広告

posted by fanblog

2020年05月16日

2062年から来た未来人 相手の世界を考えよう…って思って見た

2062年から来た未来人が残した言葉を分析しているサイトがいっぱい…
検索していると出てきます。
どんな検索か?
「未来人」

何を語っているのかなぁ…と思ったところでしたが、
今年に入って、また、考えさせられたことを書いておきたいと思います。

龍も架空の動物だから、
確かに…イメージこんな感じかもね。



まだ、取り上げている動画が少ないのと、オカルトティックに
扱いたくないので

何を面白がっているかというと、
ツイッターしかわからない…という
大学生に協力してもらったという話。

今回、この書き込みができるように
協力したのは
現在大学生らしいです。

そして
2062年からやってきたのではなく、
2064年からやってきているんだって。

Wに備えよ

そう読めるって暗号の話を語っているとのことで
これは確かに、山に登れと
以前の暗号が読めたというから
そんな読み方が
適切なんだろうなぁ…とは理解できます。

ここから、
Wって何だろう?
素朴な疑問ですよね。

暗号に関するツイッター 2062年.png2020年3月28日 2062年さんのツイッター内容


正直、Wは戦争かな?と
思って見ていました。
そうしたら、違うのかなぁ…?


コロナウイルス 資源争奪.png2020年3月25日 2062年さんのツイッター内容

これをどう読むか?
ここにつきますね。



「に」というのが適切みたいなツイッター投稿があっていたので
Wに
そう解釈されるようです。

W

だいたい、私が気になって動き始めたことは、約1年後に役立っている感じがあるので、
恐らく、今年の終わりから来年の頭かなぁ…

そう思うと、
昨年の今頃に
用意したもの…
N95マスク…粉塵用マスク
そして
精密作業用軍手

買いに行かなきゃ…と思ったら
家にあった

昨年の2月くらいに用意したものは
サージカルマスク
ほとんど使わなかったから、
人にあげたりしていたけど
ちょうど今年役立ってます。

今年の3月に
思い立ったように購入したもの
これは
ストーブ

昨年の9月だったかな
気になって買ったもの
中国製ではないWi-Fi

今、通信手段として
活用できている意味では、
半年前ですね


見たくない人に見てもらわなくていい…そう思うので、
私の今、Wについての感想。

そりゃ、戦争じゃないかな?と
新型コロナウイルスで戦争…確かに
それもあるかもしれないけど

Web

これが、キーワードになりそうな気がします。
蜘蛛の巣。

WWW ワールドワイドウェブ

WWW ワールドワイドワ〜

WWW 今は、笑笑笑というのもあるらしい。


当たり前ですが、
自分が持っている情報網が
大事ですよね。

そして
情報をどう解釈して
どう判断して
行動するか…

こんなのは、
昔から…

このブログをチェックしている人たちが
いて
ビックリしたのですが、
ノート代わりに書いているものもあるので
消すこともないけど
実際のノートよりも
知りたいことを検索しやすい。
ただ、詳細は紙ベースの方だけどねぇ…

2023年生まれの2062年から来た日本人と読んで、
私なりに思ったこと

● 現在は生きていないから、親になるだろう存在が現在いる
● 遺伝子的にタイムトリップが可能な人というのに、たまたま合っていた
● バリバリ理系の人
● ドラえもんを作ったのは、のび太だっけ?そんな印象を持った
● 今回協力しているという人は、命が危険かもしれない…ちゃんと自己防衛できていなかったら、ツイッターを読む限り、その人が特定されたり、周りのつぶやいている人たちがわかる意味では、一番これが怖いかな?
情報ツールの使い方を見ていて思うことは、大学生は理系それも情報系ではないみたい。物理?わからないなぁ…工学系のようにも思えますね。あと、マスコミの言うことで右往左往する日本人を冷ややかに見ることができるくらいには、事実を見ている人と思える。
恐らく、危険なことを承知の上で、ツイッターアカウント消していない理由もあると思います。
何かあるときに、一緒に協力してくれる人を…という発想、もはや、何かも日にちもわかっている感じがしますね。当たり前かな?それがその時に起きるかどうかは、わからないところもあると思います。
● 2062年は明るい!ということで、未来に希望が持てる。よくなりそうですね。
● 2020年代は暗いらしい…という意味では、しょうがないかなぁ…って思うけど、全体が暗いだけであって明るい人もいると思う。
● リーマンショックよりも激しい経済的な大打撃は起きるでしょ、未来人じゃなくても思うよね
こんなんは、多くの人たちが読んで思うと思います。

