広告

この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。
新規記事の投稿を行うことで、非表示にすることが可能です。
posted by fanblog

太陽光発電 価格詐欺

太陽光発電販売で詐欺的な価格を出してくる悪徳業者が増えてきているみたいです。

その他の販売系の悪徳業者と手口は似ているので、特徴だけでも覚えておいて損はないと思います。


・「今だけ」「数量限定」をやたら主張する
・即決を迫る
・会社のホームページが存在しない
・割引前提の価格

などなど。
特に最後の割引前提というのは、最初に高い値段を設定しておくことでお得感や割安感を演出する有名な詐欺手口です。

もし購入しようと思ったとしても、他の業者と比較見積もりを立てましょう。
太陽光発電協会は、2011年の国内における太陽電池セル・モジュールの出荷統計を発表した。昨年度の国内総出荷は、初めて1GWを超え、前年比130.7%の129万6,073kWとなった。また、海外メーカーによる輸入品の占める割合は、前年に比べて7.6ポイント上昇し20.3%となった。

国内総出荷のうち、住宅用システムは、前年比137.3%の110万3,302kWだった。自治体の補助金制度の後押しや、東日本大震災後の電力不足で、停電時の電源として注目されたことを受け、導入する家庭が増えた。

そのうち、海外メーカーによる輸入品の出荷は、前年比2倍の26万2,536kWとなり、輸入品の占める割合は、昨年の12.7%から2割を突破し20.3%となった。低価格を売り物にする、中国など海外メーカーが国内でのシェアを拡大した。

輸出も含む総出荷量は、前年比113.2%の275万8,881kWだった。輸出は、146万2,808kW(前年比101.2%)で前年並みにとどまった。輸出構成比は53%となり、前年より6.3ポイント減となった。欧州・米国以外の地域への輸出は2倍となったが、世界最大市場である欧州への輸出が前年比約15%減となり、米国への輸出はほぼ横ばいだった。

材料別にみると、結晶系は210万4,422kW(前年比100.7%)で、うちSi単結晶は951,045kW(前年比111.7%)、Si多結晶が115万3,177kW(前年比93.1%)。また、Si薄膜・その他は前年比約2倍となる65万4,659kWだった。材料別の構成比は、Si薄膜・その他の構成比は23.7%となり、昨年より8.5ポイント上昇となった。

生産能力は2011年12月末時点で8,166MWで、一年後は11.5%増の9,111MWを計画している。2010年12月末時点での調査では、1年後の計画として生産能力は4,618MWが予定されていたが、その約1.8倍の生産能力となっている。

国や各都道府県から補助金が出るものの、やはり高額な商品です。

また、メーカーや取り付ける住宅の状況によっても意外に値段に差が出てくるものなので、
太陽光発電 最安値は価格.com
などで、比較見積もりを実施することをオススメします。
ヤマダ電機は、3月10日より普及価格「39万円台/1kW」を実現したオリジナル太陽光発電システムの販売を開始すると発表した。韓国S-ENERGY社製の太陽光モジュールに必要なシステムを組み合わせ、一般家庭向けとアパート向けの2つのプランをパッケージ化することで低価格化を実現した。

本システムは韓国S-ENERGY社製の高性能太陽光モジュールをはじめ、オムロン製のパワーコンディショナー&カラーモニター、日本フォームサービスの架台、税・標準工事費など、システムを構成する要素をワンパッケージ化したもの。また、太陽光モジュールには25年の長期出力保証、システムには10年保証を付帯し信頼性を高めた。太陽光発電システムの現状の売価相場は1kW当たり50万円前後で、本システムは従来相場を大きく引き下げる製品となる。

当面は一般家庭向け「3.84kWシステム」(特別セット価格153万円/1kW当たり約39万8,400円)と、アパート向け「9.60kWシステム」(同380万円/同約39万5,800円)の2つのプランを中心に販売を展開する。国や自治体からの補助金を活用すれば、実質的には1kW当たり30万円台半ばでの導入が可能となる。
平成23年度第三次補正予算により、被災地での太陽光発電、風力発電等の再生可能エネルギー発電設備と、それに付帯する蓄電池や送電線の導入に対して、補助金を交付する事業の公募が開始される。公募補助金予算は約316億円。

一般社団法人太陽光発電協会は、本予算で計上された「再生可能エネルギー発電設備等導入促進支援復興対策事業費補助金」の補助事業者として、JPEA復興センター(JPEA Reconstruction Center:略称JPReC)を開設し、その募集を行うと発表した。公募対象は、被災地において民間事業者や地方自治体等が、太陽光、風力、バイオマス、水力及び地熱の再生可能エネルギー発電設備と、それに付帯する蓄電池や送電線を導入する事業。所定の交付要件、規模要件等を満たす設備が対象となる。

本事業では、円滑に事業を行うために基金を造成し、予算の範囲内で平成28年度までの実施を予定している。募集については、この期間内で随時実施し、第1回目の応募受付期間は、平成24年3月22日から平成24年4月27日まで。補助率は、再生可能エネルギー発電設備は1/10以内、蓄電池・送電線は1/3以内。公募説明会の日時・場所等については、後日同協会のホームページに掲載する。

本事業は、被災地での再生可能エネルギーの抜本的な導入拡大を進め、雇用の復活や関連産業の集積を図ると共に、安定的で適切なエネルギー需給構造の構築を目指すことを目的としている。
太陽光発電の欠点。

それはコストの高さです。


国や都道府県から補助金が出るものの、高額な買い物であることに変わりはありません。


太陽光発電 最安値は価格.com
などで、比較見積もりを立てて、お得なものを購入しましょう。
   
フィトテラピー
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。