UA-113853910-1,

広告

posted by fanblog

2018年02月14日

ポルシェ ヴィンテージパーツ 3Dプリンターで制作

以前ブガッティが3Dプリンターでブレーキキャリパーを作製し技術力の高さを示しましたが、今回ポルシェも3Dプリンターを使ってパーツを作製することに成功しポルシェはこの技術を自社のヴィンテージカーのパーツに応用していくと発表しました。

ted_5132.jpg

3Dプリンターでパーツを作る最大の利点は少ない量を作ることができ、機材を用意する必要がないということです。今回発表されたパーツは様々なモデルの様々なパーツです。



911 スピードスター ルームモニターの土台

s18_0206_fine.jpg

356 B、 C のエキゾーストヒートエクスチェンジャーの留め具

s18_0205_fine.jpg

959 燃料キャップガスケット

s18_0207_fine.jpg

964 クランクアーム
s18_0208_fine.jpg

このようにレアな959や356などのモデルのパーツも作製されるということでオーナーや、これからのオーナーにとっては朗報です。



この記事へのコメント
コメントを書く

お名前: 必須項目

メールアドレス: 必須項目


ホームページアドレス:

コメント: 必須項目

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/7315547
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
ファン
検索
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
写真ギャラリー
最新コメント
タグクラウド
カテゴリーアーカイブ
プロフィール
日別アーカイブ
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。