本田健さんの本を読んだ方がいいようには思うけど、
読んでいない状態で、
そして
追記という欄で、読みたい人だけ読んでね…というスタンスだから書いておくこと。

現在、終息したわけではないけど、厳重な?シャットダウンの前の一時解除に思っています。
ここで、完全に戻れる…と動く人がいたら残念だけど
文系です…と、数学も理科も…というのか、とにかくマルッキシ無理と思っている人たちは
マイホームにしがみついてローンを払おうと画策するより、
さっさと売れるなら売る。さっさと、売れないのなら自己破産という対応をする。
新型コロナウイルスにかかって死んだら払わなくていい…そんな保険に入っているなら大丈夫かもしれないけど…金利が低くても、収入のめどが立たないのに、持ち続けるリスクを捨てた方がいいと私は思います。
払えそうなめどが立つならいいけどね。

70歳の頭の中が古くて、言っていることに全く科学要素がない人と会話する機会が増えて、正直閉口しているのですが、このおばさんの言っていることに「女子は、氏は無くして玉の輿に乗る」女子の幸せは…と語り始めます。本当に…、時代錯誤で終わっています。それに対して、おかしいと言っても通じませんし、その人がその価値観で生きている分は一向にかまわないけど、このおばさんが言いたい価値観が国全体としては否定されていても、脈々と、それを伝えていて、玉の輿に乗るために…と思って生きてきていた人たちが未だに若い世代にもいますよね。

こんな発想の人たちは消え去りますね。

恐らく、昔も今も、しっかり知っておいた方がいい。
美人…これは確かに玉の輿に乗ったりしてましたね。
言動がキレイな人、確かに!これも玉の輿に乗ってましたね。

女は良い家柄の生まれでなくても、容姿が美しければ富貴の人の妻になり出世できる

これが意味だそうです。
ただ、本質を書いていないあらわしていない言葉だから、
ちゃんと伝わってきていない人たちは残念ながら、
後悔して…でも、今みたいに離婚が普通にできるような時代ではなかったから
捨てられていないだけと思った方がいいと思います。

そして、その当時から
言われていたことは
家柄はどうでもいい…容姿が美しければ…
でも
美人は三日で飽きる
とも言います。

美人だから、よかったんじゃないことをしっかり知っておいた方がいいですよね。

他の能力は、他の女性たちと同レベルであれば…
これがついていたことを知っておいた方がいいですよね。

単なる美人じゃない。

そして、
単なる美人は整形したらできる今、
美人じゃなく成功して、美人になることはできているって話もありますよね

ついでに言えば、
美人であるって、頭を使うのです。
賢さがなければ、美人であり続ける…人形じゃないから、飽きられますよね。

ホステスから学べなど
言われたりする本もひと時流行りましたが

70歳のおばさんみたいな発想を脈々と伝えられて信じてやまないで自殺する人たちがいると、素晴らしい人だったのに…というこのおばさんが、作り出す今に生きることが難しい人を、玉の輿と言われし男性が選ぶか?選ぶ男性はいると思いますが…見た目だけ、言葉遣いだけ…はモハヤ要らないでしょう。

