全国のプロミスATMが利用できます。申込みは公式ホームページからどうぞ!
ファン
最新記事
カテゴリアーカイブ

ユニーファイナンスの2016年度承認率は期待できるか

消費者金融会社の審査はかなり流動的です。承認率もその時期その時期で、かなり上下します。ユニーファイナンスのような中堅クラスの消費者金融会社であればなおさらです。
原因としては、
@調達資金の関係
A不良債権発生率の関係
B広告宣伝費の関係
C与信方針の関係
D社内キャンペーンの関係
など様々です。
もちろん、属性などの条件が絶対的に良い方は、いつ申込みをしても可決となりますし、他社延滞中などの方は、いつ申込みをしても否決となります。
しかし、一般的な中間層の申込者にとっては、承認率の上下は、重要なポイントになります。

【ユニーファイナンスの承認率は?】
ユニーファイナンスも例外ではなく、承認率は上下しています。
高い時は10%を超えますが、低い時は3%台の時もあります。
実のところ、2016年度上半期は、昨年度と比較して低めの数値で推移していました。

【2016年度下半期は承認率に期待!】
しかし、当サイトでは2016年度下半期はある程度、期待が持てると予想しています。
その理由は以下のようなことです。

@本格的にインターネットキャッシングへの切り替えを進めている
ユニーファイナンスは、もともと対面式を基本とした地元密着型の営業スタイルからスタートしている会社です。
その営業スタイルを大切にしていた分、インターネットキャッシングで全国展開を開始するについても、急激な方向転換はなかなか困難なことであったと推察されます。
しかし、ユニーファイナンスも、最近では、無人店の閉鎖をすすめるなど、本格的に対面式からネットキャッシングへの切り替えを図ってきています。

A広告宣伝費を削減していない
現在、ユニーファイナンでは、広告宣伝費などの引き下げも行っておらず、上半期の承認率の低迷は資金調達などが原因ではなかったようです。
また無人店を2店舗閉鎖した分の獲得をネットで目論むために、今後、インターネットキャッシングでの承認率はupしてくることが予測されます。

今後も当サイトでは、ユニーファイナンスの承認率についての動向を随時レポートしてゆきます。
中堅消費者金融への申込みは、少しでも可決となる可能性が高い時期に申込みをすることをおすすめします。



※申込みは公式ホームページからどうぞ!

繫忙期、閑散期が審査に与える影響

現在、ユニーファイナンスをはじめインターネットキャッシングを実施している中堅消費者金融会社の繁忙期は、ズバリ、3月~4月と8月~9月です。
逆に、10月~12月は、いわゆる「閑散期」にあたり、申込みは減少傾向になります。
このような繁忙期、閑散期といった時期が実は審査に微妙な影響を与えています。

【繁忙期の審査】
繁忙期は消費者金融会社にとっては、一気に融資残高を確保できるチャンスの時期です。
このため、この時期に合わせて社内的に販促キャンペーンを行う業者も多く、全体的な承認率は上がる傾向にあります。
しかし、需要も多いので、意外な優良顧客の申込みも増えます。
このため、ヒアリングを十分に行ったうえでないと融資ができないような属性の悪い方は、逆に、否決になる可能性が高くなることもあります。

【閑散期の審査】
閑散期は繁忙期に比べて全体的な申込みが少ないので、消費者金融会社は、より丁寧に審査を行うようになります。このため、属性の悪い方でも、ヒアリングなどによって、思わぬ可決の判断が出る可能性が高くなります。

【属性の悪い方こそ閑散期はチャンス】
このような傾向は、ユニーファイナンスのような中規模消費者金融では、意外と顕著に表れることがあります。
ユニーファイナンスは大手のように、審査がコンピューターによる完全自動審査化ではありません。このため、申込み件数の多い少ないによって、与信判断に多少偏りがでてきます。
それは極端な違いではありませんが、この僅かな差によって可決、否決が決まってしまう場合もあります。
属性があまり良くない方こそ、閑散期は申込みのチャンスかもしれません。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスのインターネットキャッシングは超穴場

