるかは非常に気になるところです。
在籍確認については、かなり細かく時間指定が出来たり、先方の名乗る名前を指定出来たりと、(少なくとも、社名で電話をかけてくることはありません)どこの消費者金融会社もかなり融通をきかせているケースが多いのですが、郵便物に関しての対応はまちまちです。
最近、大手では、郵便物が一切なくインターネットで契約完了する「WEB完結」などの商品も開発していますが、中堅消費者金融会社では、郵便物がまだまだ多いのが現実です。
そのようななか、ユニーファイナンスでは、キャッシングの利用を
するのに、郵便物が最小限度ですむので、家族に内緒の方にはおすすめです。

ユニーファイナンスでは来店契約が可能】
ユニーファイナンスキャッシングの契約締結をした場合には、いわゆる「契約証書」が発行され、記名押印が必要になります。
通常、このやりとりは郵送で行われますが、ユニーファイナンスでは、来店でも受け付けています。来店で契約した場合は自宅への郵送物はなくなるので、近郊にお住まいの方であれば、来店して契約書に記名押印するのもおすすめです。

【担当に相談可能】
また、来店が不可能な場合でも、ユニーファイナンスでは「郵便局留め(郵便物等を宛先として指定された郵便局で留め置き、受取人がその郵便局で受け取ることのできるサービス)」などにも、柔軟に対応してくれる場合も多いので、相談してみても良いでしょう。(申込者の審査状況によっては、必ず、郵便局留めが出来るとは限りません)

【追加融資の利用明細はATMで発行】
契約締結した後も、限度枠内での追加融資を利用した際には、利用明細の発行があります。
大手の場合は、利用明細の発行は、ネット上で発行可能ですが、中堅消費者金融会社の中には、利用の都度、自宅に利用明細の送付が必要な会社もあります。
しかし、ユニーファイナンスの場合は、全国のプロミスATMから、追加融資を受けられるので、利用明細は、その都度ATMから受け取ることになり、自宅への発送は行われません。
このことは、契約後、入金、出金を繰り返したい方にとって、かなり大きな違いになってくると思われます。

このように、ユニーファイナンスのキャッシングは、他の中堅消費者金融会社と比較して、家族に内緒でも利用しやすくなっています。

※申込みは公式ホームページからどうぞ!

中堅消費者金融会社のキャッシングは借りた後のことも考えて

お金が必要で、消費者金融会社に申込みをしている時は、とかく目先の資金の算段だけに目が行きがちで、借入れできた後のサービスまでには、なかなか意識がいかないものです。
特に、中堅消費者金融会社の申込みを検討されている方は、大手での利用が困難な方が多いので、つい、「貸してくれればどこでもいい!」といった気持になる方も多いようです。
しかし、分割返済であれば、平均しても3年〜5年の長い付き合いになるので、どの会社を利用するかは、非常に重要になってきます。
お金が急に必要になった時に、どこに申込みをするのか普段から研究しておくと、いざという時に、非常に役立ちます。
今回は、中堅消費者金融会社を選択するポイントをまとめてみました。


【まずは、正規登録会社か確認】
まずは、利用する会社が正規登録会社どうかの確認が必要です。
正規登録業者かどうかの確認は、金融庁ホームページ内、「登録貸金業者情報検索入力ページ」でチェックできます。
ここでの検索でヒットしない業者は、無登録業者の可能性があります。各所轄行政に直接問い合わせてください。(金融庁ホームページには、各財務局各都道府県知事の問い合わせ先が記載されているので参考にして下さい。)
ユニーファイナンスはもちろん正規登録会社です。
しかも、財務局登録(10)で信頼度はかなり高いものがあります。
詳しくはこちらを参照


【カード発行しているかどうか】
中堅消費者金融会社の中には、カードローンに対応していない会社も多くあります。
カードローンは定められた限度枠内で、自由に入金と出金を繰り返し利用ができるため、必要な時に必要な金額だけ借入れすることができます。
カード発行をしていない会社は、追加融資が受けられずに、返済のみをしてゆく契約形態か、ネットから申込みをして銀行口座へ振り込むというネットキャッシングの形態をとっている場合がほとんどです。
いずれにしても、利便性はカード発行会社の方が上回っています。
ユニーファイナンスは全国のプロミスATMで利用が可能なFITカードを発行しています。
詳しくはこちらを参照


【その他のチェック項目】
その他のチェック項目としては、下記のような内容があげられます。
・即日キャッシングに対応しているか。
・後の増額で高額融資が可能か。
・毎月の返済金額が高額でないか。
詳しくはこちらを参照

ユニーファイナンスはこれら全ての項目で十分なサービスの提供をしています。
自身をもっておすすめします。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスとアローとの比較

ユニーファイナンスは名古屋駅近郊にある中堅消費者金融会社ですが、同じ名古屋駅近郊に、株式会社アローという中堅消費者金融会社もあります。
この両者は、住所も近く、共に徒歩圏内にあります。
(ユニーファイナンス・・名駅4-26-7 )
(アロー・・・名駅南一丁目5番17号)

アローは柔軟な審査を実施する中堅消費者金融会社で、過去に自己破産や債務整理をした方への融資実績も多数あります。中堅消費者金融会社としてもユニーファイナンスと同様にメジャーな部類に入ります。
その他、サービス内容も、
・即日キャッシング対応
・WEBキャッシングで全国対応
・リボルビング契約対応
と、ユニーファイナンスと同様に基本的なサービスは整っています。
また、承認率に関しても、当サイト及び姉妹サイトの調査では、どちらの会社もほぼ同じという結果がでています。
比較項目となる相違箇所については、
【業歴】
・ユニーファイナンス・・・長い。(創業昭和46年1月)
・アロー・・・短い。(改正貸金業法施行直前に営業開始)
【融資手段】
・ユニーファイナンス・・・カード発行有。プロミスATMから入金、出金が可能。
・アロー・・・カードレス。銀行口座への振り込み融資。
【無人契約機】
・ユニーファイナンス・・・有り。
・アロー・・・無し。
【WEBでの月間申込み件数】
・ユニーファイナンス・・・やや少ない。
・アロー・・・多め。
といったイメージになります。

