ファン
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
写真ギャラリー
カテゴリーアーカイブ
日別アーカイブ

2017年04月17日

◆経費が高い?フリーランス日本語教師の確定申告

こんにちは!
フリーランス日本語教師のTomomiです。
このブログをお読みくださりありがとうございます。

フリーランス日本語教師として活動するために必要となる経費にはどんなものがあるのでしょうか?

@ 交通費
自分の教室がない、または自宅以外でレッスンを行う場合で、クライアントから徴収しない場合

A カフェ代
カフェレッスンの場合

こんなもんです!
経費ほとんどかからないんですよね。

それどころか!
B 教科書代
C 勉強会、セミナーの参加費
D 家賃、光熱費 (自宅を自宅兼事務所として使用している場合、仕事のために使う分のみ経費として計上できます)
E 仕事に関わる食事代(接待交際費)

は、確定申告の際に経費として計上することができます。

経費として計上できるとどうしていいのか?

それは支払う税金が少なくて済むからです。

ここにあげたものは全て売上(あなたに支払われた報酬)から経費として差し引くことができるので、所得額(手元に残るお金=売上−経費)が減ります。

所得額が少ないと何がいいのかというと、
支払う税金は所得額に掛けられるので、所得額が少なければ税金も少ないということ。

経費をきちんと計上して確定申告をすれば、支払う税金を減らすことができるということです!

難しそうに感じるかもしれませんが、慣れてしまえば簡単です!
確定申告に関するセミナーも開催しようと思っています♪

IMG_2325.JPG

この記事へのコメント
コメントを書く

お名前:

メールアドレス:


ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバックURL
http://fanblogs.jp/tb/6175522
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
検索
最新コメント
タグクラウド
プロフィール
Tomomiさんの画像
Tomomi
【学校以外で働く日本語教師ってどんな活動をしているの?】 2007年からこれまで、日本語学校に勤めることなくフリーランス日本語教師として活動してきました。 日本語教師というやりがいに満ちた仕事を、報酬や人間関係、激務を理由に離れてしまう人がいることをとても悲しく感じていて『自分が望むのであれば日本語学校以外で日本語教師を続けることができる』『日本語教師の経験を活かして新たな働き方生み出すことができる』ということをお伝えしたいと思っています。 「どうやってクライアントを集めたらいいの?」 「本当にそれで生活していけるの?」 「学歴が必要なんじゃないの?」 「経験も自信もないけど大丈夫なの?」 そんな疑問に、日本語学校に就職したことも、海外で日本語を教えた経験もない私が大使館や企業と契約ができるようになるまでにやっていたことを公開し、モヤモヤを抱える日本語教師の皆様に光を感じていただく事が出来たら嬉しいです。 時間的・精神的・経済的自由な日本語教師を目指すみなさん、一緒に頑張りましょう!
プロフィール