おばさんは知らない
本当の玉の輿に乗るために必要なこと。

見た目よりも
言葉遣い
確かに。
ただ、賢くなければ、立ち振る舞えない。

クレバーさが必要で、
これは学歴では測れない。

これが足りない人と結婚しても
キレイな美しい周りが「いいね」と言ってくれる人と
結婚できた…
でも、
家庭内別居などになる

そして、
浮気しまくっているお互いに
これが
今の日本の状況

幸せの基準が
赤ちゃんを抱き、赤ちゃんを守ること
子供が自分の権利を主張すること

まさに、この70歳のおばさんが教えているようなことを
やっているような人が世の中にあふれかえり、
その弊害が言われていて、
その弊害を克服させる必要性が言われているけど…
伝え方にクレバーさがないから
弊害あふれかえっている事態に陥っている日本

母性は大事だというけど、
今はバランスが大事で、一人の中で母性と父性をうまくバランスを持つことが大事だと言われています。
昔は、男性が父性、女性が母性を…なんて性別で役割分担していましたが、それが今、こんな70歳のおばさんみたいな人達から男の子も習って、母性…つまりトコトン擁護保護することに努めることしかできず、バランスが崩れて育っています。
女性の幸せは赤ちゃんを抱くことと、3歳児神話を厚生労働省自体が否定していることに直結することを平気に話して広めて、本当に大事なことは、それだけで生きていける人はいない。それ以外のことがこなせないと、赤ちゃんを抱いてかわいいねと笑って赤ちゃんのことだけをやっていける人生を送ることができる人は少ない時代です。
子供に権利のことだけ教えて、子供の権利はわかっていても、大人としてそれに対してどう対処することが適切か、また、どんな風に権利があっても、きちんと社会で生きていけるように伝える義務もあるし、子供も大人になっていく過程に適切に対応する必要があることをわからせないといけないと知らないおばさん。

こんな、だから、本当のところ大事だとわかっていても現実社会でどうしたらいいかわからないから、対応できないという人を溢れ返させたおばさんの感情論であり、中身が一切科学的ではない話。
だから、日本は終わるんですよね。

ということで、
こんな人達が作り上げた今を見て、
本筋的に玉の輿なら玉の輿に乗るために
昔の時代で教えられていたことと
今の時代で必要なことを
融合させて対応できるようにしないと
何もできない見た目ばかりを求める愚かな…話になりますよね。

中身がない女も男も
人形みたいに飾るしか役立たないレベルだと
蝋人形みたいになるしかないやん…と
ここから世の中
余裕がなくなります。

本当にお金を持っている人は、
見た目キレイな人が欲しいと思わなくなるでしょう
キレイにはなれるから

心根のきれいな人は買えないから
実は、きれいな心根の人が欲しいのです。

会った瞬間に
その人が持つオーラがキレイであること
大事なのです。

見てキレイだと言われているものは
見えないものだとわかっていなくて
言葉が独り歩きしていることは残念だと思いますが
誤解しないで、きちんと
キレイな人を育てている人の子供はキレイな人になれているわけです。

見えないことを表さなくていいわけです。

省略して表現していいわけですから。

道がずれて表現してしまいました。



舌切り雀の話や鶴の恩返しの話、猿蟹合戦の話など
日本で大切に思われてきていることと
今、違う価値観で生きている人たちが多いことと
このギャップで崩壊が起きます。

かんたんに言うとそんな感じです。

2062年
明るいというその言葉があるのですから
素晴らしいと思います。


新型コロナウイルスの役割は、
キレイさを取り戻せるチャンスづくり…
自分の中にある醜さを見つめ、真摯に向き合うことができれば
不安なことは何もないのです。

ここから
その意味するところの話が
現実に出てきます

そう私は予測しています。


posted by nova at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 価値観
この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: 必須項目

※画像の中の文字を半角で入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/9853493

この記事へのトラックバック
最新記事
金運を呼びこむ「金運盛塩セット」 【プリミアスティー】お試しセット送料無料 ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ
RSS取得
×

この広告は30日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。