広告

posted by fanblog

アーリントンカップ 予想 本命レインボーライン

2016年02月27日 05:02
このメンバ構成だとよくわからないがこの世代の2枚落ちのメンバなら凡戦だろう。ましてシゲルノコギリザメなら早くはならない。スロー必至のレースとみる。それなら萩ステークスを評価してレインボーラインでいいかと思う。
デムーロに変わっての好枠、恐らくスローなら積極的に動く鞍上に期待。


スポンサードリンク



対抗は、レオナルド。ここが試金石になる。前走はかなり無理なレース運びで5着に飛び込んだ。その素質をかいたい。

シゲルノコギリザメはシンザン記念を逃げての3着。あのペースで残したのであれば、ここで狙ってもいい。

ダンツプリウスはさほど時計の出ない今の馬場なら合う。また、この距離はベストとみて良い。拾い上げるには十分の馬。大きく崩れないが3着に残す底力はある。

そのダンツプリウスをこうやまき賞で破ったマディディはここでも狙いたい。最内枠を引いたのは幸運でこの馬のベストポジションを楽に取ることができる。鞍上のフォーリーの手も合う、先団を見る位置からの仕掛けに関しては日本の競馬によくマッチした技術がある。嵌れば3着以上を狙える。

展開一つのレースは多いがこれもその類だろう。着順は出せる脚を出し切った馬になると思う。そう考えると騎手の力量が問われるレースか。


◎レインボーライン
○レオナルド
▲シゲルノコギリザメ
△ダンツプリウス
△マディディ

スポンサードリンク



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/4781550
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク

プロフィール
たんたんさんの画像
たんたん
プロフのタイトル通りの人間です。付け加えると散歩が趣味で、気楽に地元の散策なんてこともしている道楽者です。ブログは始めたばかりですので、なれた頃には地元の名所なんかを紹介していきたいと思います。
ブログ
プロフィール
最新記事
カテゴリアーカイブ
ブログ内検索

リンク集
QRコード

×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。