当サイトは、姉妹サイトも含め複数の消費者金融会社のキャッシングについて調査をしています。
その中でユニーファイナンスについては、“申込み件数がそのクオリティの割には少なすぎる”という印象があります。(こちらの記事も参照
長年、地域密着のイメージが強かったこともその原因のひとつだと思われますが、やや埋もれぎみなのはちょっと惜しい気がします。

ユニーファイナンスは企業としての歴史は長いのですが、インターネットキャッシングで全国展開を開始したのは後発組です。
もともと、
「お客様と接する時間を大切にする」
「お客様の見える場所で仕事を」
「お客様の生の声を聞きながら」
という企業理念が、インターネットキャッシングでの全国展開とは相反することにもなるので、なかなか全国展開のイメージが浸透しにくくなっているのかもしれません。
やはり「名古屋の街金融」というイメージが先行していることが大きな要因でしょう。

ユニーファイナンスのキャッシングの特徴については当サイトでも特集してきましたが、承認率、融資金額、サービス面など、他の人気中堅消費者金融に全く見劣りしません。
(月によっても変化しますが承認率においては高いくらいです)

このようにユニーファイナンは現在、穴場的要素が強くなっています。逆に言えば、倍率が低くなっているので狙い目ということになります。
申込みを検討する価値は十分あります。



※申込みは公式ホームページからどうぞ!

8月のユニーファイナンスへの申込みについて

一般的に6月~7月の夏のボーナス時期は、消費者金融会社への申込み件数は減少する傾向にあります。しかし8月に入ると消費者金融会社への申込みも9月の繁忙期に向けて増加してきます。
繁忙期は消費者金融会社にとっても、融資残高を伸ばす絶好の機会なので、残高UPに力を入れている会社はこれからの時期、承認率も上がります。
その逆に、繁忙期は申込み件数が増加するので事務処理が追い付かず、かえって承認率が下がる会社もあります。
このあたりは各消費者金融会社の方針にもよりますがユニーファイナンスは繁忙期に向けて承認率が上がってくる傾向にあるので注目です。
過去のデーターを参考にすれば、ユニーファイナンスの承認率は、通常時で5~7%前後、春、秋の繁忙期には、なんと10%を超えてくることもありました。
いずれにしても、例年、繁忙期に向けて承認率は上がってくるので、申込みを検討している方はこれからの時期は大チャンスとなります。
承認率が10%超えというのは、中堅消費者金融会社の中ではなかなか見られない数値です。
またユニーファイナンスの承認率が他社と比較して非常に高いことは、意外と知られていないので、この記事を見た方はラッキーかもしれません。
この時期をお見逃しなく!


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

審査に時間がかかるのは理由があります

ユニーファイナンスの審査は、ある程度時間をかけてじっくり選別するのが特徴です。
このため、即日融資などのスピード融資には対応できなくなってしまうケースも発生します。
消費者金融に申込みをする方は、急な入用でお金を至急必要としている方が多いので、このことはデメリットに感じる方も多いと思います。
しかし、このようなスタイルは、デメリットであると同時に大きなメリットにもなっていると言えます。
じっくりカウンセリングを行って融資を行う分、他社で否決になるような方も、可決となる可能性もあるからです。

【カウンセリングの意味】
ユニーファイナンスの口コミを確認すると、審査時にカウンセリングで、多少、耳の痛い話をされる方もいるようです。受け取り方は人それぞれですが、消費者金融の現場は、最終的に融資をしないような方に無意味な説教をするほど暇ではありません。
逆に言えば、そのような話をされるということは、カウンセリングを行ってなんとか融資をしようということの表れです。
融資を受けたいのであれば、誠意をもって対応することをおすすめします。

【カウンセリングまで進めば可決の可能性は高い】
ユニーファイナンスの審査は、インターネットの申込みフォームに入力した内容と指定信用情報機関の内容で、まず、絶対に融資ができない内容の方を除いています。
カウンセリングまで審査が進んでいる方は、ここで残った方なので、カウンセリングでよほど対応を間違いなければ可決となる可能性は大です。