このように、アローは法改正直前に営業を開始しており、完全にWEBキャッシングに特化した営業スタイルになっています。対して、ユニーファイナンスは、業歴は長く、地域密着店頭融資の名残を残した営業スタイルになっていると言えます。
(ユニーファイナンスは、自社ビルに目立つ大きな看板を掲げているのに対して、アローは、店舗所在地のビルに看板すら掲げていません。このことからも両社の営業方針の違いが見受けられます。)
どちらが良いかというのは、承認率や融資金額に大差がない以上、最終的には利用者の肌に合う合わないで決まると思います。
但し、WEBキャッシングでの申込み件数は、現在、アローの申込み件数が圧倒的に勝っているので(当サイト調査)、穴場的要素では、ユニーファイナンスへの申込みはおすすめします。
また、カードキャッシングという手法も、アローにはないので、ユニーファイナンスを利用するメリットと言えます。


※ユニーファイナンスは安心・安全です。申込みは公式ホームページから!

老舗業者のユニーファイナンスへの申込みは狙い目です

一般的に、老舗消費者金融会社と新興消費者金融会社の申込み件数は、中堅消費者金融会社に関しては新興会社に申込みが集中しがちです。
この現象は、特にインターネットキャッシングにおいて顕著に表れます。
サービス内容はむしろ老舗業者のほうが良い場合が多いので、ユーザーにとっての目新しさがポイントになっているとも思われます。
この現象は、当サイトが姉妹サイトの協力も得て調査した結果ですから、間違いありません。
ユニーファイナンスは中堅消費者金融会社としては老舗の部類になるので、同クラスの新興中堅消費者金融会社と比較すると、申込み件数は劣ることになります。
しかし、それゆえ逆に狙い目だとも考えられます。

【ユニーファイナンスが狙い目な理由】
※申込み件数が少ない会社が審査に有利には理由
申込み件数が少なければ、申込者1件1件に対して丁寧な審査が可能になります。
たとえば、毎月数千件の申込みがある会社と数百件の申込みしかない会社では、従業員数が同じであれば、数百件の申込みの会社の方がより丁寧な審査が可能なことは言うまでもありません。
ユニーファイナンスは新興会社に申込み件数が劣る分、より丁寧な審査が可能になっています。


※老舗ほど審査基準は安定している
また、老舗の消費者金融会社の方が審査基準は安定していると言えます。新しい会社は、まだ、明確な貸付基準などが確立されていないケースも多く、その時々で貸付基準などは迷走しがちです。
その点、ユニーファイナンスのような老舗消費者金融会社は、長年蓄積されたデーターに基づく審査基準やスタイルが確立されているので、審査基準は安定している場合が多いようです。

以上のことからも、老舗消費者金融会社であるユニーファイナンスは、現在、穴場的な立場にあり、狙い目だと言えます。
キャッシングを検討していて、ユニーファイナンスにまだ申込みをしたこがない方は、意外に多いと思います。
是非、お試しください。


※ユニーファイナンスは安心・安全です。申込みは公式ホームページから!

ユニーファイナンスの顧客応対に関する口コミを検証

ユニーファイナンス口コミを分析すると、その顧客応対に関する記載がチラホラ見受けられます。その中には、
“電話応対の人の態度がデカい!”
“速攻電話切られた!”
など、ネガティブな内容もあります。
(ちなみに当サイトで、ユニーファイナンスに問い合わせをしたところ、そのような印象は受けませんでした。)
しかし、大手の過剰な、マニュアル的サービス業トークに慣れている方には、やや失礼に感じるのもしれません。
このような、口コミを投稿する方は、中堅消費者金融会社への申し込みに慣れていないのかもしれません。

中堅消費者金融会社の担当に求められること】
ユニーファイナンスをはじめ中堅消費者金融会社へ申込みをされる方は、誤解を恐れずに言えば、「大手での審査が通りにくい方」といことになり、リスクの高い申込者ということになります。
そのような申込者が多くなる中堅消費者金融会社の担当者に求められることは、当たり障りのないマニュアルトークではなく、申込みフォームへ入力されたことだけではわからないような生活情報の詳細を聞き出す能力と、返済を滞った顧客から速やかに債権を回収する能力です。
このため、審査時の質問事項はどうしても多岐に渡り、それを失礼に感じる方もいるかもしれません。
また、ざっくばらんな物言いが、やや乱暴に感じる方もいるかもしれません。
しかし、審査担当者も、なるべく審査を通すために、様々な項目の確認をしているわけで、それ以外に他意はないので、理解するべきことかとも思います。

【申込み後に利用有無を判断するのもアリ】
とは言っても、消費者金融会社との付き合いは、互いの信頼か関係が重要です。自分自身にあった業者かどうか、申込みをしてから判断されてもよいと思われます
ユニーファイナンスの健全性、安全性は、以前、記事にしましたが、かなり高く折り紙つきです。
まずは、それらの口コミに惑わされずに、申込みをしてみることをおすすめします。


※ユニーファイナンスは安心・安全です。申込みは公式ホームページから!
プロフィール
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査さんの画像
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査
ユニーファイナンスでの借入から審査まで、どこよりも詳しく解説しています。 キャッシングを考えている方は、是非参考にしてください。
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
検索
当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。