このようにユニーファイナンスは、じっくり丁寧な審査を行うため、あえて審査スピードを犠牲にしている部分があります。申込みをする時はその特徴を理解して、申込者側も腰を据えて対応する方が良い結果になるでしょう。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの取り立て行為の実態

ユニーファイナンスの督促について口コミを確認すると、「1日に何度も電話が入る」、「乱暴な口調で請求された」など、決して良い評判とは言えない内容も見受けられます。
ユニーファイナンスの顧客管理の実態ははたしてそのような口コミの通りなのでしょうか。
今回はユニーファイナンスの督促について検証してみました。

【督促の口コミはネガティブな内容が普通】
督促についての口コミは、実際に返済を延滞して督促された方が書いているはずです。
そして督促されるのは誰にとっても気分の良いものではありません。
誤解を恐れずに言えば、“督促の口コミは、督促された延滞者が腹立ちまぎれに書いている”ということが多いと思います。
このため、自然、督促に関する口コミはネガティブな内容が多くなります。
ユニーファイナンスに限らずどこの会社の口コミでも、「いつまでも支払を待ってくれました」とか「感じの良い督促でした」などはあり得ません。

【取り立てには規制がある】
法律上では、督促行為は原則、8時から21時までの間であれば問題ありません。
また回数も、日常生活に支障をきたしかねない過度の連絡は問題ですが、1日に2回から3回の範囲であれば、一般的に許容範囲です。
このような督促行為について各消費者金融会社は、貸金業法以外にも、社内規定などの決まりを設けています。
また、ユニーファイナンスも加盟している日本貸金業協会では、自主規制基本規則で「取り立て行為に関する規則」を設けており、過度な督促行為を禁止しています。
いまどきは行き過ぎた督促行為が問題になることは、業者にとってもメリットがないので、ユニーファイナンス規模の会社では、まず考えられません。

当サイトの調査では、ユニーファイナンスの督促は、法律上も自主規制基本規則の観点からも、問題ないものと判断され、安心して利用できます。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスへのゴールデンウイーク中の申込みについて

消費者金融にとってゴールデンウイークや年末年始など、大型連休時のキャッシング申込みは、連休中よりも連休明け直後に集中する傾向にあります。
またインターネットキャッシングの場合、振込みは連休明けになるので、連休明け直後はその処理も集中するので、かなり慌ただしくなるのが通常です。
もちろんユニーファイナンスもこの傾向は例外ではありません。

【申込みが集中すれば可決率が下がる】
もちろん、申込み件数によって審査基準が極端に変化することはありませんが、審査担当者の心情としては、申込み件数が多い時は、可決と否決の狭間にあるような微妙な申込みに対して無理をして融資を行わなくなります。
逆に、申込み件数が少ない時は、多少、がんばってでも融資をすることが多くなります。
このような傾向を考慮すれば、キャッシングの申込みは、連休中、連休明け直後は避けるのが無難かもしれません。

【狙い目は連休明け翌週】
当サイトが推奨する申込み日は連休の余波も落ち着いた翌週以降です。
この方が普段通りの安定した審査基準で対応してもらえる可能性が高いので安心です。
但し、前述したように、これはあくまで可決と否決の狭間にあるような申込みを融資するかしないかという問題で、大方の審査基準にはほとんど関係ありません。
あまり神経質に考える必要はありませんが、ユニーファイナンスのような中規模消費者金融は大手に比べてこのような傾向は強いと思われるので参考にして下さい。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスのATM利用手数料

ユニーファイナンスでは、FITカードで全国のプロミスATMで、入金・出金の利用が可能です。
ユニーファイナンスのように大手消費者金融会社とATM提携をしている会社は同クラスの中堅消費者金融会社では少なく、そのような会社は、通常、入金・出金は振込みになります。
振込みで融資や返済を行った場合に「振込手数料」は顧客負担としている会社が多く、この「振込手数料」の負担が実は、かなり大きな比率になるので要注意です。
入金と出金を繰り返すリボルビング契約の場合はなおさらです。

【銀行振込みの場合の手数料】
銀行振込の手数料は、各銀行によって様々ですが、代表的な銀行として、三菱東京UFJ銀行を例にすると、銀行カードがなくATMに現金を持参して振り込む場合で
・3万円未満の他行宛てで432円
・3万円以上の他行宛てで648円
とかなり高額な手数料を徴求されることになります。
仮に、10万円を年率18%で利用したとして、1か月(30日)1479にかかる利息は、
10万円×18%÷365日×30日=1,479円です。
利息が1,479円しかかからないのに、返済する振込手数料が432円も余分にかかることがあり得るということです。

【ユニーファイナンスの場合】
これに比べて、ユニーファイナンスは、全国のプロミスATMでの利用が可能で、手数料は以下の通りです。
1万円以下・・・108円
1万円超・・・・218円
専用ATMではないので、手数料はかかりますが、銀行振込みよりも手数料は安く、ユニーファイナンスを利用する大きなメリットだと言えるでしょう。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

これからの時期は申込みのチャンスです!

これから春に向けて消費者金融業界の繁忙期に入ります。
新年度は何かと物入りな時期なので消費者の需要も増します。この時期は申込み件数も通常の1.5倍ほどに増加する傾向にあります。
ユニーファイナンスはこの繁忙期に毎年、承認率はUPする傾向にあるので注目です。

【春の承認率は閑散期の2倍以上】
当サイトの調査によると、前回の繁忙期終了時点(平成27年6月時点)で、ユニーファイナンスの承認率は10.52%でした。
閑散期の承認率は5%以下の場合もあるので、それに比べれば実に2倍以上という結果になっています。
このことからもユニーファイナンスが春の繁忙期に新規顧客の獲得に力を入れていることが分かります。


【老舗ゆえに予想しやすい】
近年、中小規模の消費者金融業界では、インターネットキャッシングで全国展開を開始した会社の活躍が目立ちますが、全国展開の歴史が浅い会社は、承認率がなかなか安定せず波があります。(審査基準などを模索していることがうかがえます。)
その点、ユニーファイナンスは歴史の長い老舗業者なので、承認率の推移に法則性を見出しやすい環境にあります。
このため、歴史の浅い会社よりも、おすすめの時期は限定しやすいと言えます。
当サイトでは、春の申込みは間違いなくおすすめします!


※申込みは公式ホームページからどうぞ!

ユニーファイナンスの承認率を検証

ユニーファイナンスには日々、多くの申込みが入りますが、このうち、実際に融資まで至るのはわずか10%未満です。
この数値は、承認率(可決率)と呼ばれています。
この承認率は、いわゆる「大手」では、70%~80%と高い数値で推移しますが、中小規模の消費者金融会社では、その顧客層は、どうしても大手で利用できなくなった方になるので、承認率は10%未満となることが通常です。
この数値だけ見ると、審査が通るのはこの狭き門をくぐらなければならず、かなり厳しい印象を持たれる方もいるかもしれません。

【否決案件のほとんどは総量規制が原因】
実際の審査では、否決となる方の50%ほどは、
・総量規制に抵触
・無職無収入
といった理由です。
このような状態の場青は、法律的にも残念ながらどうしようもありません。
仕事をしていて、現在の借入れが総量規制に抵触していない状態であれば、それだけで、承認率は格段にあがります。

【延滞以外のトラブルには柔軟】
その他、ユニーファイナンスでは、過去の金融事故にはかなり柔軟な審査を実施しています。
もちろん現在、延滞中の方や遅れがちの方は、否決となる可能性は高まりますが、いわゆる「延滞」に関する金融事故には、かなり柔軟です。

【まとめると】
まとめると、以下のポイントを押さえているだけで、ユニーファイナンスでの審査は高確率で可決となると思われます。
・総量規制に抵触していない
・延滞関連のトラブルがない
このように分析すれば、ユニーファイナンスの承認率は、実際は、思っているほど厳しい数値ではありません。


※申込みは公式ホームページからどうぞ!
プロフィール
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査さんの画像
名古屋の消費者金融ユニーファイナンスでの借入と審査
ユニーファイナンスでの借入から審査まで、どこよりも詳しく解説しています。 キャッシングを考えている方は、是非参考にしてください。
ブログ
プロフィール
リンク集
最新コメント
検索
当サイトの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。